既婚者同士の出会いのために飲み会、合コン、パーティ等のイベントを毎週開催しています。

コラム

年別アーカイブ: 2018年

意外にも身近にあるご近所同士の不倫の実情とは

ご近所同士の不倫は珍しくない?

ちまたでは芸能人の不倫が話題になっていて、決して隠された秘密でもなくなってきています。でも、一般人にはまだまだ表向きメジャーになることはありません。

が、メジャーになっていないということはご近所同士の不倫と言うのは無いのでしょうか?実は話に上がっていないだけである家庭の奥さんと別の家庭のご主人との秘密の関係は珍しいものではないです。それを物語るように最近では不倫をテーマにしたドラマも多く、いずれもヒットしているという社会現象を見ても、不倫が遠いものではないとというのを感じさせますよね。

ご近所だからそんな関係になってはいけないというのと、ご近所だからこそ男女の関係が切れないという二つの様相があるのです。

今回はご近所同士の不倫についてご紹介したいと思います。赤裸々な実情も含め思い当たる人も興味のある人もぜひ一読してください。

 

出会うきっかけ

 

ご近所の既婚者同士が出会うには、どんなきっかけがあるのでしょうか?例えば子供の学校の保護者、というだけでは知り合うことはありません。学校での行事に積極的に参加していたしても、どこのパパなのかママなのかはわかりませんし、それ以上近づくことはありません。ちょっとタイプの人だな、カッコいいな、というだけで終わってしまうでしょう。

やはり互いに、PTAの役員や自治会で何らかの役があって知り合うというのが多いのではないでしょうか?そうなると同じ場所に出向くことも多くなり会う回数も増えてきます。それが出会うきっかけとなっていくのです。

 

普段から会うタイミングが多い

ご近所同士のパパとママが不倫関係になるのは、会うタイミングが多く相手のことをよく知る関係になることからスタートします。中には仲の良いママ友を通じてご主人を知り惹かれ合うことで不倫に発展するパターンもあり、ママ友とは友達でありながらご主人とも密会しているということも。

会う機会が無いと発展することにならなかったはずが、会うたびに意識してしまいどちらかが声をかけて始まるのが身近な人の間で始まってしまう不倫の大半です。

今流行りのSNSがきっかけの不倫とは違い常に顔を合わせる相手との秘密の恋は、ズルズルと引きずりやすいのが特徴。会うタイミングが多いと別れようと思っても顔を合わせることで相手への感情がまた湧いてきて、と繰り返してしまい不倫のループに入り込むというのが、ご近所同士の不倫です。

 

自分の夫と他のご主人を比較

ご近所の既婚者同士の不倫が存在する理由。

相手の強引さに負けてしまったことから始まったものの、男らしさに惹かれてしまって不倫が続いている状態。また先ほど書いたようにママ友のご主人が自分のタイプで二人で会う約束をしてそのまま関係に持ち込んで。

様々なスタートがあるのですが、相手を一人の男性と意識している場合と相手を一人の旦那さんとして見る場合があります。

これはリアルから始まる不倫にあることなのですが、自分の夫と比べているのが特徴です。自分の夫は休みになるとグータラして家事にも育児にも非協力的。それに比べて○○さんは休日の学校の行事にも積極的に参加しているし、子煩悩で羨ましいな…という比較対象から入っていくのです。

夫婦というのは一番近くにいて一番見たくないところまで見えてしまうものですが、隣の芝生は青く見えるとばかりに他のご主人が良く見えてしまう、というとこから惹かれるというのも現実あるのです。

自分の夫に不満があればあるほど、ほかの男性を見てしまうのではないでしょうか。良いと思うところがどんどんクローズアップされていき、それと比例して自分の夫がどうしようもなく情けない人に思えてくるのです。

しかし実際そのご主人が家の中でどうなのかというのは表からは決して見えないもの。夫婦の問題は傍から見るだけではわからないものです。

 

SNSからの出会いは怖い

 

ご近所のご主人と不倫関係に陥るタイプの女性は、SNSでの出会いは眼中にありません。ネットで顔を見たことない人と言葉を交わし、会うなんてとんでもないと思っている女性が圧倒的。

独身の頃の恋愛経験もそんなに多くなく、人に愛されるということに慣れていない女性が多いのも特徴です。ただ、恋愛体質であるというのも否めません。

恋愛体質であるという理由は、普段の生活で男女関係になり得ない相手を一人の男性として見てしまうからです。特に、会社で知り合うという自分だけの知り合いから始まる不倫と違う点。子供や家族を通しての知り合いを男性と意識するということは、自分が常に女性であると見てもらいたい願望があるのです。

ここにも夫から女性として見られていない妻が陥りやすいともいえますし、真逆に夫からしつこく誘われ嫌気がさしている妻が他の男性に走るという、いわゆる夫婦間の性の価値観の違いが表れていると考えられます。

夫婦円満だとほかの男性に目が行くということも無いですし、何かしらの不満不信を抱いている結果かもしれません。

リスキーを感じながらもズルズル続く関係

ご近所の既婚者同士での不倫は、全く出会うはずのない人との不倫に比べズルズル引きずるものでもあります。それはなぜでしょうか?普段の日常で会うことがない相手は、別れようと思えば顔を合わせることも無いのでそのまま終わらせることができます。でも男女の関係で出会ったわけでもないご近所だと、普段から顔を合わせることも多いもの。関係を断ちたいのに顔を見ると恋しくなったり感情が湧いてくるのです。

とともに背負っている罪悪感も計り知れないし、互いにハイリスクだとわかっています。

決して知られてはいけない関係はとてもリスキー。いけないとわかっていてもズルズル続いてしまう。また危険を感じることで刺激にもなり女性側がそれを楽しんでいるから、ということもあります。

中には友達に嫉妬し、ご主人を奪うことで友達を裏切る快感を得ているなんていう強者な女性がいるのも事実です。互いに家族ぐるみで付き合っているのだとしたら、ご主人の名前が話の節々に出てきても不思議はないですよね。

そういうところからも、一見関係を終わらせるのが容易にも思えるものが、どちらかの、または双方の家族に発覚するまで不倫が続くことも多いのです。

リスクを背負い危険な綱渡りをしながら逢瀬を楽しむ、というのは今の時代さながらなのではないでしょうか。

 

まとめ

ご近所の不倫についてご紹介しましたがいかがでしたか?あなたはリアルで不倫をしている男性女性を知っていますか?もし聞いたことがあるならご近所同士の不倫が意外に長く続いていることを知ることになります。

恋愛体質であり、相手への感情がどんどん膨らんでしまう女性ならリスクを感じながらでも男性の方も別れられないかもしれません。特に互いの家を行き来するような仲の良さなら相手のご主人と仲良さそうに思えても、辺に勘ぐられることもありません。

ただ、回数を重ねてもバレることがないということが分かりどんどんエスカレートしてしまうと、発覚する可能性もどんどん増えて行くのです。

発覚してから大変なことになるのもご近所での不倫が多く、どちらかが引っ越さないといけないという結末にもなりかねません。

リアルなご近所同士での不倫で苦しむようなら、家庭や職場とは違う場所で楽しく時間を過ごしたいものです。最近は既婚者限定の飲み会などもありますので、ぜひ参加を検討してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

たまには癒やされたい…専業主婦は実は大変!?既婚者サークルで悩み解消

周りから羨ましいと言われる専業主婦ですが、専業主婦ってなってみないと分からない苦労がありますよね。ある意味365日無休で働いているようなもの。

同じ立場の人に意外には理解されない悩みや専業主婦が抱えるリスクなどをご紹介していきます。専業主婦の方も、そうでない方もぜひ見てほしい一記事です。

 

1.専業主婦は決して楽ではない

よくネットなどでも専業主婦に対して「楽そう」や「働いてないのに生活してる」など厳しい意見が飛び交っていますが、人の生活を知らずに勝手に決めつけるのはどうかと思います。

確かにTVばかり見て、家事はそれなり…の脱力系専業主婦さんもいらっしゃるとは思いますが、それが専業主婦の一般的な生活というわけではありません。朝から晩まで家事や育児で動きっぱなしという奥様もたくさんいらっしゃるのです。

よく専業主婦の生活を年収にするとどのくらいか…という話を耳にしますが、炊事・洗濯・掃除・買い物・子育て・家計管理を合わせて、子育て有りの専業主婦の年収は、約480万円~、子育てなしの専業主婦の年収は、約240万円~と言われているようです。

家計を支える男性と比べると、低いかもしれませんが、それでもぐうたら生活をは程遠い結果ですよね。

朝から洗濯や掃除、昼になったら買い物、夕方からはお夕飯の用意…お子さんがいれば余計です。気づけば朝から夜まで立ちっぱなしだったなんてこともザラです。

 

2.専業主婦の抱える悩み

専業主婦の悩みは、募るばかり。

いくら考えても解消できない悩みが多く、不安を感じている方も少なくありません。どんな悩みを抱えているのか見ていきましょう。

 

・社会から乗り残されている疎外感

専業主婦になると、社会との関わり合いがめっきり少なくなります。

もともとキャリアウーマンの方なら特に感じるかもしれませんが、バリバリ働いている友人や仕事にやりがいを感じイキイキ輝いている人を見ると、自分が世間から取り残されたような寂しさと疎外感を感じます。

 

・話し相手がいない

気づけば今日一日旦那以外の誰とも話をしていない…とふと思うときがあります。また、最近声に出して笑ったことあったかな?と思うことすらあります。

家族や友人以外の人と話す機会がほとんどなく、誰かにさっと話せれば問題にならないようなことが溜まって、大きなストレスを抱えがち。

 

・働きたいけれど、ブランクで不安

専業主婦歴が長いと、いざ働こうと思ったときに、大きな不安が押し寄せてきます。「今更働けるのかな?」「仕事の人間関係が不安」など考えれば考えるほど不安に…。

また、いざ働いて見たら、やっぱりうまくいかなかったということも多く、今まで働いておけば良かったと後悔することも。

 

・周りから嫌味を言われたり、悩み相談がしにくい

仕事をしながら家事に育児に追われる女性は、増加傾向にあります。今では、共働き世帯が多い世の中になってきましたからね。そのため、結婚前は仲良かった友人に相談をしても「◯◯は専業主婦なんだから、いいじゃない!贅沢」とバッサリ言われてしまうことも。

また、周りには“専業主婦をさせていると旦那”と、旦那さんの評価だけが上がっていくことにも不満を感じることも。

 

・誰からも評価されない家事仕事

男性の中には、女性は家事をして当たり前と未だに思っている方もいますし、どうしても専業主婦の場合は、家事をすることが当たり前だと捉えられがちで、家事や育児に関して評価を得られないことも…。一生懸命、夫を支えていても評価をされないことに疲れ切ってしまうときもありますよね。

 

・旦那に文句が言えない

旦那さんに不満を感じても専業主婦という肩書きから文句や不満を言えず、喧嘩すら出来ないご夫婦も中にはいらっしゃいます。傍からみたらモラハラなことも、心にしまいがち。

 

・自由に使えるお金が限られる

旦那さんの収入でやりくりするため、自由に使えるお金が働いている方に比べて限られますよね。旦那さんの収入が多ければ問題はないかもしれませんが、中には服も数ヶ月買えずに、ママ友とも会いにくいと答えるママさんも多いです。

 

3.専業主婦が抱えるリスク

実は専業主婦には悩みだけでなく、リスクすらも抱えながら生活をしています。結婚をすれば誰しもがなにかしらのリスクを抱えるものですが、専業主婦はリスクがただでさえ高いと言われています。恐ろしいリスクとはなんなのでしょうか?

 

リスク①再就職が難しい

専業主婦になって、その期間が長くなればなるほど再就職が難しくなってきます。

専業主婦の武器である炊事や掃除などの能力を活かせる仕事なら付きやすいとは思いますが、デスクワークやコミュニケーションスキルを必要とする企業には再就職が難しくなります。先程の悩みでも出たように、また仕事が出来るか不安という精神的なものもありますし、実際仕事に就くことが、長期的に仕事をされていた方よりハードルが高くなりがちです。

 

リスク②夫の稼ぎに左右される

旦那さんの収入で生活しているため、旦那さんが仮にリストラや減給となったときに家計に響きます。また、自分自身も更に節約をしなければならなくなり、他の共働き家計の裕福さを羨む可能性も…。

また突然旦那さんが倒れて、仕事が出来なくなる可能性も0ではありません。そのときには自分が主となり、稼いでいく覚悟が必要になります。

 

リスク③離婚をしてしまった場合

一番怖いのが離婚問題です。専業主婦の場合、旦那さんの収入が全て。ですから仮に離婚をした際には、年齢にもよりますが、財産分与で得たものだけでは生活できませんから、ご自身でも働く必要が出てくるでしょう。

リスク①でもご紹介したとおり、再就職がただでさえ難しい専業主婦。かなり離婚をした際のリスクは高いです。それを恐れて、浮気を黙認している主婦の方もいらっしゃるほど。

 

4.モチベーションを保つために心がけたいこと

悩みやリスクが切ってもきれない専業主婦。実際お気楽なんかではなく、家計を守るために頑張っているんです。影の苦労を思うだけで涙が出てきます…。

ストレスを溜めやすい専業主婦だからこそ、日々のモチベーションを高めておきたいもの。お金をかけずにモチベーションを保つ方法をご紹介します。

 

・自分を自分で褒めてあげること

褒めてくれる人がいないなら、せめて自分で自分を褒めてあげましょう。

ダメだダメだ…とマイナスに考えてばかりだと気分までも本当に暗くなります。だから、今日も私は頑張ったと自分を肯定するのです。認めてもらえなくても、私は一日やりきったと自信を持つだけでモチベーションが変わってきます!ケーキやお酒などお好きなものを一週間頑張ったご褒美で食べるのも◎。

 

・小さなことに喜びを感じる

家事をすることに対して喜びを見出してみましょう。

「窓ガラスが綺麗になったら気持ちいい」「新しいシーツにしたらスッキリ」「昼間の天気が最高」と、毎日の何気ない生活に喜びと刺激を感じましょう。理想はシンデレラ!シンデレラは掃除やお洋服作りにも楽しさを感じています。あんな前向きになれたら幸せですよね。

 

・趣味の時間も確保する

頑張ってばかり、悩んでばかりだと何事も楽しめません。メンタルの乱れは行動全てに影響しますから、ご自分の好きなことに集中できる時間も作りましょう。

 

・専業主婦に理解がない人と無理に仲良くしない

結婚して出産して~の時間の流れと共に人の考え方は変わってきます。例え今まで仲の良かった友人だとしても考え方が合わずにストレスを溜めるのならば無理に会う必要はありません。お互いつるむ人間も変わっていくのでしょうから。

 

・旦那さんに甘える

やっぱり専業主婦にとって、一番身近な存在は旦那様!専業主婦の理由はそれぞれ家庭によって異なるとは思いますが、時には旦那さんに思いっきり甘えてみましょう。基本的に男性は甘えられることが好きな方が多いですし、長く一緒にいればマンネリしがちにもなりますから、ガラじゃないと思っても「褒めて~」「頭撫でで」など甘えてみては?

 

5.気晴らしに既婚者サークルはいかが?

話す相手が限られる…とお悩みの方はぜひ、多くの人で出会える既婚者サークルを利用してみませんか?既婚者サークルは、既婚者の男女限定の飲み会です。

既婚者同士だからこそ、相談し合えることも、理解し合えるものも多いですからね。また、男性・女性どちらの意見も聞けるのも魅力。社会から取り残されている疎外感や話し相手がいないと悩む専業主婦の方にぴったりです。

昼間開催されていることも多いんで、時間を見つけて参加できるのも嬉しいですし、匿名で参加できるサークルも多数あります。また、年齢制限だけでなく、専業主婦限定・子供なし限定などサークルによっては制限がある会もあるので、自分と話が合う人も見つけやすいです!

参加費も男性と比べ、女性は2.3千円と安く設定されているので、参加しやすい点も助かりますよね。多くの女性がストレス解消の場や人生相談、気晴らしなどで参加していますよ♪

ストレスを抱えがちな専業主婦だからこそ、うまく気晴らしが出来る方法をなんでもいいので見つけてみましょう。

不安やリスクはなかなか消えないですが、まずは専業主婦を楽しむことが何より重要です。

既婚者の飲み会での上手な振る舞い方

既婚者の飲み会での上手な振る舞い方は、できれば知っておきたいですよね。実際に飲み会になった時に、慌ててしまうような人もいるかもしれません。

今回は、既婚者の飲み会での上手な振る舞い方についてお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

 

楽しみ方について

どのように楽しむかは、とても大切です。自分にとって今日が楽しいものになる、というのは理想ですよね。では既婚者の飲み会に参加をした時の、楽しみ方とは?

 

できれば全員と話す

飲み会に参加をした全員と、できれば話しておくようにしたいですね。異性と同性ともにそれは言えることです。

どのような人にも良さはあり、話してみるとプラスになるケースは多いでしょう。誰か1人とだけ話すような飲み会になると、どうしても全体のバランスが偏りがちに。

1人の人と話すのが楽しいと思っても、違う人とも話せる柔軟性を持っておきたいところですね。

できれば参加者全員と話すように、自分なりに工夫をしてみましょう。同性からでも得るものはとても多いのです。新しい発見があるかもしれません。

 

同性との方が話しやすい場合も

異性と話すのが苦手…と思う人にとっては、同性と話す方が楽で楽しいと思える場合が多いのです。

でも異性と話さないとせっかくの合コンだから…と無理をしてしまう人もいますよね。ところが無理をしてしまうと、合コン自体を楽しめなくなってしまう場合が多いのです。

せっかくの合コンですから、楽しんで過ごしたいと思う気持ちも。こういう時には、同性と優先的に話すようにしてみましょう。

そして雰囲気に馴染んできて楽しいと感じたのなら、この時に異性と話すように努力をしてみてもいいのです。

 

会話について

既婚者の飲み会では、どのように話せばいいのか悩むもの。話す内容や話し方により合コンを楽しめるかが変わってきますよね。

 

話題はどうする?

