既婚者同士の出会いのために飲み会、合コン、パーティ等のイベントを毎週開催しています。

コラム

婚外恋愛

既婚者に一目惚れしてしまった!それからの行動

既婚者に一目惚れをしてしまう時も。どうしたらいいのか…と悩むケースもあるでしょう。今回は、既婚者に一目惚れをしてしまった時と、これからの行動の仕方について、深く見ていきましょう。

 

既婚者に一目惚れをする時

どのような時に、既婚者に一目惚れをするのでしょうか。この瞬間についてお伝えしていきましょう。

 

頼もしく感じた時

女性から見ると、男性を頼もしいと思った時に一目惚れをするケースもあります。「こんなに頼もしい男性は初めて見た」と思うと、魅力を感じるのでしょう。

そして気が付けば一目惚れをしている場合もあります。自分の中で、既婚者に一目惚れをしてはいけないと思いながらも、セーブできない思いもあるでしょう。

相手のことが魅力的だと思うと、いつの間にかもっと親しくなりたい気持ちが強くなる場合もあるのです。

でも一目惚れをした自分に驚いて、これ以上は何もできない…と思うケースもあるかもしれません。

 

話していて楽しいと思った時

話が合う相手に対しては、一目惚れをする可能性があります。相手の話している内容に納得ができて、自分の話に対しても真剣に聞いてくれる。

こういう場面がとても嬉しくて一目惚れをしてしまうのです。話の合う相手というのは、簡単に見つかりそうで、案外いないもの。

このため話していて相性が合うと思うと、もっと親しくなりたい気持ちになる時もあるでしょう。

話していて楽しいと思う自分を感じると、出会えた喜びでいっぱいになるのです。できれば親しくなりたい思いは、コントロールしづらいでしょう。

 

既婚者に一目惚れをしやすいタイプ

既婚者に一目惚れをしやすい…という人には、共通する特徴があります。どのような特徴があるのかについて、見ていきましょう。

 

元々既婚者に魅力を感じている人

元々既婚者の方が、独身者よりも魅力的だと思っている人もいます。この場合は、独身者には一目惚れをしないのですが、既婚者に対しては一目惚れをしやすいのでしょう。

既婚者の持つ魅力を事前に理解しているので、既婚者に出会える機会をとても嬉しく思うのです。

もしかしたら素敵な人がいるかもしれない…。こう思う気持ちがあるので、既婚者に出会える場所に参加をする人もいるでしょう。

一目惚れがしたいと思うよりも、ときめくような出来事を求めている傾向が強いのです。

 

既婚者同士で話してみたい思いがある

既婚者同士で話したい思いがある人も、既婚者に対して一目惚れをしやすいでしょう。既婚者である自分と話が合うのは、やはり既婚者。

このため、できれば既婚者同士で楽しく話したい思いがあるのです。元々そういう願望があるので、もし魅力的な既婚者が現れた時には一目惚れをする可能性が高いでしょう。

既婚者同士で話すと盛り上がり、とても充実した時間を過ごせる場合もあるのです。独身の相手としか普段やりとりをしていない人は、どこか物足りなさを感じるもの。

でも既婚者と話してみると、自分の話したい内容はこれだったと分かるようなケースもあるでしょう。

 

既婚者に一目惚れをするタイミング

どのようなタイミングで既婚者に一目惚れをするのでしょうか。タイミングはとても大切なものなのです。

 

既婚者同士の飲み会

既婚者同士の飲み会では、既婚者同士で様々な話をして楽しみたいと思う人が集まる可能性が高いです。

このため、一目惚れをするケースも十分にあると言えるでしょう。一目惚れがしたいから、参加をするわけではありません。

でも、何か自分にとってプラスになると確信があるので、参加をする人は多いでしょう。実際に参加をすると、今までとは違う世界を見ることもできるはず。

一目惚れはしないとしても、人として魅力を感じる相手と出会えて素敵な時間を過ごせる機会になるかもしれません。

 

街中で偶然出会う

街中を歩いていて、偶然に出会って一目惚れをするようなケースもあります。休日になんとなく暇なので、買い物でもしようと街を歩く人も。

こういう中で、自分にとって魅力を感じる相手と出会うのです。素敵だな…と思い、気が付いたら目で追うこともあるでしょう。

でも、もしこういうタイミングで一目惚れをしても、これ以上の進展は望みにくいもの。相手に声を掛けるのは、難しいですよね。

相手が既婚者かどうかも分からないのですが、既婚者から見るとなんとなく「あの人は既婚者かも」と分かる場合が多いのです。

生活感のようなものかもしれませんが、どこか醸し出す雰囲気があるのでしょう。でも既婚者に一目惚れをしてしまった…と思っても、これ以上は何もできずただ見つめるだけで終わるケースは多いでしょう。

 

既婚者に一目惚れをしたらどうしたらいい?

既婚者に一目惚れをしたら、どのように行動をしたらいいでしょうか。今後の行動の仕方について見ていきましょう。

 

飲み会などで出会った場合

既婚者同士の飲み会などで出会った相手なら、その場で色々な話をしたいですね。話すたびに、素敵だなと思う気持ちが強くなるケースもあるでしょう。

相手とのやり取りの中で、新しい発見もあるはずです。一目惚れをすることができたと思うと、なんとなく嬉しいと感じる気持ちも。

この気持ちを大切にして、友達の関係でもいいのでやり取りを続けていくように、相手に希望を伝えてみましょう。

ここで一目惚れという言葉を出さずに「これからも、色々とお話ができると嬉しいです」と伝えたほうが、相手にとっては気楽なので連絡も教えやすいと思うはずです。

 

その他の場所での出会いの場合

相手と連絡先交換ができるかどうかを、聞いてみましょう。軽い気持ちで大丈夫だと思う人もいれば、NGだと考える人もいます。

連絡先交換をしないと、相手とのやり取りができないとしたら、自分の中でこれはひとつの出来事として、考えるようにしたいですね。

 

まとめ

既婚者に一目惚れをしてしまった時には、嬉しいような困ったような複雑な気持ちに。でも魅力を感じる相手と出会えるのは、とても素敵なことです。

相手とこれからどういう関係を望むのかは、ゆっくり考えていくのもいいかもしれません。すぐに何かの答えを出す必要はないのです。

相手との距離を無理に近づけずに、穏やかな時間を一緒に過ごせるのが理想的ですね。

既婚者が飲み会で浮気について意識する時

既婚者が飲み会で浮気について意識するのは、どのような時なのでしょうか。ただ、飲み会に参加をしたいと思っていただけだったのに…と思うようなケースも。

今回は、既婚者が飲み会で浮気について意識する瞬間について、一緒に見ていきましょう。

 

お酒を飲みすぎてしまった

お酒を飲みすぎると、普段の自分とは少し違う自分になることも。お酒を飲むと、どのように変わる人が多いのでしょうか。

 

気が大きくなる

いつもは気が小さいタイプの人でも、お酒を飲むとなぜか気が大きくなる…という人は案外多いもの。

気が大きくなると、細かい出来事については気にならなくなってしまいますよね。普段は神経質で慎重なタイプの人でも、なぜかそう思えないのです。

気が大きくなる自分に対して、多少は理解をしていても自分でコントロールしづらいと思うような時もあるでしょう。

逆に、コントロールできない自分に対して「こういう自分もいたんだ…」と、新鮮な気持ちになるような時もあるのです。

 

淋しい気持ちになる

お酒を飲むと、なぜか人恋しくなり淋しい気持ちになるような人もいます。お酒を飲んでいないと、とてもしっかりしたタイプの人でも、なぜか酔うと淋しくなってしまうことも。

これは男女ともに言えるでしょう。逆に言うと、本音の自分が出しやすいのかもしれません。

淋しい気持ちになる自分に対して、しっかりしないと!と思うのですが、やはり淋しい気持ちを紛らわせたい心理になる時も。

淋しい気持ちについて、そのまま帰宅をしてなんとかしようとする人もいます。でもこういう時に、浮気について意識をしてしまうのも、実際にあり得るでしょう。

 

