既婚者同士の出会いのために飲み会、合コン、パーティ等のイベントを毎週開催しています。

コラム

既婚者サークル

話題のセカンドパートナーが欲しい!大人になってからの恋・出会いマニュアル

近年よく耳にするようになった「セカンドパートナー」という言葉。新たな男女の付き合い方の一つとして注目を集めていますよね。賛否両論どちらも意見があり、今はまだ理解が乏しい関係性ではありますが、それでもセカンドパートナーが欲しいと願う女性は後を絶たないのが現状です。

そこで今回は、セカンドパートナーとの出会い方やセカンドパートナー探しの注意点をご紹介します。大人の恋、始めませんか?

 

1.セカンドパートナーの定義

セカンドパートナーとは、旦那さんや奥さん以外に親しい異性のことを差します。

親しいと言っても、仲の良い異性(友達)はセカンドパートナーには含まれません。セカンドパートナーは、お互いに恋心を持った相手を差します。

これだけ聞くと不倫では?と思われるかもしれませんが、セカンドパートナーは肉体関係は一切持たないため、友達以上不倫未満の関係と位置づけされることが多いです。

 

セカンドパートナーは特にアラフォー、アラフィフ世代で増加傾向にあり、本来のパートナーとは違う刺激を求めて交際を始めるようです。

男性側からすれば、肉体関係がないため関係をキープするのが面倒だと感じるという人も多く、女性の方が興味を持っている割合が多いようです。

 

プラトニックな関係なため、セックスはもちろんありません。

キスやハグに関しては、ないと答えるカップルもいれば、許しているカップルもいたりと、セックス以外の線引きはカップルごとに異なるようです。

 

2.既婚者だって恋をしてもいい時代!?

既婚者であっても、やっぱり淡い恋に憧れることが一度はきっとあるはずです。ドラマや漫画を見て、きゅんとすることもあるでしょうし、ヒロインの女性が羨ましいと感じることだってありますよね。

とは言っても不倫は許されていないことですし、恋はしたいけれど離婚はしたくない・・・と皆さん考えられますよね。実は、そんな女性から支持を集めているのが「セカンドパートナー」の存在なのです。

一線を超えずに、トキメキを感じることができる関係性は、まさに女性にとって理想的な関係なのではないでしょうか。

 

今では、若い世代や熟年夫婦関係なく、離婚や不倫の件数が増えていますよね。離婚や不倫に比べれば、セカンドパートナーというプラトニックな関係は良い関係なのでは?とも思えてくるほどです。以前に比べ、年齢は関係なく人生を楽しむという考えがどんどん浸透してきており、特に熟年離婚の増加はそんな背景を表している気がします。既婚者や年齢の枠を超えて“恋”をしたいと考える女性は、時代の流れとともに急増しています。

 

3.セカンドパートナーがいると幸せ!?リアルな体験談

セカンドパートナーが出来てから毎日が楽しくて充実している♪と答える女性がとても多いです。一体どうしてなのでしょうか?現在もセカンドパートナーとお付き合いしているという女性にお話を聞いてみました。

 

[48歳 Sさん]

お恥ずかしい話しですが、旦那とは駆け落ち婚をするくらい愛し合っていました。でも時間の流れとともに恋心は薄れ、今ではすっかり・・・(笑)家族としてはもちろん好きですけどね。そんなときに仲良しのお友達からセカンドパートナーの存在を教えてもらいました。若かりし頃のような熱い恋がもう一度したい!と、思った私は既婚者合コンに参加し、見事2つ上の彼が出来ました。

旦那には悪いとは思いましたが、肉体関係は一切なく友達といるような感じなので、ついつい。お互い既婚者同士ですし、お互いの家庭を優先しながらプラトニックな付き合いが出来ているので、不倫に比べて気も楽ですし、久しぶりにドキドキ感を味わえています。

 

[52歳 Hさん]

取引先の男性と意気投合し、今ではセカンドパートナーライフを楽しんでいます。主人には昔からの旧友と伝えていますが、あまり良い顔はしないので、昼間にこっそりランチやカラオケへ行っています。

もしも・・・を疑って改めたのか、おかげで主人が昔よりずっと優しくなりましたし、彼との関係も良いストレス発散に繋がっています。昔より幸せな時間が増えた気がします。ただ、子供がまだ独り立ちしてないうちは、セカンドパートナーを作るのも慎重に考えた方がいいとは思います。

 

[38歳 Tさん]

コソコソ陰で家庭内事情を話されるのが嫌なため、友人には旦那の愚痴や家庭の愚痴を一切言わないようにしています。でもその分、ストレスが溜まってついピリピリしがちに・・・。何か気晴らしでもしたいなーと思っているときにテレビでたまたま見た“セカンドパートナー”という存在が気になりました。

浮気になるのかな?怖いな・・・子供も守りたいし・・・と不安だったのですが、ネットを通して出会った相手が私と同じ考えを持っている方で意気投合。

お互いに家庭を優先し、旦那や奥さんを一番に考え、適度なお付き合いをしています。恋人というよりは、なんでも話せるお友達といったところ。毎日が楽しいです。

 

[45歳 Sさん]

旦那は外へ出かけるのが嫌いな人なので、お出かけは基本的に彼氏に連れていってもらっています。さすがに近場を平然とデートするわけには行きませんが、ドキドキ感も味わえますし、一人じゃ行けないような場所へ行けて幸せです。おかげで旦那にイライラしにくくなりました。浮気や不倫だと言われる方もいると思いますが、お互いが節度ある行動が出来て、付き合い方を踏み外さなければ問題ないと私は思っています。

 

4.セカンドパートナーとの出会い方

セカンドパートナーが欲しいけれど、一体どうやって出会うの?と疑問を感じている方はきっと多いはず!セカンドパートナーとの出会い方をご紹介しますね。

 

・職場や取引先で出会う

一見、リスクが高そうな職場での出会いですが、毎日顔を合わす関係ですから見知らぬ人と一から関係を築くよりも気が楽だとの声も多いです。メリットも多い反面、周りからの目に気をつけないといけないというデメリットもありますので、周りから分かりやすいと言われる女性は特に気をつけましょう。

 

・習い事で出会う

料理教室やジム、英会話教室など習い事を出会いの場にしている人も多いようです。趣味や興味あることが同じというのは付き合う上では重要なポイントですよね。特に旦那さんと趣味や会話が全く合わない場合、新鮮な恋を楽しむことができるかもしれませんね

 

・出会い系アプリで出会う

今では出会い系サイトや出会い系アプリで出会う方法も普通になってきています。相手のプロフィールや写真も見ることが出来ますし、自分のプロフィールを公開できますので、好みの相手と比較的出会いやすいのが特徴です。

 

・同窓会

話しにも華が咲きやすく、お酒が入っているため男性側もノリ気な同窓会は、出会いのチャンス満載です。当時気になっていた男性とノスタルジックな恋愛を楽しむことも夢ではありません。

 

・元カレ

一度別れた相手とは復縁は難しいとも多く言われますが、セカンドパートナーとしてなら違うのでは?付き合っていた年数にもよりますが、気を使わなくて済む、自分をさらけ出せるなどメリットも多いです。

 

・友人からの紹介

すでにセカンドパートナーがいる友人に声かけするのも一つの手です。通常であれば、既婚者の友達には相談しにくい話しであると思いますが、セカンドパートナーがすでにいる友人であれば、話しをうまく通してくれますし、噂も立ちにくいですからね!

 

・既婚者合コンで出会う

既婚者合コンを利用する女性も多いです。既婚者合コンですから既婚者以外とは出会うこと

がないため、セカンドパートナー探しにもってこいです。また、男性側もセカンドパートナーを求めて参加をされている方も多いですし、しっかり運営者さんがリードしてくれるので誰とも話せなかった・・・という事態を回避できますので、口下手な方や内向的な方にもおすすめです。

 

5.セカンドパートナー探しで注意したいこと

セカンドパートナーとの出会いは意外にも身近なところにあるものですね!

ただし安易に人を信用したり、出会ってすぐ自分の個人情報をさらけ出すのはNG。

こちらがプラトニックな関係を望んでいても、相手は違うこともあります。本当は肉体関係混みでお付き合いをしたいという人の方が正直多いと思いますし、中には一夜限りだけの関係を楽しんで行方をくらます男性だって世の中には腐るほどいますからね・・・。

 

また、SNSや出会い系アプリなどで出会う場合は危険が潜んでいることも頭に入れておきましょう。サクラで登録している人や他の人になりすましをして登録している人、赤の他人の写真を自分だと偽っている人など大勢います。信じられないことがネット社会では普通に起きている時代ですからね。安易に人を信用することは控えましょう。

ネットを介して出会うよりも、既婚者合コンや習い事、同窓会などで出会う方が安全性は高いと言えます。一見危険そうなイメージのある既婚者合コンですが、しっかり運営者さんも付いていますし、匿名参加が可能な合コンもあり安心安全ですよ♪

 

6.リスクがあることを頭に入れよう

今回セカンドパートナーについてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか?

セカンドパートナーを作ることで、人生が明るくなった!楽しくなった!旦那とも仲良くなれた!と答える女性はとても多いです。自分を理解してくれる深い友達が一人増えたような感覚ですからね。

でもそれは、肉体関係がないプラトニックな関係だからこそ成り立っているのではないでしょうか?一度でも肉体関係を持ってしまえば、男と女としての関係になっていきます。その分、深みにもハマりやすいですし、相手との関係も家族との関係も崩れやすくなりますので、一線を超えない覚悟が必要です。

また、一線を超えていなくとも“不倫”や“浮気”だと言われてしまうリスクを抱えていることも理解しましょう。傍から見れば、結婚しているのに他の男性に会っている(デート)となれば、浮気だと認識して当たり前ですよね。旦那さんから責められる可能性もありますし、精神的に病まれる方も中にはいるかもしれません。

また、お子さんが見られたときに上手に話すことが出来ますか?おそらく難しいですよね。

 

そういったことが起こりうるリスクを背負っているとしっかり理解し、セカンドパートナーとうまく程よい距離感で付き合っていきましょう。

中には旦那さんに素直に話す女性(男性)もいるほどです。ある意味、男性のキャバクラ遊びと変わらないですしね(笑)一度きりの人生、楽しく素敵に上手に過ごしていきましょうね♪

既婚者サークルを楽しむコツについて

既婚者サークルを楽しむコツについて

既婚者サークルではどのような会話がされているのか、どのようなタイプの人が参加しているのか、気になることが色々とあります。

こういった疑問を解決するには、実際に参加して自分の目で確かめるのが一番ですね。既婚者の人なら独身時代から、あらゆる飲み会に参加した経験があるはず。

中には退屈で、二度と行きたくない飲み会もあったでしょう。既婚者サークルとなると年齢幅も広がり、飲み会が盛り上がるかどうか心配になりませんか。

そんな不安を抱えている人にご紹介したいのが、既婚者サークルを楽しむコツについて。今日は楽しくワイワイしよう!と心に決めたら、後は独身気分で仲間と交流してくださいね。

 

既婚者サークルに参加するために必要なこと

既婚者サークルに参加するには、難しい手続きなどはありません。しかし事前に知っておきたい内容がいくつかありますので、疑問や質問などは開催側に確認しておきましょう。

 

既婚者サークルに参加するまでの流れ

行ってよかったと思える既婚者サークルに参加するためには、自分に合いそうな内容のイベントを見つけることが必要です。

既婚者サークルや飲み会、交流会やパーティーなど。色々な呼び名がありますが、参加者が全員既婚者であるのがまずチェックポイントになります。

参加するにあたって、オンラインで予約手続きをすることが必要。予約フォームから必要事項を入力して、支払いを行います。当日は身分証持参するなど、条件を確認しておきましょう。

 

イベントの流れについて

一般的な既婚者サークルの流れについて、詳しくご説明します。当日の会場や集合時間は、事前に開催者からメールで連絡があるはずなので、時間厳守で行動しましょう。

受付開始になったら、指定の場所へ行きチェックイン。イベント開始の際にはスタッフから禁止事項などの説明がありますので、しっかりと聞いておきましょう。

イベントの規模によって流れは若干変わりますが、まずはグループ交流の着席型でそれぞれ自己紹介をします。

30分ほどをサイクルにして、グループ替えが何度か行われます。イベントが終了した後は二次会に行くかどうか、個人の判断で決めてくださいね。

 

服装

イベント内容によっては、ホテルなどのきちんとした場所で開催されるケースもありますので、服装についても確認しておきましょう。

通常の既婚者サークルの場合は、少しオシャレを意識したカジュアルな服装やスーツ、ワンピースなどが多くなっています。

スウェットやジャージは、禁止されているのでご注意ください。久しぶりに知らない異性との交流の場になりますので、好印象を与える素敵なオシャレを意識すると安心ですね。

 

持ち物は何?

指定されている場合は、当日に身分証を持参してください。後は貴重品など、友人と出かける時に持っているようなアイテムがあればOK。

もし盛り上がり、二次会まで参加する可能性がある場合は、余分に現金を持っていたほうがよいかもしれません。

女性ならメイクグッズ、男性ならコロンなど。オシャレにも気を配るアイテムは、当日持参しておきましょう。

 

既婚者サークルで楽しく時間を過ごすコツ

既婚者サークルを楽しむコツについて

既婚者にとって、パートナー以外の異性と交流するチャンスは、ほとんどありません。既婚者サークルに参加しても緊張して、上手く話ができない場合もあるでしょう。

そのような事態を避けて楽しく過ごすためには、次のポイントを意識するとよいですね。

 

愚痴こぼしは程々にしよう

既婚者が集まれば話題は、結婚生活の愚痴こぼしになるのは想定内です。しかし全員が暗い話をしにやってくるわけでなく、ストレス発散をしたくて楽しい時間を求めています。

家庭の愚痴こぼしは既婚者の共通の話題になりますが、あまりにも愚痴だらけになると相手が引いてしまう場合もあるでしょう。明るいイメージを与えるためにも、ネガティブな話題は程々にしたほうが安心です。

 

共通の話題を見つけよう

既婚者同士なので、すぐに打ち解けられる環境は整っています。しかし参加者はそれぞれ違うライフスタイルがあり、性格や価値観も違うでしょう。

楽しく時間を過ごすためには「既婚者」以外の共通点を見つけ、距離感をなくしてください。

たとえば趣味の話題。同じ趣味がある人と知り合うと、今後の付き合い方にも大きなメリットがあるでしょう。

主婦の人で話題がなくても、食べ物やテレビ番組など、誰にでも受けのよい話題を準備しておくとよいですね。

 

相手の立場になり心配りを忘れない

結婚すると相手が異性としてではなく、仲間やパートナーのような存在になります。それは結婚の魅力ではありますが、異性として見られなくなるのは寂しいことですよね。

既婚者サークルは、男性として女性としての魅力を再発見するチャンスになりますので、異性に対しては好感度をアップするように心配りを大切にしてください。

たとえば飲み物やお料理をとってあげるなど、独身時代に頑張ったことを思い出すのも、楽しい時間になります。

 

プライベートはしつこく質問しない

飲み会は初対面の人の集まりなので、色々と知りたいことも出てくるはず。仕事や家族のことや住んでいる場所など、プライベートな質問は相手にとってプレッシャーになる場合もあります。

自分から聞き出さず、話題になったらそれとなく会話を広げてください。もし逆にしつこくプライベートな部分を聞いてくる人がいたら、話題をそらすとよいですね。困った時は、会場の進行役のスタッフに相談してください。

 

同性の友人作りも大切

既婚者サークルで浮気相手を見つける人も、中にはいるようです。しかしほとんどのイベントで、浮気相手探しでないことをはっきりとアピールしているため、当日目につくような行動は避けましょう。

既婚者の集まりは異性だけが目的でなく、同じ主婦仲間と知り合うチャンスにもなります。結婚生活の不安や悩みごとは、同性の人と愚痴こぼしできるような間柄があると安心ですよね。

友人ができずに困っている人は既婚者サークルを活用して、男女共に交流の場を広げてみましょう。

 

既婚者サークルのプロになろう!

既婚者サークルを楽しむコツについて

既婚者サークルは、非日常的な空間がやみつきになる人もいます。異性と交流する楽しい空間を上手く活用すると、結婚生活をさらに充実させるためにも役立つ時があるでしょう。

 

友人とイベントで再会

既婚者サークルの出会いは大切に、イベント後もできれば続けたいと思う人がいるかもしれません。

しかしデートだと周囲の目も気になり、夫婦関係に亀裂が入る恐れがあります。そんな場合は、別の既婚者サークルで再会することもできます。

同じイベントに申し込み、定期的に会って友人関係を続けられます。グループの中で再会するので、用心深い人でも安心できる環境があります。

 

SNSを使ってコミュニケーション

既婚者サークルで出会った大切な仲間とは、LINEを使って日常的にコミュニケーションをとったり、Facebookでメッセージのやりとりをしたり、付き合い方はさまざまです。

大切なのは貴重な出会いを無駄にせず、お互いにできる範囲で関係を続けること。たとえば同じ趣味仲間が見つかれば、自分の休日の過ごし方が広がる可能性も。また夫婦同士での付き合いが始まるという、素敵なケースもあるかもしれません。

 

まとめ

既婚者サークルを楽しめるかどうかは、全て自分の気持ち次第です。目的意識をはっきりとさせ、滅多にないチャンスを楽しんでくださいね。

久しぶりにオシャレをして出かけるだけでも、自分の魅力を再発見するチャンスになります。マンネリした夫婦関係が、これからは違ったものに見えるようになるかもしれません。

既婚者飲み会が気になる!と思った時の行動

既婚者飲み会が気になる!と思った時の行動

既婚者飲み会で、ストレスを発散したいと思う人が最近増えていますが、勢いだけで参加するには躊躇する部分がいくつかあります。

既婚者の集まりだから安心と思う反面、飲み会が原因で夫婦関係が悪くなったら?という不安もあるでしょう。

結婚すると異性との出会いは、なかなかあり得ませんよね。そんな時に気になるのが、既婚者飲み会の存在です。

では興味を持ったら、まず何をするべきなのでしょうか。既婚者飲み会に参加するまでの心得について、詳しくお伝えしていきますね。

 

どんな人が既婚者飲み会に参加する?

既婚者飲み会が気になる!と思った時の行動

既婚者飲み会に対しては、人それぞれ色々な考えがあるはず。否定的な意見もありますが、結婚すると現実問題異性との関わりが全くなく、刺激のない生活が気になることがあるでしょう。

既婚者飲み会に参加するかどうかは別にしても、少し気になるという人は多いはずです。では既婚者飲み会に参加する人たちの理由について、いくつかのものを見ていきましょう。

 

既婚者同士で楽しく飲みたい

飲み会はあちこちで開催されていますが「既婚者」が対象となると、思わず気になってしまいますよね。

そんな飲み会があるのなら、ぜひ参加したいと思う主婦やサラリーマンは多いはず。独身者と飲んでも話題が盛り上がらず、共通点が少ないので楽しくないと感じるでしょう。

その点既婚者同士なら共感する部分が多く、お酒が楽しく飲めます。既婚者飲み会や既婚者サークル、交流会など、あらゆる名目で飲み会が開催されていますので、気になる人はネットで検索するとよいですね。

 

独身時代が懐かしい

初対面の人たちとお酒を飲んでワイワイするのは、独身時代だけ。結婚すると行動範囲が限られてしまい、お酒を飲む仲間は広がりません。

既婚者飲み会は、そんな独身時代を思い出させてくれる場所。初対面の異性にときめきを感じたりオシャレをしたりして、ドキドキしながら飲み会に向かう時間が新鮮に感じます。

普段ずっと家で過ごす主婦にとっては、久しぶりのお出かけになるでしょう。女友達と出かけるよりも異性がいる場所だと、気持ちが引き締まり独身時代に気合いを入れて出かけたのを思い出します。

 

話が合う人と時間を過ごしたい

お酒は、楽しく飲める場所が一番です。飲み会で出会うのが自分と共通する話題がない人だと、お酒が美味しく感じませんよね。

既婚者飲み会なら家庭や子供のこと、嫁や姑の愚痴など、結婚している人でないとわからない話題がシェアできます。

話が合う人とお酒を飲むのは貴重な時間で、とくに家庭がある人にとっては、よいアドバイスを交換するチャンスになるかもしれません。

結婚している人は周囲に色々といても、異性を交えて飲み会を開くというのは難しいですよね。そんな手間を省いてくれる既婚者飲み会は、話し好きの人にもオススメです。

 

既婚者の友人が欲しい

結婚すると仕事と家庭、昔から付き合いがある人くらいしか交流関係がありません。友人を作りたいと思っても、出会う場がないためどうしても家にこもりがちになってしまいます。

最近はSNSという便利なツールがありますが、既婚者がいきなり知らない人と一対一で会うのは危険です。

既婚者飲み会は性別関係なく、友人を作るよい場所になります。既婚者サークルや飲み会は、浮気相手を探していると誤解する人もいますが、実際は友人を見つけて結婚生活を刺激的に変えている人も多いのです。

 

家庭のストレス発散

夫婦喧嘩が多く、ストレスにあふれた生活を続けていると、パートナー以外の異性とコミュニケーションをとりたくなる場合があります。

愚痴を聞いてもらい異性の意見を聞けば、夫婦間のトラブルが解消されるケースもあるでしょう。

既婚者飲み会は家庭のストレス発散の場所になり、お互いが理解しやすい問題を抱えている人が参加しています。

たとえば独身者の恋愛問題を相談されてもピンとこないように、既婚者同士だからこそ家庭の悩みや愚痴が言いやすく、ストレスを発散できるのです。

 

自分に合った既婚者飲み会を見つけよう

気になる既婚者飲み会。参加してみたいと思った時はどのような飲み会が開催されているか、内容を比較して自分に合いそうなイベントを見つけましょう。

 

既婚者飲み会の種類について

既婚者飲み会は居酒屋で集まって、お酒を飲むイベントだけではありません。また怪しい雰囲気の集まりを想像する人も多いようですが、昼に開催するランチのイベントや夕方から始まるディナー、夜の飲み会と色々なタイプがあります。

開催される場所は、ホテル内のバーやレストランを貸し切りで行うイベント、またアウトドアで楽しく過ごす内容のイベントなどもあります。

お酒が飲めない人でも気軽に参加できるよう、料理やドリンクの種類にもこだわっています。

 

参加条件は?