合コンで話す話題については、あまりマニアックなものではなくて、皆が知っているようなものを選びたいですね。

話していて楽しいと周りが思うような内容を、話題として出せるようにすると、皆の笑顔を見られるはずです。

自分の話したい内容だとしても、周りは同じように思わないケースもあるでしょう。こうならないように、全体が楽しめる話題についても準備をしておくようにする必要があります。

話題をいつも出してもらって、自分は一切出さないようなことをすると、楽ではあるのですが周りから見ると、あまり良い印象を与えないかもしれません。

1つでもいいので、話題を出せるようにしておきたいですね。これができれば、合コンを楽しみやすくなるのです。

 

話し方について

話し方で悩むような人もいるでしょう。既婚者の合コンでの振る舞い方について、話し方はとても重要です。

話す時には早口になったり、声が高くなったりしないように落ち着いて話すようにしましょう。

相手が聞き取りにくいような話し方をしてしまうと、聞き返されるようなことも多いでしょう。

何度も聞き返す相手も大変ですが、こちらも疲れてしまうもの。落ち着いた大人の話し方ができれば、相手とのやり取りもより楽しいものになるでしょう。

話す時には、深呼吸をして早口にならないように、そして声のトーンについても普段の自分らしさを目指すといいですね。

 

異性との距離について

既婚者だから…と思うと、異性との距離感に悩むもの。異性とあまり親しくすると、軽いように思われるのが嫌だと考える人もいるでしょう。

異性との距離をどう持てばいいのかについては、既婚者の合コンに参加をする前にある程度決めておくようにしたいところ。

 

スキンシップはほどほどに

親しくなると、ついスキンシップをしてしまう人もいます。相手の背中や膝などをポンポンとたたいてしまうケースも。

でもこれをすることで、誤解を招く可能性もあるのです。スキンシップを相手からされた時も、されるがままにしてしまうと嫌がっていないと思われるでしょう。

自分にとって嫌だなと思うのなら、場を少し離れるようにしたり、サッと避けるようにしたりして工夫をするのが必要に。

スキンシップを当然だと思う相手に対して、そのままにしておかずに自分なりに上手に対応をするようにしたいですね。

 

適度な距離を保つ

異性だからといって、あからさまに避ける必要はありません。かといって仲良くしすぎるのもNGでしょう。

例えば既婚者合コンに参加をして、周りは全員既婚者。これに対して安心感を持ってしまい、つい慣れ慣れしくしてしまう人もいるのです。

男性からしてくるケースもあれば、女性がするような場合もあるでしょう。でも周りとしては、対応に困ってしまいますよね。

適度な距離を保つようにすると、相手だけではなくて周りとのやり取りもしやすくなるのです。

きちんと節度を守っていると思われると、周りの人たちも安心して過ごせるでしょう。そして大人として、感じのいい人だなと思われやすいのです。

 

お酒が入ると要注意

人によってはお酒が入ると、自分の言動を憶えていないような時もあります。こうなると必要以上に、相手に絡むようなケースもあるでしょう。

相手が迷惑だとはっきり言えるタイプならいいのですが、言えないような人もいるのです。この場で言うと空気が悪くなると思い、我慢をする人もいるでしょう。

人に迷惑をかけないためにも、お酒を飲みすぎないようにして、少し酔ったらそこでお酒をストップするように自分自身をコントロールしましょう。

お酒が入れば何をしてもいい、どんな行動をしてもいいわけではないのです。お酒が入るからこそ、慎重な対応が求められるしょう。

 

まとめ

既婚者の飲み会での振る舞い方については、ある程度知っておくのが必要に。何も考えないままで、飲み会に参加をするよりも周りのことを考えた振る舞いができるでしょう。

独身の飲み会とは、また違った雰囲気があるものですが、それがとても楽しくて過ごしやすいと感じる人は多いのです。

せっかくの既婚者の合コンですから、自分にとって充実した日になるように工夫をしてみたいですね。

どのように過ごすかは自分次第ですが、周りの人あっての合コンです。きちんと配慮ができれば、迷惑をかけずに良い印象を与えることになるでしょう。

既婚者に一目惚れしてしまった!それからの行動

既婚者に一目惚れをしてしまう時も。どうしたらいいのか…と悩むケースもあるでしょう。今回は、既婚者に一目惚れをしてしまった時と、これからの行動の仕方について、深く見ていきましょう。

 

既婚者に一目惚れをする時

どのような時に、既婚者に一目惚れをするのでしょうか。この瞬間についてお伝えしていきましょう。

 

頼もしく感じた時

女性から見ると、男性を頼もしいと思った時に一目惚れをするケースもあります。「こんなに頼もしい男性は初めて見た」と思うと、魅力を感じるのでしょう。

そして気が付けば一目惚れをしている場合もあります。自分の中で、既婚者に一目惚れをしてはいけないと思いながらも、セーブできない思いもあるでしょう。

相手のことが魅力的だと思うと、いつの間にかもっと親しくなりたい気持ちが強くなる場合もあるのです。

でも一目惚れをした自分に驚いて、これ以上は何もできない…と思うケースもあるかもしれません。

 

話していて楽しいと思った時

話が合う相手に対しては、一目惚れをする可能性があります。相手の話している内容に納得ができて、自分の話に対しても真剣に聞いてくれる。

こういう場面がとても嬉しくて一目惚れをしてしまうのです。話の合う相手というのは、簡単に見つかりそうで、案外いないもの。

このため話していて相性が合うと思うと、もっと親しくなりたい気持ちになる時もあるでしょう。

話していて楽しいと思う自分を感じると、出会えた喜びでいっぱいになるのです。できれば親しくなりたい思いは、コントロールしづらいでしょう。

 

既婚者に一目惚れをしやすいタイプ

既婚者に一目惚れをしやすい…という人には、共通する特徴があります。どのような特徴があるのかについて、見ていきましょう。

 

元々既婚者に魅力を感じている人

元々既婚者の方が、独身者よりも魅力的だと思っている人もいます。この場合は、独身者には一目惚れをしないのですが、既婚者に対しては一目惚れをしやすいのでしょう。

既婚者の持つ魅力を事前に理解しているので、既婚者に出会える機会をとても嬉しく思うのです。

もしかしたら素敵な人がいるかもしれない…。こう思う気持ちがあるので、既婚者に出会える場所に参加をする人もいるでしょう。

一目惚れがしたいと思うよりも、ときめくような出来事を求めている傾向が強いのです。

 

既婚者同士で話してみたい思いがある

既婚者同士で話したい思いがある人も、既婚者に対して一目惚れをしやすいでしょう。既婚者である自分と話が合うのは、やはり既婚者。

このため、できれば既婚者同士で楽しく話したい思いがあるのです。元々そういう願望があるので、もし魅力的な既婚者が現れた時には一目惚れをする可能性が高いでしょう。

既婚者同士で話すと盛り上がり、とても充実した時間を過ごせる場合もあるのです。独身の相手としか普段やりとりをしていない人は、どこか物足りなさを感じるもの。

でも既婚者と話してみると、自分の話したい内容はこれだったと分かるようなケースもあるでしょう。

 

既婚者に一目惚れをするタイミング

どのようなタイミングで既婚者に一目惚れをするのでしょうか。タイミングはとても大切なものなのです。

 

既婚者同士の飲み会

既婚者同士の飲み会では、既婚者同士で様々な話をして楽しみたいと思う人が集まる可能性が高いです。

このため、一目惚れをするケースも十分にあると言えるでしょう。一目惚れがしたいから、参加をするわけではありません。

でも、何か自分にとってプラスになると確信があるので、参加をする人は多いでしょう。実際に参加をすると、今までとは違う世界を見ることもできるはず。

一目惚れはしないとしても、人として魅力を感じる相手と出会えて素敵な時間を過ごせる機会になるかもしれません。

 

街中で偶然出会う

街中を歩いていて、偶然に出会って一目惚れをするようなケースもあります。休日になんとなく暇なので、買い物でもしようと街を歩く人も。

こういう中で、自分にとって魅力を感じる相手と出会うのです。素敵だな…と思い、気が付いたら目で追うこともあるでしょう。

でも、もしこういうタイミングで一目惚れをしても、これ以上の進展は望みにくいもの。相手に声を掛けるのは、難しいですよね。

相手が既婚者かどうかも分からないのですが、既婚者から見るとなんとなく「あの人は既婚者かも」と分かる場合が多いのです。

生活感のようなものかもしれませんが、どこか醸し出す雰囲気があるのでしょう。でも既婚者に一目惚れをしてしまった…と思っても、これ以上は何もできずただ見つめるだけで終わるケースは多いでしょう。

 

既婚者に一目惚れをしたらどうしたらいい?

既婚者に一目惚れをしたら、どのように行動をしたらいいでしょうか。今後の行動の仕方について見ていきましょう。

 

飲み会などで出会った場合

既婚者同士の飲み会などで出会った相手なら、その場で色々な話をしたいですね。話すたびに、素敵だなと思う気持ちが強くなるケースもあるでしょう。

相手とのやり取りの中で、新しい発見もあるはずです。一目惚れをすることができたと思うと、なんとなく嬉しいと感じる気持ちも。

この気持ちを大切にして、友達の関係でもいいのでやり取りを続けていくように、相手に希望を伝えてみましょう。

ここで一目惚れという言葉を出さずに「これからも、色々とお話ができると嬉しいです」と伝えたほうが、相手にとっては気楽なので連絡も教えやすいと思うはずです。

 

その他の場所での出会いの場合

相手と連絡先交換ができるかどうかを、聞いてみましょう。軽い気持ちで大丈夫だと思う人もいれば、NGだと考える人もいます。

連絡先交換をしないと、相手とのやり取りができないとしたら、自分の中でこれはひとつの出来事として、考えるようにしたいですね。

 

まとめ

既婚者に一目惚れをしてしまった時には、嬉しいような困ったような複雑な気持ちに。でも魅力を感じる相手と出会えるのは、とても素敵なことです。

相手とこれからどういう関係を望むのかは、ゆっくり考えていくのもいいかもしれません。すぐに何かの答えを出す必要はないのです。

相手との距離を無理に近づけずに、穏やかな時間を一緒に過ごせるのが理想的ですね。

子育ての悩みは話しにくい@既婚者同士の飲み会で人生の先輩に相談しよう

可愛くて、愛おしくて世界で一番の宝物…。お子さんは、みなさんにとってきっとそんな存在だと思いますが、時にはお子さんのことで悩みを抱えることもありますよね。育児って想像よりももっと大変なことですから。しかも旦那さんが育児に非協力的であったり、お子さんを過剰に甘やかしていたりすると、旦那さんに対してもストレスが溜まってしまうこともしばしば…。今回はそんな悩みや悩みの向き合い方などお話していきます。

 

1.ママが抱える子育ての悩み

いくら愛おしい夫婦の宝だとしても、子供の成長と共に、これまでとは異なる悩みも増えていくもの。世間のママさんは一体どんな悩みを抱えているのか見ていきましょう。

 

・金銭的不安や悩み

子供の将来の教育費や産休や退職でお給料が減り、金銭的に大丈夫か不安を抱えているママは多いです。それに伴い旦那さんとも給料の面やお小遣いの面で口論が増えてしまうご夫婦も多く、家庭問題にも発展する深刻な問題です。

 

・旦那が家事や育児に非協力的

この悩みを抱えているママもとても多いです。共働きだからと育児も家事も分担してくれる育メンパパや育児休暇を働くお父さんにもくれる企業も多くはなってきていますが、仕事中心のパパさんも多く、女性の負担が多いご家庭も多いですからね。また、自分はなかなか外出が出来ないのに、旦那さんばかり遊びや飲みに出かけられたりするとストレスも溜まりますよね。

 

・子供のしつけに関して

子供の好き嫌いや叱り方に悩む方も多いです。親の接し方がお子さんの成長に大きく関係しますから、しつけに関しての悩みはその分責任もありますからね。

 

・育児と仕事の両立

育児と仕事の両立は体力的にも精神的にも厳しいですし、子供との時間が取りにくいと悩んでいるママさんも多いようです。また、子供が熱を出したなどで会社を休むことが増えたことで会社に居にくいとの声も。

 

2.夫婦仲は大丈夫?子供にも影響する夫婦仲

夫婦仲がうまくいっていないと、実は子供にも影響することをご存知でしょうか?

両親の姿を見て成長していくわけですから、当然と言えば当然ですが、お子さん自身が情緒不安定になったり、周りの友達に対して意地悪をしてしまったり、非行に走るリスクも高まります。また、将来お子さんが大人になり家庭を持ったときに、不仲になりやすいとも言われています。

子供にとってのお手本は、紛れもなく“親”です。当然、親を反面教師として、幸せな家庭を築く方もいますが、子供の人生を担っている責任をしっかり理解して、出来るだけストレスを溜めず、悩みさえも前向きに、楽しく子育てしましょう♪

 

3.子育ての悩み、どう向き合っている?

みなさん子育ての積み重なる悩みどうやって向き合っているのでしょうか。感じ方や捉え方一つで、子育ての悩みがふと軽くなることも♪ぜひ参考にされてみてくださいね。

 

・夫婦で話し合いのもと助け合う

やはり一番大切なのは夫婦でしっかり話し合い助け合うこと。夫婦ってお互いがお互い困ったときに助け合う生き物ですからね!お互いが思いやりを持って接することが重要です。もちろんあなた自身も旦那さんが何かしてくれたときには、感謝の気持ちをきちんと伝えることを忘れずに。

 

・自分だけではないと言い聞かせる

育児だけじゃなく何事もそうですが、辛いのは自分だけと思っていると、本当に心まで落ち込んでしまうもの。実際、子供を産めば育児ってどの方も経験する道です。もちろんあなたのお父さんお母さんだってそう!しかも子供の成長はとても早いですから、一瞬なんです。今の悩みは数週間後には別の悩みに変わっていることも!この時期ならでは・・・と前向きに対処しましょう。

 

・正しい叱り方を身につける

子供への叱り方って難しいですよね。ついカッときて頭ごなしに声を張り上げてしまって嫌悪感に駆られる方が多いですが、これでは子供は恐怖心を駆られるだけで何故怒られているのか理解できません。感情的にならず、子供の意見を聞くことから始め、ダメなことといけないことの区別を冷静に優しく教えてあげましょう。

 

・むやみに怒ったり、イライラしない

赤ちゃんや子供って、親の表情や感情を読み取るのがとても上手です。いつも怒ってばかりのお母さんなんて嫌ですよね。むやみに怒ったり、イライラせず、出来るだけ気持ちに余裕を持つように心がけましょう。イライラしそうなときは、ハーブティーでリラックスしてみたり、歌を歌う、深呼吸するなど工夫してみて。

 

・一人で悩まない

悩み事を溜めすぎるのはよくありません。悩んだときには誰かに相談をして心をすっきりさせましょう。誰かに話すだけでも心は軽くなりますよ。

 

4.育児の悩み誰に相談しているの?

育児の悩みはみなさん誰に相談をしているのでしょうか?誰に相談したらいいのか分からず、一人で悩みを抱えているママさん必見です。

 

・親

育児の悩みは、子育ての先輩でもある両親に相談するのが◎。話しやすい相手ですし、夜泣きのことやしつけのこと、ご飯のことなど手取り足取り教えてくれるのが助かりますよね。

孫も見られる嬉しさもあり、親身になってくれること間違いなしですが、口うるさくダメ出しをされることもしばしば…。また、夫婦間の問題は相談しにくいことも。

 

・ママ友

同じ悩みをもつママ友は多いですし、話しやすい存在の一人ではありますが、気づけば周りにも話が拡がっていたり、ネタにされることもなくはないので信頼できる相手をしっかり見極めることが重要です。

 

・旦那さん

教育のことやしつけのことなら、一番最初に旦那様に相談する方が多いのではないでしょうか?ですが、相談した結果、お互いの意見の不一致や育児に非協力的だと感じるなどの理由で喧嘩に発展することも少なくないのが現状です。

 

・ネット

ネットに相談するという方は、近年増加傾向にあります。多くの方が利用しているサイトなら同じ悩みを抱えることが多いですからママが集まるコミュニティサイトや掲示板、知恵袋やツイッターやインスタグラムなどのSNSも人気です。

気軽に相談出来ますし、匿名でOKなので手軽ですが、その分曖昧な情報も多いですから、注意は必要です。

 

・子育てホットライン

相談相手がいない方や頼れる人がいない人でも気軽相談が出来る支援センターや電話相談サービスも存在します。ネットで検索しても出てきますし、お住まいの各自治体に聞いてみるのも手。専門の先生や先輩ママからのアドバイスなどが聞けるので、ぜひ利用してみるのもいいですね。

 

5.既婚者だけの集まりを活用しよう

親には旦那のことは相談しにくい…。ママ友だと家の事情はあまり知られたくないし…。掲示板や知恵袋は相談しやすいけれど実際話をしたいと思うし…と悩んでしまっている方におすすめしたいのが、既婚者だけの集まりを利用すること。

既婚者限定なので、もちろんお子さんがいない方も中にはいらっしゃると思いますが、先輩ママや同年代ママの話をたくさん聞くチャンスです。単純にママだけが集まる会もありますが、今回ご紹介したいのは“既婚者合コン”です。

なんで育児の相談に合コンなの!?と思われる方も多いかと思いますが、ご安心を。女性だけでなく男性も参加できるため合コンと名付けれていますが、実際には既婚者のみ参加できる飲み会と言ったところです。

実際参加している方の目的の多くが、同じ立場の人に悩みを打ち明けたい・異性の意見も聞きたい・気晴らしなどの参加理由を持っています。男性と女性では考え方も物の捉え方も違いますから、男性の意見にも耳を傾けてみると意外といいものですよ。

先輩ママも多いので、友達に悩み相談をする感覚で相談できるのも嬉しいですし、匿名で参加できるため、自分の個人情報をみやみに教えなくて済むのがいいと人気です。たまにのストレス発散にも効果的なので、ぜひこの機会にいかがでしょうか?

ママの本音は友達にはタブー?噂の広がる危険性

ママになってからの自分

 

結婚してママになってあなたはどう変わりましたか?自分のペースで何でもこなしていたことが子供中心になり、夫との関係も男女からパパとママに変化しましたよね。毎日忙しくてあっという間に1日が終わりまた朝が来る、なんて日々を送っているのではないでしょうか?