フランクになる

人に対して話すのを苦手だと思っていた人でも、お酒が入るとフランクになるような場合もありますよね。

だからこそ、お酒を飲んで話したいと思う人もいるでしょう。特に異性に対して話すのは、少し緊張をするという人も。

でもお酒が入ると、なぜかフランクになり同性に話すように話せるのです。自分でも不思議な気持ちになるのですが、これはこれでいいかなと思う気持ちも。

普段は、話しにくいと思う異性に対して、話しやすくなるので楽しい!と感じて羽目を外してしまいそうになる場面も。

 

ストレス解消がしたい!と思った時

ストレスを解消したくて、飲み会に参加をする既婚者もいます。でもとりあえず…という思いしか、最初は持っていなかった場合も。

ところが、参加をしている時に「もっとストレス解消がしたい」と思うような場面もあるのです。

 

話が弾んだ時

相手と話が思っていたよりも弾んだ時には、楽しくてストレス解消できていると実感できるもの。

そして、もっと親しくなりたい気持ちになるでしょう。話が合う相手とは、なかなか会えないと思う人もいます。

でも既婚者が飲み会に参加をした時に、話が合うような人と出会えると、とても嬉しい気持ちになるでしょう。

自分の話す内容に対して、笑顔でうなずいてくれる姿を見ると、幸せな気持ちになりストレス解消にもつながるのです。

そして、もっと親しくなりたいと思うので、浮気について少し頭をよぎるような場合もあるでしょう。

 

飲み会が楽しいと思った時

飲み会自体が楽しいと思うと、ストレス解消できればいいなというだけのつもりが、予想以上に楽しめるもの。

既婚者だから飲み会に参加をしても、あまり楽しくないのでは?と思っていただけに、驚いてしまうかもしれません。

でもこういう時に、出会う相手に対して心を開いてもっと楽しみたくなってしまうもの。飲み会を楽しめる自分に対しても、嬉しいと思うのです。

自分は、飲み会なんて楽しめる余裕のない人間だと思っていたけれど、充分楽しめるんだと思うと、これからの自分に対して何等かの可能性を感じるような時もあるでしょう。

 

好みのタイプを見つけた時

既婚者の飲み会に参加をした時に、好みのタイプに出会う場合もあるでしょう。ただ出会っただけならここで終わることも。でも、好みのタイプとやりとりをする場面もあるかもしれません。

 

内面を知った時

外見が好みでも、どうせ内面は違うだろう…と思っていたら、内面もとても魅力的で驚いてしまうようなケースもあるのです。

外見も内面も素敵な相手だと思うと、この人と親しくなりたいと思うのは当然かもしれません。

一線さえ越えなければいいと思う気持ちもあるでしょう。内面について、好みではないのなら、ただ飲み会で楽しいと思うだけで済むはず。

でも内面も好みだとすると、浮気について少し心に浮かぶようなこともあるでしょう。

 

好みだと言われた時

相手からも好みだと言われるような場面もあります。こうなると相思相愛のようで、恋愛が始まるような予感に。

でも浮気は良くないことだから…と思い、自分の中でセーブをする気持ちもあるでしょう。ところが、心のどこかでは好みの相手から好かれたという事実が、とても嬉しいのです。

自分にとって魅力的な相手から、好かれるのは幸せな気持ちになり、自分に自信を持てるようになるでしょう。

こういう機会があると、浮気について少しは考えてしまうのは、当然なのかもしれません。

 

次の場所に行くことになった時

既婚者の飲み会に参加をした後に、仲良くなってから次のお店に行こうと誘われたとしたら。

このまま二人で行ってしまおうかな…と思う気持ちになる時も。もっと深く色々な話がしたいと思うので、ここで帰ってしまうのはもったいないと思うのでしょう。

次の場所に行くかどうか迷った時点で、浮気について心の中で浮かぶ時も。でもこのまま次のお店に行って話すだけなら、浮気にはならないと思うと実際に行くようなケースもあるでしょう。

 

まとめ

既婚者が飲み会で浮気について思うのは、当然のことではなくて、タイミングやきっかけなどがあるのです。

自分にとって、こういう機会が訪れた時には驚きもありますが、自分の中にときめく気持ちがあるのを、嬉しいと感じるかもしれません。

そして、ここからどう進むのかは自分次第と言えるでしょう。自分をしっかりコントロールして、飲み会の後にすぐに帰宅をする人もいます。

でも、コントロールをしていてもどうしてもこのままでは帰れないと思うような人も、実際にいるかもしれないですね。

セカンドパートナーとは?持ちたいと思う心理について

セカンドパートナーとはどのようなもの?と思い興味を持ちながらも、あまり把握をしていない人も。もしくは既にセカンドパートナーを持っている人もいますよね。

今回は、セカンドパートナーを持ちたいと思う心理について、深く見ていきましょう。

 

セカンドパートナーの定義について

セカンドパートナーについて、定義が気になる…と思う人も。この定義についてお伝えしていきましょう。

 

一線を越えない

一線を越えないというのが、セカンドパートナーの定義と言われています。一線を越えるかどうかで、浮気ではなくセカンドパートナーの存在だと思うと、不思議な気持ちになる人も。

でも一線を越えないと思うと、どこか安心感を持てる人もいるでしょう。どこか物足らないと思う人もいるかもしれません。

でもだからこそ、長く一緒にいられて心を通い合わせることができると思うと、嬉しい気持ちになりますよね。

 

ハグやキスについて

ハグやキスについて、セカンドパートナー同士はするのだろうか?と思う人も。ハグやキスについては、OKだと言っているセカンドパートナーは多いのです。

ということは、本当に一線を越えない以外は不倫相手とあまり変わらないと思うかもしれません。

でも現在は、夫婦ともセカンドパートナーを持っているケースもあるので、こう考えると時代は変化をしてきていると思えてくるでしょう。

ハグやキスがOKだと思うと、デートをしたり連絡を取り合ったりするのも、可能な場合が多いのです。二人でどうしたいのか話し合い、理想的な関係を築く場合が多いでしょう。

 

セカンドパートナーを持つメリット

セカンドパートナーを持つと、どのようなメリットがあるのでしょうか。このメリットから知っていくようにしましょう。

 

生活に張りが出る

今までの生活がマンネリでなんだか退屈。でもセカンドパートナーを持つと、生活に張りが出る人は多いです。

今までと比べて、世界が違うもののように思う人もいるでしょう。セカンドパートナーを持ちたいと思うのは、メリットがあると考える人が多いから。

このメリットのひとつに、生活に変化があるというものがあるのです。生活に対して、それなりに満足をしているけれど、何か足らないものがあると思う気持ちも。

この足らないものを得られると、生活が楽しくて充実したものになる可能性は高いでしょう。

 

自信を持てる

セカンドパートナーを得ることで、自分に自信を持てる人もいます。これは、男性だけではなくて女性にも言えるのです。

自信を持ちたいと思いながらも、これができない人もいますよね。でも、セカンドパートナーがいてくれると思うと、それが自信になるのです。

自信が持てない…と今までに思っていたのが、嘘のように自信につながるような場合もあるでしょう。

自信を持てないと悩む人は多いですが、自信の持ち方がわからないままということは多いですよね。

でも自分が得たいものが得られたと思い、孤独ではないと感じると自信につながるようなケースは多いのです。

 

セカンドパートナーを持ちたい人が多いのはなぜ?