参加条件は、既婚者であることがまず挙げられます。またパスポートや運転免許などの身分証の提示が、必要になってくる場合もあるでしょう。

また男性の年収条件がある場合、参加者の年齢制限があるなど、それぞれの飲み会で条件が設定されていますので、自分に合いそうな内容を比較して選んでください。

実名を公表せず、ニックネームだけで参加できるケースもありますので、プライベートもしっかりと守られています。

 

費用はいくら?

男性のほうが女性よりも、費用は高めに設定されています。たとえば年収一千万以上のエリート男性との既婚者飲み会の場合は、男性の参加費が一万円で女性は千円~二千円。

費用面だけを見ると、女性のほうがかなりお得。美味しいお料理やお酒が飲めるので、それだけでも元がとれるかもしれません。

 

友人と一緒に参加できる?

既婚者飲み会は、一人で参加する人が多いといわれていますが、もちろん友人を誘って参加することもできます。

念のため、開催者側に事前に確認しておくと安心ですね。定員人数が決められているイベントが多いので、人気があるものは早めに予約しておきましょう。

友人作りをするなら一人で参加したほうが、出会いの確率は高くなるかもしれません。友人が一緒だとどうしても行動が限られてしまうので、一人参加が多いイベントを探すこともコツですね。

 

安心できる飲み会を見つけよう

既婚者飲み会が気になる!と思った時の行動

既婚者飲み会で怪しい人に出会ったら、家庭にも迷惑がかかる恐れがありますよね。初めて参加する場合は次の点を意識して、安心できるイベントを見つけてください。

 

禁止事項が決まっている

パーティーやイベントを運営する会社で、きちんと禁止事項を決めているところが安心です。

たとえば女性参加者へのセクハラ禁止、喫煙禁止など、女性へ配慮したスタイルがよいでしょう。

 

キャンセルできるか

既婚者飲み会は事前に予約をして、支払いを済ませておきます。万が一気持ちが変わった場合や都合で参加できない時に、キャンセル料が無料のイベントならとても安心ですね。

 

参加資格があるか

イベントごとに設定されている参加資格を、きちんとクリアした人だけが集まる飲み会がオススメです。

参加者の身分証明書提示を求めることは、安全に既婚者飲み会を開催するために重要です。また中には参加者の年齢をはっきりと指定せず、見た目年齢だけでOKというイベントもあります。

運営側のポリシーがあいまいだと、せっかくの飲み会が楽しめなくなってしまう原因になるでしょう。

 

まとめ

既婚者飲み会が気になったら、あらゆるイベントやパーティーがネットで紹介されていますので、具体的な内容や参加条件などの必要な情報を収集してみましょう。参加する自分の姿を想像すると、当日まで待ちきれなくなるかもしれません。

既婚者の合コンに参加をためらう理由とは

既婚者合コンに参加したいけれど、何か引っかかるものがあるという人は多いのではないでしょうか。

周囲からは浮気相手を探しているの?と思われそうで、参加しにくい雰囲気。でも話題になっているから、一度は行ってみたいと迷っている人も多いでしょう。

合コンといえば独身者が集まり、楽しくお酒を飲む場所というイメージ。出会いを求めて参加する人がほとんどかもしれません。

結婚してから異性とのつながりがあるといえば、自分のパートナーだけ。男女関係なく出会いが限られた人生は、とても退屈に感じてしまいます。

近年人気がある既婚者合コンは、浮気相手を見つけるのでなく、気晴らしや自分を磨く場所として活用している人も増えています。

参加したいけれど勇気がないという人は、ためらう理由を考えて今後の計画の参考にしてみませんか。

 

結婚したらできなくなること

好きな人とゴールインして幸せな家庭を築くのは、誰もが夢見る内容です。新婚時代は何をしていても楽しく、二人で一緒にいられることに感謝しますよね。

しかし楽しい新婚時代は長く続かず、独身時代が懐かしく感じる瞬間が色々と出てくるのです。結婚したらできなくなるのは、次のようなものが挙げられます。

 

夜遊び

独身なら朝までお酒を飲んで酔っ払っても、その場限りの出会いがあっても、文句を言う人はいないでしょう。

独身のうちにやっておきたいことのひとつに、夜遊びがあります。クラブやバー、合コンなど、羽目を外して遊べるのは独身が持つ特権です。

結婚してから夜遊びをすると、夫婦関係が上手くいっていないのか、それとも相手に理解されているのか、世間から不思議な存在に見られてしまいます。

また近所の目も厳しく、結婚してから一人で朝帰りをしたら、すぐによからぬ噂が広がってしまうでしょう。

 

好きなところに旅行する

新婚時代なら二人でたくさん旅行をするのが可能ですが、いずれ子供が生まれてマイホームの購入、家族との付き合いなど、金銭的にも時間的にも制約されてしまいます。

旅行好きな人は結婚前に好きなだけ旅行をして、遊び納めておくことも必要かもしれません。

結婚すると、何をするにもいつも二人。計画を立てる時も相手の意見を尊重しなければならないので、好き勝手に旅行をすることはないでしょう。

ある日ふと旅に出たくなり、バッグひとつで家を出るというのも不可能になってしまいます。

海外旅行だとお金もかかりますから、独身時代の自由な時にたくさん行っておきたいですね。

 

自分にお金をかける

独身時代はお金の使い方も自由ですから、好きな洋服や食べたいものなど、誰にも相談しなくてもOK。

しかし結婚すると将来のために節約しなければならないため、独身のように自分にお金をかけることができなくなります。

たとえば、女性の美容にかかるお金。ネイルサロンやエステサロン、美容院など、綺麗にするためにはお金もかかります。

しかし結婚すると美容を意識すること自体が少なくなり、自分のためにお金を使うチャンスは減ってしまいます。

男性なら趣味にお金を使う人が、結婚後に諦める場合もあるでしょう。「いつか始めよう」と思ったまま、趣味のない生活が始まってしまうのです。

 

友人付き合い

学生や独身時代は友人と一緒にあちこち出かけたり、家に泊まったり過ごす時間がたっぷりとありました。

しかし結婚するとパートナーを置いて、自分だけが友人と楽しく過ごすのは、悪いことのように感じますよね。

結婚している友人や、独身の友人。相手のライフスタイルに関係なく、人に会う時が減ってしまいます。

まずは家庭が第一。その優先順位を守っていると、次第と友人と疎遠になるケースもあるでしょう。

独身時代に友人と楽しく過ごせなかった人は、結婚して後悔する場面が色々とあるかもしれません。

 

恋愛

結婚するとできないのは「恋愛」です。異性の視線を気にしながらオシャレをしたり、デートをしたり。

そんな生活は毎日刺激になるので、独身者はいつも輝いています。好きな人と結婚したのだから、恋愛する必要はないだろうと思うのが普通の常識。

しかし長い間同じ相手と一緒にいると、自分が異性として見られなくなってしまうのです。そんな寂しさからやってくる恋愛のときめき不足は、結婚するともうできないことなのだとがっかりする瞬間です。

 

既婚者合コンに行きたい!でもためらう人たちの共通点

既婚者合コンが日本各地で開催され話題を集めていますが、気軽に参加できる趣味のサークルとは違い、あらゆる理由でためらう人がいます。

そんな人たちに共通する理由について、考えられるポイントを見ていきましょう。

 

罪悪感がある

既婚者合コンは交流会やオフ会、サークルなど、あらゆる名前がつけられていますが、どれも既婚者を対象にして集まるイベントです。

年齢は30代~50代が多く、子育てがひと段落している人も多く参加しています。参加をためらう理由として、自分のパートナーに罪悪感があるため。

内緒で合コンに参加するのは、裏切るようで申し訳ないと思ってしまうのです。既婚者合コンは女性に考慮したイベントが多く、集合時間も週末の午後など、家庭に影響を与えないように工夫されています。

しかし夫や妻を家で待たせて、自分だけ楽しく異性と時間を過ごすのは、夫婦関係を悪くしそうなのでためらってしまいます。

 

浮気性だと思われる

既婚者合コンは、友人を作る場所や知り合いを増やす場所など、健全な目的があるもの。しかし世間の人は、悪いイメージを持つ場合もあります。

確かに浮気相手を見つけに行く人も、実際に存在するでしょう。しかし全ての人がそのために参加するわけではありませんので、楽しく食事をして終わりになる時も多いのです。

それでも参加者同士もネガティブなイメージを抱き、お互いに浮気性の人だと勘違いされる可能性があります。

 

着ていく服がない

結婚してから自分のパートナー以外と食事したり、お酒を飲んだりする機会はほとんどありません。

既婚者合コンというチャンスが訪れてためらってしまうのは、着ていく服がないことやトレンドを意識したオシャレができないといった理由もあります。

異性の視線を集める場所なので、できれば独身時代のように輝いて絶賛されたいですよね。既婚者合コンはお見合いパーティーのような、堅苦しいオシャレをする必要はありません。

しかし綺麗に着飾って出かけるのは、マンネリした結婚生活の刺激になること間違いなしでしょう。

 

好きな人に出会いそう

恋愛のチャンスは、いつどこでやってくるかわかりません。結婚しているからといえ、自分の好みのタイプが目の前に現れたら、心が揺れ動いてしまうのは仕方ありませんよね。

そんな時にしっかりと自分を持っている人でないと流されてしまい、夫婦関係の危機を迎える恐れがあります。

熱しやすくて冷めやすいタイプは、合コンで色々と素敵な人を見つけるかもしれません。その時に感じるドキドキ感は普段得られないもので、現実逃避した場所で恋に落ちそうな不安があるのです。

もし夫婦関係が上手くいっていない人なら、優しく声をかけてくれる人と親しくなってしまうこともあるかもしれません。

 

話題がない

「合コンに行くのは何年ぶりだろう?」とモチベーションを高く持って会場に到着したもの、実際に自分のパートナー以外と話をするのは、とてもエネルギーを使うものです。

ましてや夫婦だけの会話は、いつもマンネリで気を遣わずにいるため、相手がどのような話題が好きなのか考える必要もありません。

既婚者合コンをためらう理由としては、盛り上がる話題がないこと。しらけてつまらない人だと思われ、がっかりと帰ってくるのでは参加したくなくなります。

とくに女性の場合、専業主婦として生活していると外のつながりがないので、必然的に話題は家族やテレビくらいになるかもしれません。

 

危ない人がいそうな不安

既婚者合コンは全員が色々な目的を持って参加していますが、共通するのは出会いを求めていることです。

その場だけ楽しければよいという人や、友人としてずっと付き合いたい人、または趣味の仲間が見つかる場合もあるでしょう。

そこで注意したいのは、浮気相手を求めてくる人の存在。強引に二次会に誘ってきたり、スキンシップをしてきたりする人もいるかもしれません。

初対面の異性とはどの程度距離を置くべきか、久しぶりでわからない人も多いはず。既婚者合コンは「なんとなく危ない人がいそう」というイメージがあると、参加をためらってしまいます。

 

ためらわずに参加できる既婚者合コンの選び方

たまには違う異性と話をするのは、夫婦関係に刺激を与えるよいチャンスになります。行きたいけれど気が乗らない…と迷っている人は、安心して参加できる既婚者合コンを選びましょう。その際の判断基準は、次のポイントを意識するとよいですね。

 

開催時間が早いイベント

既婚者合コンは色々なタイプがありますが、家で待つパートナーのことを考えたら申し訳ないとためらう人は、開催時間が早いイベントを選びましょう。

たとえばランチの合コンなら、開催時間が13時前後になりますので、少し友人と食事してくると言ってもわかりませんよね。

既婚者合コンは二時間ほど開催され、その後は個人で二次会に参加するなどさまざまです。ディナー時間に集まる既婚者合コンもありますが、翌日のことを考えて早い時間のほうがよいという人も多いはず。

なんとなく出席しにくいと思う場合は、空の明るい時間帯のイベントがオススメです。

 

参加者数が少ない合コン

参加者が多くなるほど、人の特性やタイプも色々です。どのような人がいるのか不安な場合は、少人数で開催する既婚者合コンがよいでしょう。

たとえば五対五など、男女共に人数が決められている場合は、全員が注意しているため迷惑な行為も少なくなります。

イベントによっては、男女の数が合わずにバランスが悪くなることもありますので、初めて参加する人はイベント内容を確認しておくと安心ですね。

久しぶりに異性と話をする人は、大勢のパーティーよりも人数が少なく、対面式で食事できる空間が安心です。

 

メニューを確認しよう

既婚者合コンは「独身者のようにお酒を飲まなければならないの?」と不安を抱いて、ためらっている人も中にはいます。

酔っ払って家に帰ったら、パートナーと口論になりそうな場合。合コンではソフトドリンクがないと困りますよね。

どのようなイベントに参加するにしても、お酒が飲めない人でもOKな内容であることを確認してください。

また料理内容もコースなのか立食形式なのかなど、初対面の人と話しやすいメニューのほうが安心です。

参加費用は、基本的に男性のほうが高く設定されていますので、女性なら少しお小遣いを貯めておけば色々な合コンに参加できます。

 

年齢層の幅が広いイベントに参加する

出会いを求めるのは浮気相手だけでなく、趣味や家族の話、仕事についてなど、自分と相性の合う人と知り合うにも絶好のチャンスになります。

その場合は、年齢層の幅が広く設定されているイベントがオススメです。一般的には30代以上が多く、自分と同じ年齢層で行うイベントもあります。

既婚者合コンなので結婚生活に関する話題は多く、悩み相談として年上の人からアドバイスが欲しい時もあるでしょう。

参加してよかったと思うイベントは事前に内容をチェックして、納得できるものを吟味してください。

 

きちんとしたお店で開催されているか

「既婚者合コンで、危ない人と知り合ったらどうしよう…」と不安になる人は、開催場所に注意して参加してください。

たとえば有名ホテルのレストランなど、きちんとした身なりで参加する場所なら、その場にふさわしくない人は来ない可能性が高いですよね。

逆に安い居酒屋などは気軽に参加できる反面、マナーやエチケットを意識せずに、お酒を飲んで酔っ払う人もいるかもしれません。

既婚者合コンはレストランやバーをはじめ、アウトドアイベントもあります。安心して人とコミュニケーションがとれるイベントを選び、楽しい時間を過ごしてくださいね。

 

大規模なイベントにする

既婚者合コンに行くとパートナーに言ったら、相手はよい思いはしないはず。絶対に行くなと止める人もいれば、夫婦喧嘩になる時もあるかもしれません。

合コンというと数人でお酒を飲むイメージがあり、急接近しそうな不安があります。逆に船上パーティーや広い会場を使ったイベントなら、既婚者合コンだとわからずに気軽に参加できるメリットがあります。

 

まとめ

既婚者合コンにためらいを感じている人は、一度参加して実際の様子を見るとよいでしょう。

気軽に参加できるランチなどもありますので、久しぶりにオシャレをして、軽く外食する気分で出かけてみませんか。

既婚者サークルに参加したい!と思う人の特徴

既婚者サークルに参加したい!と思う人の特徴

近年既婚者サークルがとても注目を集め、参加する人が後を絶たない状態です。大きな声では言えないけれど、興味を持っているという人は近くにもいるかもしれません。

なぜ今既婚者サークルがこれほどまでに人気を集めているのか、ラブラブな結婚生活を送っている人たちには理解できない内容でしょう。

どのような人が行くの?という疑問は、実際にかなり多く聞かれています。そこで気になる既婚者サークルで、参加したいと思う人の特徴についてご説明しますね。口では否定していても、心の中では迷っている人も少なくないはずです。

 

既婚者サークルってなに?

既婚者サークルに参加したい!と思う人の特徴

既婚者サークルは、一見趣味の集まりのようなイメージもありますが、実態を知ると驚く人もいるようです。では早速ですが、既婚者サークルの特徴や内容についてご紹介しましょう。

 

既婚者同士の飲み会

既婚者サークルでは、既婚者に限定した飲み会や交流会を行っています。普通の飲み会と違うのは既婚者であることが条件で、友人作りや交流を目的としてイベントが開催される点です。

既婚者サークルでは、不倫相手を見つける場所ではないのをアピールしているので、普通に飲み会として参加できるのが特徴。

年齢制限のある飲み会もあるため、同世代で同じ既婚者という共通点が、参加者にとっては魅力的かもしれません。

 

参加資格について

参加者は、結婚していれば誰でもよいというわけではありません。既婚者サークルがはっきりと掲げる、「交流会」という目的にそぐわない人は参加できないでしょう。

たとえば参加資格として、既婚者で指定の年齢があります。その際は、見た目年齢でもよいケースも。

参加できない人は独身者や営業や勧誘目的で来る人、主催者から参加を断られた経験がある人などがいます。

このような規定があるので少し不安に感じる人でも、身分証の提示を求められるイベントもあるので安心できますね。

 

飲み会で禁止されていることは?

