既婚者同士の出会いのために飲み会、合コン、パーティ等のイベントを毎週開催しています。

コラム

年別アーカイブ: 2019年

男性経験の少ない既婚女性のための出会いメソッド

若い頃奥手だった女性は実は

若い頃に好きだった男性も告白できず、男性に対して奥手だった女性。実は男性に対して後ろ向きな気持ちだったわけではありません。むしろ積極的に男性に話しかけたり遊びに行きたいという気持ちはアグレッシブな女性より強かったのではないでしょうか。

今回はあえて男性経験の少ない既婚女性のために、男性と出会えるメソッドをお届けしようと思っています。え?家庭を持っている自分が男性と出会うなんて、と思いますか?生理的に受け付けないようでしたら記事は読まないほうがいいかもしれません。

しかし、夫とは別の男性とも出会いたいと心の中でくすぶっているようなら、ぜひ読んでいただきたい内容になっていますので、最後までお読みくだされば幸いです。

さて話を戻しまして、昔男性との恋愛に積極的ではなかった女性。別に男性に興味がなかったわけではなく、人一倍頭の中では男性とのことが妄想として描かれていたはず。ただそれを実行に移す勇気と自分への自信がなかっただけ。

そういう、独身の頃男性経験が少ない状況のまま結婚した女性は今不倫や浮気にのめりこんでいるのです。なぜなのでしょうか。

 

本当は男性にモテたかった過去

 

男性経験が少なかったのは、男性から告白されることも少なく自分から男性に付き合って、とも言えず独身時代が終わってしまったことによります。

結婚相手も自分が過去付き合っていた人の中から選りすぐった男性ではなく、ただズルズルと結婚まで至ったという人も多く、たまたま流れで結婚したという人も少なくないでしょう。やはり女性として生まれたからには男性からモテたかった。

恐らく奥手な女性の妄想にはモテている自分があったに違いありません。しかしそれを現実にすることなく、平凡な家庭を持つ主婦となり、家族のために動くような毎日が続く日々。いつしか奥手だった自分もモテたかった自分も過去に流れていくようになります。自分の中で何かがくすぶっていることにも気づかずに。

でもモテていなかったのは過去の話。今から自分を変えていくことで男性からの目線も気にせず街を歩くことができるのです。今既婚者の中には同じ既婚者同士で出会いの場があればいい、と考えている人が多いのも事実です。

夫や子供の世話をしてこのままシワが増えて老いておばあちゃんになるのかな、なんて思わないで!そう考えた時点で肌年齢も服装や化粧に至るまで老けていってしまうのです。

少しの方向転換と自分の努力で独身の頃にはなかったドキドキキラキラした人生を味わいたいと思いませんか?

 

家庭を持ってから感じること

 

女性が家庭を持ってから感じること。数々の男性と浮名を流してきた女性にはあまりないのですが、もっと男性と遊んでおけばよかったという思いです。結婚してしまえば夫以外の男性とどうこうあるとは思えませんし、ときめくような恋をするなんて、なんだか許されないようにも思えますよね。それこそ、このまま年を取って人生が終わるのかな、なんてネガティブな感情が湧くこともあるでしょう。

確かに夫以外の男性と一線を越えるようなことをおススメするわけではありません。自分が夫以外の男性からどう見られているのか、というのを知る上でも女性としての自分のレベルは知っていて損はないのです。

メディアにでている同年代の既婚女性は皆美しく生活感も出さずに活躍しています。でも鏡に映る自分はどこかくすんでて心の底から笑うことも少なくなった。家庭を持つって女性を母親や妻に変えてしまい、自分を美しく保とうという努力を失わせる。実際所帯じみた同年代のママたちも多いかも知れません。

時間がないだけでなく心のゆとりも失いかけている、そう感じている女性が大半なのです。

 

既婚なのに求めてしまう女心

 

一般的な考えでは既婚者が出会いを求めるのは倫理に反しているもの。確かに家族の誰かを、と考えたら許せないことかもしれません。でも自分がこのまま終わってしまう怖さや諦めを持ったままの毎日もキツイものです。