ママになってからの自分は独身の頃とはまるで違っている、というのがほとんどのママが感じることですよね。今回は貴女は本音を話せる人がそばにいますか?というテーマで進めて行きたいと思います。

ママになって状況は様変わりしました。では昔のように心の内を聞いてくれる人は近くにいるでしょうか?環境も変わり悩みや愚痴も出て来る一方で聞いてくれる人を探すのは難しい。それ自体が多くの既婚女性が抱えている悩みといっても過言ではありません。子供のことや家族のことは迂闊に誰にでも相談できることではありません。

 

ママ友には言えないことの方が多い

 

ママになって子供のことで悩むことも多くなった今、同じ子供を持つママ友に話ができるかといえば何でも赤裸々に話ができる人がいないという現状。自分だけの悩みなら話もできるものが、躊躇してしまいますよね。

また、ママ友に相談できない理由がママ同士のつながりが強く、例えば自分の子が別の子に意地悪をされて困っているなんてことを相談してしまえば瞬く間に広がってしまう危険性がそれが原因で親子共に孤立してる、という話も聞きます。そうなると誰にも話が出来なくなり引きこもってしまう場合も。

他の子の相談ではなくても家庭の内情がそのまま話せるママ友もほとんどいないか、全くいないのが今のご時世。自分で考え自分で解決まで導かなければいけないというのは、家族がいながら孤独を感じてしまい辛いものです。

 

学生時代の友達はというと

 

ママ友で本音を打ち明けられる人はいないとなると学生時代の友人、ということになりますが結婚して子供もいる今、学生時代に共に過ごしてきた仲間は昔のように付き合えるでしょうか?その理由は彼らとは全く違った境遇になってしまったこと。

結婚しているものと独身、子供がいるのといないの違い、収入や生活レベルの違いなどで何となく距離を感じてしまうのです。中には近寄りがたくなってしまい会わなくなってしまった友人もいるはず。

昔は近い存在だったからこそ、今自分が持つ悩みが昔と違いすぎて話せなくなってしまうのです。

学生時代の友人はどうしても【昔】の自分で接しないとと思ってしまうもの。今の自分を見せたくない気持ちも働いしてしまうのもあるでしょう。今の自分と向き合ってくれる人が本当はベターなのです。

 

今の自分の本音が話せる人は

 

今の自分をありのまま話せる人が一番いいのですが、夫だとどうでしょうか。夫婦関係が上手く言っている場合悩みを打ち明ける相手は夫になります。しかし、大半の夫婦は本音を話し出すとつい口調も荒く我が強く出てしまい喧嘩になることも。この話は夫にはできないな、ということでふたをしてしまうのがほとんどではないでしょうか。

だからといって親兄弟に話せるでしょうか?やはり心配もかけたくないし口をつぐんでしまうものです。親兄弟だからこそ離せないことが積もり積もっているのが既婚女性、なのかもしれません。

そして会社の同僚や友人たち。なかなか本音を話せる人はいませんよね。そう考えると結局何でも話せる人はごく少数か誰一人としていないなんて女性も多いはず。今この時代に本音が話せる人がいないのは辛いですよね。

 

悩みや愚痴を使い分けて話せる人が必要

 

本音もそうですが、悩みや愚痴を聞いてくれる人もなかなかいないという既婚女性は少なくありません。ただ気心を知っているから悩みを打ち明けられるかといえば難しいもの。

特に人に対する愚痴は直接本人と接点を持たない人に打ち明けるのがベター。ママ友同士の項目でもお話ししましたが、どこで広がってしまうかわかりません。仕事関係の愚痴なら仕事で接点を持たない人、ママ友の問題なら同じ既婚で子供を持つ古くからの友人となります。

この話はあの人にはまずいけれどこの人なら話できそう、という使い分けが大切です。

ですが、カテゴライズできるまで人間関係が親密で複数人いるかといえば厳しいものです。しかも自分が吐露したことが広まらないためにも口の堅い人を選びたいですよね。

ただ仲がいいから気楽に話ができるから、だけで人を選ぶのは危険なことでもあります。

 

イマドキの本音を話せる人を探す方法

自分のリアルの人間関係で、そこまで話ができる人がいないという場合あなたならどうしますか?家族とも仕事とも接触のない人を探すのは難しいですよね。

かといってSNSで探すのは正直得体のしれない人だったり、性別や年齢を詐称していたりで信用は出来ません。ネット上に繰り広げられている言葉の綾は嘘も平気でまかり通りもの。ならば素性もはっきりしてて嘘のない場所で人と出会うという形が一番ベストです。

家族がいる周辺で仲良くなるというのはまた違って、こちらのバックグラウンドを知られずに話ができるというのは大きなメリットです。既婚女性も子供のことや家族のことなどなんのわだかまりも無く話せる時間があるのは、少し気が楽になるのではないでしょうか。

今はそういった飲み会サークル的なものも増えてきて静かなブームとなっているのです。イベントを主催している会社もしっかり本人確認をしてからの参加承認、という流れを徹底していて、男性女性同席ですが女性への失礼な言動があれば主催者側もしっかり対応してくれるということで、おひとりさまの女性でも安心して参加できるシステム。

しかも既婚者限定の合コンもあるので、一度扉を開けてみるといいのではと思います。

 

心に溜め込まないで

 

今このご時世、日々変化もあり心身ともに疲れることも多いもの。心に様々な悩みや愚痴をため込むのはストレス増加にもなりうること。ストレスを増やすことは非常に良くないことですし、心に沢山のものをため込むのも避けたほうがいいのです。

心に溜め込まないようにするには、思いっきり発散できる場所を作ることと本音が言える人を作ること。

そして何でも話ができる人は、何も昔からの付き合いのある人じゃなくてもいいのです。今のあなたのままで受け止めてくれる人がいればストレスも軽減されるでしょう。あなたをちゃんと見てくれる人がきっといるはずなのです。

今現在そんな人はいないし、夫にも話せないという人はぜひ同じ境遇の人が集まる場所を探してみて下さい。

 

まとめ

 

ママの本音は友達にはタブー!?という内容でご紹介してきましたがいかがでしたか?

子供のいるママが本音を話せる人を探すのは一苦労です。実際に誰にも聞いてもらえずに孤立していき最悪の結末になってしまうニュースも日々伝えられています。決してママ一人が悪いわけではありません。

もう少し心を開いて相談できる人がいれば違っていたかもしれない、なんていう後悔は悲しすぎます。

本音を打ち明ける人がいない、という時点で話せる人を探す行動を起こすというのは大切。独身の頃とは違い自分一人の範疇ではなくなっていく既婚世代。一人で何でも解決できるとは思わずにヘルプを出して、肩の荷をちょっと降ろせる場所を作るようにしましょう。

ストレス社会と言われて久しいですが、ぜひ外に出て違う空気を吸うという選択もあるのだと気づいてほしいと思います。

既婚女性が刺激を求める場所とは!?以外にも身近にあるあそこだった!

 

表向き貞淑な既婚女性でも

既婚女性はほかの男性にときめいたりしてはいけない、貞淑でなければならない。夫がいて子供がいる以上間違いは犯してはいけませんが、好みの男性がいても全く何の感情も湧いてはいけないというのはちょっと古い話。

ということで今回は、既婚女性が刺激を求めてやってくる場所が実は身近にあったという内容で書かせて頂こうと思います。

ここでお断りしておきますが、ここに来る女性全てが男性への下心を持って通っているわけではないこともご理解いただけたら、と思います。が見聞きした中で実際にあった場所だということも一言書かせて頂きます。

一番男性のちょっとした仕草に弱いのは実は貞淑な既婚女性です。え?と思われるかもしれませんが、経験がさほどなく自分は夫も子供もいるから、と無理やり自分で枷をはめている人ほど悩むもの。人というものはハマってはダメなものにほど傾倒してしまう性質があるのです。

ほとんどの既婚女性はそこで理性を働かせ、ほかの男性にドキドキするなんてみっともない・家族に申し訳ないという気持ちが湧いてそこで終わります。

が、一部の女性はなにかしらで枷が外れ、相手から声をかけられ又は自分から声をかけてしまい家族に内緒の関係に引き込まれてしまうのです。枷が外れるのは一般的に自分が弱いから・結局は自分勝手な行為と揶揄されます。

今ちまたで流行っている不倫ドラマも、そんな行為に落ちないような女性ばかりがメインになっています。自分をそこに重ねることで人気になっているとも言われており一般の既婚女性にも何かしら願望がある、と言えるのではないでしょうか。

 

スポーツジム

 

刺激を求めると言っても、いきなり家族にも誰にも言えない場所に行くのはリスクが伴いますので、意外にも身近な場所にある既婚女性が刺激を求めてしまう場所をご紹介したいと思います。

まずはスポーツジム。ジムは女性も男性も通いやすく今トレーニングが大ブームということもあり、大人気の場所です。と共に沢山の人が入れ代わり立ち代わりですので目立つことも無く怪しまれることがありません。

下心など全くない女性でもやはり男性のたくましい体のラインを見ると、素敵だなと思ってしまいますよね。スポーツジムの良いところは薄着の男性に近づいても変に思われないところ。体を鍛えたい女性も確かにいる一方で、男性と近づくチャンスとととらえている女性もいて、実際に不倫関係に発展することもあるのだとか。

確かに男性だけではなく女性も体のラインがはっきりわかるウェアを着用していますし、男性の目線も無きにしも非ず。刺激があるのは女性だけではないということですね。

 

テニススクール

最近既婚女性の間でも人気なのがテニススクールです。子供と一緒に通っている人もいて、健康のために通っている人も多いのがテニス。

体づくりのために通えるということもあり家族の許可も得やすいのがスポーツ系のスクールになります。健全なスポーツであり真面目に通っている人も多い中、一部の人の中では実際に不倫関係になることもあるのです。多くは男性コーチとスクールに通っている既婚女性。

スポーツジムと同じくある程度接近しても怪しまれることも無いので、普段のスクール内では気づかれにくいというのがあります。ただ女性というのは勘が鋭いもの。あれ?コーチと○○さんっておかしくない?という噂を立てられてしまうと大変なことに。リスクを考えると近い場所にあるテニススクール内での不倫関係は厳しいかもしれませんね。

英会話スクール

 

スポーツとは違いますが、家族からの信用も得られやすいのが英会話スクール。既婚者でも英語を勉強したいという向上心は持っていたいものです。知的で予習復習を欠かせない勉強系スクールは仕事をしている女性からも大人気。

女性もカッコよく素敵に見えるのと同時に、熱心に取り組んでいる男性の姿は既婚女性からすれば自分の夫と比較してしまいますよね。うちの夫は休みの日もダラダラ過ごしているのに○○さんは凄いな、という尊敬から惹かれていくという風に気持ちが高まっていくのです。

英会話スクールでの男女関係の発展は先生と生徒、というより生徒同士が多く聞かれ知り合いのいないスペースでの時間が距離を縮めていくのではないでしょうか。やはりご近所の人と出会いやすい場所では理性が働いても、ちょっとちょっと離れたところで知り合うというのが、既婚女性には刺激になると思われます。

スクールや教えてもらう場所へ出向く、ということでちょっと違う場所に身を置くのが、既婚女性の枷と理性と少し外していくのかもしれません。

 

自治会や学校のPTA

自治会や学校のPTAは自分から行くタイプの参加方法ではないのですが(半ば強制)、そこでも男女関係に発展しているのを聞くことがあります。ご近所関係で距離が近くSNSや別の場所に出かけることがない主婦が不倫にのめりこむというシナリオ。

活動の活発な地域なら週末の行事や平日夜の打ち合わせで顔を合わせることが多く、互いが励まし合い頑張っている姿を見て心の距離も縮んでいくということなのですね。

行事で張り切るご近所のパパが男として耳元で囁きかけるギャップと、そこから抜け出したいジレンマで苦しむ主婦は少なくないはず。

ただ見ての通りご近所ですので、発覚した時のリスクは計り知れません。役員同士のパパとママがW不倫に発展するというのは昔から実際にあり、双方の家族にばれてしまった結果どちらかが引っ越すというパターンも。スクール系もそうですがあまりに互いの家庭が見える場所での男女関係は危険極まりないもの。

 

垣根の低いところは心の垣根も低くなる

不思議なものですが、気軽に異性と接近できる垣根の低さは心の垣根も低くなるものなのです。比較的理由を付けて外にも出やすいところが決め手かもしれません。

怪しまれることも無く相手のことを知る場所は男女の垣根も低く、安易に男性を意識しやすいところ。特に毎日の生活で何か物足りない、刺激が欲しいと思っている女性にはうってつけともいえるのです。男を漁ると言葉は悪いですが、そういう既婚女性も確かにいて、周りの注意も聞けずに暴走してしまいがち。

素敵な男性にときめくことは悪いことではありませんが、特に自分やバックグラウンドの家族・会社などをよく知る人との関係が深まるのは高いリスクが伴うことを頭の隅に置いておかなければいけません。

家庭とは別の空間で楽しむという術もあるということを、ぜひ知っていただければと思います。

 

まとめ

既婚女性が刺激を求める場所について書かせていただきました。きっとどの人も足を運んだことはあると思いますが、男性と出会いやすい場所ともいえます。

一概にスポーツジムや自治会が不倫の温床になっているということではありませんが、表に出ないだけで水面下で実際に起こりやすい場所ということでご紹介しました。女性はいつまでもときめていたいもの、

既婚でもたまにはドキドキしたいものなのです。ただ、あまり近すぎるとそれだけリスキーだということも心に留めておかなければいけません。

危険を顧みず暴走してしまうのは、いけない恋が女性をのめり込ませているのが原因。危険がそこまで高くなく、ただ男性との出会いを楽しむなら既婚者限定の飲み会サークルと言うのもあります。怪しい団体が開催しているのではなく、れっきとした美味しいお店でイベントを催しているもの。

刺激が欲しいと思っている女性にはぜひ一度足を運んでいただきたい場所ですね。

夫婦関係に悩んでいない!?今日から始める“悩み別”セックスレス解消法

夫婦の悩みで、常に上位にランクインするのが“セックスレス問題”。

いくら長年連れ添っていた夫婦だと言っても、お互いが同じ気持ちでないと解消されない問題ですし、心の奥底に突き刺さる問題でもあるので、精神的負担も相当大きい悩みの一つだと思います。今回は、セックスレスにお悩みの方のためのセックスレス解消法をご紹介します。

 

1.セックスレス悩み体験談

まずはセックスレスにお悩みを抱えている方の体験談からご紹介します。悩んでいるのはあなただけではありません!!!

 

(S.Oさん 38歳女性)

30で結婚し、最初の数年はコンスタントに夜の営みがあったのですが、2人目を出産してからはまるっきりなくなりました。相手も同い年なので、正直まだまだ現役だと思うのですが…。誘ってもこっちが虚しいだけなので、誘えずにいますし、一緒にも寝ていないので、チャンスもありません。いつか話し合わないとな…とは思うのですが、反応が怖いです。

子供もいるので、主人を失いたくもないですし、誰にも言えず辛いです。

 

(M.Tさん 42歳女性)

夫婦仲は普通に良いと思いますが、もうここ何年も身体の付き合いはありません。

始めは私の方から育児の忙しさ故、断っていたんです。そのうちに誘われなくなって…。誘われなくなってから寂しいと言うのは、ずるいとは分かっているのですが心がぎゅっと締め付けられます。一度本気で誘ってみたのですが、機嫌取り?無理してると思われたようで断られてしまいました。今からでも、もう一度仲良くしたいです。

 

(N.Yさん 35歳女性)

なかなか子供ができず、病院に通いながら妊活をしていました。妊活中は愛のあるセックスではなく本当にお互い義務的な感じでした。

そんな生活を3年続けていたら、旦那の方が妊活に疲れてしまったようで、セックス中に勃たなくなってしまったのです。話し合い、子供は諦めることにしましたが、その後もセックスはなく。私もなんて声をかけたらいいのか分からず、夫婦仲もイマイチです・・・。

 

皆さんそれぞれ悩みを抱えていますね。

誰にも相談できるような内容でもないですし、いくら夫婦であっても相手に話をするのにそれなりに勇気がいりますよね。断られたときの心のダメージは大きいです。

今回はこんなセックスレスの悩みが少しでも軽くなるような解消法をお話していきます。

 

2.セックスレスの定義とは?

そもそもセックスレスの定義とはなんなのでしょうか?

日本性科学会が1994年に定義した内容によると「特別な理由がなく、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが1ヶ月以上ないこと」を指すようです。セクシャル・コンタクトとは、キスやペッティング、裸でのベッドインも含まれます。

 

1ヶ月と聞くと「仕事が多忙な人や出張が多い人なら1ヶ月くらい普通じゃない?」「1ヶ月に1回でもセックスレスラインなの?」と思う方も多いかもしれませんね。

ちょうど良いと感じるセックスの頻度は人それぞれですし、ご夫婦の生活によって様々ですからね。中には3ヶ月に1回しかセックスをしないけれど、子供もいるし実家暮らしだからこのくらいがちょうど良いペースだとご夫婦で感じているご家庭もあるでしょうし、反対に3週間に1回程度セックスしているけれど、付き合いたてに比べて減ったからと不満に感じる方もいるでしょうし、セックスレスの定義はあれども、セックスレスへの感じ方は、夫婦間でかなり違いがあるようです。

重要なのは、パートナーと気持ちにずれがないかです。自分だけ良くても相手が嫌ならそれは成り立ちません。逆に相手が良くても自分が嫌なら不満が溜まりますよね。夫婦の価値観が合っているか合っていないか、あなたのご家庭はどうですか?

 

3.そのセックスレス、いつでも解消できると思っていない?