友人同士や会社の飲み会などでは、かなり羽目を外してしまう人もいるでしょう。既婚者サークルはお互いに家庭がある立場ですから、マナーを守り楽しい時間を過ごすことが求められています。飲み会によっては、喫煙が禁止されている場合もあるほどです。

 

既婚者サークルに参加したい人の特徴について

既婚者サークルに参加したい!と思う人の特徴

既婚者サークルに対しては意見が色々とありますが、実際は注目を集め大盛況のイベントも多く存在します。

ではどのような人がやってくるのか、既婚者サークルに参加する人の特徴について見ていきましょう。

 

家庭に不満がある人

結婚生活が上手くいっていない、家庭のストレスや不満がある人は、飲み会で気分転換したいと思うことがありますよね。

そんな時に楽しそうに見えるのは、既婚者サークル。自分と同じ環境で生活する人たちと、家庭のうっぷん晴らしができるのはありがたいことです。

既婚者が普通に飲み会に参加しても、独身者で盛り上がる話題にはついていけないケースもありますよね。

逆に恋愛相談になってしまい、ストレス発散ができない場合も。夫の悪口や姑との関係、子供の進路など、話が合いやすい既婚者同士だと飲み会も充実できるのです。

 

飲み会が好き

独身の頃から飲み会が大好きという人は、結婚してもチャンスを待っているはずです。しかし家庭があると、簡単に飲み会に行ってくると家を空けるのは難しいですよね。

夫婦同士の付き合いや、家族ぐるみの付き合いでしか行動ができない既婚者。羽を伸ばして独身時代のようにお酒が飲みたいという人には、既婚者サークルがピッタリです。

「しばらくお酒を飲んでいないな…」と感じた時に、同じような目的を持つ人がやってくる既婚者飲み会。既婚者同士だからこそ、安心してお酒が飲めるのかもしれません。

 

友人が欲しい

とくに専業主婦に多い、既婚者サークルに参加する理由として、友人作りがあります。毎日ほとんど家で過ごすライフスタイルは、必然的に人との出会いが減ってしまいますよね。

限られた範囲での生活は、ストレス発散ができないだけでなく、生活に必要な情報収集もできなくなってしまいます。

既婚者サークルに参加したいと思う人の多くが、友人を見つけたい思いを持っているでしょう。

「友人」というのは不純な目的でなく、同性の友人や気が合う異性の友人など。同じ既婚者という立場は共通点になりますので、初対面でも昔からの知り合いのように話が合うかもしれません。

 

共通の趣味を持つ仲間を探している

趣味を持っている人は仲間を見つけるために、既婚者サークルに参加するケースもあります。

飲みながらお互いの話をしている間に、趣味や特技の話題になる場面がよくあるでしょう。SNSで知り合いを広げるよりも、実際に会って話をしたほうが相手のことがよくわかるもの。

そのため趣味で盛り上がる、友人探しの場としても好都合なのです。「飲み会」を趣味にする人なら、すぐに見つかる可能性がありますね。

 

毎日家で退屈している人

家で毎日退屈しており、既婚者の友人とはなかなか時間がなくて会えないという状況は、とてもストレスになります。

毎日そんな生活が続くと自然と慢性化して、出かける気力もなくなってしまいますよね。そんな時にふと気になるのが、既婚者サークル。

既婚者限定で同じ仲間が参加しているので、退屈な毎日に刺激になるでしょう。出かけたいけれど行くところがない時、既婚者サークルはワクワクできるイベントになります。

開催される時間帯は週末の昼過ぎなど、まだ日中なので家庭がある人には出かけやすいタイミングです。

 

夫婦関係に刺激が欲しい

結婚すると、自分を異性として扱ってくれるのはパートナーだけ。しかし新婚時代と比べると、夫婦関係は年々マンネリしていきます。

空気のような存在になるのは素敵ですが、たまには違う異性との交流も自分を磨くために必要です。

「スタイルがよいですね」などと飲み会で褒められたら、もっと自分磨きにも力が入り、結果的に夫婦関係に刺激がプラスされるのです。

これからも長く生活を続けるパートナーとは、よい関係を維持したいですよね。そのために外で刺激を受けて、マンネリした夫婦関係を見直したいという人も多く参加しています。

 

不倫に興味がある

不倫相手を斡旋する集まりでないのは、どこの既婚者サークルもアピールしています。しかし中には不倫目的で参加する人もいますので、飲み会で知り合い後で二人で会うというパターンもあるようです。

夫婦関係で抱くストレスはさまざまですが、はけ口を外に求めて気分転換をする人も世の中には多く存在します。

不倫目的でなく、ただ交流会を目的として参加する場合は、自分の行動や言動に注意して誘いに乗らないことが大切です。

 

安心して参加できるイベントがオススメ

既婚者サークルに参加したいと思う人たちには、それぞれ期待する物ごとや目的があります。

純粋に楽しく既婚者同士でお酒を飲みたい場合は、安心して参加できるイベントを選ぶとよいでしょう。

飲み会だけでなく、アクティブに過ごすアウトドアイベントなどもありますので、普段できないことをやるよいチャンスかもしれません。

 

まとめ

既婚者サークルは、どういう人が行くものなの?と、不思議に思っている人も。しかし自分がもし参加したら、どうなるかイメージできますか。

結婚すると生活スタイルはがらりと変わり、独身のような自由がなくなります。たまには独身気分で楽しく仲間と交流する時間は、上手く活用すると結婚生活によい刺激になるかもしれません。

セカンドパートナーとの上手な付き合い方@出会いやデートはどうしてる!?

近年、じわじわ注目を集めている「セカンドパートナー」という存在。

不倫を題材とするドラマや映画が多くなっている今、セカンドパートナーというワードもすでに馴染み深いものと変わってきているように感じますね。

今この記事を見てくれている方は、すでにセカンドパートナーがいらっしゃる方も多いのでは?今回は、セカンドパートナーとの上手な付き合い方や気になる出会い、デートについて詳しくお話していきましょう。

 

1.セカンドパートナーがいるメリット

まずは、セカンドパートナーとは何か…ということからご説明したいと思います。

セカンドパートナーとは、肉体関係には発展しない親密な相手のことを言います。“恋人未満友達以上”というものが頭によぎりますが、セカンドパートナーは、恋人同等の存在を指します。肉体関係のない恋人というのが適切かもしれませんね。

恋はしたいし、女としてのトキメキが欲しいけれど、不倫はしたくない…旦那とは離婚したくない…と考える女性にとって好都合な存在ではありませんか?

 

セカンドパートナーがいるメリットは想像以上に大きいです。セカンドパートナーが実際にいる方のご意見と共に見ていきましょう。

 

メリット①忘れかけていた恋心を取り戻せる

愛し合って結婚したとしても、長年一緒にいるとどうしても失われていくのが“恋心”

セカンドパートナーよりも旦那様の方が大切だとは思うけれど、付き合っていた頃や新婚の頃のような気持ちには、今更なりにくいものですよね。

その気持ちを補ってくれるのがセカンドパートナー。二度と感じることが出来ないと思っていた感情を取り戻せると、40~50代の女性から支持を集めています。

 

〈東京都在住 Mさん 46歳女性〉

旦那とは特別仲も良くなく、悪くなく…で丁度よい関係だと思っています。トキメキはなくても、夫婦として幸せにやっていますし、幸せですが、パート先でときめく出会いがありました。お互い既婚で子供もいるので、身体の関係は一切ありませんが、お忍びでデートはしています。デートでも十分、心がトキメキますし、彼と付き合ってからは、毎日が楽しくて仕方ないんです。

イライラしていた旦那のキャバクラ通いも今ではどうぞどうぞ~ってくらい(笑)旦那も楽になったのでは?

 

メリット②女でいることが出来る

結婚生活が長くなり、子供が産まれるたびに、女と男としてではなく、お母さんとお父さんのような存在に変わってくるのが夫婦というもの。

もちろんそれはそれで幸せなことですが、やはりいくつになっても女として輝いていたいと願うのが女心。一度変わってしまった関係はそうそう戻れるものではありませんよね。そんな穴を埋めてくれるのがセカンドパートナー。相手のためにメイクして、お洋服を選んで…。そんな瞬間が女としての自分を奮い立たせるのです。

 

〈熊本県在住 Kさん 50歳女性〉

旦那とは結婚25年。もうお互い歳も歳ですが、セックレスになってから数年経ちます。周りの友人は、今もなお営みがあるようで…正直羨ましかったです。別に行為をしたいのではなく、女として認めれたり、大切にされたいだけなんですけどね。

どんどん老いていく自分も嫌で、既婚者合コンというものに参加しました。50代から参加できる会だったので、自分が一番若く、男性からチヤホヤしてもらえて嬉しかったです。

3回ほど参加した頃、5歳年上の方とお付き合いをすることに♡いわゆるセカンドパートナーってやつですね。女としての自信を取り戻すことが出来ました。

 

メリット③前向きになり、生活にハリが出る

セカンドパートナーのメリットは、何も恋愛面だけれはありません。あなたの私生活やメンタル面にも良い影響を与えてくれるでしょう。

私生活が充実しているのと、していないのとでは、物事の受け取り方にも違いが出てきますよね。何より恋をしていると、毎日が刺激的で楽しくて、機嫌よく毎日を過ごせるもの。気持ちが明るくなり、いつもの毎日がグッと楽しくなったと答える方は非常に多いです。

 

〈愛知県在住 Rさん 38歳女性〉

旦那は仕事が忙しい人で、家事や育児に対してまるで無頓着です。

仕事に育児に家事に追われ、たまにシングルマザーなのかな?と思ってしまうほど。そんなときネットを通じて、セカンドパートナーが出来ました。

話しているだけで楽しいですし、次会う日まで頑張ろうと思えるし、何より応援してくれる相手がいると思うだけでモチベーションが高まります。

 

メリット④イライラしにくくなる

心の拠り所やストレス発散出来る場所は、必要不可欠。

そういった場所がないとストレスは溜まり、ちょっとしたことでもイラッとしやすくなりますよね。中にはご主人との喧嘩が多く、ストレスを溜めやすい環境の方もいらっしゃることと思います。悩み相談が出来るセカンドパートナーの存在のおかげで心に余裕ができ、イライラしにくくなったと答える方も多いです。

 

〈栃木県在住 Mさん 49歳〉

旦那の親と同居しており、ストレスが溜まる毎日です。さすがに実親なので旦那には愚痴をこぼしにくく、気持ちは暗くなるばかりでしたが、セカンドパートナーの存在に救われました。

月に1回程度のデートですが、本当にストレス解消になりますし、イライラしにくくなりました。何かあったときは速攻相談出来ますしね(笑)不倫という枠ではなく、友達感覚で付き合っているので、気楽です。

 

2.セカンドパートナーとは絶対に一線を超えてはならない

セカンドパートナーが与える影響がとても大きいことが分かりましたね。

毎日の生活が、もっと楽しく明るくなる反面、気をつけなればならないことも、もちろんあります。まず一つ目は決して、肉体関係になってはいけないということ。

不倫とセカンドパートナーの違いは“肉体関係があるかないか”です。法律的に不倫相手になるかどうかは、性交渉の有無で大きく左右されてしまうため、もし仮に旦那様から不倫を疑われた際に、慰謝料請求などの対象になります。

いくらセカンドパートナーのことを愛していたとしても、今の生活やお子さんの未来、旦那さんのことが大切だと感じるのであれば、絶対に超えてはならないラインです。

そして二つ目は、性交渉がなくても不倫と認めれるケースがあるということ。また、周りから見ればプラトニックな関係である保証はどこにもないこと。一時期の感情で自分を見失って後悔するリスクがあることも理解しておきましょう。

最後三つ目は、セカンドパートナーである相手は、あなたとの今度をどう思っているのかということ。

あなたは、心の拠り所を作りながら、今の生活も大切にしたいと思っているかもしれませんが、人の心は変化していきます。長い時間を共にして、彼の方があなたと生涯一生添い遂げたいと感じるかもしれません。そうなったときにどうするのか、先のことまで考えて、付き合う前にルールを作るなどの対処法を考えておく必要があります。

また、あなたの方が彼を心から愛してしまうことも。大好きだけど、一緒にいられない関係、身体と身体を重ねられない関係というのは想像以上の辛さです。メリットが大きい分、リスクと相当な覚悟が必要な関係だということを理解して欲しいです。

 

3.セカンドパートナーに見つけ方は?

気を取り直して!セカンドパートナーの見つけ方をご紹介します。

 

・社内や取引先

セカンドパートナーではないですが、不倫相手との出会いは、社内や取引先が多いですよね。つまりその分、セカンドパートナー候補との出会いも多いということです。

仕事を介してなら連絡を取っていても怪しまれないですし、食事の約束もしやすいですよね。職場で、すんなり顔を合わせられるのも嬉しいポイント!ですが、その反面周りに悟られやすいので注意も必要です。

 

・既婚者合コン

既婚者合コンは、既婚者のみ参加できる飲み会です。既婚者サークルとも言います。

同じ悩みを抱えている人と出会いやすいですし、匿名で参加も可能なので、気軽にセカンドパートナーを探しやすいです。

 

・出会い系アプリやSNS

今ではかなり普及した出会い系アプリ。

自分の条件に合った相手を見つけれますし、アプリ内でメッセージのやりとりをして見極められるのがメリット。お金をかけずに始められるのも嬉しいですね。ただし、サクラ行為や詐欺も多発しているため、見極める目を持っていないと危険かもしれません。

 

・同窓会や飲み会

全く知らない相手と仲良くなるよりも、よっぽど安心感もあり手っ取り早いのが、同窓会や友人が集まる飲み会などです。まるで学生時代に戻ったかのような温かい気持ちになれそうですね。その半面、ハマりすぎてしまうことに注意。

 

4.セカンドパートナーとのデートで注意したいこと

セカンドパートナーといくらプラトニックな関係だとしても、第三者から見れば、仲の良いカップルか夫婦に見えることでしょう。

いつどこで噂が広まるかは分かりません。お互いの旦那さんや奥さんに見つかれば裁判沙汰になってもおかしくない関係ですから、デートにも気を使わなればなりません。

 

・住んでいる地域から離れてデート

これは必須事項です。

お互いの家族や友人が住んでいる地域や職場近辺でデートは危険行為です。噂がどこで広まるかわかりませんし、今では簡単に写真も取られてしまいますからね。なるべく遠いところでデートをするようにしましょう。

 

・帽子やサングラスがあるといい

自分の住んでいる地域や職場の周りで、セカンドパートナーと会う場合には、お互いちょっとした変装があった方が良いでしょう。帽子やメガネがあれば、素顔がバレにくいので、もしものとき言い逃れが出来ます。

素の自分たちでいられないのは嫌かもしれませんが、それだけリスクがあるということを理解した上でお付き合いをしましょう。

 

・思い出のものは出来るだけ残さない

デート中に写真を撮ったり、お土産やペアアイテムを買いたくなる気持ちも分かりますが、が、ぐっと堪えましょう。それらが原因で不倫だと言われてしまう日が来るかもしれませんからね。どうしても買いたいのならば、花瓶やマグカップなどお互い自分の家でだけ使うようなもの(人に見られる心配のないもの)にしましょうね。

 

・外で手を繋がない

当たり前と言えば当たり前ですが、外で手を繋いだり、親密に見える行為はNG。

 

・ラブホテルの近くには寄らない

いくらホテルに入らないとしても、ラブホテルが建ち並ぶようなエリアに近づくのも出来るだけ控えるのがベター。ラブホ街にいたというだけで、勘違いされネタにされる世の中です。勘違いされやすい場所には一切近づかないことをおすすめします。

 

5.セカンドパートナーと上手に付き合っていくには

セカンドパートナーと長く円満に付き合いを続けていくのは、とても難しいことです。

不倫とは全く異なる関係でも、周りの理解は得られにくい関係ですから、その分気を使うことも多いですし、いくら相手を好きだとしても肉体関係は持ってはなりません。

いつその関係がバレてしまうかも分かりませんし、恐怖と隣合わせと言っても過言ではないです。

 

そのため、セカンドパートナーと上手に付き合うためにはルールを作ったり、お互いハマりすぎないようにすることが大切。お互いにハマりすぎてしまい、相手のことしか見れなくなったら、それは不倫と同じではないでしょうか?

セカンドパートナーとは、自分の生活がより円滑に、現状をより幸せで大切なものだと感じるための存在。ですから、自分が成長できるような関係がベストなのです。

恋は盲目と言いますが、本当その通り。刺激もたっぷりなセカンドパートナーとの関係ですが、本当に自分に大切なものは何か忘れてはなりませんよ。

既婚者飲み会は一人参加の方がいい?その理由

既婚者飲み会は、一人参加の方がいいという説があります。実際に、既婚者飲み会に参加をする人は、男性は一人の方が多いですよね。

でも女性については、友達と参加をする人もいます。今回は、既婚者飲み会は、一人参加がいい理由について、深く見ていきましょう。

 

既婚者飲み会に一人参加をする女性心理

既婚者飲み会に、一人参加をしようとする女性はどのような心理なのでしょうか。まずはこの思いについて、お伝えしていきましょう。

 

一人の方が気楽

友達と参加をすると、色々と気を使うので一人参加をしたいと思う女性心理もあります。最初は不安な気持ちがあるかもしれないけれど、慣れたら大丈夫だと思うのでしょう。

実際に行動をする時には、一人でした方が楽だと思う人もいます。この方が自分のペースで動けると思うからです。

今までも、何かするとしたら一人でしてきたタイプの女性は、今さら友達と行動をするのが面倒だと感じるのでしょう。

このため、一人参加の方が気楽だと思う気持ちが強いので、既婚者飲み会についても一人参加を希望するのです。

 

色々な人と話せそう

一人参加をした方が、友達とずっと話しているのではなく、色々な人と話せるように思うので、一人参加をしたいと思う女性もいます。

元々人とのやりとりが得意な女性なら、色々な人と話したいと思うもの。これには、既婚者飲み会にも、一人参加をした方が良いと考えるのでしょう。

できるだけ色々な人と話して、得られるものを得たいと考えるので、飲み会だけではなくて同窓会などにも、一人で参加をするタイプもいます。

友達と一緒でなければ不安だと思う人もいれば、全く逆の考え方の人もいるでしょう。色々な人と話せた方が、自分にとってプラスだと考える女性は、既婚者飲み会にも一人参加をするのです。

 

好奇心を満たしたい

一人参加をした方が、色々な経験ができそうだと思うので、好奇心旺盛な女性な女性は、既婚者飲み会にも一人参加をすることが多いでしょう。

好奇心旺盛のタイプは、色々と得られるものが多いですよね。自分でもこれが分かっているので、これからも好奇心を満たしたいと考えるのです。

以前はあまり好奇心を持たなかった人でも、最近になってなぜか好奇心旺盛になってきた人もいるでしょう。

こういう人にとっては、これから更に楽しい経験をしたいと思うので、一人参加をした方が楽しく過ごせると思う気持ちが強いもの。

既婚者飲み会について、好奇心を持ったとしたら一人参加をしてみようと、こういうタイプの女性は思うでしょう。

 

既婚者飲み会に友達と参加をした場合

既婚者飲み会に友達と参加をしたら、どのような雰囲気になるのでしょうか。これを想像したうえで、どうするか決めるようにしたいですね。

 

友達といる時間が長くなる

友達と参加をすると、どうしても一緒にいる時間が長くなります。気が付けば、友達としか話していなかった…という例もあるでしょう。

友達と既婚者飲み会の雰囲気を楽しみたいと思うのなら、これでもいいかもしれません。でも「初対面の人と話してみたい」と思う人にとっては、物足りなさを感じるでしょう。

友達には悪いけれど、他の時に友達とは会うようにした方が良かったと、後悔をする可能性もあります。

友達と一緒に新鮮な気持ちになれるケースもありますが、新鮮な思いを一人で感じた方が楽しいと思う可能性もあるでしょう。

 

友達の愚痴を聞く可能性も

久しぶりに会う友達なら、様々な愚痴を聞くことになるかもしれません。久しぶりに会えるのは嬉しいのですが、何もこの席で聞かせなくても…と思う可能性も。

友達としては、せっかく会えたのだから愚痴を聞いてもらおうと思う気持ちもあります。でもこちらとしては友達の愚痴を聞くために、会ったわけではないので残念な日になってしまうかもしれません。

愚痴については、話し出すとつい止まらなくなってしまう人もいます。悪いかなと思いながらも、ストレス発散のために愚痴を続けてしまう人もいますので、この席でずっと愚痴を聞き続けることになるでしょう。

 

友達の相談に乗る場合も

友達の相談に乗ることが多くなり、既婚者飲み会で話したいと思う人がいても、話しに行くタイミングが見つからないままに。

友達が「あの人と話してみたいんだけど」と言ってきたら、これについて相談に乗ってあげたり、間に入ってあげたりする必要が出てくる場面もあります。

友達を優先するようにしなければ、これから先に友達との関係が悪くなると思うので、気を遣ってしまうのでしょう。

自分の思う通りに動けないというのは、友達と一緒に参加をした場合のデメリットになるのです。

友達と参加をすると、安心感は得られるかもしれません。でも実際に参加をすると、本当に一緒に来て良かったのかな…と、一人参加の方が良いように思うことも。

こういう場合には、次回に一人参加をして違いを比べてみるようにするのも良いですね。

 

既婚者飲み会に一人参加をした方が良い理由について

既婚者飲み会に一人参加をした方が、実際には良いのでしょうか。良いとしたらその理由について考えていきましょう。

 

自由に振る舞える

友達の前では、一応丁寧な対応をしなければいけないと思い、自由に振る舞えないケースもあります。

よく会う友達と一緒なら、相手の目が気になり自分の思うように行動ができないように感じるでしょう。

でも一人参加をすると、自由に振る舞えるメリットがあります。周りは初対面の人ばかりですから、誰かに制されることもないですよね。

時には開放的になりたいと思うのなら、一人参加の方がやはり良いでしょう。友達のことを気にして、自由でいられないのは避けたいところ。

こう考えると、既婚者飲み会に参加をするのは一人参加の方が、やはり自分に合うと思うのではないでしょうか。

 

異性と話しやすい

異性から見て、一人参加の女性の方が話しかけやすい可能性があります。男性が友達と参加をしているのなら別ですが、一人参加の男性は多いですよね。

このため、異性から話しかけやすい隙を作るためにも、女性は一人参加をした方がメリットがある場合も。

異性と話したい、話す時間を大切にしたいと思うのなら既婚者飲み会に一人参加をした方が良いですね。

異性から見ても、話しかけやすいと感じる女性の方に、自然に心が向かうものです。でも友達と一緒に来ている女性に対しては、魅力を感じても話しにくさを感じる可能性も。

友達と一緒に三人で話す必要があるので、面倒だと思う男性もいるでしょう。二人とも魅力的な女性だと思うのなら、それでもいいかもしれません。

でも本当に話したいのは、そのうちの一人だとすると友達の存在が少し邪魔になってしまうのです。

このため、結果としては一人参加の別の女性と話すようにする男性もいるでしょう。こう考えると、せっかく親しくなれるチャンスを逃すことになるのです。

 

まとめ

既婚者飲み会は一人参加をした方が、メリットは色々とありそうですね。でも一人で初めて既婚者飲み会に参加をするのなら、不安で緊張も強いというような場合には、最初だけ友達と参加をしてみても良いかもしれません。

この後に一人参加をしてみて、やはり一人参加の方が自分に合うと思う可能性もあるでしょう。

自分にとってどちらが合うのかを、実際に経験してみると分かるケースは多いのです。友達と参加をするか、一人参加をするかどちらが自分にとって楽しめるのかを、実際に経験をしたうえで、今後は自分で選択をするようにしましょう。

既婚者サークルで困った…と思うのはどんな時?