夫と子供がいるのに、ほかの男性との出会いを求めてしまう女心。決して珍しいことではなく、女性の多くは心の奥底に潜んでいる願望なのではないでしょうか。会ったことのない男性からの熱い視線に甘えてみたいというのは、いくつになっても未婚既婚も関係なくきっと存在するものなのです。

でもそれを実際に行動に移すかどうかというのは、女性の理性と倫理感が関係しています。ただ一線を越えるようなことがない場合、会社でも男性と二人で飲みに行くことも食事に行くこともあるでしょうし、互いが律していれば大丈夫なのではないでしょうか。

求めてしまうのはそういう体のつながりではなく、女性として見られたいというある意味承認欲求ともいえます。家庭を持つと自分自身が一人の女性として自覚するのはなかなか難しいもの。それを見たしたいがためにハマるのがネットでの交流なのです。

ネットでいくら美辞麗句を言われても、自分のことを知らない男性が言葉巧みに誘いをかけているだけのこと。しかし今は既婚女性が出会うためにネットが様々なツールで使われているのです。

 

出会うためのネットツール

 

メディアでは不倫や浮気といった情報が毎日のように流されています。それは一部の人がリアルの人と出会った一線を越えた、だけではありません。いわゆる出会い系サイトで会った異性との行為も中にはあります。

リアルで幅広く交流がある世界にいるならまだしも、一般の既婚女性がほかの男性と出会うとなると手元にあるスマートフォンで簡単に世界につながることができますよね。皆さんも使用しているSNSや情報を得るためのツールもその一つ。最初はもちろん不倫や浮気をするつもりはありません。しかし言葉でのやり取りにちょっとしたトキメキやドキドキを感じ、この人に会ってみたいとなるのです。

ネットでの出会いにハマるのは、大体がその気のない既婚女性に会いたいと思わせる男性が仕掛けてくるシチュエーションが圧倒的。ただ、相手はあなたの何も知らないのです。

しかし既婚女性はトキメキも恋をすることも無くこのまま終わるのか、というあきらめの中男性とのやり取りで女性としての自分が目覚めてしまうので、自分のことを知らなくとも男性の種中にはまってしまうのです。

出会うためのネットツールは女性側が上手くかわすくらいの強さが無いと、すぐ男性についていってしまう危険性があります。

 

ネットでモテるかリアルでモテるか

確かに不特定多数の人との交流に使われるネットは大きなメリットがあります。考え方や価値観の合う人がいると共感し、自分とは少し違った考えを持っている人の意見を見ると、そういう考えもあるんだと新たな気付きを得ることもあるからです。

しかし、異性と出会うためのツールとして考えてみましょう。自分の意見をしっかりと持ち、美辞麗句に流されないという意思があれば出会いだけを求めている男性に簡単に捕まることは無いでしょう。うまく使いこなしているのであればいいのですが、ではネットでモテるのとリアルでモテる、という二者で考えるとどうでしょう。

ネットでモテるのはいとも簡単です。男性が言葉巧みに女性を口説くのと同じで、言葉で自分の良さをアピールするのです。または自分の生活の一部分をネットに晒す。男性は画像で女性を想像しますのですぐに男性が寄ってくるでしょう。

でもやはりあなたのことを何も知らない人が、言葉で飾ったあなたを見て褒めているだけなのです。それは果たしてあなたを満たすものなのでしょうか。

それならばリアルでモテたほうが断然いいでしょう。あなたを知ったうえでモテるというのは、外見や中身もある程度わかった上でのこと。ネットのようにノーメイクのジャージやスウェットを着た状態で素敵女子を演じてOKというわけではないので、まず自分自身を変えていくことが大切です。

 

服装の趣味を変えてみる

 