実はセックスレス夫婦だとしても、セックスレスという問題を軽く見ている夫婦が多いのが現状です。仲が良いから、お互いがしたいと思ったときにはまたすぐ出来る!と思っているのです。

セックスは、メンタルがかなり影響する行為です。よくはじめてエッチをするときに緊張して勃たなかっただとか、気持ちが乗らないから濡れないと話を聞いたことがあるかと思います。ですから、例え夫婦仲が良くてもいざセックスをしようと思っても、スムーズにいかないことだってあります。それがきっかけでトラウマになってしまいセックスレスが深刻化してしまった話は、良く聞く話。

仲が良いから大丈夫ではなく、取り返しがつかなくなる前に改善・対策をすることが大切です。せめて定期的にキスやペッティング、裸でのベッドインなどの相手の身体に馴れ合う時間を作りましょう。

 

4.“悩み別”セックスレス解消法

ではここからは、本題のセックスレス解消法をご紹介していきます。

女性から断ったケースや男性が拒んでいるケースなど、状況は様々。それぞれのケースごとにご紹介していきます。

 

ケース①女性側がセックスが苦手(痛い・濡れにくい・気持ち良くない)な場合

セックスが苦手な女性は少なくありません。やはり濡れにくかったり、気持ちよさを感じなかったり、痛いという方の場合、セックスをしたくないと思うのは当然のこと。セックスが気持ち良いと思えたら、旦那様との仲ももっと深まりそうですよね♪

まず、痛みを感じる方や濡れにくい方は、精神的に緊張しているなどの原因が考えられます。お子さんが近くの部屋にいたり、同居生活をしていると気を使いながらのセックスになりますよね。ときには場所を変えてリラックスしながら、セックスしてみてはいかがですか?また、痛みを感じるときや濡れにくいときは、無理をせずにローションなどに頼って心の負担を軽くするのもおすすめ。ローションを使うことでマンネリ解消にもなりますからね!一度試しにどうでしょうか?

気持ち良くないことに関してですが、性的快感が少ないということですよね。旦那様側に原因がある場合は、やんわりと「ここがいい」「こうして」と素直に伝えてみましょう。また、抵抗はあるかもしれませんがマスターベーションをして感じやすい身体に自己開発することも感度アップには重要なこと。性に対して前向きにいきましょう。

 

ケース②相手から断られる場合

旦那様からセックスを断れるショックは、言葉には出来ないほどのショックです。

女性としての自信をなくしてはいませんか?まずは、原因をはっきりしましょう。男性の身体は意外とナイーブです。ストレスも女性よりも実は溜めやすいのも男性の特徴。

なにか悩みがないか、様子を見てみましょう。会社が多忙だったり、金銭的にトラブルを抱えていたりすると性欲も落ちます。そのときに女性側から誘われても気分が上がらないこともありますので、まずは悩みを一緒に解決することが大切です。

それ以外に理由がある場合は、異性としての魅力を感じないとか、子供がいると気分が上がらないとか、自分に自信がないなどの原因が考えられます。

日頃から女性らしさを意識させる・体型に気を使う・下着に力を入れる・二人でデートをして場所を帰るなどの工夫が必要です。まずはセックスまでいかなくても、相手を満足させることからはじめてみませんか?

 

ケース③相手がEDの場合

実はパートナーがEDで悩んでいる可能性もあります。男性としても深刻な悩みですが、女性側からしても「私のせい?」と自信を無くしてしまいますよね。

EDの原因は大きく分けて2種類。一つは身体的要因・2つ目は心理的要因です。

身体的要因は、病気が潜んでいる可能性や老化が関係します。老化が原因であれば一時的にバイアグラなどを使うことで対処は可能ですが病気の疑いがあるときは、やんわり病院へ行くことを勧めてください。心理的要因は、性行為がうまくいかなかったり、早漏などで性行為にトラウマを抱えている可能性や強いストレスなどの原因があります。無理にセックスをしようとするのではなく、相手に自信を持たせるように献身的にサポートしていきましょう。

 

ケース④お誘いを断り続けてしまった場合

相手からの誘いを断り続けた結果、もう誘われなくなったという方も多いと思います。

女性は、出産直後や子育てが忙しいとなかなかそういう気持ちにならず、つい断ってしまうこともありますからね。セックスレスを解消するためには、あなたの方から誘ってみましょう。「以前は断られた」という話になったら、逃げずに事情を話しして、わだかまりを解消することが重要です。時にはお酒のちからを借りて大胆に誘ってみるのも手です。

 

5.行動も大切だけど話し合うことも重要

先程セックスレス解消法をご紹介しましたが、行動よりも話し合いをすることも重要です。なぜなら、あなたがセックスレスだと感じていても、相手からしたらちょうど良いペースだと感じている可能性もあるからです。全くないのは別ですけどね…。

また、お子さんがいらっしゃる場合ですと、なかなかそういうムードになるのは難しく、セックスをしたいけれど誘えない…と我慢している場合だってあります。そんなとき話し合いを入れれば、お互いが同じ意見だと安心感が生まれるはずです。

意外とセックスレスって、話し合いで解決することだって多いのです。単純に意思の疎通が出来ていないだけ。行動するのも一つですが、まずはあなたの意思を相手に見せてみませんか?喜ぶ男性は多いはずですよ♪

 

既婚者合コンって不倫目的なの?不安な気持ちを解消する既婚者合コンの教え

数年前からじわじわ話題になっている“既婚者合コン

既婚者✕合コンというミスマッチな言葉が、世間一般には理解できないものでしたが、最近になって既婚者合コンの実態が明らかになり、世間の理解度も高まり、それに比例するかのように参加者も増えてきています。

とは言っても、いくら興味があってもなんとなくためらってしまう方が多いのも事実!そこで今回は、既婚者合コンに参加する前に見てほしい“既婚者合コンのあれこれ”をご紹介します。

 

1.既婚者合コンは、不倫希望者が多いの?

既婚者合コンをそのまま意味にすると、既婚者のみ参加できる合コンと解釈できますよね。

一般的に合コンは、異性の出会いの場ですから、合コンという言葉が入っていることで「参加しにくい」「浮気や不倫」「出会いを求めている」というイメージを持たれやすいですが、実際には合コンというよりは飲み会やパーティーの方が適していると思います。

イメージ的には、不倫や浮気を望んでいる男女が集まる会かもしれませんが、実際にはそういった目的よりも違う部分を求めて参加する方が多いのです。

確かに体目的や不倫・浮気目的の方も少なからずいると思いますが、単純に飲み会として利用する方の割合の方が多く、参加する前に抱いていた不安をしっかり取り除かれてお帰りになる方が多いのが既婚者合コンの特徴でもあります。

 

2.既婚者合コンに参加する側の目的

既婚者合コンに参加する人たちの目的が不倫や浮気などのグレーな部分を求めていないとしたら、どういった目的があって参加しているのか気になりますよね。

 

【既婚者合コンの参加理由】

・自分に自信をつけたい

・息抜きで異性と話がしたい

・子供の話や夫婦の話など既婚者共通の話題を話したい

・パートナーの悩み相談

・同じ悩みを抱えている人と話がしたい

・共通の趣味を共有したい

・異性の意見が聞きたい

 

上記のような参加理由が主です。

結婚してパートナーとの時間が長くなるにつれ、異性として見られないことに自信をなくされている方が男女ともに少なくありません。そこで、他の異性と触れ合うことで、自信を取り戻される方も多いですし、月に1度の気晴らしとして参加される方もいます。

また、子供の話やパートナーの話、結婚後の変化など既婚者でしか分かり合えない内容もありますし、家庭内の話は、知り合いや同僚には話しにくいですから、知らない間柄同士の方が話しやすいですよね。そういった個人的な相談の場に使っている方もいらっしゃいます。

このように「自分と似ている人と話がしたい」「理解し合いたい」と思う方も、参加されています。

 

3.既婚者合コン参加女性の体験談集めました

もともとは、既婚者合コンという集まりに不信感を抱いていた方の既婚者合コン参加エピソードをまとめてみました。

 

M.Kさん 30代女性

数年前に旦那に浮気をされた経験があり、既婚者合コンという集まりを知った時にまるで不倫や浮気を促進する会のような集まりだと偏見を持っていました。

しかし、仲の良いママ友に誘われ、断りきれず無理やり参加したところ、本当にただの飲み会だと知りました。

中には、不貞行為を目的にした人もいるようですが、私が参加した既婚者合コンではそのような人はいなく、男性の方も誠実な方ばかりで、家庭の悩みなどで盛り上がる程度でした。

それからは、自分の悩みを解消する場として数ヶ月に1回のペースで参加し、過去のトラウマからも開放されそうです。旦那の理解も得られているので、家庭も円満な方向に向かっています。こういった集まりも悪くないのだと知りました。

 

S.Oさん 40代女性

旦那とはすでに長い付き合いで、トキメキもなく、おしゃれをしても褒めてくれる人もいなく、女性としての自信も消え失せようとしていたところに、既婚者合コンという集まりを知りました。

企業さんも大手だったので、ちょっとした日常の変化になればと思って参加。始めは怖かったですが、しっかり運営さん側のサポートもあり、楽しめました。

今では既婚者合コンで知り合った方々と、数ヶ月に1度ホームパーティやBBQをやっています。地元を離れてから、特に仲の良い友人がいなかったのですが、この年になりやっと友達付き合いが出来るようになり、毎日が楽しくなりました。既婚者合コンという名前柄、怪しい印象ですが、参加してみるのも手だと思います。

 

Y.Tさん 50代女性

出来れば旦那の愚痴って周りの友達には話したくなくて…でも自分の悩みも聞いてほしいってヤキモキしていました。そんなときに既婚者合コンというものを知り、体験談を見ていたら意外と楽しそう!?と思い、お酒が好きで、時間も昼間だったのもあり参加。

てっきり、異性で話をして気が合えば…みたいな流れかと思ったら、友達と集まっているような感覚で盛り上がれて、楽しかったです。

女性同士でもお話が出来るので、たくさん旦那の愚痴も話ししちゃいました。聞いてみたらみなさん私のような目的をお持ちだったようで…良い集まり見つけました。

 

4.既婚者合コンの持ち物と服装は?

何事もはじめてだと、不安になるのは当たり前です。持ち物や服装だって、不安になるのも当然!気になる服装や持ち物についてお話していきます。

まず服装ですが、基本的に決まりがないことの方が多いです。

ただし、集まりによってはドレスコードが用意されている場合もあるので、ご自身が参加する飲み会の概要をしっかり確認することが重要です。不安な方は運営側に一度確認する方が安心ですね。

基本的に女性は、ワンピースなど華やかな服装で参加される方が多い印象です。

ドレスまではいかないですが、ある程度は着飾った方が浮かずに済みます。もちろんパンツスタイルも大歓迎です。

一方で男性は、フォーマルな服装の方やスーツスタイルの方が多いです。仕事の合間に参加される方もいらっしゃいますからね(笑)

持ち物に関してですが、参加費のみでOKなことがほとんどです。中には身分を確認する場合もあるので、身分証明書も持参するとスマートです。堅苦しい会ではありませんので、構えなくて大丈夫ですよ。

 

5.既婚者合コンを通して結婚生活が良くなった人急増

ここまで既婚者合コンのお話をしてきて、みなさんが始めに思っていた既婚者合コンのイメージとは違うと思っていただけましたか?

名前は理解しがたいかもしれませんが、実際は普通の飲み会といった感覚。ただ、参加するにあたって、みなさんパートナーの存在が気になることと思います。

「相手に悪いことしているみたい…」「参加した後普通に過ごせる自信がない」そう考え込んでしまう方が多いのですが、実は参加した方の多くが、既婚者合コンに参加をしたことで結婚生活の改善が見られたと答えるのです。

参加したことで「ご自身の悩みから開放された」や「気晴らしの場ができた」「パートナーの良さを再度実感することが出来た」など喜びの声が多いです。確かに心に余裕が出来ると、パートナーに対する行動一つまで変わってきますよね♪

 

既婚者合コンという言葉から悪いことという誤った認識をされている方はたくさんいらっしゃいますが、実際はそうではなく、息抜きや悩み解消という方がたくさんいらっしゃいます。

良くするのも悪くするのも、自分次第!参加に迷われていた方はぜひこの機会にいかがでしょうか?

既婚者が合コンで盛り上がるコツとは

既婚者が合コンで盛り上がるには、どうしたらいいのでしょうか。既婚で合コンに参加をしている…と思い、引け目に感じてしまう人も。

では今回は、既婚者が合コンで盛り上がるコツについて、お伝えしていきますね。

 

既婚者同士の合コンに参加をする

独身の人が多い合コンに参加をすると、遠慮をしてしまう気持ちも出てくるもの。でも既婚者同士の合コンなら、同じ立場だと思うため親近感がわくのです。

 

既婚者同士だから話せる内容も

既婚者同士だからこそ、話していて楽しいと思える内容もありますよね。独身の人に対しては、少し話しにくいと思うようなことも。

でも既婚者同士だと思うと、気軽に話せるので楽だと思う人もいるのです。悩んでいるような内容についても、既婚者同士の方が話しやすいと思う人もいるでしょう。

独身の人に対しては、合わせなければいけないので疲れる…と思う気持ちもあるのです。でも既婚者同士なら、このように思う必要はありません。

普段から話したいと思っていた内容を、楽しく話せる場合が多いでしょう。

 

相手の話にも興味がもてる

こちらからの話だけではなくて、相手の話についても聞いてみるようにすると、なるほどと思えるような内容もあるでしょう。

情報交換をするのも可能なのです。既婚者が悩みについてどのように解決をしたのか、これを聞いてみたい気持ちもありますよね。

でも職場などでは聞けない…と思う気持ちも。でも既婚者同士の合コンならこれを聞くことができるでしょう。

良いヒントを得られるケースもあるので、既婚者の人の話についても聞くようにしてみたいですね。

 

既婚者であることを一時期的に忘れてみる

真面目な人には難しいかもしれませんが、一時的に既婚者である現実から離れてみましょう。こうするようにすると、合コンを楽しめる場合もあるのです。

 

羽目をはずしすぎないように

既婚者ではないと自分に言い聞かせて、その場を楽しむとしても羽目をはずしすぎないようにするのが必要です。

羽目をはずしたい思いはあるかもしれませんが、自分自身が後で後悔をするようなことにはなりたくないですよね。

大人として、周りに迷惑をかけるのもNGです。自分が楽しければいいと思うのではなくて、皆で楽しもう!と思う気持ちを持つのが大切に。

こうすれば、合コンを楽しんで盛り上げるのもできるでしょう。自分だけのための合コンではなくて、皆のための合コンだと思うようにすれば、自然に楽しめるはずです。

 

周りの様子を見てみる

周りが楽しんでいないように感じたら、声を掛けてみるのもいいですね。ムードメーカー的な役割は、合コンではとても必要とされるもの。

今日だけは、独身に戻ったつもりで皆を楽しませる側に回ってみるのも良いかもしれません。

周りを楽しませることができたと思うと、とても充実した合コンになる可能性があるのです。

自分だけが楽しもうと思っていると、合コンがなんとなく楽しめないケースも。でも周りも一緒に楽しみたいと思うと、合コンはとても盛り上がりやすいでしょう。

 

お酒の飲み方について

合コンと言えば、お酒を飲むことが多いですよね。お酒の飲み方によっても合コンが楽しめるかどうかが変わってくるのです。既婚者が合コンを楽しむためのお酒の飲み方とは?

 

ほろ酔いがベスト

ほろ酔いで過ごすのが、一番楽しいと思う人が多いでしょう。お酒が全然入っていない、もしくは飲みすぎてしまうと、ほろ酔いの楽しさがわからないもの。

でもほろ酔いは、心地よいくらいの酔い方なので、できるだけ目指してみるようにしましょう。今日は疲れていると思う日は、お酒に酔いやすい傾向があります。

このため、こういう日にはあまりお酒を飲まずにゆっくりと楽しむ程度にしてみましょう。自然にほろ酔いの自分を、感じられるはずです。

 

飲みすぎてしまった時は

もしかしたら飲みすぎかな…と思った時には、このまま飲み続けずにソフトドリンクなどに替えるようにしてみましょう。

ソフトドリンクに替えたからといって、その場の空気が悪くなるようなことはありません。お酒が弱いフリをするのも、ひとつの方法です。

「緊張して、飲みすぎちゃいました」と周りに伝えると、理解をしてもらえる場合もあるでしょう。

お酒が辛いな…と思いながら合コンで時間を過ごすと、合コンを楽しめないですよね。それよりも、一時的に自分で調整をする必要があるのです。調整をしたうえで、合コンを楽しむようにしてみましょう。

 

先に食べ物を食べてから

空腹のままお酒を飲むと、どうしても酔いやすくなります。しかも楽しく酔えない場合が多いでしょう。

楽しく酔うためには、お酒を飲む前に先に食べ物を少し食べておいた方が良いですね。おつまみを先に食べてからお酒を飲むようにすると、ちょうど良い酔い方ができるのです。

先に食べ物を食べておくようにすれば、落ち着いて合コンを楽しめる場合もあるでしょう。ひとまずお酒から…と、先にお酒を飲まないように意識してみましょう。

 

異性とのやりとりが苦手な場合

異性とのやりとりがあまり得意ではない…と思う人は、合コンを楽しめない傾向があります。この場合には、どうしたらいいのでしょうか。

 

まずは同性と話すようにする

場に馴染むために、同性と話すようにしてみましょう。場の雰囲気に慣れたら異性と話すようにすると、気持ちが楽になります。

同性と話しているうちに、そこに異性が集まってくるような場合もあるでしょう。まずは同性と仲良くしてみるのもひとつの方法に。

 

全体を把握するようにする

場に馴染むためにも、全体を把握するようにしてみましょう。把握をすると、その場にいやすくなるもの。

そして、異性とも話しやすくなるのです。全体を把握していないので緊張が増すようなこともあるでしょう。

全体を把握してから、異性とのやり取りをしてみると既婚者も合コンを楽しめるのです。

 

まとめ

既婚者が合コンで盛り上がるためには、あまり無理をせずに場の空気を楽しむようにしてみましょう。

その人により、合コンの楽しみ方は違うもの。でも飲み会の雰囲気を楽しむようにすると、合コンは、もっと気楽なものになるのです。

こうでなければいけないという思いを持たずに、深呼吸をして「楽しめればいいな…」と思いながら、自分らしく過ごしてみましょう。

夫婦生活に倦怠期が来る!?危機を乗り越えるコツ

 

夫婦によって違う倦怠期の時期

倦怠期の時期というのは夫婦によって全く違っており、早い夫婦で結婚して間がない時期、遅い夫婦だと子供が手を離れて夫婦二人になった時と様々。

倦怠期自体も感じる夫婦と感じない夫婦がいるのですが、大なり小なり夫婦間には相手に対して不平不満を感じるのが当たり前になっています。それが肥大化して相手のために何かをすることが億劫になりケンカに発展するのが倦怠期なのです。