既婚者サークルで困ったと思うような時もあるもの。どのような時に困ったと思うのか、そして解決法について、今回はお伝えしていきましょう。

知ることにより、相手に対しての対処法なども理解できる可能性があります。

 

話題が出てこない

なんとか話題を出そうと思っても、話題が出てこないような時があります。こういう時に、困ったな…と思う時もあるでしょう。でも相手も同じように、話題が無くて思っているかもしれないのです。

 

緊張している

緊張をしてしまうと、どうしても話題が出しにくいものです。このため、緊張しないようにできるだけ、その場の空気に慣れるようにしましょう。

しばらくして空気に慣れてくると、話題を出しやすくなってくるものです。話題が出しにくいと思うのは、緊張をしているからだと思うようにしましょう。

こうすると、しばらくしたら楽になってくると思えるはずです。実際に誰でも緊張をすると、話題が出にくいものだと思うと、少し力を抜くことができるでしょう。

自分はもっと話題が出せるはず…と自分で思いすぎるとプレッシャーになってしまいます。色々な状態の時があると、自分に対して許す気持ちを持つときっと自然に話題が出てくるようになるでしょう。

 

話題を出すのが苦手

話題を出すのが普段から苦手な人は、話題が出にくくなるケースがあります。でも、なんとか既婚者サークルを楽しみたいと思い、話題を出すように努力をする時もあるでしょう。

努力をしすぎると、更に疲れてしまい話題が出てこない場合もあるのです。こういう時には、相手の出す話題を少し待つようにしてみると、いいですね。

もしかしたら、相手から話題を出してくるかもしれません。こちらから出さなければ…と思うと、表情が険しくなるため相手が話しにくくなる可能性もあるのです。

こうならないように、穏やかな表情でいるようにしましょう。そうすれば、話しかけやすいと思われるので、仲良くなれることが可能になるのです。

 

楽しい話を出したい

何か楽しい話を出したいと思いすぎると、話題に困ることになります。楽しい話題ではなくても、たまたま見えたようなものについて話題にするだけでも、話が弾むケースもあるでしょう。

楽しい話をしようと思い努力をしても、相手にとってはそうではない場合もあるのです。このため、あまり無理をせずに話したいと思う内容について、話すようにしてみるといいですね。

この方が自分にとっても気持ちが楽でしょう。楽しくて明るい話をしなければと思っても、いつもこれができるとは限らないのです。

時には楽しい話をして、時には一般的な話をしてみた方が、引き出しの多い人のように思われるので、魅力的な印象を与えられるでしょう。

 

お酒に酔ってしまった

お酒に酔うような場面もあるでしょう。でもこれによって、周りに迷惑をかけるリスクがあります。迷惑をかけないためにも、お酒の飲み方については気を付けるようにしましょう。

 

お酒の量に気を付ける

普段よりも高揚をしているので、つい飲みすぎてしまうかもしれないと、事前に思うようにしましょう。

自分はどのくらい飲めるのかについて、知っておくようにしたいですね。お酒の量について、ある程度自分で理解をしているのは、とても必要なのです。

大人の女性として、お酒をある程度たしなむのも重要に。でもだからといって量を超えてしまうと、周りも良い気はしないでしょう。

お酒の量に気を付けながら飲むようにしていると、周りの雰囲気についても見ることができるのです。

でも気を付けないで飲んでいると、つい酔いすぎてしまうリスクがあるので気を付けましょう。

 

ソフトドリンクを飲むようにする

1杯だけはお酒を飲むようにして、後はソフトドリンクを飲むのもひとつの方法です。この合コンに来た目的が、お酒を飲むためではなくて人と出会うためだとしたら、お酒ではなくて、ソフトドリンクをメインに飲むようにしましょう。

特に女性の場合は、お酒が強くて多く飲むと男性から引かれてしまうかもしれません。少し飲んでいる女性の方が、ほろ酔いでもあるので隙があると言えるでしょう。

ソフトドリンクでも、楽しむのは十分可能なのです。合コンだからお酒を飲まなければ…と、無理をする必要はありません。

特に体調が悪い時には、悪酔いをしてしまう可能性もあるので、自分の体調を把握した状態で、お酒を飲むかどうか決めるようにしましょう。

 

お酒が弱いと伝えておく

お酒が弱いと最初に伝えると、飲めなくても周りが理解をしてくれます。もし伝えないままで無理をしてお酒を飲むと、酔って辛くなってしまうケースも。

周りもお酒を飲まさせなければ良かった…と残念な気持ちになるでしょう。お酒が弱いと伝えるのは、恥ずかしいことではありません。

これにより、場の空気が悪くなるわけでもないのです。それよりもお酒に酔いすぎている姿を見せる方が、場の空気が悪くなるリスクがあるでしょう。大人としては、お酒を上手に飲めるように意識するのが大切なのです。

 

好きな人と話せない

いい感じの人だなと思ったけれど、話せないというような場合もあります。せっかく合コンで魅力的な人と会えたのに…と思うと残念な気持ちになりますよね。

どうすれば、話せるのかと悩む場面もあるでしょう。こういう時には、どうしたらいいのでしょうか。

 

タイミングを掴む

相手と話せるタイミングを掴むようにしましょう。今、話したいと思ってもタイミングが良くない場合も、実際にあるのです。

このため、タイミングを掴むためにも相手の様子をしっかり見ておくようにしましょう。相手の様子を見ていると、今がちょうど良いタイミングかどうか分かるのです。

タイミングが悪そうだと思うのなら、あえて違う人と話すようにしましょう。こういうところで空気を読めるのも、とても必要なのです。

タイミングを掴める人になるためには、全体の空気を理解するのが大切でしょう。タイミングがいいと思うのなら、思い切って相手の近くに行き話すようにしてみたいですね。

 

ライバルに対して

明らかにライバルだと思うような人を見た時には、この人に対して勝ちたい思いになるもの。

でもあまりライバル視をしないようにして、皆と仲良くできるようにした方が良いでしょう。

誰か1人にだけクールに接してしまうと、全体の雰囲気が悪くなる場合もあるのです。周りが気を遣ってしまうかもしれません。

好きな人にだけ優しくして気を遣っていても、相手が居心地の悪さを感じる例もあるのです。

ライバルだと思う相手に対しても、平常心で接することができるのが大人だと言えるでしょう。

 

焦らないようにする

話したいと思い、焦りすぎないようにしましょう。暫くすれば話すチャンスが訪れるかもしれません。

あまりゆっくり構えている時間がないとしても、焦ってしまうと相手に伝わるリスクもあるのです。

このため、できるだけ焦らずに落ち着いたフリをして、相手に接するようにしたいですね。

 

まとめ

既婚者サークルで困ったと思う時には、できるだけこの場では表情に出さないようにしましょう。

せっかく皆が楽しもうとしている中で、1人困った顔をしていると浮いてしまうかもしれません。

周りが気を遣って疲れてしまうケースもあるので、そうならないように困った時でも、穏やかに接するようにしてみましょう。

これができれば、バツイチ合コンを楽しめるようになるのです。笑顔になることも可能になるので、バツイチ合コンを楽しいと心から思えるでしょう。

既婚者の合コンに参加をする時の気持ちはコレ!

既婚者の合コンに参加をする時の気持ちはコレ!

既婚者の合コンに参加する時は、少し複雑な気持ちになる人や、逆に楽しみで待ちきれない人もいるでしょう。

ここ最近ブームになっている既婚者の合コンとは、名前の通り結婚している人たちが集まる合コンを指しています。

主婦や、家で妻子が帰りを待っている夫などが集まり、お酒を飲んだり食事をしたりして、独身者の合コンと全く内容は同じです。

既婚者なのに?と不思議に思う人は多いですが、決して悪い意味でなく結婚生活をリフレッシュするためにも、既婚者合コンはメリットになる時もあるようです。

そこで気になるのが、実際に既婚者合コンに参加する人たちの心構えについて。どのような気持ちで合コンに行くのか、目的や合コンの魅力に徹底解剖していきましょう。

 

既婚者同士が集まる合コンとはどんな内容なのか?

既婚者同士が集まる合コンについて、その内容が気になる人は多いもの。まずはそれぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

 

既婚者サークル

既婚者サークルと呼ばれるものは結婚している人が集まって、お酒を飲んだり趣味の話を通じて交流の輪を広げたりすることを目的としています。

既婚者合コンというと不倫目的なの?と、不謹慎に感じる人は多いかもしれません。しかし既婚者同士が集まり、楽しくおしゃべりをしようという目的で、開催されていることが特徴です。

結果的には合コンと同じ内容が多いのですが、「サークル」という名前がつくと参加者が抵抗なく行けるという魅力がありますね。

 

既婚者の合コン

既婚者の合コンは大人の飲み会として、参加するには既婚者であることが条件です。パーティー形式で、ランチや飲み会など開催する時間も色々。

イベントによっては、月々のお小遣いが少ない人向けの安いイベントがあります。または高収入の男性限定など、一般的な合コンやお見合いパーティーと似ている部分があるでしょう。

初めての人や友人同士での参加もできますし、男女比や年齢を考えて企画されるので自分と話がしやすい人に出会える可能性があるでしょう。

 

合コンの当日の流れ

既婚者合コンのスタイルは色々とありますが、一般的なイベントの当日の流れについてご説明します。

会場は、レストランやダイニングバーなどを貸し切りにして行うことが多く、スタート時間は13時とまだ明るい時間もあります。夕方からのスタートもあるでしょう。

会場の受付でチェックインする際ですが、女性はニックネームでの参加可能の合コンもあります。

男性は本人確認のために、身分証の提示を求められるケースもあるでしょう。席に案内されて、いよいよ合コンがスタート。

2時間ほどの合コンは、途中で数回席替えがあり、一人同士が一緒になるように席を案内してくれる場合もあります。

 

禁止事項について

既婚者の合コンは禁止事項がありますので、マナーを守り楽しくお酒やお料理を楽しむことが求められています。

たとえばイベントの進行を妨害するような行為をすると、すぐに退場させられ次回から参加禁止になる可能性があります。

また男性が女性に触れることや、飲酒を強要するのも禁止。そしてイベント後の個人的なトラブルや付き合いに関して、開催会社は一切責任を負いません。自己判断で、大人の振る舞いをするのが必要です。

 

対象年齢について

既婚者合コンの対象年齢はイベントごとに異なりますが、一般的には30代~50代くらいとなっています。

既婚者なので、あまり年齢層が若い人がいないのが特徴。大人らしく行動できる人たちの集まりです。

イベントごとに、参加条件として年齢が指定されることもありますので、自分と同世代の人に会えるチャンスは多いでしょう。

30代~50代の既婚者の参加者が多く、仕事が休みの週末のブランチを使ったイベントなどが人気です。

 

服装について

既婚者合コンにドレスコードを設けているイベントは、それほどありません。普段着のままでも行けますし、友人と出かける時のように少しオシャレをする人もいるでしょう。

カップリングが目的ではないので、改まった服装で行く必要はないので気楽です。心配な時は、開催会社に確認をしておくと安心ですね。

 

費用について

入会金や月会費などはなく、イベントごとの参加費用を支払う形式になっています。女性は男性よりも安く設定されているのが一般的。

合コンで提供されるものは、アルコールドリンクやソフトドリンク。またコース料理など、会場によっても若干メニューは異なります。

もちろんお酒が飲めなくても参加できますし、酔って家に帰るのが嫌な人はソフトドリンクだけでも構いません。

 

既婚者合コンに参加する人の目的はなに?

既婚者合コンに参加をする人は、なにを目的にしているのか気になるところ。それぞれに思うものが違う場合もありますが、目的についてもお伝えしていきましょう。

 

参加するのはどんな人?

既婚者合コンに参加する人たちは、女性なら専業主婦、正社員やパート勤務の人などさまざまです。とくに専業主婦は、結婚すると社会との繋がりがなくなるので、既婚者合コンを利用して外の世界を知りたいという人が多いようですね。

男性の参加者は、普段バリバリ働くサラリーマンや自営業の人など、職種もさまざまです。結婚してから、友達作りがしたいという人を対象に行っています。

参加する人は孤独を感じる場合や、さらに世界観を広げたいという人が多いかもしれません。

 

刺激が欲しい

結婚して数年経つと、恋人時代が懐かしくなりませんか。デートの待ち合わせが待ち遠しく、いつも緊張しながら相手に気に入ってもらおうと努めた時代。

結婚すると、すでに配偶者は自分のものになっています。相手によく見てもらうと努力することはなく、同様に相手からもときめきや刺激を受ける場面が少なくなります。

そんなマンネリした夫婦にとって、パートナー以外の異性と話をするのはとても刺激的。既婚者合コンなら、お互いに結婚しています。

そのため気兼ねなく異性と話をして、普段家庭で得られないドキドキ感を味わうことができます。

 

同じ立場の人と話ができる

既婚者と独身者ではライフスタイルが全く違うので、一緒にお酒を飲んでも一歩踏み込んだ会話ができない場合がよくあります。

その点結婚している人同士なら、家庭や子供のことなど、共通の話題が多く同じ立場になれることが飲み会の魅力です。

独身者にはわからない既婚者の悩みや不満などは、合コンで一緒に愚痴こぼしができますね。

 

オシャレができる

夫婦で出かける時よりも、既婚者合コンに行く時のほうが気合は入ります。知らない異性と楽しくおしゃべりをするチャンスなので、普段しないオシャレをして自分を輝かせるよい機会になるでしょう。

専業主婦は、ノーメイクで一日を過ごすことも多いもの。飲み会のために久しぶりにメイク道具を出してオシャレの練習をしたり、洋服を買いに行ったりして、下準備からすでに自分磨きが始まっています。

 

オンラインだけの付き合いは心配

既婚者が異性との出会いを求めるのは、非常識だと考える人は多いでしょう。悪い目的でなく友人が欲しいだけでも、表立って既婚者が行動を起こせない風潮はありますよね。

そんな時に便利なのが、オンラインのマッチングサービスや出会い系サイトなど。でも相手が誰かわからないままやりとりを続けると、トラブルに巻き込まれるケースもあります。

その点既婚者合コンなら、きちんと顔を合わせて異性と話ができるでしょう。オンラインだけの相手と、メッセージをやりとりする不安はありません。

 

ストレス解消

結婚生活は悩みごとや不満がどんどん蓄積され、適度なストレス発散が必要です。しかし結婚すると行動範囲が狭くなり、ストレス解消もやりたいようにできない場合が多いでしょう。

異性愚痴を聞いてもらいたいと思っても、なかなかそのチャンスはありません。既婚者合コンに参加する人の目的は、日頃のうっぷん晴らしを異性と交流することで気分転換する人が多いといわれています。

パートナーの愚痴こぼしは、異性だからこそよいアドバイスをもらえる場合もありますよね。

 

参加する前の心構えは?

密かなブームになっている既婚者の合コン。気軽に参加できるイベントが多い中、後でトラブルに巻き込まれないためにも、参加前の心構えが大切です。

そこで注意したいことを中心に、既婚者合コンに向けた心構えについてご説明していきましょう。

 

自分が参加する目的をはっきりとさせる

既婚者合コンは気分転換になるメリットがありますので、悪い目的でなく友人と買い物に行くような軽い気持ちで参加する人もいます。

しかしなんとなく…というつもりで行ってしまうと、その場の雰囲気に流されて想定外の展開になることもあるので注意しましょう。

あくまでも、その飲み会だけを楽しむつもり。また気が合った人とどうやって今後付き合うかなども、自分なりのプランを考えておく必要があります。

目的意識がないと、ついやりすぎてしまう恐れもあるのでご注意くださいね。

 

夫婦関係に亀裂が入らないように配慮する

既婚者合コンに参加するとパートナーに言ったら、ほとんどの人は抵抗を感じるでしょう。「合コン」という名前がついたものは、男女の出会いの場。

付き合う相手を探すために参加すると思われても、仕方がありません。既婚者は合コンが原因で夫婦関係に亀裂が入る恐れもあるので、オープンにして相手に話しておいてください。

それがよくないとしたら、なるべくバレないように参加するなど、念入りに考える必要があるでしょう。

自分の夫や妻が、普段見たことがないようなオシャレをして出かける姿を見送るのは、決して楽しいことではありませんよね。理解してもらえるかどうかは、それぞれの夫婦関係によって異なります。

 

マナーを守り大人の振る舞いをする

久しぶりにパートナー以外の異性と交流を持つと、ついハメを外したくなる人もいますよね。

家庭に問題を抱えている人ほど、合コンではしゃいでしまう可能性があります。しかしどのイベントも、基本的には楽しくお話をして友人を作るのが目的。

お見合いではありませんので、手当たり次第に異性にアピールしたりお酒を飲み過ぎたり、マナーに反する行為は注意しましょう。

イベントごとの参加規約や注意事項を守り、大人としての品のある行為を意識してくださいね。

 

不倫目的で参加する人もいるので注意する

既婚者合コンは、不倫目的で参加する人も中にはいます。開催されるのは週末のブランチや午後など、深夜すぎまで飲み会が続くケースはありません。

しかし最初のイベントから二次会、三次会と続く場合もあり、その日のノリによっては帰宅時間を忘れてしまう時もあるでしょう。

不倫目的の人は、できるだけグループから離れて行動したがりますので、イベント終了後に二人だけで飲みたいという人がいる場合は慎重に判断してくださいね。

 

不安な場合は友人と一緒に参加する

行ってみたいけれどどんな人が来るか不安、どんな流れになるのか初めてでわからないという人も多いはず。

既婚者の友人を誘って、合コンに参加するのもオススメです。イベントは一人で参加できるものがほとんどですが、やはり既婚者という手前、誤解されたくない人もいます。

その場合は友人と一緒に飲みに行くような気持ちで、仲良し同士で参加してみましょう。イベントによっては複数で参加すると、割引になる場合もあるかもしれません。

 

既婚者合コンに参加して結婚生活にハリを出すコツ

せっかく参加した既婚者合コン。お酒を飲んで家に帰ってくるだけでは、あまりにもったいないですよね。

そこで飲み会の経験を活かして、結婚生活をさらに充実させるコツを見ていきましょう。

 

刺激を受けたら自分磨きに活かそう

異性と交流する時間は、普段の自分を見直す大切なチャンスになります。着飾ることが少なくなった人は、この機会にもっとオシャレに時間をかけるなど、自分磨きをスタートしましょう。

そんな気持ちがパートナーにも伝わると、マンネリした夫婦関係にドキドキ感が戻ってくるかもしれません。

 

同性の友人を増やそう

合コンは異性と交流するだけでなく、参加している同性の人とも知り合うチャンスがあります。

たとえば専業主婦で人の輪が広がらない人は、この機会に女友達を作るのもよいでしょう。ママ友や近所の人だけでは世界が広がらないので、合コンで積極的に友達作りをしてみませんか。

 

趣味を始めよう

合コンで共通の趣味を持っている人、もしくは興味的な趣味をやっている人と仲良くなり、自分のストレス発散方法を開拓するのも結婚生活にメリットになります。

いざ何か始めようと思っても、習慣的な暮らしに変化をつけるのは勇気が要ること。でも合コンなら、新しいことをスタートするよいチャンスが待っています。

 