自分を変えてみよう、と思うと何から変えていいものか悩みますよね。まずは服装を変えてみましょう。服は買う時に自分の固定の色目に合うものを選びがちですし、同系色のものがクローゼットに並んだりしていませんか?合わせる時にどれにでも合うと思って買ってしまいますが、そこをちょっと方向転換です。せっかく情報ツールが手元にあるわけですから、今流行りの服で試着してみるのもいいかもしれません。

色目は暗い色を選びがちだったのなら少し明るいパステルカラーに。年齢不相応な原色を使いすぎているようなら、暗くならない落ち着いた色にしながら形はちゃんと今の時代に合ったものを合わせてみましょう。

いつもと違う自分はまず外見からです。鏡を見た自分がちょっとだけ素敵に見えたらそれだけで笑顔が増えるはず。リアルでモテるのはそういった自信からくる表情だったりします。

服装の趣味の転換はちょっと勇気のいることですが、リアルで女性として見られるチャンスですので、ぜひやってみてもらいたいですね。

 

化粧は目元から

 

服装の方向転換にチャレンジしたら次は化粧を変えてみましょう。服装と共に一番見られる部分です。

化粧はまず目元です。目元の化粧でかなり印象も変わりますし、挑戦してみましょう。ただ化粧のやり方自体ちゃんとしているかどうか不安な時は百貨店などにあるメーカーのコスメカウンターを利用してみましょう。よく、買わないのに利用できるのかどうか不安、というのも聞きますがコスメカウンターは買う人だけが利用しているわけではありません。メイク専門のスタッフの方が丁寧に化粧のやり方を教えてくれるので、おススメです。

今流行りの化粧もちゃっかり教えてもらいながら無料で実際にメイクしてくれますし、いつもの自分とは違う女性が鏡の前にいるかもしれません。

 

外の世界を覗いてみる

 

自分を変えてみたら、今度は外の世界を覗いてみましょう。特にネットの中で男女の何かしらを見てきた人には、ぜひリアルな現実世界に出ていってほしいと思います。

既婚女性には少し難しいかもしれませんが、夜のバーに行ってみるのもいいかもしれません。男性がどんな女性をエスコートしているのか人間観察をする意味でも自分の目で見てみることをおススメします。

また、夜に出るのはちょっと、という人は昼間でもイベントに参加してみるのもいいかもしれません。趣味関連のものでもいいですし、自分が一人の女性として一人で参加できるところに意味があるのです。ただ、そこで素敵な男性がいたとしてもプライベートで話ができるかといえば難しいものがあります。

昼間に異性との楽しい交流イベントなどがあればいいのですが、皆さんにおススメしているイベントが実はあるのです。そこは既婚者同士が集う飲み会サークルで、様々な業種の方や専業主婦、ワーキングウーマンも参加されているというイベントです。フリードリンク制ですし、昼間から飲めない場合はソフトドリンクでもOK。美味しい食事と楽しいお喋りが待っているサークル、参加してみたいと思いますよね!

 

既婚者同士での出会いなら

 

既婚女性が求めているのは、同じ既婚男性との出会いからの楽しいお喋りがメインですよね。そういった新しい出会いがない既婚男性・女性の声が大きくなり、最近では既婚者のサークルが話題になっているのです。

しかし世間ではなかなか受け入れられないもの。出会い=体の関係と結びついてしまっているのが原因なのかも知れません。こちらの既婚者サークルは決して不倫などを推奨しているわけではなく、会社と家との往復でストレスを発散できない男性や、家事育児・仕事している女性は仕事まで任されて息抜きが必要な女性のための会です。

大人のルールをきちんと守っている方だけが参加できますし、もし失礼なことを言われたりされたりということがあれば、運営の方に連絡をして対応してもらえます。また参加したことがないビギナーさんにも一人ぼっちにはならないようにフォロー体制も万全!

ほとんどの方は一人で参加されていますが、なかには友達同士で申し込まれてる方も。一人はどうしても不安で、という方はこういうイベントがあるんだけど行かない?と友達を誘ってみるのもいいかも。

男性経験が少なくて、でも出会ってみたいしおしゃべりもしてみたいという人にはおすすめのイベントです♪ぜひあなたも参加表明してみて楽しい時間を過ごしてみませんか?