そんな時期が結婚して間がない時に現れると、なんで結婚したのかと悔やんでしまうことにもなりかねません。遅かれ早かれやってくる夫婦生活の倦怠期を乗り越えるコツを、今回はご紹介していきたいと思います。

 

なぜ倦怠期があるのか

まず、なぜ夫婦間に倦怠期があるのかということですが、生まれて夫や妻と出会う前までの環境を覆すほどの生活環境が変わることがまず第一のきっかけ。もう一つは個々人の考え方や価値観の違いがあり、お互いが対等で譲れないというのも倦怠期に陥る原因になります。

倦怠期の時期について書かせていただきましたが、早い時期に倦怠期が訪れる夫婦は生活環境が変わったことへの戸惑いと、相手が自分の思うように動いてくれないことへのジレンマが抜けきれないことが大きいのです。そして遅い時期に倦怠期を経験する夫婦は、結婚して子供が生まれ互いの考え方に差を感じるようになり、意見を譲り合うということが出来なくなってしまったことから感じるもの。

それぞれに倦怠期に陥る理由がはっきりと分かれているのです。

どの時期に感じる倦怠期にも共通するのは、夫婦二人ともが相手の意見にカチンとくることが多く譲れないことです。相手の意見も聞きながら自分の考えを話し合えたらいいでのすが、夫婦だからこそ難しい面も。

ましてどちらかが我慢すればいいというものではなく押さえつけられたら押さえられたで、結果熟年離婚という、一番最悪な結末になるということもあります。できれば倦怠期で済んでのちに笑い話になるような夫婦になるのが理想でしょう。

ただ倦怠期に限って言えば相手のことが嫌いになったわけではないので改善の余地はあります。

 

思っていたのとは違う理想と現実

倦怠期が起こる、または感じる原因として互いに譲れない部分が多いことを書かせていただきました。と同時に結婚や子育て、家庭のことに至るまである程度抱いていた理想というものがあると思います。

結婚生活に抱くイメージを理想と考え、実際その通りになるように頑張ろうとする。しかし理想とは違う生活に対するギャップ。頑張っているからこそ、心身共に疲れてしまい夫婦間にも疲れが表れてしまうのです。

理想のようにはいかないと頭ではわかっていて、事実思い通りにならないことがたくさん。相手がいることなので仕方がないのですが次第に口調も強くなったり荒くなったり。

夫婦という近すぎる関係だからこそ小さなことから大きな問題になってしまうのが、この倦怠期なのです。

誰もが持つ夫婦生活の理想と現実、また二人でいるのが窮屈で話をするのもしんどいと思ってしまう倦怠期を乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか。

 

普段からため込みすぎない

結婚生活を営む夫婦にはほぼやってくる倦怠期。この倦怠期を乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか。まずは普段から思っていること言いたいことをため込まないというのが大切でしょう。

始めは小さなことからかもしれませんし、言っても直してくれないだろうという諦めもあるかもしれませんが、ことが小さなうちに相手に伝えるように心がけましょう。

また、伝える時は言い合いではなく、自分はこう思うけれどあなたの意見を聞きたいということを相手に伝えるようにしましょう。言葉尻が喧嘩腰になってしまうと余計にギクシャクしてしまいますし、相手の言葉も入ってこなくなります。女性は言葉がキツクなる傾向があるので溜めないで伝えるのでもひと呼吸おいて伝えましょう。

男性は特に、言わなくてもわかるだろうというのは身勝手な言い訳なので、まず自分への意見を聞き自分が考えていることをちゃんと伝えるようにするといいですね。

 

相手を自分の理想に当てはめない

ついつい小言のように言ってしまう時は、大概が相手を自分の理想に当てはめてしまっている時です。人によってキャパも違いますし強い口調で言われてしまうと反発する心が湧いてしまいます。

相手に理想を当てはめるというのは、相手に期待しすぎるともいえます。不満をぶつけそうになった時は、相手の許容量を越えるような要求をしているんじゃないかと考えてみましょう。とはいえ、自分一人で抱え込んでしまうのはよくありません。倦怠期を乗り越えるのに必要なのは夫婦での会話ですので、自分がどしても我慢できなくなったことなどはちゃんと話をしてみるのが賢明です。

話を聞いてくれない夫や、要求ばかりする妻に頭を抱える人は多いとは思いますが、夫婦はできることできないことのバランスを把握していたら案外上手くいくことも多いもの。やはりお互いに歩み寄るというのは非常に大切なことですので、ちょっと理想を押し付けてしまいがちな夫婦関係を打ち明けられたらとてもいい夫婦関係に発展するのではないでしょうか。

 

お互いの時間を尊重する

倦怠期に入る夫婦に大切なこと、それはお互いの時間を尊重すること。倦怠期だからこそ常に一緒にいて、というのは大きな間違い。相手の嫌なところもダイレクトに見えちゃうのは悪循環意外何物でもないです(笑)

共有できる趣味があるときはその時だけは一緒に楽しんで、別々のところにも自分の居場所を抑えておくのが夫婦関係悪化を防ぐいい方法でもあるのです。夫婦というのは子供が巣立っても続いていく関係ですよね。その夫婦間で亀裂が入ってしまった時に逃げ場所が無いというのは、夫婦というのを客観的に考える場所が無いということ。

ずっと当事者で居なければならないというのは心身共に疲労するのは間違いないので、家庭の中だけで動くのは自分を壊しかねません。

本音を話し合える友達を作っておく、家庭や仕事とは違うところで人と出会える場所を用意しておくとそこに行くことで自分を取り戻すことも出来るのです。今では大人ばかりのサークルなどもあるので、全く知らない場所に飛び込んで疲れをいやすことも出来るのではないでしょうか。

夫婦で協力してしなければいけないコトが沢山ある一方で、個々で時間を作り個々で楽しむ場所を作ることでまた家庭に帰った時に新鮮な気持ちで家族に接することができるのです。

まとめ

 

今回は夫婦に訪れる倦怠期を乗り切るコツをご紹介しました。夫や妻からのDVではなく夫婦関係に気だるさを感じているレベルなら今回ご紹介した内容で十分改善できます。

ただ、これが相手からの激しい束縛やそれこそ暴力が含まれているようでしたら全く変わってきます。倦怠期は相手に恐怖や諦めは無く、どうにかして相手と話し合うことができる状況です。でも完全に恐怖を感じ相手に何も言えない関係なら夫婦だけで修復しようとせずに第三者に入ってきてもらうのが賢明でしょう。

倦怠期の夫婦間のずれは互いに話し合う時間をなるべく作るようにして、あえて夫婦別々の時間も作るというのが乗り越えるカギとなります。いつまでも新鮮な気持ちで夫婦が向き合えると、良い夫婦関係が長く続くというもの。倦怠期をいい意味で夫婦を見直すきっかけとして、二人でぜひ乗り越えてみませんか?

 

たまには夫婦でデートをしよう|出会いを思い出すデートテクとスポット

ご主人とデート、定期的にされていますか?

お子さんがいらっしゃる方ですと、なかなか二人で外出する時間を作るのが大変かと思いますが、二人っきりのデートは夫婦円満には必要不可欠です♡

そこで今回は、夫婦でデートをするメリットから始まり、デートを成功させる準備やデートテクニックをご紹介します。

 

1.夫婦でデートをするメリット

まずは夫婦でデートをするメリットからご紹介していきましょう♪

・マンネリ解消

どうしても長年、一緒にいるとマンネリしがちになってしまうもの。定期的にお出かけをしていないとなおさらですよね。長年生活していると、生活スタイルやルーティンが決まってきてしまいますからね。二人でデートをすることで、恋人同士に戻ったような気持ちになりマンネリ解消に効果的です。

 

・お互い異性として見れる

お子さんがいると呼び方も「パパ」「ママ」と呼び合うことも多いでしょうし、オシャレをして出かける機会もないですよね。たまにのデートでメイクや服装もばっちり決めて、女性としての姿を見せつけてやりましょう!もちろん旦那さんのいつもとは違う素敵な姿を見られるチャンスでもありますしね♪

 

・スキンシップが取れる

手を繋いだり、ゆっくり目と目を見て話をする機会って減りますが、二人っきりのデートなら手を繋ぎたいときに繋ぐことが出来ますし、ホテルや日帰り温泉も行くことが可能ですよね。子供がいるからイチャイチャできないとお悩みの方にとてもおすすめです。

 

・トキメキが得られる

家族として馴染んできたからこそ、二人きりでデートとなるとドキドキするもの。まるで付き合いたてのように、隣にいるだけでソワソワ・ドキドキしちゃうかも!?思い出の地を訪れるのも◎。

 

・リフレッシュして喧嘩減少

愛する我が子でも、ストレスが溜まるときだって少なからずあると思います。だからこそ、ゆっくり羽を伸ばしてリフレッシュする時間が必要不可欠。イライラして喧嘩しがちなご夫婦でも、リフレッシュして気分転換することで喧嘩減少にも繋がります。

 

・ゆっくり話が出来る

夜、旦那さんが帰ってくるのが遅い場合、なかなか話をする時間が取れないですよね。休日は子供もいるし、あまり深い内容は…なんてザラ。でも、子供の教育についてや両親の介護の件、老後の話や家のローンなど避けては通れない話は山積み。最近話しが出来ていないな…というときはゆっくりデートで時間を取りましょう。

 

2.夫婦デートは事前準備が大切

夫婦デート、いつでも自由に出来るわけではないですよね。

お互いの仕事の日程や子供の行事ごとなど日程調整もです大変ですし、お子さんを見てもらう必要だってあります。夫婦デートを成功させるためには事前準備が大切!これは気にしておくべきというポイントを6つご紹介します。

 

①子供を見ててもらう約束をする

一番大切なのが、お子様を預かっていてくれる方の確保です。

子供が学校へ行ってから帰ってくるまでだと、久しぶりのデートとしてはちょっと物足りないかも!?シッターさんや学童、両親、友人など信頼できる人に事前にお願いしておきましょう。また、お子さんが不安にならないようにお話しておくことも忘れずに。

 

②デート代を溜めておく

いざ、デートの日に金欠…だなんて悲しいですよね。

前もってデート貯金をしておくと、家計を圧迫することなく楽しめるのでおすすめです。旦那さんに期待しなくても済むので、気持ち的にも楽ですしね(笑)

 

③服装や髪型を決めておく

お出かけ前の女性のメイクや服を選ぶ時間が長いのが嫌だと答える男性って凄く多いです。中には待つぐらいなら出かけたくないと答える人もいるほど。

男性は女性に比べて準備が短いですし、女性側の乙女心を理解するのは難しいですからね。だからこそ旦那さんの気分を損ねないために前日には服装とアクセサリー、髪型くらいは決めておきましょう。ただしどんなものを着るのかは内密に♡

 

④行く場所も目星をつけておく

限られた時間でのデートになりますから、行く場所は出来れば決めておくのがベター。定休日や営業時間もありますからね!サクッと回って、貴重な時間を無駄にしないようにしましょう。

 

⑤携帯の充電がなくならないように

お子さんの具合がデートの途中で悪くなったときなどの非常事態に備えて、携帯の電源がなくならないように注意しましょう。充電バッテリーなどがあると便利です。

 

⑥無駄毛の処理

もしものために無駄毛の処理もしておくのがベスト。そんなはずないと思っても、意外と男性は二人のデートとなると変わる人もいますからね!男性をがっかりしないためにも無駄毛は必ずチェックして。更に欲を言えばセクシーな下着があると尚良し。

 

3.夫婦デートにおすすめのスポット6選

せっかくのデートですから、普段子供がいたら行けないな…出来ないな…というスポットに足を運んでみましょう!

 

・付き合っていたときによく訪れていた場所

家族での思い出の場所はこれからたくさん増えていきますが、二人が付き合い始めた頃や付き合ったときの思い出はこれからも変わらないかけがえのないもの。

初心を取り戻すにも最適な場所なので、ぜひ付き合っていたころの思い出の地に足を運んでみてはいかがでしょうか?自然と温かい気持ちになりますよ♪

 

・落ち着いたレストランやホテルで食事

どうしてもお子さんがいると、落ち着いたお店って入りにくいですよね。せっかくのデートですから、いつも入らないような素敵なレストランやホテルでお食事をされてみてはいかがでしょうか?ドキドキ感も味わえますし、異性としての感情が芽生えそう。

 

・美術館やクラシックコンサート

せっかくですから、美術に触れるのも大人のデートで素敵ですよね。子供の頃思い描いていたようなデートを、今からはじめてみては?興味がない方も新たな趣味の発掘にもおすすめです。

 

・ライブ

お互い共通の好きなバンドやアーティストがいるなら、ライブに参戦するのも素敵!ぎゃーぎゃー思いっきり騒げますし、ストレス発散にも◎。お互いやっぱり気が合うな…と幸せな気持ちにさせられるかも!!

 

・プラネタリウム

忙しい毎日から離れて、ゆっくり星空を眺めてリラックスしてみませんか?とてもロマンティックなので、デートに最適なスポットです。

 

・日帰り温泉

日帰り温泉でも、まるで旅行に来たかのような特別な感覚を得ることが出来ますよね。

家族で来るのとはまた違って、贅沢で濃密な時間を過ごせそう。毎日忙しい旦那様の心も癒やされること間違いなし。

 

4.出会った頃を思い出させるデートテクニック

せっかくのデートですから、出会った当時のことを思い出させて昔の二人に戻ってみませんか?忘れかけていた想いが蘇って、夫婦円満のきっかけに。

 

・名前で呼び合う

いつもママやパパと呼び合っている方はぜひ試してみてください。名前を呼ばれるだけでドキドキしちゃうかも!?

 

・婚約指輪を付ける

普段、婚約指輪はなかなかつけないですよね。男性は送ったプレゼントを大切に閉まっておかれるよりも、積極的に付けてもらった方が喜ぶので、デートのときには婚約指輪もしくは今まで貰ったアクセサリーなどを付けることをおすすめします。

 

・当時の香水を付ける

ニオイって嗅いだだけで、その当時の事が鮮明に思い出すくらいの威力があります。ですから、当時つけていた香水を付けてデートしてみませんか?

 

・お礼をしっかり伝える

付き合っていたころはデートの終わりにしっかりとお礼をしていたかと思います。結婚すると懐も一緒だからとお礼がおざなりになりがちですが、しっかりお礼をしましょう。後日メールや手紙をしても素敵。

 

5.デートで円満!?夫婦デート体験談

さて、夫婦デートの流れやポイントを掴めたところで、夫婦デートで円満状態をキープしているご夫婦の実体験をご紹介します。

 

【53歳 Aさん】

私たち夫婦は、結婚記念日には必ず二人で出かけますし、時間が合えばそれ以外でも映画を見たり、ランチを食べたりしています。周りからはとても幸せだね~ラブラブ!と良く言われますよ。

やはり心に余裕があれば、相手にも優しくできますし、自然と表情も柔らかくなりますよね。喜ばせてくれる旦那のおかげで、この年でも綺麗でいたいと心から思えるのです。

 

【48歳 Mさん】

子供が出来てからデートなんて全くしていませんでした。仕事が忙しい旦那は、あまり家にはいませんので、もはや好きという感情すら分からなくなっていたくらいです(笑)

子供たちが二人とも高校生になり、気を使ってくれたのか、夫婦旅行をバイト代でプレゼントしてくれました。子供たちからのプレゼントですし、二人で出かけることに。二人でなんて18年以上ぶりで…それなりに緊張もしましたが、出かけてから数時間後には昔みたいに笑い合っていました。やっぱり二人だけの時間って大切なのだと改めて実感。特に普段時間がない夫婦こそ必要だと思います。

 

【35歳 Nさん】

出来るだけ月に1度は旦那とデートをしています。ストレスをためることなく育児に家事に仕事をこなせていると思っています。旦那との時間も取れるので、夫婦円満でもあるとも思いますしね。

以前はお互い時間がなく、顔を合わせてもピリピリしてました。子供にも雰囲気って伝わりますし、よくないと思いましたので、まずは夫婦仲を良くする努力をしました。今では月1のデートが楽しみで仕方ないですし、子供も冷やかしてくるくらい(笑)楽しい毎日です。

 

デートをしているご夫婦は、基本的に仲良しさんばかりですよね。

家にこもっているよりもずっとストレス発散にもなりますし、夫婦仲も深まりますので、ぜひ数ヶ月に1度、もしくは1年に1度でもデートの時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

既婚者合コンで美活@綺麗でいるために恋は必要不可欠!?綺麗をキープして女度アップ

出来ることならいくつになっても美しさをキープし続けたいのが乙女心。若い頃はメイクや髪型、服装で着飾ることが出来ますが、年齢が上がるにつれ、飾りだけでは補えなくなってきますし、肌や体型の崩れが気になる方も多いのでは?

綺麗でいようと心がけることにより、いくつになっても“女”としての自信を失わず、輝き続けている方が多いですし、旦那さんとも円満な方が多いよう!そこで今回は、綺麗でいることのメリットを始め、綺麗をキープするためのあれこれをご紹介します。

 

1.綺麗でいることのメリットは!?夫婦円満にも?