まとめ

既婚者の合コンは、普段のマンネリした生活から現実逃避できる空間かもしれません。たった数時間の飲み会でも、結婚生活に色々な影響を与えてくれる可能性がありますので、前向きな気持ちで参加しましょう。

既婚者飲み会は人気がある!その理由とメリット 

既婚者飲み会が最近のブームになっていますが、飲み会といえば独身者が集まり出会いを求める場所というイメージがありましたよね。

既婚者の飲み会は独身の人と同じなのか、それとも違う目的があるのか気になるところです。

既婚者コンパとも呼ばれるこの飲み会。なぜブームなのか、理由と参加するメリットについてご紹介します。

既婚者の飲み会は不倫のきっかけなのか、それとも友人を作りたい人の集まりなのか。気になる実態について、詳しく見ていきましょう。

 

既婚者飲み会に興味を持つ人が多い理由

既婚者飲み会は興味があるけれど、参加するのは少し気が引ける。そんな不安を抱く人はもちろん存在しますが、興味を持って積極的に参加する人が近年増加しているといわれています。

すでに好きな人と結婚して人生が安定しているはずなのに、なぜ既婚者飲み会に興味を持つ人が多いのか、四つの理由を見ていきましょう。

 

参加者に共通点がある

独身者に交ざって、合コンに参加した場合。独身者と既婚者では、話題にずれが生じますよね。

遊びに行くところが違う、ライフスタイルなどが違うなど、飲み会に行っても楽しさが半減してしまうでしょう。

しかし既婚者飲み会はお互いに家庭があり、あらゆる悩みや生活環境をシェアできるため共通点が多く話が盛り上がるのです。

既婚者は仕事と家の往復、家事だけの生活など、プライベートがなかなか充実させられません。

そんな不満は独身者に話しても共感が得られないため、飲み会でも一人だけ孤立することがあるでしょう。

その点既婚者同士だと共通点は見つけやすいことが、飲み会が人気になる理由かもしれません。

 

嘘をつかなくて済む

もし飲み会で、素敵な人に出会った場合。既婚者とバレたら、相手が去ってしまうかも…。そんな不安を抱く人は多いでしょう。

その場だけでも楽しく過ごすには、時と場合によって既婚者であることを内緒にしたほうが有利になる場合があります。

でも嘘をついて飲み会に参加するのは、心苦しい部分もあるでしょう。その点既婚者飲み会なら周囲も既婚者なので、相手に嘘をついたり不審な行動をとったりする必要がありません。

自分らしく自由に話題を選び楽しくお酒が飲めることは、既婚者が集まる飲み会だからできるのでしょう。

 

ストレス発散できる

既婚者飲み会に興味を持つ人が多い理由は、日頃のストレス発散ができるためです。家庭は大切だけれど、結婚すると何かと悩みごとも増えてきますよね。

お金や健康、仕事や相手の家族との付き合いなど。積み重なるストレスは、家庭では発散できないものなのです。

既婚者の飲み会なら、自分と似たようなストレスを抱えた人も多く話が盛り上がり、気分転換になりますよね。

また既婚者同士なので安心してお酒が飲めることも、普段できないストレス発散方法になります。そんな魅力が、飲み会に興味を持つ人が多い理由なのでしょう。

 

異性の視線が刺激になる

結婚しても、いつまでも素敵に歳を重ねたいと思うのは、全ての既婚者が考えるところです。

そのためには異性の視線を受けて、刺激されるのがベスト。でも結婚すると、自分のパートナー以外の異性を気にして生活することはできません。

結婚しているのに異性の存在ばかりに気をとられていると、モラルのない人だと思われますよね。

既婚者飲み会ならお互いに刺激を求め合っているので、自分だけ浮いてしまうことはないでしょう。

久しぶりに自分の夫以外の男性、妻以外の女性と話をしてドキドキする刺激こそ、既婚者飲み会の魅力なのです。

 

既婚者飲み会が増えていくのはなぜ?

お見合いパーティーや合コンなど、一般的に開催される飲み会はあちこちにあります。最近注目されている既婚者飲み会も、特別な人に向けて設定されていることではありません。

あちこちで気軽に参加できる既婚者飲み会が増えるのはなぜなのか、気になる背景を見ていきましょう。

 

あらゆるパターンの飲み会がある

既婚者飲み会は大手の会社をはじめ、イベント会社が開催するものなど色々です。参加料金は男性のほうが、若干高めに設定されていることが多いもの。

会場は素敵なバーやレストランなど、さまざまです。また飲み会でなくランチに集まる既婚者同士のイベントもあり、決して夜にお酒を飲むことだけがイベント内容ではないのです。

既婚者とはいえライフスタイルが異なる人がたくさんいますので、独身者向けのイベントよりも時間の都合をつけやすい点も魅力でしょう。

女性なら低料金で参加できる飲み会もありますので、美味しいお料理とお酒を楽しむだけでも元はとれるかもしれません。

 

既婚女性同士で参加ができる

既婚者飲み会はそれぞれのイベントで対象年齢がある場合や、男性の職業が限定されているなど、参加者の条件があるため申し込みする際に必ず確認が必要です。

既婚者の飲み会に行きたいけれど心配という女性なら、同じ既婚者の友人を誘って参加することもOKです。

久しぶりに会う女友達とお茶をするのでなく、既婚者飲み会に参加するというパターンもあり、最近は各地で既婚者向けの飲み会が開催されています。

 

同性の友達ができる

結婚すると人間関係の輪がなかなか広がりません。とくに女性は家庭のなかに収まってしまうと外の世界とのつながりが絶たれてしまいますよね。独身の頃のようにあちこちに出かけて新たな出会いを求めるチャンスは急激に減ってしまいます。

異性と出会いを求めなくても友達が欲しいと感じる既婚者は多いでしょう。そのような人達にとっても既婚者飲み会は同性の友達を作るよい交流の場になるため、一人で不満を抱え込む主婦が積極的に参加するケースが増えています。

 

息抜きしたい人が増えているため

結婚生活は独身時代に色々な憧れを抱き、実際に結婚すると現実と理想が違うのでストレスを感じることがあります。

家庭を持つのは、責任感が必要。子育てやパートナーとの関係など、あらゆるところで気を遣います。

結婚するとプライベートは限られてしまうため、一人で羽を伸ばしたくても行き先がないという人は多いでしょう。

そのような既婚者に向けて、よい息抜きになるのが飲み会なのです。ストレス社会と呼ばれる今の時代、家庭内でも蓄積されるストレスは、同じ環境にいる人たちとお酒を飲むことが息抜きとして効果的なのです。

 

既婚者飲み会に参加をすると得られるメリット

既婚者飲み会に参加すると、どんなメリットが得られるのでしょうか。あちこちで人気になっている、既婚者向けの飲み会。

参加者が後を絶たないのは、行ってよかったと思える次のようなメリットがあるためです。

 

綺麗になれる

好きな人と結婚しても、ドキドキするのは最初の数年だけです。そのうちに夫婦関係がマンネリして、お化粧もせずに一日過ごすこともあるでしょう。

女性がいつまでも綺麗でいるためには、異性から褒められたり熱い視線を感じたりすることが必要不可欠です。

しかし結婚すると独身時代のように異性を挑発したり、気に入られるようにオシャレをしたりするチャンスがなくなりますよね。

でも既婚者飲み会なら、安心して異性の存在を意識することができるのです。「結婚しているくせに」と、周囲からブーイングが出ることもありません。

夫とは違う視線で受け入れてくれる人の存在は、女性としてのモチベーションをアップできるでしょう。

 

愚痴こぼしができる

家庭の問題は、家庭内で解決すべきこと。わかっていても、たまには気分転換や息抜きは必要です。

第三者に愚痴をこぼすだけで気持ちの入れ替えができるので、夫婦関係を良好にするためにも違う異性と交流する機会は必要かもしれません。

結婚しているもの同士、似たような愚痴こぼしや同感する話題が色々とあるはずです。理解してくれる異性の存在は、普段友達に愚痴や弱音を吐くのとは違います。

親近感を得やすいため、相性が合う人とは親密な関係になれる可能性もあるでしょう。逆に相手から愚痴こぼしをされて、よい相談役になることも。

このようなギブアンドテイクができる関係は、同じ既婚者だからこそなのです。

 

浮気願望が適度に満たされる

なんでこんな人と結婚したんだろう…。そんな後悔をしても、もう手遅れかもしれません。夫婦で意見の食い違いや、価値観の違いで喧嘩になる場面はよくあります。

そんな時に他の夫婦を見ると、不幸なのは自分だけのような気になる時がありませんか。友人の夫が素敵に見えたり、芸能人に恋をしたり。

既婚者は、どこかでときめきを求めているものです。しかし浮気をするのは、社会的に許されないこと。

でも既婚者飲み会なら見知らぬ男女が集まり、同じ既婚者同士でお酒を飲むのが目的なので行き過ぎた男女関係ではありません。

飲み会の会場で二人きりの空間があったとしても、浮気という概念にはならないことがメリット。浮気をしたいけれど家庭は守りたいという人に、程よい刺激になるのです。

 

既婚者同士の価値観が共有できる

世の中の家庭ではどのようなことが起こっているのか、実際にその家族になってみないとわからないことは色々とあるでしょう。

既婚者同士でお酒を飲むとしたら、夫婦の共通の知り合いと飲むくらいしかチャンスがありません。

既婚者飲み会に参加すると、全く違った生活環境や職業の人と交流し、既婚者であっても違う価値観で結婚について語ることができます。

最近夫婦関係が上手くいかないという人は、既婚者飲み会で意見交換をすれば現実にも目を向けて、さらに幸福な夫婦関係が築けるかもしれません。

 

既婚者飲み会でモテる行動の仕方

既婚者飲み会に参加しても、異性から全く相手にされなかったらがっかりしますよね。そこで飲み会でモテるために意識したい、四つの行動のポイントをご

紹介しましょう。

 

生活感を感じさせないオシャレをしていこう

結婚してからも仕事をバリバリする人なら流行にも敏感で、ファッションセンスに自信があるでしょう。

しかし専業主婦のように出かけることが少なくなると、いざ飲み会となりどのようなオシャレをしていいのか困ってしまいます。

近所へ買い物に行くような姿は飲み会にはふさわしくありませんし、やりすぎのファッションも逆効果になるでしょう。

既婚者は、生活感を感じさせないオシャレを意識すること。女性の場合は清潔感を意識して、お見合いパーティーのような自然なファッションがオススメです。

ワンピースやパステルカラーの洋服など、顔のトーンが明るく見えるもの。そして髪型や靴など、細かいところもしっかりとチェックして、久しぶりにデートをするような気持ちになってください。

 

相手の話をしっかりと聞いてあげる

家庭の不満やストレスは色々とあるはずですが、飲み会で自分の話ばかりになると相手が聞き疲れてしまいます。

飲み会でモテるためにはよい話し相手になることを意識して、しっかりと話を聞く姿勢を大切にしましょう。

既婚者飲み会で意気投合した人とは、今後もよい友人として付き合いが続くかもしれません。

その時によいアドバイスをくれる人なら、浮気相手でなく信頼関係を大切にできるよいパートナーになるでしょう。

初めて会った人と話を盛り上げるのは大変ですが、相手の話を聞きながら次の話題を見つけるなら人見知りしやすい人でもできますよね。

 

笑顔で近づく

既婚者には独身者のような、ギラギラした積極的な態度がないかもしれません。そのため飲み会の最中無表情になってしまう人も多く、周囲に与えるイメージが悪くなることも。

怖い顔や暗い表情では、話しかけるのが抵抗になります。独身時代に参加した合コンを思い出し、異性の視線を気にしながら笑顔を意識してください。

もし異性と目が合ったら、優しく笑って対応、そんなきっかけを作れば、相手も気さくに話しかけてくれるかもしれません。

 

やってはいけないこと

既婚者飲み会で注意したいのは、やたらと夫婦の愚痴こぼしをすることです。飲み会はストレス発散の場所ですが、いつまでも愚痴や文句を聞かされると周りが大変。

お互いの趣味や仕事の話、家族の話題は、できるだけポジティブな印象を与えるように心がけてください。また相手の生活について、しつこく尋問することも避けましょう。

 

まとめ

既婚者飲み会は、普段夫婦ではできない刺激的なストレス発散に最適です。異性と話をするだけでもキラキラと輝いて、それが夫婦関係にもメリットを与えてくれるでしょう。

既婚者飲み会に参加する人の目的は色々とありますが、まずは楽しくお酒を飲み現実逃避することが大切です。

まだまだモテると自信をつければそれが自分の魅力にもつながり、いつまでも輝く素敵な人になれます。

既婚者合コン参加で夫婦円満!?ストレス発散して子育ても夫婦生活も順風満帆に

家事に育児に仕事…私たちの身体は365日休むことなく動いています。

どんなに仲の良いご夫婦だとしても、喧嘩することもあれば、イラッとくるのは当然のこと。ただでさえ身体が疲れている状態なのに、精神的にも疲れてしまったらバッテリーは切れ、元気すらも沸かなくなりますよね。そうなる前に上手にストレス発散して、仕事も育児も夫婦生活も円満な毎日を過ごしましょう。

 

1.家事・育児・仕事ストレス発散は出来ていますか?

今ではイクメンという言葉も浸透してきて、旦那さんも家庭のサポートを献身的にしてくれる時代に移行していますが、それでもまだまだ女性の負担は多いもの。

家事や仕事はもちろんのこと、お子さんがいれば育児だってしなければなりません。正直365日休みなんてない生活を送っていることと思いますが、上手にストレス発散は出来ていますか?

 

ストレスは、溜まっていないつもりでも知らずしらずに溜まっているものです。

中には、ストレスが溜まっていることにすら気づかない方もいるのですが、ストレスが溜まった状態のままですと、自律神経が乱れ、イライラしたり、涙が勝手に出てきたり、楽しいことを考えられなくなったり、時にはうつ病やパニック障害、アルコール依存症などの心の病だけでなく、蕁麻疹や気管支喘息、十二指腸潰瘍などの身体の病気の引き金にもなり得ますので注意が必要です。

 

ストレス発散の仕方は人それぞれ。

アロマや入浴、運動、ゲームなど家でも出来るものであったり、カフェへ足を運んだり、旅行、芸術鑑賞、ライブなど外へ足を運ぶもの、エステやマッサージなどプロの手を借りるものなど様々ですが、時間がないから…余裕がないから…とストレス発散が出来ていない方は、年々増加傾向になります。

 

2.同じ悩みを持つ人に話すと心は軽くなるのは本当

ストレスを自分自身で発散できることは、とても素晴らしいことですが、悩みを解決出来ているか…という点では違うような気がしませんか?

例えばですが、子供の進路について悩んでストレスが溜まった→ストレス発散にマッサージをした→ストレスは解消されたけど、子供の進路については今だ頭を抱える…。

ストレス解消は、私たちが元気に暮らすために大切なことですが、これを繰り返すだけでは根本的な解決にはなりませんよね。

そこで必要なのが、同じ悩みをもつ人や経験をしたことがある人に“相談”をすることです。

悩み解決の専門と言える心理カウンセラーのお仕事は、相談者の話を聞き共感したり、導いたりするお仕事です。プロだからこその心のケアはもちろんですが、そもそも“話す”という行為が悩み解消につながるわけです。

 

人に悩みを話すと、自分の存在を認めてもらえたような安心した気持ちになりますし、次第に気持ちが落ちついてきて、自分の気持ちを整理できるようにもなりますよね。

特に同じ境遇の相手や経験をしてきた相手に相談することで、良いアドバイスを貰うことが出来ますし、一人じゃない!と前向きな気持ちにもなれるので、ストレスが溜まり悩んでいる方は、自分と同じ悩みを持つ(持っていた)相手に悩み相談してみるのがおすすめです。

 

3.悩み相談誰にすればいい?既婚者合コンはいかがですか?

プロの心理カウンセラーに相談できれば、それが一番いいのかもしれませんが、精神科や診療内科などの医療機関や心の相談窓口や電話相談などに電話するなどの手段を取らなければなりませんから、ちょっぴり敷居が高いと感じる方もいらっしゃることと思います。

もっとフランクにストレス解消+悩み相談がしたいという方におすすめなのが「既婚者合コン」です。

 

合コンという文字が入っているので、ちょっぴりやましい集まりのように聞こえてしまいますが(笑)実際は、既婚者ならば男性・女性問わずどちらも参加できる飲み会だと思ってもらった方が良いかと思います。

意外にも、既婚者合コンに参加する方の多くが「気晴らし」や「ストレス発散」「悩み相談」を目的にしている方が多く、異性にこそ言いたい話やパートナーの悩み相談、自分と同じ悩みをもつ相手に話をしたいと思って、集まってくるのです。

人生の先輩・後輩といるので、自分の悩みを聞いてもらえますし、逆に他の方の悩みを聞いてあげることだって出来るのです。また、自分と同じ悩みをもつ相手も見つけやすいのも既婚者合コンのメリット。異性の意見が欲しいときにも◎。

女性の場合、参加費も安いですし、匿名での参加も可能ですから、心理カウンセラーはちょっと…仲の良い友人には話せない…という方はぜひ一度、既婚者合コンに参加して悩み相談+ストレス解消してみませんか?

 

4.既婚者合コンに参加することで、夫婦円満を手にする女性

既婚者合コンの中身は、健全な集まりだけれど、やっぱり合コンという名目だし、旦那に申し訳ないかも…と戸惑う方は多いです。

ですが、実は既婚者合コンに参加している女性にご夫婦の仲を聞くと「とても良い」と答える人が多いのです!何故、夫婦円満でいられるのか、夫婦仲が良いと応えた既婚者合コン常連者様にお話を聞いていました。

 

【M.Kさん 45歳女性】

結婚生活20年。子供はまだ成人しておらず、毎日パートに育児に家事に大忙し。旦那は家事や育児に無頓着でノンストレスな生活は難しい私。旦那にもかなりストレスが溜まってました(笑)そんなときママ友から教えてもらった既婚者合コンに参加したのですが…これが良いストレス発散になり、今では月1で既婚者合コンに参加してます。

友人も増えましたし、何より相談出来る相手がいるって心強い!定期的に気晴らし出来ているおかげで旦那へのストレスも減り、夫婦仲がかなり良くなりました。今では旦那も既婚者合コンについて理解を深めてくれて、いってらっしゃいって言われます(笑)

 

【A.Sさん 32歳女性】

子なし夫婦です。年齢も年齢なので、一時期かなり妊活に焦っているときがあり、悩みもイライラも最骨頂に達していた時期がありました。

周りの友達は、子宝に恵まれており、なかなか悩みを打ち解ける相手がおらず、悩んでいましたが、子供いない人限定の既婚者合コンに参加してから、かなり心が楽になりました。

同性だけでなく異性の方も、同じ悩みを抱えている方が多く、男性の気持ちも知ることができ、勉強にもなりました。自分だけじゃないと勇気づけられ、今では旦那を責めることもなくなり、ゆるく妊活が出来るようになりました。同じ悩みをもつ人と巡り会える機会なので、悩んでいる方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

 

【M.Oさん 52歳女性】

ご近所付き合いで痛い目を見てから、人と仲良くなることが苦手だった私。一人で悩みを抱えがちで、精神的に潰れてしまい、精神科にかかっていた時期があったほどです。

そんなときに既婚者合コンが悩みの場に最適だとネット記事で見つけて…不安でしたが、匿名で参加できるということで参加を決意。

本当に匿名で参加出来ましたし、私のように内気な性格でも、すんなり馴染むことが出来ました。今では特定の友人を作るよりも、既婚者合コンに参加してお話をする方がよっぽど気が楽です。旦那や子供からも明るくなったね!と言われ、嬉しかったです。人と話すって大切なことなんだな~と今更ながら感じました。

 

5.旦那さんに勘違いされようにだけ注意

既婚者合コンに参加することで、同じ悩みをもつ人に悩み相談ができ、日頃のストレスを解消出来ている方が多いですが、その一方で注意点もあります。旦那さんに異性と遊んでいると勘違いされてしまうことです。

既婚者合コンは、同性だけでなく異性も参加する飲み会ですから、良く思わない旦那様もいらっしゃると思います。いくら妻がストレス発散になるし、出会い目的の集まりではないと言っても、なかなか信用してもらえないですよね。

 

ちょっぴりヤキモチ妬きな旦那さんの場合には、既婚者合コンで気の合う友人を見つけて連絡先を事前に交換し、普通に連絡を取り合ったり、夫婦で参加できる既婚者合コンに参加してみたり、旦那さんにバレにくい昼間開催の既婚者合コンに参加するなどして回避しているようです。

中には夫婦仲がよくなったことで、むしろ既婚者合コンに妻が参加することに賛成だと答える旦那さんもいるから驚き。

 

普段ストレスや悩みを抱えている方はぜひ、この機会に既婚者合コンに参加してみませんか?