セカンドパートナーを持ちたい人が増えているのは、なぜなのでしょうか。その理由について見ていきましょう。

 

情報を得たから

セカンドパートナーについての情報は、テレビなどでも見ることが多いですよね。ネットでも見る機会があるもの。情報を得ると興味を持つ人は多いのです。

周りが持っているのなら、自分も持ちたいと思う気持ちが強くなるのでしょう。せっかくの機会だから…と思う気持ちも強いはず。

自分の大切な人生だと思うと、自由に過ごしたい思いも出てきますよね。情報を得るたびに、どんどん興味を持つような人もいます。

情報社会の現代だからこそ、自分も取り入れたいと思うようになるのでしょう。ネットニュースだけではなくて、普通のサイトを見ていてもセカンドパートナーを知るような機会もありますよね。

そうすると、自然に興味が出て自分の中で情報を得たという気持ちになる場合が多いでしょう。

 

持っている人がいるから

身近に、セカンドパートナーを持っている人がいて、この良さを聞くとうらやましい気持ちになるもの。

自分も得られたらいいのに…と思うのでしょう。そして持っていないのが自分だけのように思ってしまうのです。

本来はそうではなくても、自分が何か劣っているので持てないように思う人もいるでしょう。

自分よりも容姿が悪い相手が持っているとなると、なんとなく負けているような気持ちになり悔しさを感じてしまうもの。

できれば、早い段階でセカンドパートナーを得たいと思う気持ちになるのは当然かもしれません。

 

セカンドパートナーを得られる可能性がある場所

セカンドパートナーは、どのような場所で得られるのでしょうか。得られる可能性のある場所について、見ていきましょう。

 

SNSで出会う

自分の趣味に合うSNSのコミュニティなどで出会う人は多いです。実際に自分の趣味と合う人となら、話していても楽しいと思うのでしょう。

SNSにも様々なものがあります。コミュニティのオフ会に参加をして、セカンドパートナーを見つける人もいます。

SNSは誰でも簡単に始められるもの。だからこそ自分も出会いたいと思い、SNSのアカウントを持つ人もいるでしょう。

最初はネットだけのやりとりをしていて、段々と親しくなったら電話で話すようになるケースもあるかもしれません。

 

既婚者合コン

既婚者合コンに参加をする人の中には、セカンドパートナーを得たいと思う人がいる可能性も。

既婚者同士だからこそ分かる悩みについても、語り合えるのは嬉しいですよね。こういう時間を持つと、気持ちがリフレッシュできるのです。

そして、こういう時にセカンドパートナーになれるような相手を見つけて、誘うようなパターンもあるかもしれません。

必ず出会えるわけではなくても、セカンドパートナーを見つけられる可能性があると言えるでしょう。

 

まとめ

セカンドパートナーとは、自分にとってプラスになるかどうか、これについてよく考えてみる必要があります。

世の中で多くの人が得ているからといって、自分にとってはプラスになるとは限らないのです。

自分にとって、どうなのかを考えたうえでセカンドパートナーについて、どうしたいのかを決める必要があると言えるでしょう。

既婚者が惹かれる女性はどんなタイプ?

既婚者が惹かれるのは、どのような女性が多いのでしょうか。今回は、既婚者の男性が惹かれる女性に対して、どのような雰囲気なのかを見ていきましょう。

 

外見について

外見だけで一目惚れをする男性もいます。ではどのような外見の女性に対して、男性は魅力を感じるものでしょうか。

 

オシャレな女性

ある程度オシャレな女性のほうが、素敵だと男性は思うもの。かといってあまりにもお金をかけてオシャレをしている女性に対しては、男性は引いてしまうのです。

金銭管理ができていない女性は、できればあまり仲良くなりたくないもの。でもあまりコストをかけなくても、オシャレな女性はいますよね。

色のコーディネートなどについても、上手な女性は輝いて見えるもの。こういう女性なら、「これから先に、もっと仲良くなりたい」と男性は思うのです。

オシャレについて、教えてほしいと思う気持ちもあるかもしれません。オシャレに興味のある男性もいますので、趣味が合うと思われて仲良くなれるケースもあるでしょう。

 

メイクについて

メイクはできればナチュラルメイクがいいですね。あきらかに厚化粧の女性は、素肌に自信がないように、男性としては思うものです。

厚化粧をしなくても、素肌の綺麗な女性は多いでしょう。このため、メイクで隠してしまう必要はないのです。

できるだけナチュラルメイクをしたほうが、年齢よりも若く見えるというメリットもあるでしょう。

これからメイクについて学んでいく場合には、自分の雰囲気に合うナチュラルメイクの技術を得るようにしたいですね。

例えばメイク用品についても、あまり多くのものを使う必要はないのです。使えば使うほど綺麗になると考える女性もいますが、その逆もあると言えるでしょう。

あまりメイク用品を多く使わないほうが、ナチュラルメイクに近づくので、結果として綺麗に見えるため、男性からも好かれやすいでしょう。

 

内面について

どのような内面を持つ女性を、既婚男性は素敵だなと思うのでしょうか。内面についても見ていきましょう。

 

明るい性格

話していて暗くなってしまうようなタイプよりも、一緒にいて明るい気持ちになれる女性の方がいいと思う男性は多いでしょう。

でもあまり明るすぎると、一緒にいて落ち着かないもの。適度な明るさを持ち、ポジティブな考え方ができるような女性が好まれやすいのです。

明るい性格を意識するには、まずは笑顔でいるようにしてみましょう。辛い時まで無理に笑顔でいることはできないので、こういう時には口角を上げてうつむかずに前を向くように。

これを意識するだけでも、明るい雰囲気を相手に与えられるようになるのです。そして、内面も自然に明るくなってくるでしょう。

あまり明るい性格ではないと自分で思う人でも、少し工夫をするだけで明るい性格になるのは十分可能なのです。

 

優しい性格

思い遣りのある優しい性格の女性なら、一緒にいて男性は安心感や癒しを与えてもらえると考えるでしょう。

でも、優しいとお人好しは違うもの。そしておせっかいになってしまうのも、避けるようにしたいですね。

おせっかいになってしまうと、男性はやりとりを面倒だと思うものなのです。この人とのやりとりが、面倒だな…と思われるほどおせっかいにならないように、気を付けましょう。

そっと見守る心の余裕も大切なのです。こういう優しさもあると理解をすれば、優しさをアピールするばかりではNGだと気が付くでしょう。

 

話を聞いてくれるかどうか

男性も時には、愚痴や悩みを人に話したいものです。これに対してきちんと聞いてくれるかどうか。これにより、この女性に魅力を感じるかも変わってくるでしょう。

 

自分の話ばかりする女性

一緒にいても、自分の話ばかりする女性がいます。話上手なのは良いのですが、聞いているだけでは男性は疲れてしまいますよね。

しかも内容が、愚痴や悪口などマイナスイメージのものが多いと、男性は辟易してしまうのです。

自分の話ばかりする女性は、聞いてほしい気持ちが強いのですが、聞いてくれれば誰でもいいからと、考えている可能性が高いでしょう。

もしも自分の話をする時には「やっぱり〇〇さんだから話せる」「聞いてくれてありがとう」と、相手に伝えるのを忘れないようにしましょう。

自分の話を聞いてくれるのを、当然のように思っている女性は男性から避けられる可能性があるのです。

 

男性が話したそうにしている時

男性の元気がない時や、何か話したいことがあるような時には、こちらから「どうしたの?なんでも話してね」と優しく言うようにしましょう。

できれば、人に弱さを見せたくないと思う男性は多いのです。でもやはり普段から辛い出来事が多いと、男性としても苦しくなってしまうもの。

こういう時に、話をちゃんと聞いてくれるような女性に対して、男性は感謝の気持ちを持つのです。

そして、これからもこの人がいてくれるのなら…と思い、安心感を持つでしょう。男性は安心感や癒しを与えてくれる女性を求める傾向があると言えるでしょう。

 

熱く語っている時には

男性が熱く語っているような時には、これに対してしっかりと聞くようにしましょう。熱く語るということは、趣味や仕事に対して聞いてほしい思いがあるからです。

この思いを理解して、きちんと話を聞いてあげるようにしましょう。相手の言葉に対して否定をしたり、冷たい態度を取ったりするのはNGです。

こちらから聞いていて、退屈だと思う内容があるかもしれません。でも相手にとってはとても大切な話の場合もあるのです。

相手の話を聞くようにすれば、自分にとってプラスになる場合もあると思うようにしたいですね。

 

まとめ

既婚者が惹かれる女性は、男性にとってときめきだけではなくて、癒しを与えてくれる場合が多いのです。

男性に対して、譲るところは譲れるような柔軟性求められる場合が多いでしょう。でも自立心をもって努力をしている女性も、既婚の男性から見てとても魅力的なのです。一緒に歩んでいきたいと思われるようなケースもあるでしょう。

お互いにどのような関係性であっても「この女性と関わっていきたい」と思わせる女性は、同性から見ても素敵ですよね。

こういう女性を目指すようにしていると、自然に自分自身を高めていけるので意識してみるようにしましょう。

既婚者の恋愛事情!セカンドパートナーが癒やし?現代の夫婦の在り方とは

近年じわじわ耳にするようになった「セカンドパートナー」

アラフォー・アラフィフ世代に急増している新しい恋愛タイプとでもいいましょうか。

セカンドパートナーを求める人は年々急増しており、お互いがお互いにセカンドパートナーをもつことに公認している既婚者夫婦もいるというから驚きです。

今回は、そんなセカンドパートナーについての既婚者の恋愛事情を明らかにしていきます。

 

1.既婚者だって恋愛する!?