まず、いくつになっても綺麗でいることで、どんなメリットがあるのかご紹介していきましょう。

 

・女性として扱われやすい

・自分に自信がもてる

・服装に困らない

・仕事に有利になることもある

・褒められる

・旦那さんの鼻が高い

・夫婦関係が円満

・セックスレスになりにくい

 

人それぞれですし、必ずとは言い切れませんが、上記のようなメリットが考えられます。

年を重ねるとどうしても「オバサン」と呼ばれ扱われるようになりますが、オバサンと呼ばれにくくなりますし、女性として扱われる機会も増えます。美容関係の仕事をされている方ですと、やはり綺麗な方から言われた方が説得力がありますので売上にも繋がりやすいのではないでしょうか?また、体型に気を使っていれば、服も困らないですし、自分にある程度自信が持てますよね。なにより、綺麗で居続けようと努力をされている方の多くが、旦那さんと結婚生活が円満だという方も多いようです。

女性よりも男性の方が、女性の結婚後の体型変化に厳しいですからね。奥様がいつまでも綺麗なスタイルを保っているとやっぱり男性からしたら嬉しいものです。体型もキープして下着などにも気を配ることでセックスレス回避も十分期待が出来ます。

 

2.いくつになっても綺麗な人が実践している6つのこと

綺麗になりたい!と思っても、やはり年齢には逆らえないもの…。でも、意外と毎日の習慣で美は作れるものです。誰でも今日から実践できる綺麗のために実践できること6つご紹介します。

 

①メイクよりもスキンケアに力を

メイクは女性にとって魔法のような特別なものですが、どうしてもアラを隠そうとすると厚化粧になりがち。シワはなかなかメイクでは隠せないですから、スキンケアを頑張って綺麗な素肌を作るのが美の鉄則。お風呂上がりはすぐスキンケアをしましょう。また、乳液で終わりにする方が多いですが、しっかりクリームも塗ってあげて、肌状態によってはフェイスマスクや美容液もプラスするといいですね。

 

②日焼け止めは年中無休

紫外線って凄くお肌に悪影響なんです。紫外線を浴びる量によって、将来のお肌は変わってくると言われるほど!また、紫外線は夏場だけでなく、春夏秋冬、天気問わず降り注いでいますので、できるだけ日やけ止めは毎日塗ることをおすすめします。

 

③シャワーではなく湯船

現代人はシャワー派の方が多いようですが、入浴することで嬉しいメリットはたくさんあります。ストレス解消や疲労回復にもなりますし、他にも血行促進やむくみ解消などの美容に関する効果も期待が出来るようですよ。血行が悪く、むくんでいる状態では痩せにくいです。出来るだけ毎日湯船に入って体質改善しましょう。

 

④鏡としっかり向き合う

自分の身体をしっかり鏡で見ていますか?モデルさんやいくつになってもスタイルをキープしている方は裸になって自分の身体の変化をこまめにチェックしている方が多いようです。太ってからのダイエットは難しいですが、太る前ならちょっとした食事制限や運動で取り戻せますからね。体重計よりも体型をチェックすることが大切ですね。

 

⑤バランス良く食事を摂る

人の身体は食から成り立っています。ですので、栄養をバランス良く補うことも美には必要不可欠。健康でいることが真の美に繋がりますし、栄養が足りずガリガリに痩せてしまうと、ハリがなくなり、肌がたるみ、こけることで老けてみえがちですので、健康的なシルエットを目指しましょう。

 

⑥身体を冷やさない

身体が冷えていると血液の循環が悪く、むくみや血行不良などの症状を引き起こす可能性が高くなります。見えない場所にカイロをつけたり、腹巻きもおすすめです。また、飲み物は出来るだけ温かいものがおすすめ。

 

綺麗のために実践してほしいことを6つご紹介しましたが、重要なのは見た目だけではありません。内面や立ち居振る舞いも大切なので、そこも忘れないよう内面磨きも大切ですよ♡

 

3.綺麗でいるためには恋は必要不可欠

女性は恋をすると綺麗になると聞いたことがありませんか?

確かに恋をしている人を見ると、目もキラキラして、表情も喜怒哀楽がはっきりして可愛く見えますし、なんだか肌ツヤも良い気がしませんか?実は恋をすると綺麗になるというのは、どうやら本当のようです。

どんなメカニズムが隠されているのかと言いますと…女性ホルモンが活性化することからきているようです。女性ホルモンのうちの1つであるエストロゲンは、女性らしい綺麗な曲線の身体に導いてくれたり、肌ツヤや髪のツヤを良くしてくれる効果が期待できるそうなんです。また恋をすれば、相手を振り向かせたいと自分磨きを頑張るようになるので、余計ですよね。

 

4.恋じゃなくてもトキメキで十分!

結婚してから何十年も一緒にいれば「今さら旦那に恋なんてしないわ」「もう空気みたいな存在なのよ」という方も多いかと思います。大切な存在には変わりがなくても、どうしても長年一緒にいると恋心は失われていきますよね。でも、恋じゃなくてもいいのです。ちょっとした“トキメキ”でOKですよ。

ちょっとしたトキメキって、実際考え方次第で感じるとることが出来ると思うのです。

例えば、いつも作業着やパーカーなどのカジュアルスタイルが多いけれど、たまにのスーツ姿にドキッとしたりだとか、仕事帰りにコンビニスイーツを買って帰ってきたら、私のことを思って選んでくれたんだなーとかポジティブな思考に変換すると、相手のことが今よりもっと素敵に見えてくるはずです。

幸せを感じやすいように(エストロゲンが分泌されやすいように)もっていくことも大切かもしれませんね。

 

5.適度なトキメキを既婚者合コンで

どう頭を変換しても旦那様ではドキドキなんか出来ないという方は、ぜひ適度なトキメキを求めて既婚者合コンに参加してみませんか?

既婚者合コンは既婚者のみが集まる飲み会のことで、男女比率は同じように設定されています。そのため合コンという言葉が使われていますが、実際はもっとフレッシュなものです。

旦那様以外の男性と久しぶりに話してみると、ちょっぴりドキドキしたり、きゅんっとする出来事もあるかもしれませんよ。もちろん通常の合コンとは異なり、出会い目的の場ではないので、そこはご安心を。参加されている男性もみなさん奥様がいらっしゃいますしね。適度なトキメキだけ感じるには最適な場なんです。

匿名での参加が可能な会も多いですから、見知らぬ人に名前が知られるリスクもないですし、運営者もいるので安心して楽しむことが出来ますよ。

女性としての自信や男性としての自信を持ちたいという気持ちで参加する方も実は多く、参加することでパートナーに気遣いが出来るようになっただとか、自分に自信がもてるようになり心に余裕ができ、夫婦仲が良くなったとの声もあるので、ぜひ1度興味がある方は参加してみるのもいいかもしれませんね。

 

既婚者がサークルに入りたい!と思う理由について

既婚者画サークルに入りたいと思うのは、どのような理由があるのでしょうか。既婚者サークルは、現在では種類がとても増えていますよね。

そして、入会をする人も増えてきています。なぜ既婚者がサークルに入りたいのか、この心理について、見ていきましょう。

 

楽しそうだから

楽しいイメージを、既婚者サークルに持ったので、入りたいというような場合もあります。楽しそうなものには、自然に導かれるような時がありますよね。

 

想像をしてみた

実際に既婚者がサークルに入ったら、どういう感じなんだろう?と想像をしてみたら、とても楽いのでは…と思う時も。楽しいと思うので入ってみようと思い、実際にサークルに入るようなパターンもあるでしょう。

想像をするのが、元から好きな人もいますよね。想像力豊かな人は、好奇心旺盛な場合も多いのです。

想像をしてみる中で、ここならきっと楽しいだろうと思ったので、この自分の気持ちを信じて既婚者がサークルに入るような例もあるのです。

想像をすることにより、ワクワクした気持ちになったとしたら…心の中で前から興味を持っていた可能性があるでしょう。

 

サイトを見つけた

たまたまネットで既婚者のサークルを見つけるような機会も。なんとなく見ていたサイトに、広告が載っているようなケースもありますよね。

なんだろう?と思いながら見てみたら、既婚者サークルのサイト。そしてよく見てみると、とても楽しくて興味を持つ例もあるでしょう。

どのような広告でも同じなのですが、この広告を読むのに時間を費やす価値があるかどうかを考えた時に、読んでみたいと思うのなら人は魅力を感じているもの。

でも見る必要がないだろうと思うと、ここから離れて違うページを見るでしょう。サイトを見付けたのもなにかの縁。こう思うので、連絡だけでもしてみようかなと思う人もいるのです。

 

自分に合いそうだから

自分に合うのではと思うので、既婚者がサークルに入ろうと思うこともあります。自分が楽しく活動できるような場所、こう思ったので入会を考えるケースもあるでしょう。

 

深く知ってみたい

サークルがどういうものなのか、もっと深く知ってみたいと思うので、とりあえず連絡をしてみようと思う人も。

深く知ってみるには、このままではなくてもう一歩進む必要があります。でも勇気がなくて、これができないと思う人もいるでしょう。

既婚者である自分の立場から考えると、あまり自由には行動できないと考える人もいるのです。

でも夫婦で自由に過ごしているような場合には、相手も自由だから自分もそれでいいだろうと思うもの。

自分だけが自由ではなくて、諦めるものが多いと思うと、もっと深く知りたいものがあるのなら、これから先に知ってみたくなるものです。

 

自分に合うものを見付けたい

自分の好きなものや合うものを、もっと色々と見つけたいと思う人もいます。確かに多くこういうものがある方が、人生が豊かなものになりますよね。

好きなものが少なくて苦手なものが多い、こういう人生はどこか味気ないもの。好きなものを少しずつでも増やしていきたいと思うのは、とてもポジティブな考え方なのです。

ネガティブな思考になると、好きなものを増やそうとは思わないでしょう。面倒だと考えて楽な方へと向かうもの。

でもポジティブな気持ちを持てるのなら、自分の思いに素直になってみましょう。自分に合うものを見つけることができたのなら、とても嬉しい気持ちになるはずです。

まるで宝物を見つけたような気持ちになるでしょう。こういう気持ちを何歳になっても、ずっと持ち続けていたいですね。

 

色々な世界を見てみたいから

色々な世界を見たいという理由から、既婚者がサークルに入ることもあります。実際にサークルには、様々な種類があるもの。

この中には、今までに見たこともないような世界もあるかもしれません。

 

視野を広くしたい

もっと自分の視野を広くしたいと思う人も。でも日々の生活の中では限界があります。ところがサークルや交流会などに行ってみると、今までとは違う世界を見ることができて、視野も広くなるのです。

視野が狭くなっているのでは…と思った時に、広くするための方法を見つけたいと思うのは、とても理想的ですよね。

視野が狭いままで生きていくよりも、この機会にできるだけ広くしてみるのも良いでしょう。

自分にとって視野を広くする方法がわからない…と思った時には、既婚者が集まるような場所に行ってみると、新鮮な体験ができるはずです。

そして、自然に考え方にも幅ができてきて、自分についての変化にも気が付くようになるでしょう。

 

これがいい!と感じたから

違う世界を見るためには、サークルに入ったり交流会に行ったりするのがベスト!と思ったので、そうする人もいるでしょう。

自分でこう思ったので、行動に移したい思いがあるのです。心の中で違う世界について想像をしていても、限界がありますよね。

アニメや漫画の世界も楽しいですが、これも一時的には世界が変わるかもしれませんが、もっと長く続けていたいと思うはず。

このような中で「これがいい!」と思ったのならぜひ自分のキャパシティを広げるために行動をしてみましょう。

自分にとって、これがいいと思うのは人により違いがあるもの。この違いについて個性だと受け止めるのも必要です。

自分の個性を大切にしたうえで、求める方向に向かってみましょう。きっと可能性が広がっていると気が付くはずです。

 

まとめ

既婚者画サークルに入りたいと思うのには、理由がある場合が多いですが、この理由が肝心というわけではないのです。

それよりも、行動をしたいと思う気持ちの方が重要と言えるでしょう。こうしたいと思う自分の気持ちについて、正直に動くようにしていけば、様々な世界を見ることができます。

様々な世界は、自分に対してプラスの面で色々な良い経験を与えてくれるでしょう。情報についても、同じように言えます。

情報過多の時代ですから、何を信じたらいいのか悩む時も。でも信じられる相手と出会うことができると、これから先がとても心強いですよね。

こういう相手が、既婚者のサークルや合コンなどにいるかもしれません。出会えたとしたら、その場だけではなく、これから先も大切にしていきたい存在ですね。

既婚者が飲み会で浮気について意識する時

既婚者が飲み会で浮気について意識するのは、どのような時なのでしょうか。ただ、飲み会に参加をしたいと思っていただけだったのに…と思うようなケースも。

今回は、既婚者が飲み会で浮気について意識する瞬間について、一緒に見ていきましょう。

 

お酒を飲みすぎてしまった

お酒を飲みすぎると、普段の自分とは少し違う自分になることも。お酒を飲むと、どのように変わる人が多いのでしょうか。

 

気が大きくなる

いつもは気が小さいタイプの人でも、お酒を飲むとなぜか気が大きくなる…という人は案外多いもの。

気が大きくなると、細かい出来事については気にならなくなってしまいますよね。普段は神経質で慎重なタイプの人でも、なぜかそう思えないのです。

気が大きくなる自分に対して、多少は理解をしていても自分でコントロールしづらいと思うような時もあるでしょう。

逆に、コントロールできない自分に対して「こういう自分もいたんだ…」と、新鮮な気持ちになるような時もあるのです。

 

淋しい気持ちになる

お酒を飲むと、なぜか人恋しくなり淋しい気持ちになるような人もいます。お酒を飲んでいないと、とてもしっかりしたタイプの人でも、なぜか酔うと淋しくなってしまうことも。

これは男女ともに言えるでしょう。逆に言うと、本音の自分が出しやすいのかもしれません。

淋しい気持ちになる自分に対して、しっかりしないと!と思うのですが、やはり淋しい気持ちを紛らわせたい心理になる時も。

淋しい気持ちについて、そのまま帰宅をしてなんとかしようとする人もいます。でもこういう時に、浮気について意識をしてしまうのも、実際にあり得るでしょう。

 

フランクになる

人に対して話すのを苦手だと思っていた人でも、お酒が入るとフランクになるような場合もありますよね。

だからこそ、お酒を飲んで話したいと思う人もいるでしょう。特に異性に対して話すのは、少し緊張をするという人も。

でもお酒が入ると、なぜかフランクになり同性に話すように話せるのです。自分でも不思議な気持ちになるのですが、これはこれでいいかなと思う気持ちも。

普段は、話しにくいと思う異性に対して、話しやすくなるので楽しい!と感じて羽目を外してしまいそうになる場面も。

 

ストレス解消がしたい!と思った時

ストレスを解消したくて、飲み会に参加をする既婚者もいます。でもとりあえず…という思いしか、最初は持っていなかった場合も。

ところが、参加をしている時に「もっとストレス解消がしたい」と思うような場面もあるのです。

 

話が弾んだ時

相手と話が思っていたよりも弾んだ時には、楽しくてストレス解消できていると実感できるもの。

そして、もっと親しくなりたい気持ちになるでしょう。話が合う相手とは、なかなか会えないと思う人もいます。

でも既婚者が飲み会に参加をした時に、話が合うような人と出会えると、とても嬉しい気持ちになるでしょう。

自分の話す内容に対して、笑顔でうなずいてくれる姿を見ると、幸せな気持ちになりストレス解消にもつながるのです。

そして、もっと親しくなりたいと思うので、浮気について少し頭をよぎるような場合もあるでしょう。

 

飲み会が楽しいと思った時

飲み会自体が楽しいと思うと、ストレス解消できればいいなというだけのつもりが、予想以上に楽しめるもの。

既婚者だから飲み会に参加をしても、あまり楽しくないのでは?と思っていただけに、驚いてしまうかもしれません。

でもこういう時に、出会う相手に対して心を開いてもっと楽しみたくなってしまうもの。飲み会を楽しめる自分に対しても、嬉しいと思うのです。

自分は、飲み会なんて楽しめる余裕のない人間だと思っていたけれど、充分楽しめるんだと思うと、これからの自分に対して何等かの可能性を感じるような時もあるでしょう。

 

好みのタイプを見つけた時

既婚者の飲み会に参加をした時に、好みのタイプに出会う場合もあるでしょう。ただ出会っただけならここで終わることも。でも、好みのタイプとやりとりをする場面もあるかもしれません。

 

内面を知った時

外見が好みでも、どうせ内面は違うだろう…と思っていたら、内面もとても魅力的で驚いてしまうようなケースもあるのです。

外見も内面も素敵な相手だと思うと、この人と親しくなりたいと思うのは当然かもしれません。

一線さえ越えなければいいと思う気持ちもあるでしょう。内面について、好みではないのなら、ただ飲み会で楽しいと思うだけで済むはず。

でも内面も好みだとすると、浮気について少し心に浮かぶようなこともあるでしょう。

 

好みだと言われた時

相手からも好みだと言われるような場面もあります。こうなると相思相愛のようで、恋愛が始まるような予感に。

でも浮気は良くないことだから…と思い、自分の中でセーブをする気持ちもあるでしょう。ところが、心のどこかでは好みの相手から好かれたという事実が、とても嬉しいのです。

自分にとって魅力的な相手から、好かれるのは幸せな気持ちになり、自分に自信を持てるようになるでしょう。

こういう機会があると、浮気について少しは考えてしまうのは、当然なのかもしれません。

 

次の場所に行くことになった時

既婚者の飲み会に参加をした後に、仲良くなってから次のお店に行こうと誘われたとしたら。

このまま二人で行ってしまおうかな…と思う気持ちになる時も。もっと深く色々な話がしたいと思うので、ここで帰ってしまうのはもったいないと思うのでしょう。

次の場所に行くかどうか迷った時点で、浮気について心の中で浮かぶ時も。でもこのまま次のお店に行って話すだけなら、浮気にはならないと思うと実際に行くようなケースもあるでしょう。

 

まとめ

既婚者が飲み会で浮気について思うのは、当然のことではなくて、タイミングやきっかけなどがあるのです。

自分にとって、こういう機会が訪れた時には驚きもありますが、自分の中にときめく気持ちがあるのを、嬉しいと感じるかもしれません。

そして、ここからどう進むのかは自分次第と言えるでしょう。自分をしっかりコントロールして、飲み会の後にすぐに帰宅をする人もいます。

でも、コントロールをしていてもどうしてもこのままでは帰れないと思うような人も、実際にいるかもしれないですね。

癒しが欲しい人がハマりやすい既婚者の恋愛パターンとは

相手を知らなさ過ぎてハマる恋愛

今回は癒しが欲しい女性がハマりやすい既婚者の恋愛パターンについてをご紹介したいと思います。

まず、既婚者同士の恋愛には切っても切り離せないものにネットがあります。同性異性問わず気軽にやり取りできて、しかも匿名で自分のことを相手に知らさなくてもいいという利点で言葉を交わしている現状があります。

SNSや世界中の人と知り合いになれる媒体は、心身共に疲れている既婚者たちの癒しとなっていることも多く、そこから恋愛に発展しているケースも少なくありません。

また、相手に自分のことを知らせずにできるわけですから、自分も相手のことを知る権利はなく言葉だけを交わすところから相手の全てを探ろうとします。ただここには、言葉のやり取りだけでハマる危険性があります。

美辞麗句社交辞令を並べられ、例えば『○○さんはきっと可愛くてお綺麗なんでしょう』と言われると、嬉しくなってしまい、どんどん相手が言うことを鵜呑みにしていきます。それが女心ともいえますが会ったことも無い人に言われたその言葉の裏に、どんな嘘が潜んでいるのかを見抜くことが出来なくなります。

相手の素性も何も知らないままに、言葉だけで信じようとするところに危険が高まっていくのです。

 

ネット上で既婚者同士の恋愛が流行るのは

昨今の既婚者の恋愛事情を語るのに無くてはならないものとしてネットを上げました。

言葉は悪いですが、言葉巧みに女性に近づく男性などこの世にわんさといるのが本当のネット事情です。あわよくばを狙い、言葉の罠にはまる女性を探しているのです。

そして、既婚者男性が狙っているほとんどが同じ既婚者女性であることをご存知でしょうか?