既婚者サークルで親しい人を作る方法

既婚者サークルで親しい人ができれば、とても充実した日を過ごしたことになるはずです。では、どうすれば既婚者サークルで、親しい人を作ることができるのでしょうか。

今回はこの方法について、お伝えしていきましょう。

 

自分と雰囲気の似ている人と話してみる

初対面で数名の人と出会った時に、気になるのはなんとなく雰囲気が似ている人。こういう人とは、親しくなりやすいケースが多いのです。

もしも雰囲気が似ているような人を見つけたら、話しかけてみるようにしましょう。

 

同性の場合

既婚者サークルで出会った人の中で、雰囲気が似ているのが同性の人なら、着ている服のブランドが同じだったり、好きなものが似ていたりする可能性があるでしょう。

着ているものを褒めながら、ブランドについて話してみるのも良いですね。でも中には、ブランド品にこだわらない人もいます。

このため「どこのブランドですか?」のように聞くのではなくて「もしかしたらブランドかしら…」のように、穏やかに伝えた方が良いでしょう。

もしブランド品ではないとしたら「いいえ、違います」と相手が答えやすいのです。こちらがブランド品を着ているとして、相手がこれについて逆に質問をしてくるケースも。

こういう時には「はい。○○というブランドです」と伝えながらも「ちょうどセールだったので」と笑顔で言うと、感じがいいですよね。

ブランド品を余裕で買うことができると、自慢をしているような雰囲気になるのは避けるようにしましょう。

 

異性の場合

異性なのに、なぜか雰囲気が似ていると思う相手もいますよね。相手の肌の色だったり、表情だったり。

こういう相手に対しては「なんとなく、雰囲気が似ていませんか」のように、話してみましょう。

でも相手としては、これに対して失礼だなと思うケースもあるので、言う時には慎重にした方が良いですね。

例えばあまり笑顔で言ってしまうのも、慣れ慣れしいので少し距離を置きながらも、話すようにしてみましょう。

相手も同じように感じていたのなら「そうですね!」と嬉しそうに話してくれるはずです。でも同じように思っていなかったとしたら、怪訝そうにするでしょう。相手がここで不快な表情をしたら「ごめんなさい。失礼なことを言ってしまって」と謝る必要があります。

でもあまり深刻なムードになるのは良くないので、丁寧に小さな声で伝えるだけで十分でしょう。

 

目立つ人の近くに行ってみる

なんとなく人を引き寄せる魅力ある人がいますよね。自分が人を引き寄せられる人物だとしたら嬉しいのですが、自分以上に人を引き寄せている人を見つけたら、近くに行くようにしましょう。

こうすると、周りの人たちとも話しやすいというメリットがあるのです。

 

目立つ人に質問をしてみる

魅力があると感じる相手が同性であっても異性であっても、相手に質問をしてみましょう。この時には、ファッションについて話すよりも「趣味は何ですか?」などのような質問の方がいいですね。親近感がわきやすくなる可能性があるのです。

もし特に趣味を持っていない人でも「何かをしている時間が幸せ」というものはあるはず。「趣味は無いです」と言われたら、「何をしている時が一番幸せですか?」と聞いてみましょう。

何らかの答えが返ってくるものです。逆に相手からも同じ質問をされた時には、自分の好きな時間について伝えてみましょう。

例えば音楽を聴いている時、本を読んでいる時などの答えでも良いでのす。ここから何か共通点があり、話が弾むケースもあるでしょう。

 

魅力があると伝えてみる

相手に対してオーラのある人と言うと、スピリチュアル関連の怪しい人物だと思われるリスクがあります。

こういう時は「○○さんには、人を引き寄せる魅力がありますね」と笑顔で伝えてみましょう。数名の人の前で相手を褒めるようにすると、照れる人もいれば嬉しいと思う人もいます。

相手がどういう反応をするかで、次の言葉や行動について考えてみましょう。少し嫌そうにするようなら、違う話題を出す必要があります。

嬉しいように見えたのなら、相手の魅力について伝えてみましょう。ただ、魅力のある人が異性だったとしたら、相手を好きだと勘違いされる可能性も。

もしも勘違いされてもいいと思うのなら、このまま褒めても良いですが、違う場合には他の人に「そうですよね?」のように同調してもらうようにしましょう。

こうすれば、自然に会話のひとつになるので、周りも笑顔になれるのです。

 

大人しくしている人の近くに行く

大人しく一人でいる人には、近寄らない人もいます。でも大人しくしている人も、緊張をしているだけで、本当は楽しみたいと思っている可能性がありますよね。

もしかしたら、とても気の合う相手になるかもしれませんので、話しかけてみるようにしましょう。

 

同性の場合

同性の場合には、話しかけやすいケースが多いでしょう。家庭環境などの深い話からではなくて、好きな食べ物の話から聞いてみるようにすると、相手と打ち解けやすいのです。

もしも相手が好きな食べ物について、こちらが情報を持っているのなら、それについて伝えてみましょう。

「機会があれば、一緒にランチでもしませんか」と伝えると、相手も嬉しい気持ちになるはずです。

同性同士は、相手がこちらに対してどういう思いを持っているのか、探るのが難しい時がありますよね。

探ってばかりいると、結果として仲良くなれないケースもあるので、気を付けるようにしましょう。

自分はこんな感じの人間なんだと先に見せてしまうと、相手は気持ちを楽にしてやりとりがしやすくなるのです。

 

異性の場合

異性の場合には、相手がどういう雰囲気の人なのかを自分なりに観察をして、話題を考えてみましょう。

オシャレな人なら、ファッションに興味がある可能性がありますよね。例えば持物などについても、相手の好きなものが分かります。

相手をあまりジロジロ見てしまうと、これに気づかれてしまうので、さりげなく見るのが必要でしょう。

一人でいる異性のところに行くと、相手に気があるように思われる可能性があるので、これについては、どう思うのかを自分の中で明確にするのが大切に。

もしも異性として魅力を感じているのなら「素敵ですね」と言っても良いですが、そうではないのなら、少し距離を置きながら話すのも必要なのです。

相手にとっては、こちらが近づいてきたイメージがあるので、これをどう思われるのかを自分なりに想像しながら話すようにしましょう。

 

グループの輪に入れるようにする

あまり長い時間二人きりで話すのではなく、グループの輪に入れるようにすると、皆で話すことができますよね。

できれば皆で話す時間もあった方が良いのです。その方が色々な人のことが分かり、自分にとってプラスになる面もあるでしょう。

自分に合う相手を見つけやすくなるため、グループで話す時間も持つようにしたいですね。二人きりで話す時間や、グループで話す時間などメリハリのある過ごし方をするのがベストです。

 

まとめ

既婚者サークルで親しい人に出会いたいと思うのなら、ある程度フットワークが軽いことが必要です。

フットワークが軽い人は、自然に皆と親しくなりやすいもの。そして、顔や雰囲気などを覚えてもらいやすいのです。

今は、どのように振る舞えば良いのかを、全体の雰囲気を見ながら決めるようにしてみましょう。

何度か参加をしているうちに、既婚者サークルでの人とのやりとりが、とても上手になってくるのです。

離婚前に参加しておくと良い!?既婚者合コンで上手に出会いと癒やしをGETしよう

離婚を考えている方も、すでに離婚が決まっている方も、これからの将来について、しっかり考えていますか?今では共働き世帯が多く、離婚にそこまで抵抗がないかもしれませんが、それでも収入の面や教育の面など、今度の生活を考えると、悩みは付きないのではないでしょうか?将来の不安+離婚前提の旦那さんとの生活は、ストレスが溜まると思います。上手に気晴らしをしつつ、第二の人生について考えてみましょう。

 

1.女性にとって離婚後の生活は不安でいっぱい…。

離婚後の生活に不安を感じている女性はとても多いです。

特に専業主婦や扶養内で働いていた方は、経済的な不安を感じるでしょうし、未成年のお子さんがいる方の場合は経済的な不安+お子さんの成長に関しても不安でしょうし、再婚したいな…と心では思っていても踏み切れない方も多いと思います。

離婚の手続きって、厄介なものが多く想像以上に大変!そんな離婚を決意したということは、旦那さんとの生活に嫌気を感じ「早く終わりにしたい」「辛い毎日から開放されたい」という状況だと思いますが、あくまでも離婚はゴールではなくスタートです。楽しいこともあれば、離婚前より辛いこともあるでしょう。きっと皆さんそれが分かっているから不安を抱えるのですよね。

不安なときに、信頼できる誰かが近くにいてくれたら、心も軽くなりますよね。抵抗がなければ、第二の人生のパートナー探してみませんか?

 

2.再婚して幸せを掴む女性は多い!リアルな体験談紹介

愛を誓って結婚したにも関わらず、一度でも離婚の経験をしてしまうと再婚にも臆病になる気持ちは分かります。また相手と合わなかったら…そう思うだけで不安ですよね。

でも、再婚することで幸せを掴んだ女性は多いです!リアルな体験談をご紹介します。

 

【32歳女性 M.Iさん】

結婚生活10年目で相手の浮気が発覚、そしてそれが原因で離婚。10歳の子供と一緒に家を出るはめに…。半ば駆け落ち同然で実家を出たため、親の助けを借りるわけにもいかず、正社員として働きながら子供の面倒を見ていました。

ずっとパート生活だったため、育児と仕事の両立が予想以上に大変でした。それでも子供との生活は幸せでしたが、子供の希望通りに進学させてあげられるのか将来が不安でもありました。

2年後、会社の上司と電撃結婚!年頃なので子供が心配でしたが、子供もすぐ理解してくれて今では幸せな生活を送っています。好きな大学に行かせてあげようねと、今の旦那と前向きになれました。

 

【41歳女性 S.Kさん】

結婚生活16年、旦那と話し合いの末、離婚を決意しました。

親権は私が得て、旦那からは養育費を貰う約束をしましたが、私が長いこと専業主婦であったため、とても不安でいっぱいでした…。

まだまだ人生これからだ!と思ったので、離婚をしたのと同時に時間を見つけては、婚活を開始!年も年ですし、訳ありなので、なかなかお付き合いまでが大変でしたが、今の旦那さんとご縁があり、再婚。お子さんが大丈夫であれば、無理に一人で生きていくよりは、パートナーがいた方が私は精神的にも肉体的にも負担が減るのでいいと思います。

 

【55歳女性 H.Kさん】

親はすでに他界しており、子供もいなかったので、離婚が決まったのと同時に、私は再婚のための活動をはじめました。

職場の後輩から教えてもらった既婚者合コンは楽しかったですね。幸せいっぱいな女性ももちろん多いですが、中には私と同じ境遇の女性や男性もいて、心が軽くなりました。離婚後は結婚相談所にも足を運びましたね。なかなかスムーズには結婚は決まりませんでしたが、結局、既婚者合コンで出会った男性と再婚しました。

離婚後すぐに再婚できるわけではないので、再婚希望の方は早め早めに行動することをおすすめします(笑)

 

離婚後の再婚に不安になりすぎて、幸せを逃すのは勿体ないですね!

お子さんがいる方は、慎重になる問題だと思いますが、お子さんが「いいよ」と言ってくれるのなら、新しいお父さん(旦那さん)を見つけるのもいいと思います。一人で子供の将来や自分の将来を不安に過ごすのは苦痛ですし、女手一つで子育てをするのは並大抵のことではありません。再婚を考えてみるのも幸せを掴む、一手です。

また、離婚の経験があるからこそ、自分に合う再婚相手を見極めることが出来るのかもしれませんよ。

 

3.離婚後の婚活は想像以上に大変

離婚をしてから、ゆっくり再婚したければ再婚相手を探せばいいかな~なんて思っている方も多いと思いますが、実は離婚後の婚活は予想以上に大変なこと。

生活だって今までとは一変し、生活に慣れるまでは毎日クタクタでしょうし、仕事や育児だって自分が頑張るしかない…というストレスと不安が襲う毎日。気軽にリフレッシュも出来ず、いざ休日、婚活に出かけようと思ってもそう簡単には行きません。

お子さんが小さいのなら、実家に預けて出かける必要も出てきますし、お子さんのお気持ちのフォローもしてあげたいですよね。

出来ることなら、まだ旦那さんが近くにいるうちに、婚活をするなり、新しい心のセカンドパートナーを見つけるなりするのが一番負担がありません。

もちろん離婚前ですから、一線は超えてはなりませんが、相手を探す分には悪いことではありませんよ。

 

4.離婚前に再婚相手を探すメリット

結婚前に再婚相手探しを始めるメリットをあげてみました。

 

・婚活する時期を逃さない

離婚してからいざ婚活をしようと思っても、現実はそんな簡単なことではありません。

婚活をしない時期を長く過ごせば過ごした分、このままでいいや~という気持ちになっていくもの。離婚前から婚活を少しずつでも始めているのと始めていないのとでは、モチベーションが異なります。

 

・悩み相談が出来る

なかなか友人にも相談しにくい離婚問題。ストレスだって不安だって、相当溜まりますよね。そんなときに自分の悩みを親身に聞いてくれる相手を見つけられたら、大変なことも乗り越えられるのでは?

 

・安心感がある

心の支えがいるのといないのとでは、辛いときを過ごす際には、雲泥の差があります。

再婚をしたいと思える相手に出会えれば、離婚後の不安も少しは軽くなりますし、安心感がありますよね。

 

・経済的な心配が少し減る

離婚後、金銭面に不安を抱える女性はとても多いです。

一生懸命働くと思っても、年齢や経験で面接すら通らないことだってあります。

でも、生きていればお金がかかりますからね…。再婚相手が決まっていれば、経済的な不安も少しは軽くなりますし、サポートしてくれる可能性も大きいです。

 

・離婚後もゆとりを持てる

離婚後、大変な毎日を送る中、いざ婚活しようにもうまくいきません。

離婚した後の生活を楽しみつつ、ゆとりある生活をするべく、早めの行動が好ましいでしょう。

 

5.既婚者合コンや既婚者サークルで出会いと癒やしを同時にGET

離婚する前に出会いを見つけようにも、一歩間違えれば、自分が浮気や不倫を疑われかねません。そのため、離婚前の婚活はメリットもあると同時に注意もしなければなりません。

今ではSNSや出会い系アプリで知り合い、交際、結婚をする男女も増えてきている時代ですが、事件に巻き込まれる危険性も高いですし、何より知らない相手をメールだけで判断し、実際に合うのは勇気がいる行為ですよね。一昔前では考えられなかったことですよね。

 

「出来るだけ危ないことは避けつつ、素敵な出会いをしたい」そんな方におすすめなのが“既婚者合コン”“既婚者サークル”です。

合コンやサークルと言っても、ただの飲み会と思ってもらって大丈夫です。また、既婚者だけが参加できる飲み会なので、離婚する前しか参加が出来ないのでご注意を。

既婚者合コンやサークルに参加する人の目的は様々ですが、結婚生活の愚痴を言いたい人、たまには気晴らしで異性と飲みたい人、離婚を考えていて異性との出会いを求めている人などもいます。

もちろんあわよくば…の考えで参加している人もいるので、見極める目をもつ必要はありますが、出会い系サイトやSNSに比べれば、よっぽど安全ですし、実は匿名参加が出来る集まりもあるためプライバシーは守られています。

良いと思える相手と連絡先を交換して、以後それをきっかけに交際を始め、結婚する方は多くいます。

また、出会い目的でなく気晴らしで参加する方も多くいるので、出会いだけでなく癒やしの場としてもぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

既婚者の合コンを充実させるためのコツ

既婚者の合コンは、どうすればより楽しいものになるのでしょうか。今回は、既婚者の合コンをより充実させるためのコツについて、お伝えしていきますね。

 

周囲を一度よく見る

勢いで合コンに参加をすると、周囲を見る余裕がないことも。でもできれば周りを一度じっくり見ておくようにすると、既婚者の合コンをより楽しみやすくなるのです。

 

どのような人が来ているのかがわかる

自己紹介の時に初めて、こういう人が来ているとわかるよりも先に、一度最初からどういう人なのか雰囲気を知っておいた方が、気持的に楽ですよね。

相手に対しては、あまりジロジロ見ないようにして少し観察する程度でいいのです。あまりじっと見てしまうと、相手が引いてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

でもどういう雰囲気の人達が来ているのかを見るようにすると、だいたいどのような合コンになるのかがわかるもの。

このためにも、一度最初に全体を見ておくようにしてから、合コンをスタートさせるようにしてみましょう。

 

緊張が防げる

緊張しやすい人にもおすすめなのが、最初に全体を見ておくことです。これについては、空間に慣れるためにも必要に。

緊張しやすい人は、初めての場所で初対面の相手と会うので緊張しやすいのです。でも緊張しにくくなるためには、周りを把握しておくのが重要でしょう。

ある程度把握をしておくと、こういう雰囲気の合コンだと自分でわかるので、楽な気持ちになり緊張がとけるのです。

自分は緊張しやすい…と思ったら、うつむいているよりも周りを見るようにしてみた方が良いでしょう。

このほうが、自分は周りを把握しているという安心感があり自信につながる可能性が高いのです。

 

魅力的な人を見つけやすい

全体を先に見ておくと、同性に対しても異性に対しても魅力的で合うような人を見つけやすいのです。

そのため、相手に話しかけやすくなる場合が多いでしょう。もしも自分にとって合うかわからない相手ばかり…と思うと、合コンが楽しめないような気持ちになりやすいのです。

実際には楽しい合コンかもしれない中でも、魅力的な相手を見つけることができないと、つまらない…と思ってしまうでしょう。

できるだけ楽しい合コンにするためにも、自分と合いそうな相手を先に見つけておくといいですね。

このうえで相手にこちらから話しかけたり、微笑みかけたりするようにすれば、合コンのスタートとしてはベストなのです。

 

既婚者の合コンが楽しい理由

既婚者の合コンがなぜ楽しいのか、これを理解したうえで参加をすれば、より既婚者の合コンの楽しみ方についても把握がしやすいでしょう。

 

戻る場所があるから

自宅という場所があり、家庭があるからこそ既婚者の合コンは楽しいものになるのです。独身で合コンに行くとしたら、ここで良い出会いがない場合は帰宅をしても寂しい気持ちになりますよね。

でも既婚者の合コンなら、ここで別に良い出会いがなくてもそれなりに楽しめるはずです。

この違いがあるため、既婚者の合コンは楽しいものになりやすいのでしょう。そして参加をしてみようと思う人が、最近特に増えてきているのも頷けますよね。

 

焦りがないから

とにかく恋人がほしい、結婚相手を見つけたいと思うと合コンに参加をしても焦りを感じてしまうもの。

独身で合コンに参加をすると、焦りが出やすくなるのです。でも焦ってしまうと、相手にこちらの焦りが知られてしまい、引かれるリスクもあるでしょう。

でも既婚者の合コンなら、焦りを感じなくても良いのでとても楽なのです。焦りながら参加をすると、どうしても楽しめないものになってしまいますよね。

焦らないようにしようと思っても、つい焦ってしまう独身の人もいるでしょう。でも既婚者については、焦る必要がないと最初から分かっているので、合コンを楽しみやすいのです。

 

既婚同士で話せるから

既婚同士で話したいと思っても、これができる場所は限られているもの。でも既婚者の合コンなら、既婚者同士で楽しくは話すことができるのです。

既婚者と独身者は、仲良くしたくても難しいような場面もあるでしょう。お互いに相手をうらやましいと思ったりライバル視したりしてしまうのです。

こうなると、一緒にいても楽しい時間にはなりにくいでしょう。でも既婚者同士なら感覚が近い場合が多いので、話題が尽きずに楽しく時間を過ごせるのです。

そして都合についても既婚者だからわかるような面もありますよね。連絡先の交換をしたとしても、相手が独身者だとどのような時間に連絡をしていいのかわからない…と思われてしまうことも。

そして、迷惑に感じてしまう既婚者もいるでしょう。こういう中で既婚者同士なら、この時間は連絡をするのがNGという事情がわかっているので、今後もやりとりがしやすくなるのです。