人間だもの、何歳になっても、結婚をしたとしても恋愛感情は消えないですよね。

異性に対して、ちょっとしたことでドキっとすることもあれば、優しくしてもらったらその日一日はその人のことで頭がいっぱいになる。その気持ちは、年齢を重ねても感じるものだと思います。

むしろ結婚して、結婚10数年目でパートナーに対して気持ちが落ち着いているときの方が感じやすいかと思います。

長いこと結婚生活をともにしていると、異性というよりも家族関係になってしまい、異性特有のドキドキ感などは失われていき、もう一度異性にときめいたり、自分のことを好いてくれる人と素敵な時間を過ごしたいと思うこともありますよね。

ただ、既婚者という立場ですから、一線を超えてしまうと「不倫」というダブーの領域に脚を突っ込んでしまうことにもなります。

ここ最近は、不倫が原因の離婚も多いですが、不倫に対しての世間からの目はまだまだ厳しいですし、恋心を抱いたからといって、不倫までして結婚生活を終わりにしたいかというと違うという方も多いと思います。それでもちょっぴりドキドキした刺激やトキメキが欲しいと思う方は多いのではないでしょうか?

 

2.セカンドパートナーが癒やしとの声

セカンドパートナーとは、友達以上不倫未満という関係にあたるものです。

つまり体の関係はタブーとされています。体の関係がないという部分こそ、不倫と大きく違う点ですね。

「恋心」や「信頼関係」など、友達とは違う深い一面を持ちつつ、不倫のような体の関係がないセカンドパートナーは、既婚者でありながら恋心を忘れてはいないアラフォー・アラフィフ世代に増えつつある新しい関係性です。

体の関係は結べないのに、じゃあセカンドパートナーに何を求めているかと言いますと、マンネリした夫婦関係の逃避や人生の楽しみ、男・女としての自信、ワクワク感、離婚や死別あとの備えなどが挙げられます。

特に女性は、いくつになっても女でいたいという気持ちが強い生き物ですから、旦那さんに女性として扱われなくなったときにセカンドパートナーから女性として扱いを受けるようになるとセラトニンが分泌され、幸せな気持ちになることが出来ますし、肌艶も良くなり、綺麗になっていきますよね。

また、体の関係を持っていないことで一線を超えてしまったという精神的な罪悪感を感じることなく関係性を楽しめる点も一つ。

子供たちも独り立ちして、近くにいる人が旦那さんだけになると、いきなり寂しくなったり、不安になる女性が多いのですが、そういったナイーブな心も少しは取り払うことが出来る点は嬉しいです。

既婚者同士なので、同じ悩みを抱えている人も多く、セカンドパートナーが癒やしになっているというのも納得しちゃいますね。

 

3.セカンドパートナーのメリットとデメリット

ここまでの話だと、良いことばかりでセカンドパートナーも悪くないなーと思いますよね♡

ですが、良い話は裏もある…!というわけでセカンドパートナーのメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

【セカンドパートナーのメリット】

・ドキドキした日常をおくれる

・不倫のような悪いことをしている罪悪感が薄い

・夫婦のマンネリや悩みを相談・解消できる

・心に余裕が生まれパートナーとの関係が良くなる

・容姿に気を配るので、綺麗になる

 

長年夫婦の時間をともにすると、パートナーに対してドキドキすることがなくなり、安心感はあるもののトキメキはなくなりますよね。それをうまくカバーしてくれるのが、セカンドパートナー。

いつもの日常にトキメキが加わり、心の余裕もでき、逆にパートナーに対して寛容になれるとの声が多いです。相談も無理にパートナーにとって貰う必要もなく、望んだ答えなんかもないため、精神的にも軽くなる方も多いとのこと。

不倫ではないことから、罪悪感も少なく出かけられるのもメリットの一つ。

 

【セカンドパートナーのデメリット】

・大切な人を失う可能性もある

・不倫と疑われるデートや行動はNG

・一線を超えることは絶対にしてはいけない

・周りからの理解が得られないこともある

 

肉体関係がなくプラトニックな関係ではありますが、やはり傍から見たら不倫と変わらないのがデメリット。

いくら一線を超えていなくても、結婚している者同士がデートを重ねていれば、いかがわしい目で見られてしまうもの。特に日本は不貞行為に厳しい国ですからね。

そのため、不倫に疑われるような密室でのデートや旅行、ホテルに行くのは絶対NGです。

また、パートナーを傷つける原因にもなりかねませんし、夫婦関係に亀裂ができる可能性も0とは言えません。

 

4.まずは夫婦の在り方について考えてみよう

不倫ではなくセカンドパートナーという道を選んだということは、今のパートナーとの夫婦関係も大切にしたい、結局はパートナーが一番大切な人だと理解しているからですよね。

ですが、異性と2人で頻繁に会うのは、世間一般的に浮気と同じです。肉体関係がいくらなくても疑われてしまうもの。セカンドパートナーという言葉を知らない方もまだまだ多いですからね。つまり、パートナーから疑われることを視野に入れなければなりません。

「相手がしていたら自分はどう思うだろう」と思ったときに、少しでもいやだなと思うならば、セカンドパートナーは作らない方が無難です。

まずは、解消できる不満なのか、亀裂があるならば夫婦で解消できないかを考えてみることから始めましょう。

 

実は世の中には、夫婦間でセカンドパートナーの存在を認めている夫婦の形もあります。

片方にセカンドパートナーがいるパターンもありますし、両方にセカンドパートナーがいるパターンなど、種類は様々ですが存在します。そんな夫婦には以下のような特徴があります。

・お互いにセカンドパートナーの意味を理解している

・お互いに嫉妬しない

・しっかり予定は伝えている

・ホテルや旅行などの密室では会わない

・セカンドパートナーを作ってから夫婦関係が良くなった

など最低限、パートナーに信頼してもらえるような決まりごとを設けているようです。

確かにいくら公認だとしても、パートナーが異性に会う状況に対して少なからず嫌な気持ちにはなりますもんね。

レアなケースではありますが、公認の状態が一番やましくもなく、安心感も高いと思います。

 

5.セカンドパートナーとの出会いはどこ?

セカンドパートナーとはどこで出会うのか気になる方も多いのではないでしょうか?

街中で声をかけられても怖いですし、すでに結婚している異性の友達というのも気分的に乗らないですからね。

 

多くの方が、既婚者合コンや出会い系サイト、趣味のサークルなどで探す方が多いようです。

出会い系サイトは、セックス目的であったり、本気の恋人探しの方が多いので、しっかりとセカンドパートナー希望と書いておくのがベストです。とは言っても、年々SNSや出会い系での大きな事件が増え続けていますし、素性を知らない相手といきなり1対1で会うのって抵抗がありますよね。

そんな方におすすめなのが、直接大勢の場で会うことができる趣味のサークルや既婚者合コンです。

 

趣味のサークルは月額制などなので、金銭的負担は大きいかもしれませんが、自分と趣味の合う人を見つけることができますし、自分のストレス発散としてもいいですね。

また、既婚者合コンは同じ目的の人も多く、セカンドパートナーをすぐに見つけることが出来るので人気が高いです。

既婚者合コン、名前はちょっとグレーな気がしますが(笑)現在とても人気があり、メディアでも取り上げられるほど話題です。

名前のとおり、既婚者のみが参加できる合コンで、1回の参加で複数人と出会うことができますし、連絡先も自然の流れで交換できるので、自分の好みに合った人を探しやすいメリットがありますし、参加者の管理をしっかり運営側がしているのでトラブルも起きにくいのもポイントです。ぜひ、この機会に既婚者合コン気晴らしにでも参加してみてはいかがでしょうか?