言葉で簡単に堕とそうとする男性にとって、家庭での悩みを持っている既婚女性はうってつけの獲物でもあります。下手をすれば独身女性よりも簡単に手のうちに入るのと、お互いにRISKYだとわかっているので家庭の中に入り込むことはありません。

相手に対して責任を負うことが無い気楽さも、ネット上で既婚者同士の恋愛が流行る要因なのではないでしょうか。気軽に出会えるからこそ、ネットの特性と相手のことをよく知り冷静に見分けるようにしなければいけないのです。

 

愚痴や不満が多い人ほどのめり込みやすい

また、既婚者同士の恋愛にのめりこむタイプとして多いのが、家庭や家族に対して愚痴や不満がある人が多いのも見受けられます。不満があるからこそ外に出て忘れようとする、でもただ外に出るだけでは新しい出会いなんて無いので、ネット上で言葉を交わした相手と逢瀬を重ねるようになるのです。

全く知らない相手との時間は家族のことも仕事も全部忘れさせてくれるようなもの。相手がどこのだれか、なんてどうでもよくてただ満たされればいいという満足感は確かにあります。

しかし、相手とのことは誰にも言えないのは当たり前で、その相手と何かしら揉めることがあったとしても誰にも相談できないのが現実です。

一番危険なのが相手への恋慕が強すぎて、相手のテリトリーに入ってはいけないという暗黙のルールを破ること。特に女性は業が強い生き物でもあり、嫉妬深さからとんでもない行動に出ることも。

そういった意味でも、お互いの素性を最初から明らかにしておくことでいい距離感を持ったお付き合いをしなければならないのです。

愚痴や不満を本名も素性もわからない人と共有することは非常に危険なこと。それなら男女の関係としてではなく、イベントとして開催されている場所へ参加して、新しい出会いを楽しむほうがずっと安全なのではないでしょうか。

 

一度惹かれると冷めるまで没頭する

また、ネット上で繰り広げられている既婚者同士の恋愛は思っている以上に燃え上がりやすいもの。そしてなかなか冷めにくいものでもあります。

何故かというと、相手の謎の部分に惹かれることも多いからです。相手のプライベートや仕事をよく知らない。そのベールに包まれた部分を女性側が想像して、こうに違いない素敵な男性像を作り上げるのです。

また表向きダンディでカッコよくお金もありそうな紳士という部分も惹かれる要因。言葉も優しく女性が好きそうな口説き文句を並べている。癒しを求めて相手をしてくれる男性を求めている女性にとって格好の相手。

燃え上がるのも仕方のないことかもしれませんが、実は家庭の中で干されてしまい居場所がなく外に女性を作ることで癒しを求めているどこにでもいるサラリーマンだとすればどうでしょうか。

ほとんどの女性はそれでもいいから、時間をぬっても一緒にいたいと思うのです。相手のことをよく知らないまま好きになった状態は、女性が冷めるまで続きます。

女性が恋愛から冷める瞬間とは一体どういう状態の時なのでしょうか。

 

冷める時は意外と簡単!その時とは別に好きな人が出来た時?

燃え上がる恋愛の最後、そこまで人を好きになったのに冷めてしまう瞬間とは一体?

それは次に好きな人が出来た時が大半です。家族がいながらそうやって男性の間を渡り歩いていくのか、と思われるかもしれませんが、既婚者同士の恋愛に味を占めた女性はのめり込むことを覚え、別の人に乗り換えた後再び燃え上がるものなのです。

特にネットという場所で出会いを繰り返す人は、ネット上で女性を探す男性がいなくならない限り探し求めるのだと思われます。数をこなしていくにつれコツを覚え、中には二股三股と男性を翻弄している女性も。自分を女性として認めてくれる男性を増やしていくことがステイタスになっている強者もいます。

そうした女性は独身の頃に大いに恋愛を繰り返した人より、恋愛経験が少なくそのまま結婚した人が多いというのも見受けられ、危険で叶わない恋に没頭するのではと考えられます。

本当に恋愛を終わらせるときは、客観的に自分を見つめ別の場所で自分の楽しみであったり没頭することを発見出来た時なのかも知れません。別のところに自分の居場所を見つけることで冷静になれるのではないでしょうか。

 

まとめ

癒しが欲しい既婚者女性がハマりやすい恋愛についてご紹介しましたがいかがでしたか?

結婚しているから、とトキメキやワクワクを抑制するのではなく、うまく発散できる術があれば危険なネット上での出会いを繰り返さなくてもいいのです。

ただ、実際に癒しや男女問わず楽しくおしゃべりができる場所があるのかというと、あるのです(笑)しかもそれは既婚者のみが集うサークルできちんと節度も守られているので、いきなり素性も知らない人と1対1で会うこともありません。イベントのスタッフも参加者のことを把握しており、女性のニーズをしっかり取り入れて参加しやすいイベント運営を展開されています。

いきなり合コンなんて、と思われるかもしれませんがRiskyな出会いと比べてみても全く問題ありませんし安全です。

ルールも確立されていますし、一人での参加にも気を配ってもらえて楽しいひと時が過ごせるはず。

よくある、マッチング的なところの会員登録や会費なども必要なく気軽に申し込みができるのも嬉しいポイント。しかも会場となるお店は料理にもお酒にも自信のあるクオリティの高いお店ばかりです。

ちゃんとお店の名前も記載されていますので、怪しいことをするイベントではありませんし(笑)、健全な既婚者だけの飲み会というコンセプトで参加者を募っています。

ネットでの恋愛を繰り返して疲れた人も、既婚者同士の恋愛には憧れるけど1対1で会うのなんて危険すぎると思う方も、ぜひ既婚者サークルを検討してみてはいかがでしょうか。

家庭でも職場でも頑張っているあなたに。。既婚者同士の飲み会イベント

毎日がせわしなく過ぎていく

家庭もあって仕事もしていると、毎日があっという間に過ぎていきますよね。今日はちゃんとできたかな、なんて顧みる余裕もなくすぐに明日が来てしまう。

本当は心の余裕を持ちたいけれど今の自分には無理。ちょっと自分のやりたいこと、挑戦したいこともあるけれど家族がいると時間も取れなくて。どこかで自分を抑制していることもわかってて、でも誰にも言えずにいる既婚者の女性はかなりの数存在しているのではないでしょうか。

毎日時間が足りないくらいというのはある意味充実しているともいえます。一つ一つは決して嫌いなのではなく、全部が一度に来てしまうのがキツイ。だからこそ手を抜くことができないともいえます。既婚者であるからこそ楽しいことと大変なことがあるのですね。

でも、毎日ヘトヘトになってただ日々が過ぎていってしまうのを繰り返していると、心身にゆがみが出来てしまうのも事実です。

 

気が抜けなくてイライラ

手も抜けなくて、でも時間も余裕もないとなると誰でもストレスは溜まるものです。いつまでも笑っていられるわけもなく、次第に溜まっていくイライラ。家でもずっと動き続けている気がするし仕事では頭もフル回転で気疲れしていて、自分が自分で居られる場所がないことに気が付いて苦笑い。

男性よりむしろ社会と家庭の中で揉まれているのは既婚者女性なのかもしれません。どれも放棄することなく、やり続けていなければならない責任は思っている以上に重いもの。理解ある夫でさえ仕事をして帰宅すれば妻を見ているかといえば、やはりそんな余裕はなく。

夫婦間のトラブルといえば、究極は相手のことをよく見ていないのが要因なんですよね。お互いに余裕がなくなってしまうのが一番良くないコト。

やはり夫婦と言えど、ちょっと距離感を考えて短時間でも離れてみるというのも大切なことです。相手が疲れていること、自分も疲れてやりたいけれどできないことを話し合うタイミングはぜひ持つべきです。

 

 

ストレスが溜まりお酒の量が増える主婦も

仕事をしていなくても家事と育児でストレスが溜まる主婦も多い現代。昔は逃げる方法がないので目の前のことをやるしかなく一生を終えるのが妻であり母親であるとされてきました。が、今は逃げるツールが沢山あり、その中でもお酒があります。

言われて久しいキッチンドリンカーなんて言葉もあるぐらい主婦の間でも話題になりました。最初は一杯で済んでいたのが次第にお酒の量が増え、食事を作る際にもお酒を飲んで、食事中にもお酒を飲んでその後も、という悪循環。飲んでいる間はふわふわしたいい気分になるわけですから、ストレスも軽減されているわけです。

ただ、ストレス本体は残っているわけですから素に戻ると耐えられなくなりお酒に手が出るのです。そして大量のアルコールで体にガタが来てしまうという結末。自分の体と心を壊してしまっては元も子もありませんので、ストレスをうまく逃がす方法を専業主婦も見つけるべきではないでしょうか。

ただ今はSNSという媒体が存在し、そこをストレス発散の方法にしている既婚者女性も多くいます。リスクを背負いながら顔も知らない素性も知らない人とも気軽に出会える時代。特にお酒が入っている状態だと正確な判断もできないまま相手とのやり取りでリスキーな罠にはまってしまいます。

もし新しい出会いがあるなら、安心できる場で楽しくお喋りができるところがいいですよね。

 

ホッとできる時間と場所はありますか

主婦になると家も戦場で仕事場も戦場になります。自分がいなければいけない場所は、決して安らぐ場所ではなく落ち着けないのが現実なのではないでしょうか。

自宅に1人でこもれる場所を設けたり、没頭できる趣味を見つけたり方法は様々ありますが、どれも自分に合っていないとそれさえもストレスになってしまう危険性があります。ついつい没頭しすぎて時間の経つのを忘れて慌てて家事をするなんてことも(笑)

では、趣味もなく自宅に自分の部屋も無いとどうすればいいのでしょうか。やはり外に出るという選択が必要になってきます。友達を会ったり様々な場所へ行ったり、一人になる時間を持ったりして自分を取り戻します。確かに気の合う友達と会うのも一人になるのも気分転換になりますよね。

でも、たまに自分のことを全く知らない場所に飛び込んでみたいと思ったことは無いですか?自分のバックグラウンドを知らない人との出会いはとても新鮮で、自分にはない考えや価値観を知ることができます。そこにいることでホッとしている自分になれることもあるのです。

 

家庭を持つ者と持たない者との差

家庭を持つ既婚者と持たない独身者には大きな差があります。環境・状況も大きく違うこともありますし、学生時代から仲の良かった人でさえ、結婚した後だと話が合わないことも多くなります。

独身だとストレスMAXになればサッと飲みに行けるもの。同僚や友達を騒いでも怒る人はいません。が、家庭を持っているとそういうわけにもいかず、まして女性だと家庭を置いて遊びに行って!と家族もいい顔をしてくれないものです。

そういった目を向けられていると次第に、守るべきものがある自分は遊びに行くことで家族に悪い影響を与えているのではないか、と思ってしまいます。決して悪いことではなく、むしろ溜まったストレスが爆発して家族に当たり散らすよりも何倍も良いことではないでしょうか。

既婚者だからダメ、というルールはどこにもないのです。まして素性もはっきりしている人と新しい出会いができる場所だとリスキーもなく安心ですよね。

独身者と同じように、とはいかないまでも既婚者女性も楽しめる場があるのはイライラの軽減にもストレスの解消にももってこいです。

 

頑張るあなたに既婚者だけの飲み会

日頃頑張っているあなたが、イライラの持っていきようもなく溜めてしまっているのならぜひ既婚者だけの飲み会をご紹介したいと思います。

東京銀座や大阪中心部、名古屋など都市圏で開催されている既婚者サークルです。高い会費を払って会員登録をして、ということもありません。この日のこの場所の合コンに行きたいと思えば参加申し込みをして完了。あとはイベント会社からメールが届き、当日会場へGO、で終わりです。

嬉しいことに参加申し込みの際に振込やクレジットけっさいをするのではなく、当日現地での現金決済なので後も残らず安心です。後々家族に請求書や振り込みの足跡を見られることも無いので、本当に気軽に参加が可能です。

一番の押しは、一人での参加に不安がある方にもスタッフからのフォローがあること。一人で知らない場所に行くというのは不安になるものですが、ちゃんとスタッフの気配りがあるのは嬉しいサービスですよね。

新しい出会いを同じ既婚者同士で分かち合ってみるのもいいのではないでしょうか?

 

まとめ

気が抜けない毎日にイライラしている既婚者女性に、既婚者だけの飲み会についてご紹介しました。どうしても家族を置いて遊びに行ったり飲みに行くことに二の足を踏んでいる女性は多いはず。

でも、閉じこもってしまってはストレスもたまり続け、かえって家族にも当たってしまうなどあなたにも家庭内にも良くないことは必至です。自分のことを知らないイベントで、でも既婚者のみなので家族や家庭の話も気軽にできる場所があるのはちょっと生きがいにもなりますよね。

毎日を頑張っているあなたが、もっと元気になれるような出会いがきっとここにあるはずです。

 

 

まずは出会いの一歩!学生時代の合コンを楽しもう

 

学生時代と既婚者としての今

学生時代の頃は家庭環境に問題が無ければ自分のことで精一杯だったはず。授業はちょっと面倒くさいけどサークルで出会ったイケメン男子にちょっとときめいたりして、それなりに学生時代を楽しんだのではないでしょうか。友達との食事や飲み会なんかも、今思えば最高に楽しい思い出となっているはずです。

その頃から十数年以上経った今、結婚し夫と子供との生活で充実しているといえば当たっているけれど、ふとあの学生の頃を思い出して懐かしんでみたりすることはありませんか。

学生の頃は結婚したらこんな家庭を持ってこんなことをして、と夢も持っていたかもしれません。その夢と現実が少し違っているかもしれないし、思っていた通りかもしれません。が、学生時代のワクワクやドキドキというのは年々少なくなってきたと思いませんか?大人になって落ち着いたということかもしれませんが、やはり若い頃のそんな甘酸っぱい経験をもう一度味わってみたいと思ったことは無いでしょうか。

 

学生時代と同じ仲間で合コンは出来る?

 

とはいえ、学生時代の友達とサークルや合コンをやったとしてもすでに年齢も重ねていき、熱くなることは無いかもしれません。中には卒業してから友達とも疎遠になってしまい、いつしか性格まで変わってしまった人も。そう考えると学生時代の仲間と昔と同じような合コンが果たしてできるのか、というのは難しいところです。

卒業してそんなに経っていなければ学生時代の気持ちは残っているものですが、やはり結婚して子供ができる年代になると学生時代と同じ熱い気持ちで集うのは無理があるかも。

あの頃と雰囲気を変えた同窓会的な飲み会は出来るかもしれませんが、新鮮な気持ちでのサークル活動というのはやはり新しいメンバーでやるのが賢明かもしれません。

特に既婚者となると仕事の時間にも差があり、子供の年齢も様々でパッと連絡をしてすぐに集まることも出来ません。自分たちで合コンを設定するにも全員の意見を聞いていてはなかなか決まらないのが現状なのではないでしょうか。

学生時代を彷彿とさせる合コンやサークルが再び経験できると楽しいと思いませんか。

 

30代以降になると懐かしくなるサークル活動

学生時代に留まらず社会人になってもサークル活動はそこここで行われています。同業者や異業者の交流会なども職種によっては活発なのも聞きます。

でも、たまには仕事のことも家族のしがらみもちょっと横に置いてみたいものです。そういったざっくばらんに参加できるサークルとなると、見渡してもなかなかありませんよね。見つけたとして一人で参加している人が少なくほとんど仲間内で固まってるなど、二の足を踏んでしまうものばかり。

なんとなく自分と環境が似ている人と交流を深めたいと思うのは、仕方のないことです。

30代も過ぎると余計にその頃が懐かしくなり、またいつか学生の頃のような楽しい飲み会サークルなどがあればいいな、と思いませんか?ただの飲み会ならいつも参加しているけれど懐かしくて参加したくなるサークルなんて素敵ですよね。

そんな昔を思い出す飲み会サークルが東京・大阪・名古屋で開催されているのをご存知でしょうか?しかも既婚者限定という、自分と同じ環境の人との交流ができる嬉しい会でもあるのです。

 

大人の今も出会いの一歩は合コンから?