合コンは一度だけで出会い、関係が終わってしまうもの。この思いもありますが、今後もやりとりがしたい相手もいますよね。

こういう相手とのやりとりを、今後もできるのが既婚者の合コンのメリットです。既婚者同士だからできる配慮について、お互いにホッとする場面もあるでしょう。

 

既婚者の合コンをより楽しむためには

既婚者の合コンをさらに楽しむためには、どのような方法があるのでしょうか。この方法について見ていきましょう。

 

色々な人と話す

色々な人と話すようにした方が、視野が広くなる可能性があります。でもこの人とずっと話していたいと思う相手が見つかった時には、限られた時間なのでその人とだけ話すのもありでしょう。

でも特にこの人という相手が見つからないとしたら、参加者全員と話すようにしてみた方が、自分に合う相手が見つかる可能性があるのです。

最初から合う相手がいないとあきらめてしまわずに、話してみると合う相手が見つかる場合もあるでしょう。

 

同じ趣味の人を見つける

話している中で、この人とは趣味が合うと思う人を見つけられる場合もあります。同じ趣味を持っている人とは、これから先も仲良くしていけるでしょう。

もしくは、相手の趣味を聞いてみて興味を持ったのならこれについて詳しく聞いてみるのも楽しいですね。

今までは知らなかった世界を知ることができて、楽しい合コンになるはずです。同じ趣味や興味のある趣味を持っている人と、親しくなるようにすると既婚者の合コンがさらに盛り上がるでしょう。

 

ゲームで盛り上がるよりも会話を楽しむ

合コンと言えばゲームをするようなイメージがありますよね。でもこれが独身者の合コンに多いパターンです。

既婚者の合コンについては、楽しむとしたらやはり会話を多くした方が良いでしょう。様々な話題の中で、知りたかった情報を得られる可能性もあります。

そして話の合う相手を見つけられると、既婚者の合コンが充実したものになるはず。会話が苦手と思う人でも、相手の話のペースに合わせてみると楽しく話せることもあるのです。

 

まとめ

既婚者の合コンを楽しむためには、全体を把握する余裕を持ちながらも、配慮ができるようにしておくことが大切です。

自分が楽しければいいと思うと、わがままな人のように思われてしまうでしょう。全体を楽しませることができる姿を、できれば見せておきたいですね。

既婚者同士だから楽しい、そういう合コンだから来てみたかったと思う人は多いはず。そういう人たちが、より充実した素敵な時間を過ごせるように、少しの工夫も必要です。

環境はある程度用意されているわけですから、後は自分自身がどう動くのかが大切ですね。

既婚者がオフ会に行く時の気持ちについて

既婚者がオフ会に参加をする時もありますよね。オフ会というと、どのような人と出会えるのか緊張もあればワクワクした気持ちになることも。

今回は、既婚者がオフ会に行く時の気持ちについて、お伝えしていきましょう。

 

オフ会に参加できて嬉しい

既婚者は時間に制限がある場合が多いので、行きたい場所に行けないケースも。このような中でオフ会に参加ができるのは、とても嬉しい!と思う既婚者もいるのです。

 

有意義な時間が過ごせる

オフ会に参加ができたことで、有意義な時間が過ごせそう!と思う既婚者もいるでしょう。想像をするだけでも、嬉しくて当日が待ち遠しくなるような気持ちもあるのです。

有意義な時間を持ちたくも、既婚者のためなかなか持てない人は多いでしょう。でもこの時間を与えてもらえたと思うと、感謝の気持ちを持ちたくなるのです。

人によっては、その日のためにどのようなファッションにしようか、どのようなメイクにしたらいいかな…など、様々なことを考える場合もあるでしょう。

 

できるだけ楽しみたい

せっかくオフ会に参加ができたのだから、思いきり楽しみたいと思う既婚者は多いでしょう。楽しみ方については、人により違うもの。

人と語り合うのを楽しいと思う人もいれば、同じ趣味を持つ人たちと知り合えるのを楽しいと思う人もいるでしょう。

こういった中で、できるだけ楽しい時間を過ごしたいと思うのは、当然の気持ちなのかもしれません。

 

どのようなオフ会になるのか興味がある

参加ができて嬉しいと思う気持ちもあれば、どのようなオフ会になるのか興味を持つ既婚者もいます。今までにオフ会に参加をした経験のある人もいれば、これが初めてのオフ会になるケースもあるでしょう。

 

初めてのオフ会

初めてのオフ会の場合は、とても緊張をするものです。どのような人が参加をしているのか、会話についてはどうしよう?など、事前に色々と思うでしょう。

それでも、参加をしてみたいと思う気持ちが強いので、勇気を出して参加をする人は多いのです。

自分にとってのオフ会デビューが良いものならいのに…と思う気持ちもあるでしょう。確かにオフ会には、来てよかったと心から思うものもあれば、これはハズレだな…とがっかりするものも。

行ってみないとわからないので、とりあえず行ってみて良い感じなら、長くそこにいようと決めている人もいるのです。

 

オフ会仲間がいる

同じコミュニティのオフ会に何度か参加をしている場合は、新入りさんを迎える立場になります。

顔見知りの人が多いので、安心感もあるでしょう。新入りで緊張している人がいると、声をかける余裕もあるかもしれません。

オフ会仲間に久しぶりに会えた時には、まるで同窓会に参加をしている気持ちになるでしょう。

こういう場所が自分にあって良かったと思う人もいるのです。オフ会仲間がどのような人なのか、だいたい雰囲気や性格について分かっているので楽しみやすいメリットもあるでしょう。

 

普段のネット上でのやりとりについて

普段ネットでやりとりをしている時に、会ってみたいなと思う相手がいる可能性も。こういう場合は、コミュニティ内でもできるだけ相手とのやり取りを多くしたくなりますよね。

ネット上でのやりとりは、とても気楽で気軽なもの。これがネットの魅力だと思う人は多いでしょう。

 

相手に気に入られたい

こちらから見て魅力を感じる人なら、相手から気に入られたい気持ちを持つもの。気に入られるために、相手に対してメッセージで褒めるようにして、気に入られるように努力する場面も。

メッセージだけのやりとりに対して、なんとなく物足りなさを感じた時には、ネット上でのやりとりだけではなくて、LINEのIDをこの場で教え合うようなケースもあるでしょう。

でも相手がどういう人かまだ分からないので、できればオフ会に行ってから連絡先については教えるか考えよう、と思う慎重派の人もいます。

 

楽しくやりとりができている

ネット上でのやりとりがとても楽しいと思うと、その場だけでいいかな…と思う人もいるでしょう。

つまりオフ会があると聞いても、参加をしないタイプの人です。オフ会に参加をしてみたいと少しは思うけれど、今が楽しいのでこれだけで十分だと思うのでしょう。

もしも楽しくやりとりができているのに、オフ会に参加をしたらこのやりとりが楽しくなくなるのがもったいない…と思う人もいるのです。

確かにオフ会に参加をする前は、きっとこういう人だと頭の中で想像をするケースも。でも実際に参加をしたら、全然イメージと違っていたのはよくあるパターンでしょう。

それならネット上でのやりとりだけにしておけばよかった…と思うかもしれません。

 

オフ会で困ることについて

オフ会に参加をすると、困ることもあります。それはどのような内容なのでしょうか。

 

しつこくされる

こちらはただのオフ会と思い参加をしているのに、相手が不倫目的で対応に困るケースもあります。

でもネットでのやりとりは楽しいものにしておきたい。こう思うので、相手に対してうまくかわすのが大変…と苦労をする場面もあるでしょう。

しつこくされて冷たくしてしまうと、もうコミュニティに参加ができなくなってしまう。それは嫌なので、かなり気を遣うしかない。これがオフ会に参加をするうえで、困ることでもあるのです。

 

既婚者合コンについて

既婚者合コンの場合は、オフ会とは違うので当日に出会ってやりとりをするものです。

つまりは、もしもしつこい人がいたとしても、この場さえ切り抜ければまた違う既婚者合コンに参加をすることも可能に。

オフ会よりも、楽な気持ちで参加をすることができますよね。オフ会について、なんとなく気が重いと思う人でも、既婚者合コンならきっと楽しい時間が過ごせるでしょう。

 

まとめ

既婚者がオフ会に行く時には、色々な気持ちになるもの。楽しめたらいいなと思いながらも、不安も大きいですよね。

というのは主催者がいたとしても、運営会社ではないので参加をした時点で自己責任のようなものに。

何かトラブルがあると怖いと思うので、オフ会には参加をしないようにしている人もいるかもしれません。

でも既婚者合コンなら、きちんとした運営のもとで行われているので、こういった点では安心して楽しめそうですね。

既婚者のファッションとして男性受けしやすいもの

既婚者のファッションとしては、どのようなものが男性に人気があるのでしょうか。既婚女性が魅力的に見えるファッションについて、お伝えしていきますね。

 

スーツスタイルについて

既婚女性がスーツスタイルを選ぶのなら、男性に魅力を与えやすいのはどのようなものかを見ていきましょう。

 

パンツスーツ

すっきりした雰囲気に見えるパンツスーツ。仕事のできる女性のように思えるので、男性受けは案外良いのです。

ただ、自分のサイズよりも大きなものを選んでしまうと、どことなくだらしなさを感じさせてしまうもの。

パンツスーツを選ぶのなら、できるだけ自分のサイズに合うものを選びましょう。少し大きめのサイズのほうが痩せて見えると思う女性もいますが、その逆の場合もあるのです。

色は、できれば黒や紺などのダーク系を選ぶと、自然に細身に見えやすくなるでしょう。

 

スーツでスカートの場合

スーツでスカートと言うとタイトスカートが多いですよね。タイトスカートを選ぶのなら、丈が重要です。

スーツの上着丈が長くてスカート丈が短いというのも、バランスが悪いですよね。このためスーツの上着丈を短くするのなら、スカート丈が短くてもおかしくありません。

逆に上着丈がある程度長いのなら、スカート丈も膝下3~5センチくらいでも良いでしょう。スーツと言うと、落ち着いたイメージがありますが、そうでもないのです。

選んだものによっては、明るい雰囲気に見せることも可能でしょう。例えば白やベージュのスーツなどを選ぶと、自然に表情も明るく見えるのです。

 

ワンピースについて

ワンピースならコーディネートをしなくても良いので、楽だと思う人は多いでしょう。では既婚女性が選ぶのなら、どのようなワンピースが合うのでしょうか。

 

ウエストマークしてあるもの

Aラインのワンピースは、若い雰囲気になるのですが太って見えてしまうリスクがあります。

例えば飲み会などの席では、不向きと言えるでしょう。ウエストマークをしっかりしてあるものにすると、ワンピースでもきちっとした雰囲気になり、痩せて見えやすいのです。

オシャレなベルトを使うことで、ワンピースのイメージがかなり変わる可能性も。こういう相手を使いこなせる女性は、オシャレなので男性受けがしやすいのです。

ワンピースの雰囲気に合うベルトや、腰に巻くことができるストールなどを選んでみましょう。

 

ワンピースの色が重要

シックな色合いを選びがちの人もいますが、飲み会などの席では少し明るい色もいいかもしれません。

かといってあまり派手な色は、男性から引かれてしまうので気を付けるようにしましょう。例えばオレンジ色を選ぶとしても、少し淡いオレンジにしたり薄い雰囲気にしてみたりすると良いですね。

はっきりした色を選ぶと、威圧感を与えてしまう可能性があるのです。派手な色は明るい雰囲気に見せてくれますが、隙を与えないという点ではデメリットに。

ワンピースにも一色ではなくてツートンカラーのものなどもありますよね。二色だからこそ、魅力的に見える場合もあるのです。

一色にして、明るい雰囲気に見せるのならホワイトやオフホワイトなども選んでみると良いですね。

 

ワンピースの丈について

ふわっとしたイメージを演出するのなら、スカート丈は少し長めにしてみましょう。フレアスカートのワンピースもありますので、試してみると似合うかもしれません。

やはり女性らしさを感じさせるのなら、ふわっとしたイメージを与えるのが大切に。かといって、あまりにもフレアが多いようになると、年齢に合わないようなケースもあるでしょう。年齢に合うフレアの雰囲気を選ぶようにしてみましょう。

そのうえで、質感についても気を遣うとより魅力的なワンピースが選べるのです。例えばコットン素材も良いですが、オーガンジーなどの素材も個性が出てお勧めです。

 

トップについて

トップを選ぶ時には、既婚女性の魅力を見せるためにも少し首回が開いているものが良いですね。細いチェーンのネックレスが見えるくらいの、開き方が良いでしょう。

 

重ね着について

季節によっては、重ね着が必要になります。ここにもコーディネートのテクニックが必要になるのです。

例えば少し部屋の温度が高いように感じたら、さっと脱げるようにカーディガンを重ね着していくと良いですね。

でもカーディガンスタイルのほうが、魅力的でそれを脱ぐとちょっと雰囲気が良くない…というようでは、男性はがっかりしてしまいます。

カーディガンを脱いでも魅力的でいられるように、合う重ね着スタイルを選ぶようにしましょう。

 

ボトムについて

トップにどのような素材や形を選ぶかで、ボトムの選び方が変わってきます。このバランスが良くなるように、既婚女性としてのオシャレを見せるようにしたいですね。

 

トップとボトムの長さについて

トップが少し長めのサイズなら、ボトムは短い丈のものを選ぶと良いですね。逆にトップが短いサイズなら、ボトムは長い丈でも合うでしょう。

例えばトップが短い丈のものなら、ボトムはロングスカートでも合うのです。落ち着いた雰囲気を与えるので、男性受けも良いでしょう。

必ず短いスカートをはいた方が、男性受けが良いとは限りません。女性らしさを感じさせるスタイルがベストだと言えるでしょう。

 

ボトムはできればスカートで

もしも既婚者合コンなどに参加をする時には、できればスカートで行くようにしたいですね。

丈については悩むところですが、あまり短すぎると軽いイメージを与えてしまいます。膝上でも、3センチくらいのものにしておきましょう。

ボトムのスカートについては、女性らしさを意識して選ぶようにすれば、きっと自分に一番合うものが見つかるはずです。

 

まとめ

既婚者のファッションについては、男性はかなりチェックをしています。清潔感を与えるものを選ぶのは、前提としてあるのですが、それ以外にも意識しておくようにしたいですね。

女性らしくて、少し隙のある雰囲気のものを選ぶようにすれば、おそらく男性が魅力を感じるようなファッションになるでしょう。

無理に流行を取り入れることはないですが、アイテムなどで流行のものを持っていると、それによりオシャレな女性だと思われることもあるのです。

既婚者がイベントに参加をする時に気を付けるべき内容とは

既婚者がイベントに参加をする時には、いくつかの気を付けるべき点があります。どのような点に気を付ければ良いのかについて、イベントを楽しむためにも理解しておきましょう。

 

安全なイベントかをリサーチする

既婚者が参加できるイベントには、色々な種類があります。どのようなイベントでも参加して大丈夫というわけではないので、事前にリサーチをしておいた方が安全でしょう。

 

問い合わせをしてみる

心配や不安を抱えながらイベントに参加をしても、あまり楽しめない場合が多いでしょう。まずは先に問い合わせをして、詳細について聞いてみましょう。

聞くことで相手がどのような対応をするかがわかるので、このイベントなら安全だとわかる場合も。

問い合わせをして質問をしても、曖昧な返事ばかりしてくる時には、安全ではないイベントの可能性もあるので、気を付けるようにしましょう。

 

口コミなどを調べる

口コミなどを見ると、そのイベントの情報が載っています。ただ、口コミについては競合会社が、嘘を書いている可能性もあるでしょう。

悪い情報を書くことで、競合である自分の運営するイベントのほうに、来てもらおうと考えているのです。

こう考えると、イベントに関する口コミがすべて正しいわけではないと思いますよね。鵜呑みにしてしまうのは良くないので、あくまでも情報のひとつだと思うようにしましょう。

口コミで良いことばかりが書いてあるのも、信頼しづらいものがありますよね。イベントの良い面も悪い面も書いてある口コミなら、信頼できるかもしれません。

 

友人が参加したことのあるイベント

既に友人が参加をした経験のあるイベントで「あのイベントは良かった」というものがあれば、参加をするとしても心強いですよね。

自分が初めて参加をするイベントに、既に参加をしている知人がいるのなら、どんな雰囲気なのかを聞いてみるようにしましょう。

ただ、その人には合うものだったとしても、自分にとって必ずしも合うとは限りません。これについても、情報のひとつとして受け入れるようにしておきましょう。

 

料金体系について

料金について、トラブルになるのは避けたいですよね。既婚者としてイベントに参加をするのなら、料金体系が明確な場所を選びましょう。

 

ホームページに料金が載っていない

料金が載っていない場合は、要注意です。後から請求されて額に驚いたとしても、参加をしてしまったからには、支払う義務が生じてしまうでしょう。

そもそも料金を明確に載せられない時点で、怪しい運営会社の可能性が高いのです。ホームページの雰囲気がいいから、何となく楽しそうだからと思い参加をしてしまうのはNG。

料金については、しっかりと確認をしておきましょう。どのようにして支払うのかについても、把握をする必要があります。

 

料金体系に疑問を感じたら

問い合わせをして、質問をしてみましょう。こちらの質問にどう答えるかによって、納得のいくものがあるかもしれません。

それならイベントに参加をしても良いですが、納得できないとしたら参加をしない方が良いでしょう。

良心的なイベント運営会社なら、こういった質問にも丁寧に答えてくれるはずです。つまりは納得できる答えが言えるのが当然なので、言えないようなら参加をしない方が良いでしょう。

 

お酒について

気を付けたいのが、イベントに参加をした時にお酒を飲みすぎないようにすることです。お酒の弱い人が無理に飲むのも良くないでしょう。

本当に楽しいイベントなら、お酒がなくても楽しいはずです。

 

自分の許容を知る

普段からお酒に弱いのに飲みすぎてしまう人も。これは男女ともに言えるでしょう。でも自分の許容については、知っておく必要があるのです。

知らないままで飲んでしまうと、緊張も手伝い飲みすぎてしまう可能性も。トラブルになってしまうリスクもあるので、お酒は大人としてたしなむ程度にしておきたいですね。

料理についても言えますが、できるだけ元を取りたいと思い食べ過ぎてしまうのも、おなかの調子を崩す原因に。

自分の許容を理解したうえで、料理やお酒を楽しむ必要があるのです。周りに迷惑をかけるようなことには、なりたくないですよね。

 

お酒が飲めないと言いづらい場合は

イベントに参加をすると、お酒を飲めて当然のような態度で話してくる人もいます。こういう相手には「ちょっと体調が悪いので」と言って、お酒について断っておきましょう。

お酒を飲めないとしても、イベントを楽しむことはできるのです。お酒が苦手だから、イベントに参加できないわけではありません。

人それぞれ楽しみ方があるのが、イベントなのです。これを理解したうえで、無理をしないお酒の飲み方をしましょう。最初からソフトドリンクだけにしておいても良いのです。

 

恋愛話について

恋愛の話をすることで、相手から不倫目的だと思われる可能性もあります。ときめきたいという思いを伝えるだけで、すぐにそういう目で見られるのを、心外だと思うケースもありますよね。

 

相手を見て話すようにする

同性同士なら、恋愛話をしてもあまり引かれないでしょう。ときめきたい思いは女性なら何歳になっても、持っていたいと思うもの。

この気持ちが同じなら、良い友達になれるはずです。相手が少し軽くて遊んでいるような雰囲気の男性に仮に出会ったとしたら、この場では恋愛話をしない方が良いですね。

相手がすでに不倫目当ての場合もあるからです。誤解されることのないように気を付けましょう。

 

相手から恋愛話をされたら

こちらから言わなくても、既婚の男性から恋愛話について語ってくる可能性もあります。ここであまり熱く語ると、相手は乗り気になってしまうでしょう。

うまくかわすのも、大人の女性として必要な対応なのです。既婚者のイベントに参加をしているからといって、不倫や浮気がしたいとは限りませんよね。このため、話す内容や相手に対しては、慎重になる必要があるのです。

 

まとめ

既婚者がイベントに参加をする時には、勢いだけで参加をせずに事前に参加するイベントについても、よく考えるようにしましょう。

楽しそうだと思うものには、気持ちが向く時もありますよね。でも少し現実に考えて、問題のないイベントかどうかを見極めてから、参加をするのが必要だと言えるでしょう。

既婚者合コンって不倫目的なの?不安な気持ちを解消する既婚者合コンの教え

数年前からじわじわ話題になっている“既婚者合コン

既婚者✕合コンというミスマッチな言葉が、世間一般には理解できないものでしたが、最近になって既婚者合コンの実態が明らかになり、世間の理解度も高まり、それに比例するかのように参加者も増えてきています。

とは言っても、いくら興味があってもなんとなくためらってしまう方が多いのも事実!そこで今回は、既婚者合コンに参加する前に見てほしい“既婚者合コンのあれこれ”をご紹介します。

 

1.既婚者合コンは、不倫希望者が多いの?