 

まずは考えてみてから行動

セカンドパートナーは、結婚生活に潤いをもたせてくれる存在です。

ですがその一方で、夫婦間を壊す原因にもなるので、まずは夫婦の在り方を今一度考える必要がありますね。

それでも、セカンドパートナーを見つけたいと思った方は、既婚者合コンや趣味のサークルなどの安全なコミュニティーを使用して信頼できる素敵なセカンドパートナーを見つけてみてくださいね。

 

婚外恋愛について賛成?それとも反対?

婚外恋愛については、賛成する人と反対する人、もしくはその時の状況による人など、様々なタイプに分かれます。

今回は、婚外恋愛をどう思うのかについて、詳しく見ていきましょう。

 

婚外恋愛を賛成する理由

婚外恋愛に対して賛成をする人の理由は、どのようなものなのでしょうか。いくつかご紹介していきましょう。

 

生活に張りが出るから

日々の生活がマンネリで退屈だと思う人にとって、婚外恋愛は生活の張りになる場合もあります。

日々の楽しみになり、モチベーションアップをするケースもあるでしょう。生活に張りを出したいと思う人にとっては、婚外恋愛は魅力的なものかもしれません。

こう思うタイプなら、婚外恋愛を賛成だと思うでしょう。実際に自分自身が婚外恋愛の経験がある人なら、その良さについて知っているケースもあるのです。

 

新鮮な気持ちになれる

恋をすることなんてもう遠い昔で、これから先にはないだろうと思っていた人にとっては、婚外恋愛をすれば新鮮な気持ちになることができます。

恋愛をもう一度できるなんて…と思うと、自分の自信になる場合もあるのです。このため、婚外恋愛については、賛成をしたいと思う人もいるでしょう。

結婚をして幸せだけど、恋愛を夫とするのはもう家族としてしか見られないので無理。このため、外で恋愛をしてみたいと思う既婚者もいるのです。

新鮮な気持ちになれば、日々が楽しいものになりますよね。この楽しみを感じたいので、婚外恋愛について賛成なのでしょう。

 

婚外恋愛を反対する理由

では婚外恋愛を反対する人にとって、この理由はどのようなものなのでしょうか。その思いについても見ていきましょう。

 

後で後悔しそうだから

婚外恋愛をしている時は楽しくても、後から後悔をするような例もあります。このため、婚外恋愛をしなくても、友達で十分なのでは?と考える人もいるでしょう。

楽しくてうまくいく婚外恋愛もあれば、そうではないようなケースもあるのです。まさかこんな風に辛い経験になるなんて…というリスクがあるのなら、しない方が良いと考えるのでしょう。

一時的な気の迷いでしてしまう婚外恋愛は、虚しい思いをする可能性もあるので、こういう点からも反対する気持ちを持つのかもしれません。

 

パートナーに申しわけないから

夫や妻がとても自分を大切にしてくれるタイプなら、もし婚外恋愛をしたらパートナーに申しわけない気持ちになりますよね。

でも自分を大切にしてくれなくて、全然普段から話さないような場合には、話し相手だけでも欲しいと思うもの。

話し相手ならOKでも、婚外恋愛になるとNGだと思う人もいるのです。でも、恋愛といっても様々な形があるもの。

魅力的だなと思う程度のものもあれば、本当の意味で恋愛をしてしまうケースも。どの段階までならOKだと思うのかは、人により違いがあるのでしょう。

 

婚外恋愛を賛成でも反対でもない理由

婚外恋愛に対して、賛成とも反対とも言えない人は、なぜこう思うのでしょうか。理由について考えていきましょう。

 

タイミングにもよるから

タイミングによって、婚外恋愛になるケースもあります。自分ではあまり意識していなかったけれど、気が付けば婚外恋愛に至っていた例も。

この場合は不可抗力でもあるので、仕方がないと思うのでしょう。実際に恋愛をしたい気持ちが強くて動いても、相手を見つけられない場合もあります。

でも見つけたいと思っていなくても、見つかるようなパターンも。こういう場合もあるので、賛成とも反対とも言えないと思う人は案外多いのです。

 

正解や不正解がないから

婚外恋愛に対して、これが100%不正解のわけでもなく、婚外恋愛をしないのが100%正解のわけでもありません。

人により思いも違えば、状況も違ってくるでしょう。世の中のものは、全てが白黒で決められるのではなくて、正解と不正解だけしかないわけでもないのです。

自分にとっての正解が、人にとっての不正解の場合もあるでしょう。この逆として、人は正解だと言うけれど、自分は同じようには思わない時もあるはずです。

 

婚外恋愛以上に大切なものは?

婚外恋愛以上に本当の意味で大切なのは、何なのでしょうか。一度考えてみるのも良いかもしれません。

 

人とのつながり

トータルで見ると、人とのつながりが一番大切だと言えるでしょう。このつながりが、家族や友達、もしくは恋人の場合も。

それは人により様々です。一人の人だけが大切なわけではなくて、大切にしたい人が多いほど幸せだという考えもあるでしょう。

人とのつながりを大切にすることで、人からも大切にされるケースもあるのです。

 

まとめ

婚外恋愛を賛成や反対だと言い切るよりも、人との出会いを大切にするところから始めてみると良いかもしれません。

人との出会いは、自分にとってプラスのものも多いでしょう。プラスになるのなら取り入れていきたいと思うのは、決して悪いことではないのです。

自分にとって今、何が必要なのかは人それぞれ。一度自分にとって大切なものや、求めるものについて考えてみるのもいいですね。

既婚者サークルとは?不倫や浮気ではなく大人の出会いのきっかけ!

既婚者サークルの意義

既婚者と聞くと家庭を持ち社会的にも責任を負っているというイメージがあります。と共に、会社と家の往復で心身共に疲労を感じることが多いのも事実。疲れている既婚者男性や毎日子供に向き合ってクタクタな専業主婦、家事育児と仕事のWワークのような日常を過ごしているママも沢山います。

独身の頃だと仕事が終わると友達や同僚と遊びに行くことも飲みに行くことも出来るのに、既婚者は叶わない。いつも横目で若い彼らを見ながら家路につく毎日。

男女平等を謳われている現代は、キャリアを上げるために自分を犠牲にしている人が多いですよね。既婚者サークルは毎日頑張っている既婚者限定の男女のサークルのことを言います。

既婚者同士の出会いと言っても不倫や浮気を推奨しているのではなく、日頃のストレスや悩みを相談するなどして、できる限りストレスフリーになろうという取り組みでもあります。

一人で参加するのは不安だという方も安心なので、楽しい時間が過ごせそうですね。

 

夫に対するストレスを解消する

毎日過ごしていると夫婦間にもイライラが現れ、ちょっとしたことでストレスが増長したり。いつも気が合うパートナーが理想なのに、互いが余裕がなく、毎日同じことの繰り返しで楽しむことができない。

あまりイライラを相手にぶつけることはしたくないのに、ストレスを解消しなければ治まることがありませんよね。発散させられるような趣味があっても、やはり人との出会いを楽しみたいものです。

女性は人と会話することでストレスを発散できます。確かに旧知の友達と食事や飲みに行くと盛り上がってスッキリ次の日を迎えることができます。既婚者女性は男性と違い、家事と育児をこなしてから出かけないといけないとか、飲みに行く食事に出かけるといったことが後ろ髪をひかれる気がして二の足を踏んでいる人も多いのです。

でも夫を支えて頑張っているのですもの。家族も奥さんやママが毎日笑顔でいてくれる方が嬉しいですし、生き生きしていると家庭の中もパッと明るくなるに違いありません。

子育てのストレスは子育て経験のある人に相談

また、子育てのストレスも一人で抱えていては発散することは出来ません。少しの時間でも子供と離れてリフレッシュする時間は必要なのです。子供を置いて出かけることに罪悪感を感じていては、ママという仕事に押しつぶされてしまいます。

そこでママ友に相談、といきたいところですが何でも話せるママ友というのが難しく、学生時代の友達に比べて何かあるとすぐ亀裂が入ってしまうのも怖いところ。子育てのストレスを相談しているところが『あなたのはまだマシ。私の方が』と返されてしまったり、結局心の内を話できる相手がなかなかできないのも現状、という女性は多いはず。

子育ての相談は経験のある方で、逆に自分のことを余り知らない人に打ち明けるのがいいことも。余り暗くならずに飲み会やサークルでそういった人たちが集まる場所だと楽に話がしやすいのではないでしょうか。

夫婦でデートってしているの?