話題のセカンドパートナーが欲しい!大人になってからの恋・出会いマニュアル

近年よく耳にするようになった「セカンドパートナー」という言葉。新たな男女の付き合い方の一つとして注目を集めていますよね。賛否両論どちらも意見があり、今はまだ理解が乏しい関係性ではありますが、それでもセカンドパートナーが欲しいと願う女性は後を絶たないのが現状です。

そこで今回は、セカンドパートナーとの出会い方やセカンドパートナー探しの注意点をご紹介します。大人の恋、始めませんか?

 

1.セカンドパートナーの定義

セカンドパートナーとは、旦那さんや奥さん以外に親しい異性のことを差します。

親しいと言っても、仲の良い異性(友達)はセカンドパートナーには含まれません。セカンドパートナーは、お互いに恋心を持った相手を差します。

これだけ聞くと不倫では?と思われるかもしれませんが、セカンドパートナーは肉体関係は一切持たないため、友達以上不倫未満の関係と位置づけされることが多いです。

 

セカンドパートナーは特にアラフォー、アラフィフ世代で増加傾向にあり、本来のパートナーとは違う刺激を求めて交際を始めるようです。

男性側からすれば、肉体関係がないため関係をキープするのが面倒だと感じるという人も多く、女性の方が興味を持っている割合が多いようです。

 

プラトニックな関係なため、セックスはもちろんありません。

キスやハグに関しては、ないと答えるカップルもいれば、許しているカップルもいたりと、セックス以外の線引きはカップルごとに異なるようです。

 

2.既婚者だって恋をしてもいい時代!?

既婚者であっても、やっぱり淡い恋に憧れることが一度はきっとあるはずです。ドラマや漫画を見て、きゅんとすることもあるでしょうし、ヒロインの女性が羨ましいと感じることだってありますよね。

とは言っても不倫は許されていないことですし、恋はしたいけれど離婚はしたくない・・・と皆さん考えられますよね。実は、そんな女性から支持を集めているのが「セカンドパートナー」の存在なのです。

一線を超えずに、トキメキを感じることができる関係性は、まさに女性にとって理想的な関係なのではないでしょうか。

 

今では、若い世代や熟年夫婦関係なく、離婚や不倫の件数が増えていますよね。離婚や不倫に比べれば、セカンドパートナーというプラトニックな関係は良い関係なのでは?とも思えてくるほどです。以前に比べ、年齢は関係なく人生を楽しむという考えがどんどん浸透してきており、特に熟年離婚の増加はそんな背景を表している気がします。既婚者や年齢の枠を超えて“恋”をしたいと考える女性は、時代の流れとともに急増しています。

 

3.セカンドパートナーがいると幸せ!?リアルな体験談

セカンドパートナーが出来てから毎日が楽しくて充実している♪と答える女性がとても多いです。一体どうしてなのでしょうか?現在もセカンドパートナーとお付き合いしているという女性にお話を聞いてみました。

 

[48歳 Sさん]

お恥ずかしい話しですが、旦那とは駆け落ち婚をするくらい愛し合っていました。でも時間の流れとともに恋心は薄れ、今ではすっかり・・・(笑)家族としてはもちろん好きですけどね。そんなときに仲良しのお友達からセカンドパートナーの存在を教えてもらいました。若かりし頃のような熱い恋がもう一度したい!と、思った私は既婚者合コンに参加し、見事2つ上の彼が出来ました。

旦那には悪いとは思いましたが、肉体関係は一切なく友達といるような感じなので、ついつい。お互い既婚者同士ですし、お互いの家庭を優先しながらプラトニックな付き合いが出来ているので、不倫に比べて気も楽ですし、久しぶりにドキドキ感を味わえています。

 

[52歳 Hさん]