既婚者合コンをそのまま意味にすると、既婚者のみ参加できる合コンと解釈できますよね。

一般的に合コンは、異性の出会いの場ですから、合コンという言葉が入っていることで「参加しにくい」「浮気や不倫」「出会いを求めている」というイメージを持たれやすいですが、実際には合コンというよりは飲み会やパーティーの方が適していると思います。

イメージ的には、不倫や浮気を望んでいる男女が集まる会かもしれませんが、実際にはそういった目的よりも違う部分を求めて参加する方が多いのです。

確かに体目的や不倫・浮気目的の方も少なからずいると思いますが、単純に飲み会として利用する方の割合の方が多く、参加する前に抱いていた不安をしっかり取り除かれてお帰りになる方が多いのが既婚者合コンの特徴でもあります。

 

2.既婚者合コンに参加する側の目的

既婚者合コンに参加する人たちの目的が不倫や浮気などのグレーな部分を求めていないとしたら、どういった目的があって参加しているのか気になりますよね。

 

【既婚者合コンの参加理由】

・自分に自信をつけたい

・息抜きで異性と話がしたい

・子供の話や夫婦の話など既婚者共通の話題を話したい

・パートナーの悩み相談

・同じ悩みを抱えている人と話がしたい

・共通の趣味を共有したい

・異性の意見が聞きたい

 

上記のような参加理由が主です。

結婚してパートナーとの時間が長くなるにつれ、異性として見られないことに自信をなくされている方が男女ともに少なくありません。そこで、他の異性と触れ合うことで、自信を取り戻される方も多いですし、月に1度の気晴らしとして参加される方もいます。

また、子供の話やパートナーの話、結婚後の変化など既婚者でしか分かり合えない内容もありますし、家庭内の話は、知り合いや同僚には話しにくいですから、知らない間柄同士の方が話しやすいですよね。そういった個人的な相談の場に使っている方もいらっしゃいます。

このように「自分と似ている人と話がしたい」「理解し合いたい」と思う方も、参加されています。

 

3.既婚者合コン参加女性の体験談集めました

もともとは、既婚者合コンという集まりに不信感を抱いていた方の既婚者合コン参加エピソードをまとめてみました。

 

M.Kさん 30代女性

数年前に旦那に浮気をされた経験があり、既婚者合コンという集まりを知った時にまるで不倫や浮気を促進する会のような集まりだと偏見を持っていました。

しかし、仲の良いママ友に誘われ、断りきれず無理やり参加したところ、本当にただの飲み会だと知りました。

中には、不貞行為を目的にした人もいるようですが、私が参加した既婚者合コンではそのような人はいなく、男性の方も誠実な方ばかりで、家庭の悩みなどで盛り上がる程度でした。

それからは、自分の悩みを解消する場として数ヶ月に1回のペースで参加し、過去のトラウマからも開放されそうです。旦那の理解も得られているので、家庭も円満な方向に向かっています。こういった集まりも悪くないのだと知りました。

 

S.Oさん 40代女性

旦那とはすでに長い付き合いで、トキメキもなく、おしゃれをしても褒めてくれる人もいなく、女性としての自信も消え失せようとしていたところに、既婚者合コンという集まりを知りました。

企業さんも大手だったので、ちょっとした日常の変化になればと思って参加。始めは怖かったですが、しっかり運営さん側のサポートもあり、楽しめました。

今では既婚者合コンで知り合った方々と、数ヶ月に1度ホームパーティやBBQをやっています。地元を離れてから、特に仲の良い友人がいなかったのですが、この年になりやっと友達付き合いが出来るようになり、毎日が楽しくなりました。既婚者合コンという名前柄、怪しい印象ですが、参加してみるのも手だと思います。

 

Y.Tさん 50代女性

出来れば旦那の愚痴って周りの友達には話したくなくて…でも自分の悩みも聞いてほしいってヤキモキしていました。そんなときに既婚者合コンというものを知り、体験談を見ていたら意外と楽しそう!?と思い、お酒が好きで、時間も昼間だったのもあり参加。

てっきり、異性で話をして気が合えば…みたいな流れかと思ったら、友達と集まっているような感覚で盛り上がれて、楽しかったです。

女性同士でもお話が出来るので、たくさん旦那の愚痴も話ししちゃいました。聞いてみたらみなさん私のような目的をお持ちだったようで…良い集まり見つけました。

 

4.既婚者合コンの持ち物と服装は?

何事もはじめてだと、不安になるのは当たり前です。持ち物や服装だって、不安になるのも当然!気になる服装や持ち物についてお話していきます。

まず服装ですが、基本的に決まりがないことの方が多いです。

ただし、集まりによってはドレスコードが用意されている場合もあるので、ご自身が参加する飲み会の概要をしっかり確認することが重要です。不安な方は運営側に一度確認する方が安心ですね。

基本的に女性は、ワンピースなど華やかな服装で参加される方が多い印象です。

ドレスまではいかないですが、ある程度は着飾った方が浮かずに済みます。もちろんパンツスタイルも大歓迎です。

一方で男性は、フォーマルな服装の方やスーツスタイルの方が多いです。仕事の合間に参加される方もいらっしゃいますからね(笑)

持ち物に関してですが、参加費のみでOKなことがほとんどです。中には身分を確認する場合もあるので、身分証明書も持参するとスマートです。堅苦しい会ではありませんので、構えなくて大丈夫ですよ。

 

5.既婚者合コンを通して結婚生活が良くなった人急増

ここまで既婚者合コンのお話をしてきて、みなさんが始めに思っていた既婚者合コンのイメージとは違うと思っていただけましたか?

名前は理解しがたいかもしれませんが、実際は普通の飲み会といった感覚。ただ、参加するにあたって、みなさんパートナーの存在が気になることと思います。

「相手に悪いことしているみたい…」「参加した後普通に過ごせる自信がない」そう考え込んでしまう方が多いのですが、実は参加した方の多くが、既婚者合コンに参加をしたことで結婚生活の改善が見られたと答えるのです。

参加したことで「ご自身の悩みから開放された」や「気晴らしの場ができた」「パートナーの良さを再度実感することが出来た」など喜びの声が多いです。確かに心に余裕が出来ると、パートナーに対する行動一つまで変わってきますよね♪

 

既婚者合コンという言葉から悪いことという誤った認識をされている方はたくさんいらっしゃいますが、実際はそうではなく、息抜きや悩み解消という方がたくさんいらっしゃいます。

良くするのも悪くするのも、自分次第!参加に迷われていた方はぜひこの機会にいかがでしょうか?

既婚者合コンで美活@綺麗でいるために恋は必要不可欠!?綺麗をキープして女度アップ

出来ることならいくつになっても美しさをキープし続けたいのが乙女心。若い頃はメイクや髪型、服装で着飾ることが出来ますが、年齢が上がるにつれ、飾りだけでは補えなくなってきますし、肌や体型の崩れが気になる方も多いのでは?

綺麗でいようと心がけることにより、いくつになっても“女”としての自信を失わず、輝き続けている方が多いですし、旦那さんとも円満な方が多いよう!そこで今回は、綺麗でいることのメリットを始め、綺麗をキープするためのあれこれをご紹介します。

 

1.綺麗でいることのメリットは!?夫婦円満にも?

まず、いくつになっても綺麗でいることで、どんなメリットがあるのかご紹介していきましょう。

 

・女性として扱われやすい

・自分に自信がもてる

・服装に困らない

・仕事に有利になることもある

・褒められる

・旦那さんの鼻が高い

・夫婦関係が円満

・セックスレスになりにくい

 

人それぞれですし、必ずとは言い切れませんが、上記のようなメリットが考えられます。

年を重ねるとどうしても「オバサン」と呼ばれ扱われるようになりますが、オバサンと呼ばれにくくなりますし、女性として扱われる機会も増えます。美容関係の仕事をされている方ですと、やはり綺麗な方から言われた方が説得力がありますので売上にも繋がりやすいのではないでしょうか?また、体型に気を使っていれば、服も困らないですし、自分にある程度自信が持てますよね。なにより、綺麗で居続けようと努力をされている方の多くが、旦那さんと結婚生活が円満だという方も多いようです。

女性よりも男性の方が、女性の結婚後の体型変化に厳しいですからね。奥様がいつまでも綺麗なスタイルを保っているとやっぱり男性からしたら嬉しいものです。体型もキープして下着などにも気を配ることでセックスレス回避も十分期待が出来ます。

 

2.いくつになっても綺麗な人が実践している6つのこと

綺麗になりたい!と思っても、やはり年齢には逆らえないもの…。でも、意外と毎日の習慣で美は作れるものです。誰でも今日から実践できる綺麗のために実践できること6つご紹介します。

 

①メイクよりもスキンケアに力を

メイクは女性にとって魔法のような特別なものですが、どうしてもアラを隠そうとすると厚化粧になりがち。シワはなかなかメイクでは隠せないですから、スキンケアを頑張って綺麗な素肌を作るのが美の鉄則。お風呂上がりはすぐスキンケアをしましょう。また、乳液で終わりにする方が多いですが、しっかりクリームも塗ってあげて、肌状態によってはフェイスマスクや美容液もプラスするといいですね。

 

②日焼け止めは年中無休

紫外線って凄くお肌に悪影響なんです。紫外線を浴びる量によって、将来のお肌は変わってくると言われるほど!また、紫外線は夏場だけでなく、春夏秋冬、天気問わず降り注いでいますので、できるだけ日やけ止めは毎日塗ることをおすすめします。

 

③シャワーではなく湯船

現代人はシャワー派の方が多いようですが、入浴することで嬉しいメリットはたくさんあります。ストレス解消や疲労回復にもなりますし、他にも血行促進やむくみ解消などの美容に関する効果も期待が出来るようですよ。血行が悪く、むくんでいる状態では痩せにくいです。出来るだけ毎日湯船に入って体質改善しましょう。

 

④鏡としっかり向き合う

自分の身体をしっかり鏡で見ていますか?モデルさんやいくつになってもスタイルをキープしている方は裸になって自分の身体の変化をこまめにチェックしている方が多いようです。太ってからのダイエットは難しいですが、太る前ならちょっとした食事制限や運動で取り戻せますからね。体重計よりも体型をチェックすることが大切ですね。

 

⑤バランス良く食事を摂る

人の身体は食から成り立っています。ですので、栄養をバランス良く補うことも美には必要不可欠。健康でいることが真の美に繋がりますし、栄養が足りずガリガリに痩せてしまうと、ハリがなくなり、肌がたるみ、こけることで老けてみえがちですので、健康的なシルエットを目指しましょう。

 

⑥身体を冷やさない

身体が冷えていると血液の循環が悪く、むくみや血行不良などの症状を引き起こす可能性が高くなります。見えない場所にカイロをつけたり、腹巻きもおすすめです。また、飲み物は出来るだけ温かいものがおすすめ。

 

綺麗のために実践してほしいことを6つご紹介しましたが、重要なのは見た目だけではありません。内面や立ち居振る舞いも大切なので、そこも忘れないよう内面磨きも大切ですよ♡

 

3.綺麗でいるためには恋は必要不可欠

女性は恋をすると綺麗になると聞いたことがありませんか?

確かに恋をしている人を見ると、目もキラキラして、表情も喜怒哀楽がはっきりして可愛く見えますし、なんだか肌ツヤも良い気がしませんか?実は恋をすると綺麗になるというのは、どうやら本当のようです。

どんなメカニズムが隠されているのかと言いますと…女性ホルモンが活性化することからきているようです。女性ホルモンのうちの1つであるエストロゲンは、女性らしい綺麗な曲線の身体に導いてくれたり、肌ツヤや髪のツヤを良くしてくれる効果が期待できるそうなんです。また恋をすれば、相手を振り向かせたいと自分磨きを頑張るようになるので、余計ですよね。

 

4.恋じゃなくてもトキメキで十分!

結婚してから何十年も一緒にいれば「今さら旦那に恋なんてしないわ」「もう空気みたいな存在なのよ」という方も多いかと思います。大切な存在には変わりがなくても、どうしても長年一緒にいると恋心は失われていきますよね。でも、恋じゃなくてもいいのです。ちょっとした“トキメキ”でOKですよ。

ちょっとしたトキメキって、実際考え方次第で感じるとることが出来ると思うのです。

例えば、いつも作業着やパーカーなどのカジュアルスタイルが多いけれど、たまにのスーツ姿にドキッとしたりだとか、仕事帰りにコンビニスイーツを買って帰ってきたら、私のことを思って選んでくれたんだなーとかポジティブな思考に変換すると、相手のことが今よりもっと素敵に見えてくるはずです。

幸せを感じやすいように(エストロゲンが分泌されやすいように)もっていくことも大切かもしれませんね。

 

5.適度なトキメキを既婚者合コンで

どう頭を変換しても旦那様ではドキドキなんか出来ないという方は、ぜひ適度なトキメキを求めて既婚者合コンに参加してみませんか?

既婚者合コンは既婚者のみが集まる飲み会のことで、男女比率は同じように設定されています。そのため合コンという言葉が使われていますが、実際はもっとフレッシュなものです。

旦那様以外の男性と久しぶりに話してみると、ちょっぴりドキドキしたり、きゅんっとする出来事もあるかもしれませんよ。もちろん通常の合コンとは異なり、出会い目的の場ではないので、そこはご安心を。参加されている男性もみなさん奥様がいらっしゃいますしね。適度なトキメキだけ感じるには最適な場なんです。

匿名での参加が可能な会も多いですから、見知らぬ人に名前が知られるリスクもないですし、運営者もいるので安心して楽しむことが出来ますよ。

女性としての自信や男性としての自信を持ちたいという気持ちで参加する方も実は多く、参加することでパートナーに気遣いが出来るようになっただとか、自分に自信がもてるようになり心に余裕ができ、夫婦仲が良くなったとの声もあるので、ぜひ1度興味がある方は参加してみるのもいいかもしれませんね。

 

既婚者がサークルに入りたい!と思う理由について

既婚者画サークルに入りたいと思うのは、どのような理由があるのでしょうか。既婚者サークルは、現在では種類がとても増えていますよね。

そして、入会をする人も増えてきています。なぜ既婚者がサークルに入りたいのか、この心理について、見ていきましょう。

 

楽しそうだから

楽しいイメージを、既婚者サークルに持ったので、入りたいというような場合もあります。楽しそうなものには、自然に導かれるような時がありますよね。

 

想像をしてみた

実際に既婚者がサークルに入ったら、どういう感じなんだろう?と想像をしてみたら、とても楽いのでは…と思う時も。楽しいと思うので入ってみようと思い、実際にサークルに入るようなパターンもあるでしょう。

想像をするのが、元から好きな人もいますよね。想像力豊かな人は、好奇心旺盛な場合も多いのです。

想像をしてみる中で、ここならきっと楽しいだろうと思ったので、この自分の気持ちを信じて既婚者がサークルに入るような例もあるのです。

想像をすることにより、ワクワクした気持ちになったとしたら…心の中で前から興味を持っていた可能性があるでしょう。

 

サイトを見つけた

たまたまネットで既婚者のサークルを見つけるような機会も。なんとなく見ていたサイトに、広告が載っているようなケースもありますよね。

なんだろう?と思いながら見てみたら、既婚者サークルのサイト。そしてよく見てみると、とても楽しくて興味を持つ例もあるでしょう。

どのような広告でも同じなのですが、この広告を読むのに時間を費やす価値があるかどうかを考えた時に、読んでみたいと思うのなら人は魅力を感じているもの。

でも見る必要がないだろうと思うと、ここから離れて違うページを見るでしょう。サイトを見付けたのもなにかの縁。こう思うので、連絡だけでもしてみようかなと思う人もいるのです。

 

自分に合いそうだから

自分に合うのではと思うので、既婚者がサークルに入ろうと思うこともあります。自分が楽しく活動できるような場所、こう思ったので入会を考えるケースもあるでしょう。

 

深く知ってみたい

サークルがどういうものなのか、もっと深く知ってみたいと思うので、とりあえず連絡をしてみようと思う人も。

深く知ってみるには、このままではなくてもう一歩進む必要があります。でも勇気がなくて、これができないと思う人もいるでしょう。

既婚者である自分の立場から考えると、あまり自由には行動できないと考える人もいるのです。

でも夫婦で自由に過ごしているような場合には、相手も自由だから自分もそれでいいだろうと思うもの。

自分だけが自由ではなくて、諦めるものが多いと思うと、もっと深く知りたいものがあるのなら、これから先に知ってみたくなるものです。

 

自分に合うものを見付けたい

自分の好きなものや合うものを、もっと色々と見つけたいと思う人もいます。確かに多くこういうものがある方が、人生が豊かなものになりますよね。

好きなものが少なくて苦手なものが多い、こういう人生はどこか味気ないもの。好きなものを少しずつでも増やしていきたいと思うのは、とてもポジティブな考え方なのです。

ネガティブな思考になると、好きなものを増やそうとは思わないでしょう。面倒だと考えて楽な方へと向かうもの。

でもポジティブな気持ちを持てるのなら、自分の思いに素直になってみましょう。自分に合うものを見つけることができたのなら、とても嬉しい気持ちになるはずです。

まるで宝物を見つけたような気持ちになるでしょう。こういう気持ちを何歳になっても、ずっと持ち続けていたいですね。

 

色々な世界を見てみたいから

色々な世界を見たいという理由から、既婚者がサークルに入ることもあります。実際にサークルには、様々な種類があるもの。

この中には、今までに見たこともないような世界もあるかもしれません。

 

視野を広くしたい

もっと自分の視野を広くしたいと思う人も。でも日々の生活の中では限界があります。ところがサークルや交流会などに行ってみると、今までとは違う世界を見ることができて、視野も広くなるのです。

視野が狭くなっているのでは…と思った時に、広くするための方法を見つけたいと思うのは、とても理想的ですよね。

視野が狭いままで生きていくよりも、この機会にできるだけ広くしてみるのも良いでしょう。

自分にとって視野を広くする方法がわからない…と思った時には、既婚者が集まるような場所に行ってみると、新鮮な体験ができるはずです。

そして、自然に考え方にも幅ができてきて、自分についての変化にも気が付くようになるでしょう。

 

これがいい!と感じたから

違う世界を見るためには、サークルに入ったり交流会に行ったりするのがベスト!と思ったので、そうする人もいるでしょう。

自分でこう思ったので、行動に移したい思いがあるのです。心の中で違う世界について想像をしていても、限界がありますよね。

アニメや漫画の世界も楽しいですが、これも一時的には世界が変わるかもしれませんが、もっと長く続けていたいと思うはず。

このような中で「これがいい!」と思ったのならぜひ自分のキャパシティを広げるために行動をしてみましょう。

自分にとって、これがいいと思うのは人により違いがあるもの。この違いについて個性だと受け止めるのも必要です。

自分の個性を大切にしたうえで、求める方向に向かってみましょう。きっと可能性が広がっていると気が付くはずです。

 

まとめ

既婚者画サークルに入りたいと思うのには、理由がある場合が多いですが、この理由が肝心というわけではないのです。

それよりも、行動をしたいと思う気持ちの方が重要と言えるでしょう。こうしたいと思う自分の気持ちについて、正直に動くようにしていけば、様々な世界を見ることができます。

様々な世界は、自分に対してプラスの面で色々な良い経験を与えてくれるでしょう。情報についても、同じように言えます。

情報過多の時代ですから、何を信じたらいいのか悩む時も。でも信じられる相手と出会うことができると、これから先がとても心強いですよね。

こういう相手が、既婚者のサークルや合コンなどにいるかもしれません。出会えたとしたら、その場だけではなく、これから先も大切にしていきたい存在ですね。

1 2 »

イベントの様子

友だち追加
イベントの様子をアメブロで配信中

LINE@

イベント情報・クーポン等を配信中!!

東京の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@bll3763v

大阪の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@nxp1391h

名古屋の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@xih1539y

社長のLINE@

『人生を豊かに』をコンセプトに投資情報(株・FX・不動産)、今話題の仮想通貨の話、お得な旅行の行き方ノウハウ、主婦向けのアルバイト・パート情報といった情報を配信中

友だち追加

年別アーカイブ

  • facebook
  • twitter
PAGETOP