夫婦でデートって、どこの家庭でもしているの?これも大きな疑問です。夫婦の赤裸々な話はあまり隣近所やママ友には聞けないコト。まして夫婦の夜の生活の話になると尚更聞けないですよね。でも、人様の夫婦生活ってどうなんだろうという問題は非常に気になるところ。

そういった自分のことや家族のことをよく知っている人には聞けない話も、既婚者サークルで話題にするのも可能なのです。周りには聞けないことも、ここなら聞けそうという場所があるとあなたのストレス発散にもなるのでは。

ところで、夫婦でデートをしている家庭ですが割と多いそうですね。いつも仲がいいというよりケンカもしながらも、まぁ楽しく過ごそうよという歩み寄りが互いの中にあれば実現するようです。

夫婦が険悪であるよりも、奥様であるあなた自身がストレスをすっきりさせて夫に向き合っているといい夫婦関係で居られるかも知れないですね。

不倫や浮気ではなく同性とも出会える場

既婚者サークルというと既婚者同士が楽しむ場所なのですが、ここには不倫や浮気を前提にした出会いを進めているわけではありません。サークルや合コンというと独身同士で集まるというイメージなのを既婚者に置き換えて楽しもうというコンセプトがあります。

異業種交流や仕事がバックにある飲み会、家族や家庭がきっかけのお付き合いは、やはり何か気も遣いストレス解消、とまではいかないものです。いつも背負っているものをちょっと降ろして楽しむ時間は、現代の闘っている既婚者には必要不可欠。

そしてなかなか男性と会話するきっかけもないという女性にはコミュニケーションを取るという意味でも、気楽に会話ができる場所はとても大切。お酒が入ると楽しく会話もできますし、同じ既婚者ということで話も弾むのではないでしょうか。

少しだけいつもとは違う自分になって会社の同僚やママ友、また学生時代の友達とは違う新しい出会いをぜひ探してみては?

 

 

 

 

不倫ではない?既婚者でもたまには異性と飲んで息抜きしよう

会社やママ友の飲み会に参加しても発散できないわけ

会社やママ友と飲み会をしても思いっきり発散できない。羽目を外すほどのことはしたくないけど、余韻が残るというより日常の延長であり会社の飲み会に至っては半分しかたなく参加しているといったほうが大きいもの。

それに、そこに男性がいても別にときめくことも無く終わってしまって、ドキドキすることなんてほぼなくて。新しい出会いもなくいつも同じメンバーで飲んでいても思いっきり発散、というわけにはいきませんよね。

いつもと違う何か、を求めてしまうのも、日常の延長でしかないお付き合いが多いからかもしれません。思いっきり余韻が残るような飲むきっかけが欲しいと思いませんか?

今回は日常とはちょっと一線を画した空間での飲み会についてご紹介します。

 

既婚者女性が異性と飲むと不倫のはじまり??

外に出て飲みに行くというのは、お酒が好きな人にはストレス発散の場所であり楽しい場所でもあります。テンションが上がり盛り上がる空間はいいですよね。でも既婚者の自分は家庭もあり子供もいる、そしてなんとなく後ろめたく罪悪感を感じてしまう。それでは仕事上の付き合いやママ友とお出かけするぐらいで終わってしまいます。

一般的には既婚者の女性が仕事の付き合いでもなく子供の友達のパパさんでもなく、異性と飲むというのは不倫の始まりと見られるのでしょうか。もちろん旦那に言えない何かを期待してのことだと明らかに罪悪感が湧いてくるものでしょう。でも、本当に楽しく飲みたいからということで、しかも二人で飲むということでなければ、全部が全部不倫に直結するわけではありません。

もし、不倫や浮気を推奨するような飲み会ではなく既婚者同士で友達を作りませんか、というサークルなら旦那さんに女性も来るサークルだから、とあらかじめ伝えていれば奥さんが男性とのイケない関係を求めて行くのではないと認めてくれますし、思い切って話をしてみるのがいいかも知れません。

どこからが不倫や浮気のボーダー?

では不倫はどこからがボーダーなのでしょうか。よくメディアでは【ここまでは許せる浮気の裏事情】みたいなテーマでリサーチしています。男性女性でも差があるようで、男性は体の関係で浮気と思っているところが女性の中には誘っただけで浮気というちょっとびっくりな結果も。

あまり旦那を抑えつけすぎると逆にそこから別の異空間を探したくなるのが男の性(さが)。とはいえ二人きりで会うと確かに誤解はあるかもしれませんね。奥さんの疑心暗鬼を軽減するためにも複数人での新しい出会いの飲み会はワクワクドキドキ楽しみですよね。

既婚者女性も男性と二人きりで会うのではなければ怖いことはありません。どうしても異性と二人で会うというのはリスキーですしできれば避けたいこと。そういう意味でも同じ既婚者同士の飲み会は、同じ悩みを持つ者同士で話も出来ますし盛り上がりそうです。

主婦の恋愛事情

ここで主婦の恋愛事情も垣間見てみましょう。今SNSが日常では必要不可欠ですが、やはり主婦の恋愛には欠かせないのがネットでの出会いです。顔の見えない相手の言葉に惹かれ、人となりをそれだけで想像してしまう危険性があります。相手が体目的で近づいても『君に会ってみたい』と優しい言葉ばかりを投げかけられると自分が好きなのかも、と思い会うことをOkしてしまう。実は主婦の半数以上は実際に不倫しているかしてみたいと思っているという統計も出ています。

確かに女性として輝いていたいものですし、優しい言葉もかけられたい。でもそれがきっかけで不倫にのめりこんでいくことは非常に危険です。女性は男性と違い相手を想いだすと留まるところを知りません。ただそうなるには主婦としての毎日が大きく関係しています。

毎日朝早く起きては家族の世話をして送り出す。そのあとは余り仲の良くないママ友とのランチ会やご近所付き合いが待っています。仕事をしている主婦ならもっと時間のない状況で余裕もなく日常が過ぎていきます。その中でドキドキしてみたい、私も女なのだからという思いがくすぶってしまい、ちょっと覗いてみたいと思ったのが出会いをテーマにしたSNS。

主婦の恋愛事情は、家族がいる中での孤独で生まれた主婦の遊びみたいなところから始まるのです。

 

既婚者でも異性は友達になれるもの

主婦が忙しいのに心が何かを求めているのはやはりストレスや空虚から来るものが多いというのはわかっていただけたかと思います。リスキーな不倫や浮気はズルズルと続いていくもの。新しい出会いの扉を開き、同じ既婚者同士で話ができる仲間がいると危険な不倫にのめりこむことは無いでしょう。

自分を保つためには自分がどうしたいのかを見つめ、足元を固めることです。男性も女性も友達を求めて参加していますので既婚者同士の飲み会サークルで異性の友達を作ることは可能なのです。楽しんでくるね!と満面の笑みで出かけ、帰宅した時には楽しかった!とリフレッシュできていれば、ストレスでしんどそうなママを見るより家族は行ってよかったね!と声をかけてくること間違いなし。

家族のためにもたまには思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。

ときめきたいと既婚で思うのはどんな時?