取引先の男性と意気投合し、今ではセカンドパートナーライフを楽しんでいます。主人には昔からの旧友と伝えていますが、あまり良い顔はしないので、昼間にこっそりランチやカラオケへ行っています。

もしも・・・を疑って改めたのか、おかげで主人が昔よりずっと優しくなりましたし、彼との関係も良いストレス発散に繋がっています。昔より幸せな時間が増えた気がします。ただ、子供がまだ独り立ちしてないうちは、セカンドパートナーを作るのも慎重に考えた方がいいとは思います。

 

[38歳 Tさん]

コソコソ陰で家庭内事情を話されるのが嫌なため、友人には旦那の愚痴や家庭の愚痴を一切言わないようにしています。でもその分、ストレスが溜まってついピリピリしがちに・・・。何か気晴らしでもしたいなーと思っているときにテレビでたまたま見た“セカンドパートナー”という存在が気になりました。

浮気になるのかな?怖いな・・・子供も守りたいし・・・と不安だったのですが、ネットを通して出会った相手が私と同じ考えを持っている方で意気投合。

お互いに家庭を優先し、旦那や奥さんを一番に考え、適度なお付き合いをしています。恋人というよりは、なんでも話せるお友達といったところ。毎日が楽しいです。

 

[45歳 Sさん]

旦那は外へ出かけるのが嫌いな人なので、お出かけは基本的に彼氏に連れていってもらっています。さすがに近場を平然とデートするわけには行きませんが、ドキドキ感も味わえますし、一人じゃ行けないような場所へ行けて幸せです。おかげで旦那にイライラしにくくなりました。浮気や不倫だと言われる方もいると思いますが、お互いが節度ある行動が出来て、付き合い方を踏み外さなければ問題ないと私は思っています。

 

4.セカンドパートナーとの出会い方

セカンドパートナーが欲しいけれど、一体どうやって出会うの?と疑問を感じている方はきっと多いはず!セカンドパートナーとの出会い方をご紹介しますね。

 

・職場や取引先で出会う

一見、リスクが高そうな職場での出会いですが、毎日顔を合わす関係ですから見知らぬ人と一から関係を築くよりも気が楽だとの声も多いです。メリットも多い反面、周りからの目に気をつけないといけないというデメリットもありますので、周りから分かりやすいと言われる女性は特に気をつけましょう。

 

・習い事で出会う

料理教室やジム、英会話教室など習い事を出会いの場にしている人も多いようです。趣味や興味あることが同じというのは付き合う上では重要なポイントですよね。特に旦那さんと趣味や会話が全く合わない場合、新鮮な恋を楽しむことができるかもしれませんね

 

・出会い系アプリで出会う

今では出会い系サイトや出会い系アプリで出会う方法も普通になってきています。相手のプロフィールや写真も見ることが出来ますし、自分のプロフィールを公開できますので、好みの相手と比較的出会いやすいのが特徴です。

 

・同窓会

話しにも華が咲きやすく、お酒が入っているため男性側もノリ気な同窓会は、出会いのチャンス満載です。当時気になっていた男性とノスタルジックな恋愛を楽しむことも夢ではありません。

 

・元カレ

一度別れた相手とは復縁は難しいとも多く言われますが、セカンドパートナーとしてなら違うのでは?付き合っていた年数にもよりますが、気を使わなくて済む、自分をさらけ出せるなどメリットも多いです。

 

・友人からの紹介

すでにセカンドパートナーがいる友人に声かけするのも一つの手です。通常であれば、既婚者の友達には相談しにくい話しであると思いますが、セカンドパートナーがすでにいる友人であれば、話しをうまく通してくれますし、噂も立ちにくいですからね!

 

・既婚者合コンで出会う

既婚者合コンを利用する女性も多いです。既婚者合コンですから既婚者以外とは出会うこと

がないため、セカンドパートナー探しにもってこいです。また、男性側もセカンドパートナーを求めて参加をされている方も多いですし、しっかり運営者さんがリードしてくれるので誰とも話せなかった・・・という事態を回避できますので、口下手な方や内向的な方にもおすすめです。

 

5.セカンドパートナー探しで注意したいこと

セカンドパートナーとの出会いは意外にも身近なところにあるものですね!