そして既婚者サークルは参加される皆さん全員が、そこから広がる出会いを楽しみにされています。男女問わず友達ができ、家庭のことを相談したりできる人が増えると思うとウキウキしますね。

現代は多忙な人も増え、仕事関係での新たな出会いはあってもプライベートで新しい出会いが増えるというのは難しいもの。だからといって会員制で高い会費を支払って、なんていうのもそこまでしては無理なこと。

プライベートで仕事も関係なく気軽にできる合コンなどあれば楽しいものです。

既婚者サークルはそんな、学生時代に経験した合コンを大人のバージョンに合わせてみたものです。大人のバージョンですからしっかりと節度は守り、参加者同士トラブルのないようにというのは会のルールでもあります。ですので女性も参加しやすく、安定した人数で申し込みもあります。

参加してみたはいいものの、男女でバランスがおかしいなんてがっかりですよね。こちらは参加申請した人は全部受け入れるということはなく、バランスが悪いと主催者側での調整もしてもらえます。そう考えると出会いの一歩は合コンから、なのではないでしょうか。

 

少しばかりのトキメキも

そして、学生時代の懐かしいサークルの思い出というとやはり恋心ですね(笑)当時のイケメンと今のイケメンは少し違うかもしれませんが、今この年代になって紳士的でトークも楽しい人と一緒に飲み会というのもワクワクドキドキしますよね。

女性はいつまでも素敵な男性にはときめきたいものです。また女性が綺麗でいたいという思いは自分の為ではなく人の目を気にするところから湧いてくるもの。子供が綺麗なママでいてねという言葉でショックを受けたり、子供の同級生のママたちが綺麗でかわいい人が多いのも美意識を高めるには大事なポイントですが、偶然座った席の隣に素敵な男性がいると、自分がどう映っているか気になります。

それが綺麗にいなくちゃ、からさらに綺麗になりたいに発展するのではないでしょうか。女性は綺麗になりたいと思えばいくつになっても美意識は消えないので、ぜひそういったトキメキは持っていましょう。

 

既婚者合コンで学生時代の思い出そう

そして既婚者サークルでもそんな紳士的な男性も沢山参加されています。もちろんマナーはしっかり守られているので、女性だからといきなりため口でしゃべってくるような失礼な方はいませんし、女性の中にはまた次も参加したいという声もあります。

女性が次も参加したいというのは、参加してよかったという証。その場にいにくかったという時は二度と行きたくなくなりますよね。特に人との出会いを楽しみにしているのに失礼な言動をされると幻滅してしまいます。そういったときも既婚者サークルではきちんとフォローしてもらえます。

万が一この人がこんな失礼なことを、という場合があれば、スタッフに相談すると事実確認後相手の参加をお断りするときもありますので、前回嫌なことがあっても次から参加して大丈夫。

せっかくの楽しい会も一人の人の失礼なマナー違反で台無しにならないようにスタッフも気配りされており、一人で参加してもきちんとフォローも入るので安心して申し込みもできます。

学生時代を懐かしみながら、楽しいサークルで美味しいものを食べて素敵なひと時を過ごしたいですね!

 

まとめ

学生時代を思い出しての大人のサークル、とても魅力的ですよね。

仕事や家事・育児で心身共にお疲れの既婚者女性も多い昨今、たまには全部横に置いて一人の女性として楽しい場所には行きたいものです。ママともや仕事関係で飲み会はあっても、思いっきり自分を出すなんてなかなかできませんし、できれば自分のことを知らないところへ行ってみたいですよね。

男性と違って、夜飲みに行くのも気が引けてしまう人は多いはず。でも日々奮闘しているあなたに行ってはダメなんていうことを言っちゃうなんてナンセンスです。少し羽を伸ばしてウキウキドキドキしてリフレッシュできたら、垢ぬけたあなたが待っているはず。

【綺麗でいたい】から【綺麗になりたい】あなたが目覚めて、もっと張りのある毎日が送れることを願って新しい出会いをぜひ楽しんでみませんか?

 

 

 

 

 

 

夫婦喧嘩の頻度や原因は?誰にも言えない悩みは既婚者だけの飲み会で解消しよう

喧嘩するほど仲が良いという言葉がありますが、喧嘩をして深まることもあれば、喧嘩をして溝が出来ることだってありますよね。また、毎日一緒だからこそ解決したい悩みもあるでしょうし、我慢しなければいけないときもあると思います。ですが、ずっと我慢し続けているとストレスが溜まり心身ともに悪影響が出ることも…。

そこで今回は、他人に聞けない喧嘩の頻度や原因、円満夫婦が心がけていること、悩みの解消法に迫っていこうと思います。夫婦喧嘩が多い方や夫婦円満に生活していきたい方必見です。

 

1.赤裸々!ご夫婦の喧嘩の頻度や原因は?

なかなか友人夫婦の喧嘩の頻度や原因までは聞きにくいですし、身近な人以外の意見も聞きたいですよね!そこで、20代~60代の既婚男女500人に聞いたアンケート結果をご紹介します。

 

【喧嘩の頻度はどのくらい?】

ほぼ毎日   2.1%

週1~2回   17%

月1~2回   30%

年1~2回   25.6%

数年に1度程度 17.3%

喧嘩した覚えがない 8%

 

アンケート結果では、月に1~2回が最も多い結果ですね。次いで年に1回~2回。

半年に1回のペースなら、まだ耐えられそうですがコンスタントに月1~2回喧嘩をしているとなると疲れそうですね。(という私は、月に1回程度旦那と喧嘩しているような気がしますがw)

喧嘩が多いすぎると不仲なのかな?と思いますが、実際そうとも言えないようです。なぜなら喧嘩が多いからと言って離婚率が高いとは言えないからです。喧嘩は多いけれど喧嘩をしてうまくガス抜きしている夫婦と喧嘩は少なく一見円満だが、離婚寸前まで溜め込んでいる夫婦…そう考えると喧嘩も悪くない気がしちゃいますね。

 

【喧嘩の原因はなに?】

・感謝の気持ちがないと感じる

・コミュニケーションが少なく、重要な伝達がないもしくは出来ない

・スキンシップが減っている

・家事の分担が公平でない

・育児を押し付けている

・金銭的な面で

・考えや生活リズム、性格が合わない

・姑問題や同居についてなど

 

喧嘩に発展するまでは人それぞれでも、根本的な喧嘩の原因は上記のものが主のようです。どれを見ても納得…。すぐに言えるものもあれば、なかなか言いにくい悩みもありますよね。また、話をしても聞いてもらえなかったり、話が進まなかったりして結局解決に至らない悩みも多く、喧嘩が少ない方の中には我慢している方も多いのかもしれませんね。

 

2.円満夫婦が喧嘩をしないために心がけていること6選

喧嘩の頻度のアンケートを見ると、数年に1度程度の方もいらっしゃいますよね。

よほど相性の良い夫婦なんだろうな~なんて思っちゃいますが、価値観や性格、全てが同じってそうそうありません。喧嘩をしないように心がけていることがみなさんあるようで…誰でも出来るものを6つご紹介します!

①むかついたら一度深呼吸

怒りのピーク時って、つい言いたくないことまで言い過ぎてしまうこともありますよね。相手に反論されれば更にカーってなるし、一度吐き出した手前、止まらないなんて方も多いのでは?だからこそ、むかついたときには一旦深呼吸をして黙ってみてください。そのうち頭が冷えてきて「まあいいか…」「怒ることじゃないな」と考えられるようになりますよ。

②むしゃくしゃしたら言葉ではなく紙に書く

人間、誰しも何かしらの吐き所は必要です。でも内容によっては周りの人に話したくないことも当然ありますよね。そんなときは、紙に殴り書きでもいいので愚痴を書いて吐き出してみませんか?意外と書き終えた後はスッキリして、ストレス解消にも繋がります。また、相手に伝えたいことを手紙にして渡しても◎。この場合は愚痴ではなく、柔らかく相手に相談するつもりで書いてみましょう。

③逆の立場で一度冷静に考える

自分のことばかり考えていては結婚生活はうまくいきません。支え合ってこその夫婦ですからね。頭がいっぱいいっぱいになっているときは心に余裕がなくて当然ですが、これを言われたら相手はどう思うかな?と相手の立場になって考えてみると、お互い様だなと思えることもあります。

④ちょっとしたことでも「ありがとう」を伝える

相手にちょっとしたことでも感謝の気持ちを伝えていると、実は喧嘩になりにくいです。やって当たり前という考えは、どうしても喧嘩の原因になりますので、パートナーもストレスを溜め込んできますからね。感謝の気持ちを定期的に伝えることで、相手もその感謝の気持ちにきっと応えてくれるはずです。

⑤期待しすぎない

相手を信用しているからこそ期待はどうしても高くなりがちですが、あまりにも期待しすぎていると、やってもらえなかったときにどうしても負の気持ちは湧いてくることもあります。ですから、そもそも期待しないのが一番です。難しいですけどね。

⑥気晴らしに出かける

むしゃくしゃした気持ちを我慢し続けるとストレスが溜まり、うつ病にかかるケースもなくはありませんし、喧嘩に発展しやすいです。適度に息抜きをすることをおすすめします。

 

3.悩み事を我慢しすぎるのは危険!?ストレスが溜まるとどうなる?

相手に話しても仕方ないし、喧嘩しても解決しないし、こっちが折れれば円満だから…と日頃、悩み事を我慢してはいませんか?相手からしたら、良き妻・良き旦那かもしれませんが、悩み事を我慢し続けた結果、ストレスが溜まり不調や病気に発展してしまったケースもありますので、注意しましょう。ストレスを溜め込むと人はどうなってしまうのでしょうか?

 

・イライラしやすくなり、精神的に不安定になる

・無気力でやる気が起きない

・不安感が強く、消極的になりがち

・頭痛

・便秘や下痢

・肩こり

・吐き気

・生理不順

・倦怠感

・睡眠障害

日常生活では上記のような辛い症状が起こりやすくなります。

また、解消できずにいると、うつ病自律神経失調症胃潰瘍蕁麻疹ガンなどの病気にかかるリスクも上がりますので、ストレスは適度に解消しましょう。

 

4.既婚者合コンを通して共通の悩みをフェアしよう

ストレスを解消したくても、友人にも親にも話せないし、趣味もないしな~という方におすすめなのが「既婚者合コン」という既婚者のみの集まりの飲み会です。名前は合コンと付いていますが、実際は既婚者オンリーの飲み会で男女の比率が同じことから合コンと名前が付いています。抵抗がある方は、既婚者サークルも◎。

既婚者同士の参加ですし、名前はペンネームでもOKな場合が多いので、普段知人に話せないような悩み相談の場として使われている主婦の方が近年多いです。セックスレスや子育ての話、旦那の愚痴などまるで井戸端会議のよう。男性もいるので、男性のリアルな意見が聞けることも支持を集めている理由の一つです。

 

5.既婚者合コンでストレス解消に繋がる?体験談紹介

実際に既婚者合コンに参加してストレス解消、ましてや本当に悩み相談なんか出来るのー?と思ってしまいますよね(笑)そこで実際に、ストレス解消目的で既婚者合コンに参加した主婦の方の体験談をご紹介します。

 

(K.Kさん 45歳女性)

会社経営をしている旦那がいて、傍から見たら裕福な生活をしているように見えるそうです。そのためママ友に旦那の相談をしようとすると「Kさんはいいじゃない、高給取りなんだからワガママ言わない」なんて言われてしまい肩身が狭い思いをしています。

誰かに相談をしたいと思い知恵袋などを利用してましたが、やっぱり実際話すのとは違うな~と感じていた矢先、悩み・既婚者というワードで既婚者合コンが引っかりました。会費もお手頃で匿名参加できるので、好奇心で参加。

男性も女性も良い方ばかりで、たくさん話を聞いてもらっちゃいました。やっぱり溜め込むのって良くないですよね。今は定期的にストレス発散の場として活用させてもらってます。

 

(Y.Oさん 33歳女性)

以前から気晴らしに既婚者合コンに参加しているものです。以前は、お酒が好きだし、たまには男の人と飲みたいという軽い気持ちで参加していましたが、最近はいろんな方の話が聞きたいという気持ちで参加しています。

同年代の方に相談するよりも、ちょっと年上の方に相談するほうがタメになるので30~45歳までの枠で参加させてもらっています。既婚者合コンのいいところは、年齢制限があること。合コンという名前ですが、合コンとは異なるので、居心地が良いです。実際に相談しはじめてから、旦那との関係がうまくいっています。発見と収穫のある良い飲み会ですよ♪

 

みなさん上手に既婚者合コンで気晴らしが出来ているようですね。夫婦円満でいるためには、我慢や折れたりすることも必要不可欠ですが、上手にどこかで気晴らしをしてストレスを溜めないことが喧嘩をしないための第一歩かと思います。

誰にも言えない相談は、ぜひ気軽に参加できる既婚者合コンを活用してみてはいかがでしょうか?

セカンドパートナーとは?持ちたいと思う心理について

セカンドパートナーとはどのようなもの?と思い興味を持ちながらも、あまり把握をしていない人も。もしくは既にセカンドパートナーを持っている人もいますよね。

今回は、セカンドパートナーを持ちたいと思う心理について、深く見ていきましょう。

 

セカンドパートナーの定義について

セカンドパートナーについて、定義が気になる…と思う人も。この定義についてお伝えしていきましょう。

 

一線を越えない

一線を越えないというのが、セカンドパートナーの定義と言われています。一線を越えるかどうかで、浮気ではなくセカンドパートナーの存在だと思うと、不思議な気持ちになる人も。

でも一線を越えないと思うと、どこか安心感を持てる人もいるでしょう。どこか物足らないと思う人もいるかもしれません。

でもだからこそ、長く一緒にいられて心を通い合わせることができると思うと、嬉しい気持ちになりますよね。

 

ハグやキスについて

ハグやキスについて、セカンドパートナー同士はするのだろうか?と思う人も。ハグやキスについては、OKだと言っているセカンドパートナーは多いのです。

ということは、本当に一線を越えない以外は不倫相手とあまり変わらないと思うかもしれません。

でも現在は、夫婦ともセカンドパートナーを持っているケースもあるので、こう考えると時代は変化をしてきていると思えてくるでしょう。

ハグやキスがOKだと思うと、デートをしたり連絡を取り合ったりするのも、可能な場合が多いのです。二人でどうしたいのか話し合い、理想的な関係を築く場合が多いでしょう。

 

セカンドパートナーを持つメリット

セカンドパートナーを持つと、どのようなメリットがあるのでしょうか。このメリットから知っていくようにしましょう。

 

生活に張りが出る

今までの生活がマンネリでなんだか退屈。でもセカンドパートナーを持つと、生活に張りが出る人は多いです。

今までと比べて、世界が違うもののように思う人もいるでしょう。セカンドパートナーを持ちたいと思うのは、メリットがあると考える人が多いから。

このメリットのひとつに、生活に変化があるというものがあるのです。生活に対して、それなりに満足をしているけれど、何か足らないものがあると思う気持ちも。

この足らないものを得られると、生活が楽しくて充実したものになる可能性は高いでしょう。

 

自信を持てる

セカンドパートナーを得ることで、自分に自信を持てる人もいます。これは、男性だけではなくて女性にも言えるのです。

自信を持ちたいと思いながらも、これができない人もいますよね。でも、セカンドパートナーがいてくれると思うと、それが自信になるのです。

自信が持てない…と今までに思っていたのが、嘘のように自信につながるような場合もあるでしょう。

自信を持てないと悩む人は多いですが、自信の持ち方がわからないままということは多いですよね。

でも自分が得たいものが得られたと思い、孤独ではないと感じると自信につながるようなケースは多いのです。

 

セカンドパートナーを持ちたい人が多いのはなぜ?

セカンドパートナーを持ちたい人が増えているのは、なぜなのでしょうか。その理由について見ていきましょう。

 

情報を得たから

セカンドパートナーについての情報は、テレビなどでも見ることが多いですよね。ネットでも見る機会があるもの。情報を得ると興味を持つ人は多いのです。

周りが持っているのなら、自分も持ちたいと思う気持ちが強くなるのでしょう。せっかくの機会だから…と思う気持ちも強いはず。

自分の大切な人生だと思うと、自由に過ごしたい思いも出てきますよね。情報を得るたびに、どんどん興味を持つような人もいます。

情報社会の現代だからこそ、自分も取り入れたいと思うようになるのでしょう。ネットニュースだけではなくて、普通のサイトを見ていてもセカンドパートナーを知るような機会もありますよね。

そうすると、自然に興味が出て自分の中で情報を得たという気持ちになる場合が多いでしょう。

 

持っている人がいるから

身近に、セカンドパートナーを持っている人がいて、この良さを聞くとうらやましい気持ちになるもの。

自分も得られたらいいのに…と思うのでしょう。そして持っていないのが自分だけのように思ってしまうのです。

本来はそうではなくても、自分が何か劣っているので持てないように思う人もいるでしょう。

自分よりも容姿が悪い相手が持っているとなると、なんとなく負けているような気持ちになり悔しさを感じてしまうもの。

できれば、早い段階でセカンドパートナーを得たいと思う気持ちになるのは当然かもしれません。

 

セカンドパートナーを得られる可能性がある場所

セカンドパートナーは、どのような場所で得られるのでしょうか。得られる可能性のある場所について、見ていきましょう。

 

SNSで出会う

自分の趣味に合うSNSのコミュニティなどで出会う人は多いです。実際に自分の趣味と合う人となら、話していても楽しいと思うのでしょう。

SNSにも様々なものがあります。コミュニティのオフ会に参加をして、セカンドパートナーを見つける人もいます。

SNSは誰でも簡単に始められるもの。だからこそ自分も出会いたいと思い、SNSのアカウントを持つ人もいるでしょう。

最初はネットだけのやりとりをしていて、段々と親しくなったら電話で話すようになるケースもあるかもしれません。

 

既婚者合コン

既婚者合コンに参加をする人の中には、セカンドパートナーを得たいと思う人がいる可能性も。

既婚者同士だからこそ分かる悩みについても、語り合えるのは嬉しいですよね。こういう時間を持つと、気持ちがリフレッシュできるのです。

そして、こういう時にセカンドパートナーになれるような相手を見つけて、誘うようなパターンもあるかもしれません。

必ず出会えるわけではなくても、セカンドパートナーを見つけられる可能性があると言えるでしょう。

 

まとめ

セカンドパートナーとは、自分にとってプラスになるかどうか、これについてよく考えてみる必要があります。

世の中で多くの人が得ているからといって、自分にとってはプラスになるとは限らないのです。

自分にとって、どうなのかを考えたうえでセカンドパートナーについて、どうしたいのかを決める必要があると言えるでしょう。

1 2 3 »

イベントの様子

友だち追加
イベントの様子をアメブロで配信中

LINE@

イベント情報・クーポン等を配信中!!

東京の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@bll3763v

大阪の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@nxp1391h

名古屋の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@xih1539y

社長のLINE@

『人生を豊かに』をコンセプトに投資情報(株・FX・不動産)、今話題の仮想通貨の話、お得な旅行の行き方ノウハウ、主婦向けのアルバイト・パート情報といった情報を配信中

友だち追加

年別アーカイブ

  • facebook
  • twitter
PAGETOP