ときめきたいと既婚で思う時も。夫相手にときめくことができれば理想ですが、これができないケースもあります。

では、どのような時にときめきたいと既婚女性は思うものでしょうか。

 

恋愛小説を読んだ時

最近では、電子書籍を読む人が増えていますが、時には活字の本を読んでみるのもいいですよね。こういう時に、眠っていたはずの「ときめきたい思い」が蘇るケースもあるのです。

 

主人公に自分を重ねる

恋愛小説の主人公を自分に重ねてイメージするのは、女性ならよくあること。これにより、自然に世界に入り込めるのです。

でも小説を読み終えてふと現実に戻った時に、ときめきたい思いを強く感じるケースも。恋愛小説のような恋がしてみたい…。そう思う気持ちに自然になる場合もあるでしょう。

 

妄想をしてしまう

妄想をするのが好きな女性もいます。でもこれには題材が必要。こういう時に活用したいのが、恋愛小説なのです。

電子書籍を夢中で読みながら、妄想を重ねていく。この時間をとても楽しいものだと思う、既婚女性もいるでしょう。

通勤の途中にスマホをずっと見ている女性の中には、電子書籍を読みながら「ときめいている自分」を妄想している可能性もあるのです。

 

好みのタイプを見つけた時

街を歩いている時や、通勤途中などにふと好みのタイプを見つけることも。でも毎日のように会う人に対しては、会釈をしたくなる気持ちになるのです。

 

相手の様子を見てみる

相手が「よく会いますね」と話しかけてくれたらいいのに…と思いながらも、自分からは話しかけられない女性は多いです。

自分は既婚者でも、相手は独身かもしれない。そして既婚女性が夫以外の男性に、積極的に話しかけるようなことをしてはいけないように思うのでしょう。このため、話しかけたいけれどできない思いがあるのです。

でも相手から挨拶や会釈をしてくれたら、嬉しくてときめいてしまうはず。

 

相手の目をじっと見つめる

こちらから見ていれば、もしかしたら目が合うかもしれません。もし目が合った時には相手に対して穏やかな笑顔を見せたい。

こう思うので、相手をじっと見つめる女性もいます。好みのタイプの男性なので、じっと見ているだけでも嬉しい気持ちになるケースも。

でもあまりにもじっと見ていると、相手の男性に対して失礼になるかと思い、目が合いそうになると、サッとそらしてしまうような場合もあるかもしれませんね。

 

過去の恋愛の夢をみた時

夢には深層心理が隠れている場合が多いです。もしも過去の恋愛の夢をみたのなら、自分の中の隠れた気持ちが関係していることもあるでしょう。

 

相手への未練

まだ相手に対して未練があるので、過去の恋愛の夢をみるケースも。納得できなかったサヨナラの場合は、なぜあの時に…といつまでも引きずってしまうのです。

できればクリアにしたいものですが、相手の連絡先さえもう分からないのなら、ひとまず自分のなかで整理をするようにしたいですね。そして前を向くように、意識するのが必要なのです。

 

今への不満

現状への不満があるので、過去の恋愛の夢をみる人も。あの頃に戻りたい…という深層心理があるのです。

ときめいていた頃に戻りたい気持ちがあるので、過去の恋愛の夢をみるのなら、ときめくことを探してみたいですね。

ときめくことは、恋愛だけではなくてもあるものです。恋愛以外にも人と出会うと、ときめいたり幸せな気持ちを感じたりするでしょう。自分なりに行動をすると、過去の恋愛の夢はみなくなる場合が多いのです。

 

新鮮な気持ちになりたい時

日々が退屈でつまらないと思うと、ときめきたい思いになるもの。どうすれば日々を新鮮で刺激的なものにすればいいの?と分からない人もいるでしょう。

新鮮で刺激的な日々を過ごすためには、実は様々な方法があるのです。

 

既婚者交流会に行く

既婚者だけの合コンに行くことで、新しい発見があるかもしれません。既婚者だから抱えている悩み、これを話し合う時間も大切です。

なんとなくモヤモヤしたままで日々を過ごすのも辛いですよね。でも既婚者交流会に行くと、思ったよりも楽しくて充実した時間が過ごせるのです。

既婚者の友達ができて、LINEでのやりとりができるかもしれません。こうすれば、日々は明らかに今までよりも、素敵なものになるでしょう。

 

同窓会などに行ってみる

同窓会の案内状を見ても、行く気にはなれない…と思う人も。でも時にはこういう場所にも行くようにしてみましょう。

懐かしい人たちに出会うと、まるで過去に戻ったように充実した時間が過ごせることも。憧れていたあの人はどうしているのだろう?と思うのなら、行動に移すようにしてみたいですね。

 

まとめ

ときめきたいと既婚で思うのは、女性らしさを大切にしたいから。この思いを無理に封印する必要はありません。

それよりも、自分自身がリラックスできてときめく場所に参加をするようにしてみましょう。

実際に参加をしてみると、今までの現実とは少し違った時間が過ごせるはずです。日々の忙しさから少し離れて、笑顔でいられる時間を過ごしてみませんか。

既婚者には恋愛が癒し?高校生、大学生の様な恋愛をしよう!

 

家庭に仕事に精一杯のあなたへ

 

家庭の中では主婦であり妻であり母親でいっぱいいっぱい。そこに仕事をしているウォーキングマザーはもっとハードな毎日を送っているはず。

いっぱいになっている理由は体が空かないだけではなく、精神的にも大きな負担となっているから。だからといって生活感丸出しでくたびれた外見でいるのは悲しいことですよね。男性はしっかり仕事をしてお金を家に入れればそれでよしとされている現代。確かに社畜という言葉がささやかれるほど激務の男性サラリーマンは多いのが現状。

でも、女性はそういうわけにはいきません。既婚者ともなると早朝から起きだしお弁当や朝ごはん、旦那や子供の出かける準備の手伝い。送り出したと思ったら今度は自分の準備。仕事に行く以上くたびれた顔では行けない。身だしなみを整え頭を切り替える。そんな毎日がいつ終わるともなくずっと続いて疲れてしまう。自分が壊れる前にふと鏡を見て下さい。

あなたは一人の女性なのです。

既婚者でも出会いは必要?

出会いには障害となりそうな既婚者という壁。でも前出のようにただただ忙しく過ぎている毎日を送っているママにも一人の女性として輝く時間は必要です。

昨今では婚外恋愛という言葉がネット上にもあふれ、既婚者同士が恋人として密かに逢瀬を重ねています。一人の女性として見てくれる人がいるというのは、多忙な毎日のオアシスになってくれるはず。

でも、実際に既婚者が出会いを求めるなんてどうなんだろうと思いますよね。それに本当に出会いが必要なのかどうか。会社で女性として扱ってほしいなどと考えてしまうと変に勘違いされてしまうこともあります。

根も葉もないうわさを立てられてしまい、仕事がしずらくなる恐れも。かと言って昔の男友達と今更男女の付き合いができるかというとそれも難しい話。こう考えてみると新たに人との輪を広げるという意味でも出会いは必要なのです。

今流行の高校生・大学生のような恋愛

 

 

TVで胸キュンドラマと題して再現VTRが流れていたり、流行りの邦画といえば高校生や大学生の甘酸っぱい恋愛を題材にした内容のものが大ヒットしたり。

最近では10代20代の男女に留まらず、30代40代以降の女性たちもハマってしまう昨今の恋愛。昔を思い出してキュンキュンすることありますよね。ついつい昔のことと眺めていたり、自分にはそんな季節はもうやって来ることは無いわ、と諦めていませんか?