ただし安易に人を信用したり、出会ってすぐ自分の個人情報をさらけ出すのはNG。

こちらがプラトニックな関係を望んでいても、相手は違うこともあります。本当は肉体関係混みでお付き合いをしたいという人の方が正直多いと思いますし、中には一夜限りだけの関係を楽しんで行方をくらます男性だって世の中には腐るほどいますからね・・・。

 

また、SNSや出会い系アプリなどで出会う場合は危険が潜んでいることも頭に入れておきましょう。サクラで登録している人や他の人になりすましをして登録している人、赤の他人の写真を自分だと偽っている人など大勢います。信じられないことがネット社会では普通に起きている時代ですからね。安易に人を信用することは控えましょう。

ネットを介して出会うよりも、既婚者合コンや習い事、同窓会などで出会う方が安全性は高いと言えます。一見危険そうなイメージのある既婚者合コンですが、しっかり運営者さんも付いていますし、匿名参加が可能な合コンもあり安心安全ですよ♪

 

6.リスクがあることを頭に入れよう

今回セカンドパートナーについてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか?

セカンドパートナーを作ることで、人生が明るくなった!楽しくなった!旦那とも仲良くなれた!と答える女性はとても多いです。自分を理解してくれる深い友達が一人増えたような感覚ですからね。

でもそれは、肉体関係がないプラトニックな関係だからこそ成り立っているのではないでしょうか?一度でも肉体関係を持ってしまえば、男と女としての関係になっていきます。その分、深みにもハマりやすいですし、相手との関係も家族との関係も崩れやすくなりますので、一線を超えない覚悟が必要です。

また、一線を超えていなくとも“不倫”や“浮気”だと言われてしまうリスクを抱えていることも理解しましょう。傍から見れば、結婚しているのに他の男性に会っている(デート)となれば、浮気だと認識して当たり前ですよね。旦那さんから責められる可能性もありますし、精神的に病まれる方も中にはいるかもしれません。

また、お子さんが見られたときに上手に話すことが出来ますか?おそらく難しいですよね。

 

そういったことが起こりうるリスクを背負っているとしっかり理解し、セカンドパートナーとうまく程よい距離感で付き合っていきましょう。

中には旦那さんに素直に話す女性(男性)もいるほどです。ある意味、男性のキャバクラ遊びと変わらないですしね(笑)一度きりの人生、楽しく素敵に上手に過ごしていきましょうね♪

既婚者飲み会に興味を持つ人が増える可能性とは

既婚者飲み会に興味を持つ人が増える可能性とは

既婚者飲み会に興味を持つ人は、今後増えていくのでしょうか。その可能性について今回は深く見ていきましょう。

 

既婚者飲み会に対しての思い

既婚者飲み会に興味を持つ人が増える可能性とは

既婚者飲み会に対して、既婚者はどのような思いを持つのでしょうか。今回はその思いについていくつかのものを、お伝えしていきましょう。

 

憧れがある

既婚者飲み会と聞いて、なんとなく興味を持ち憧れるような人もいるでしょう。今までに参加をした経験はないけれど、どのような感じだろう?と想像をするのです。

そして、いつしかこの思いが憧れに変わることもあるでしょう。憧れを持ったものに対しては、できるだけ近づきたいと思うのが人の気持ちですよね。

もし憧れを持った時には、これから先にどうしたらいいのか考えたうえで、自分の思いをこのままにしておくか、行動に移すかを考えるようになるでしょう。

憧れていると思う自分を認めた時には、そのままにするよりも何らかの行動を起こしたいと思う人は多いはずです。

 

自分とは関係がない

世間で聞くことはあるけれど、自分とは全然関係がない世界だと思う既婚者もいるでしょう。きっとこれから先にも、参加をする機会はなく関係のないままだろうと、自分で決めている人も。