既婚者同士の出会いなら、昔感じた胸がきゅっと苦しくなるような恋愛もできるのです。今の高校生は女の子の方がグイグイ行くようなイメージがありますよね。女性が強くなってると言いますか(笑)それでも女の子がキュンと苦しくなる恋は今も昔も変わりません

 

既婚者同士の恋愛って

 

では、既婚者同士の恋愛というのはどういうものなのでしょう。既婚者ということから互いに家庭や仕事があることが前提であり、決して踏み込まないようにするのが暗黙のルール。不倫がどうのということで守るべきものを壊してしまっては元も子もありません。あくまでも感情の問題であって、そこは大人のお付き合いということでみていきましょう。

ただ、だからといって社交辞令と美辞麗句を並べ立てて相手におべっかを使うような関係を目指しているのではなく、やはり恋愛ですから好意を抱く相手と近づくというのが狙いです。

昔なら付き合えそうもないイケメンで社会的にもゆとりのある男性にも出会えるチャンスはいくらでも用意されています。それが既婚者同士の合コンといったところでしょうか。

そこでは男性も女性も自分をわきまえ、大人のお付き合いを求めて集まる方ばかり。恋愛話に花が咲いてという場所も、家庭や育児、仕事に疲れている体には癒しになるのではないでしょうか。

 

何でも話せる異性の友達

既婚者同士の恋愛って相手は体目的ではないの?と思う方もいるかもしれません。

確かにセックスレスの夫婦だから出会いを求めている人もいるでしょう。でもそういう人は相手にせず、まずは異性の友達を作るという目的で合コンを利用するといいでしょう。異性でしかも自分の家族や会社とは線を引いた人との出会いは刺激にも勉強にもなり得ます。

自分のリアルを知らないからこそ相談できる場合もありますよね。例えば旦那のことを知っている共通の異性には、なかなか家庭のことなど相談できません。どこかで話が漏れて家族の耳に入ったらと思うと、何でも話ができる人というのはいないかも。

そういう相手を見つけるという意味で合コンに参加してみるという手もあります。初めは知らない人の中に飛び込むのは緊張するかもしれませんが、皆同じ状況です。もし何度か参加経験のある方がいたら教えてもらうようにしてもいいかも。

あまり気負いせず楽しい時間を過ごしたいということで既婚者同士の合コンを利用してみませんか?

 

一人の女性として魅力を保つ

既婚者も高校生や大学生のような恋愛をしてみよう、というテーマで書いてみました。自分の外見のをもう一度魅力的に輝かせるのは、息切れするような頑張りの中だけではなく一人の女性として輝いてこそ。

人を好きになるというのを昔のことだと諦めずに、もう一度あなたを磨いてみませんか?きっとそんなあなたを待っている人もいるはず。

 

 

 

既婚でモテる女性の特徴で共通するものは?

既婚でモテる女性には、特徴があることが多いです。結婚をしてからも、一人の女性として輝きたい思いを持つ人は多いですよね。

今回は、既婚でモテる女性の特徴について一緒に見ていきましょう。

 

ファッションセンスがある

ファッションセンスについて、ある程度普段から分析や研究をしていると、自分に合う雰囲気が分かってきます。本当の意味でオシャレな人は、それができる女性なのです。

 

自分の肌の色に合う服

自分の肌に合う色を選ぶようにすると、オシャレになりやすいと言えるでしょう。自分の好きな色と似合う色が違う場合もあるのです。

自分の好きな色だから…と思い、同じ色ばかりを着ているとオシャレな女性には見えないでしょう。

でも自分の肌の色に合う服を着ていると、違和感なく自然なオシャレができるのです。普段はあまり着ない色だと思っても、チャンレンジしてみる勇気も大切に。

 

清潔感を重視

清潔感を重視したファッションをしていると、相手に良い印象を与えやすいもの。経験豊富な既婚女性だからこそ、ファッションセンスを磨いているとアピールしてみましょう。

清潔感を与えるには、あまり露出をするのはNG。自分のサイズに合わない服を着るのも、あまり清潔な雰囲気を与えないものです。

かといって、サイズが合い過ぎていると体のラインを強調してしまいますよね。オシャレな人は、ちょうど良いサイズの服を選び、清潔な雰囲気を相手に与えるコツが分かっているのです。

 

派手すぎないメイクの仕方

メイクについても、ある程度自分の肌の色合いや肌質を理解してできていることが、モテる秘訣になります。メイクのりが良いと、綺麗に見えやすいですよね。

 

メイクの研究を怠らない

面倒だから…と、いつも同じスキンケア用品、メイク用品を選ぶのではなくて、季節や年齢に合わせて、替えてみる勇気も必要です。

これは、自分自身を磨くことにもつながるので、楽しみながら行うようにしたいですね。オールインワンジェルなどで、楽をしたい日もあるかもしれません。

でもいつも1つのメイク用品だけを使用してしまうと、スキンケアやメイクの楽しみが持てずに、仕方がなくメイクをしているようになってしまうでしょう。

このため、メイクに対しても自信が持てずに、笑顔になりにくいのです。でもメイクやスキンケアについて研究をしてみると、案外楽しいものと分かるので、これからの自分にとってプラスになる場合が多いでしょう。

 

グロスを活用

グロスはあまり塗り過ぎずに、色も派手過ぎないものを選びましょう。グロスは、女性らしさを演出するのに、とても効果的です。

リップを塗るよりも、グロスだけの日を作ってみるといつもとは違う自分を演出できるのです。そして、決して派手にはならないので、男性から見ても良い印象を与えやすいでしょう。

唇に潤いをしっかり与えてくれるグロスを選び、普段から愛用をしてみると良いですね。

 

話題が豊富

既婚でモテる女性は、話題が豊富な場合が多いのです。話題は男性が出すものと思う女性もいますが、既婚女性は自分からも話題を出せるので、男性は安心感を持つでしょう。

 

普段から情報を得る

ネットだけではなくて、本をよく読むようにしましょう。ベストセラーだけではなくて、自分にとって興味のある本を読むことで、表現力がアップします。

そして、話題のひとつにもなるでしょう。「〇〇という本がお勧めです」と言われると、男性は「普段から本を読んでいる素敵な女性」と思いやすいもの。

「もし良かったらお貸ししましょうか」と言えば、ここでつながりを持つこともできるのです。

 

自分のエピソードについて

自分のエピソードを話題にして、これを話して皆で楽しもうとする女性も。でもそのエピソードを聞いて、相手がどう思うのかが気になるところ。

例えば、ミスをしたり人を傷つけたりしたエピソードを伝えても、聞いていて楽しいと思う人は少ないですよね。

かといって、仕事でうまくいったという内容では自慢に聞こえてしまいます。このため、もしエピソードを言うのなら、仕事に対する感謝の気持ちや熱意など。

そして、謙虚な姿勢を見せるのも必要です。自分のおかげで…と思わずに、周りの人の支えにより、今の自分があるという内容は魅力的ですよね。

こういう女性なら、もっと話してみたいと思う人は多いでしょう。

 

悩み事について

悩み事を話したい時もありますよね。でも出会ってすぐに相手に話すと、引かれてしまう可能性もあります。

もし悩み事について話すとしたら、例えば既婚者交流会などに参加をして、同じ悩みを持っているような相手に、穏やかに伝えるようにすると良いでしょう。

胸の内を素直に話すとお互いの心の距離が近くなり、これから良い関係を築けるかもしれません。

 

まとめ

既婚でモテる女性は、自分でモテると意識していないこともあります。モテると自負をしてしまうと、どこか相手を不快にさせる場合も。

モテる女性を目指しながらも、地道な努力をする姿勢が大切なのかもしれません。

イベントの様子

友だち追加
イベントの様子をアメブロで配信中

LINE@

イベント情報・クーポン等を配信中!!

東京の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@bll3763v

大阪の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@nxp1391h

名古屋の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@xih1539y

社長のLINE@

『人生を豊かに』をコンセプトに投資情報(株・FX・不動産)、今話題の仮想通貨の話、お得な旅行の行き方ノウハウ、主婦向けのアルバイト・パート情報といった情報を配信中

友だち追加

年別アーカイブ

  • facebook
  • twitter
PAGETOP