興味があるものについては、好奇心を持ち追いかけるタイプの人については、自分にとって興味が持てないと思ったら、全然関心が持てないケースもあるでしょう。

自分が興味のないものについては、すぐに忘れてしまい考えることもしなくなる場合もあります。人によっては、興味が全然持てないのは、自分とはあまりにも関係ない世界だからと思い込んでいるのでしょう。

でもふとした時に、自分と関係がないわけではないと思う可能性があるかもしれません。突然のように興味を持ち、好奇心に変わる例もあるのです。

 

もっと深く知ってみたい

既婚者飲み会について、もっと深く知ってみたいと思う既婚者もいます。少し話を聞いただけでは足らないので、もっと情報を得たいと考えるのでしょう。情報を得たうえで、これから参加をするのか、止めるのかを決めるケースもあるはず。

もっと深く知りたいと思ったものについては、とことん調べる性格の人もいます。そうしなければ自分で納得ができないのでしょう。

リサーチ能力のある人なら、既婚者飲み会について調べるのはとても簡単。そして実際に調べてみて、なるほどと思い興味を持つケースもあります。

参加をしなければ、情報が足らないと思うので一度だけ参加をしてみようと思う人もいるでしょう。

楽しいと人から聞いた経験があるので、それなら自分も同じ様に楽しい思いをしてみたいと思うのは、本来は当然のことなのです。

楽しい場所に行ってみたい、そして素敵な時間を過ごしてみたいと思うので、参加を決める既婚者もいるでしょう。

 

既婚者飲み会の世間の評判

既婚者飲み会について世間は、どのように見ているのでしょうか。既婚者の意見についてお伝えしていきましょう。

 

一度は参加をしてみたい

既婚者の中には、一度は参加をしてどのようなものか知りたいと思う人も。人に対してはストレートに言えないのですが、心の中で思うケースもあるのです。

一度は参加をしてみたいけれど、これを言うと友達にどう思われるのか不安…と思う気持ちもあるのでしょう。

でも実は、友達も参加をしてみたい思いがあり、相談ができない場合もあるのです。本音で話せる相手同士なら、お互いの気持ちが分かりやすいですよね。

世間では、どのように思われるか分からなくても、自分たちが行ってみたいと思うのなら、それでいいのでは?と思う人もいるでしょう。

世間では賛否両論ではあるかもしれないのが、既婚者飲み会です。絶対に賛成と思う人もいれば、許せないと感じる人も。

様々な思いの中で、一度は参加をしてみたいと思う既婚者は実際に多いでしょう。一度は新しいことに挑戦してみたい、これが自分にとっての成長だと感じる時もあるのです。

 

参加をする人の気持ちが知りたい

なぜ参加をするのか、その気持ちが知りたいと思う人もいるでしょう。自分は参加をしてみたいと今は思わないけれど、参加をする人の心の中について興味を持つ世間の人もいます。

例えば家庭生活に不満があるのか、もしくは興味本位だけなのかなど。様々な想像をしてしまう人もいるかもしれません。

色々と考えているうちに、いつしか自分も既婚者飲み会に対して興味を持つケースもあるのです。参加をよくしている知人がいるとしたら、その人に気持ちを聞いてみたいと思うかもしれません。

でもなぜか聞きにくさを感じて、参加をした話だけを聞いているケースも。こういう時には、一度気持ちを聞くようにすると「そうだったのね!」と思う可能性もあるのです。

相手も本当はもっと、本音を話したいと思っているかもしれません。でも話の中で、自分の気持ちについて聞かれないので、仕方がなく事後報告として伝えるしかないのです。

参加をしたことにより、どう思われているのだろうと思い、話すのをやめてしまう人もいるでしょう。これについては、その人の性格にもよるのかもしれません。

何でも話すのが好きで、聞いてほしいタイプの人なら、堂々と話す場合が多いでしょう。

 

既婚者飲み会に興味を持つ人は増える?

既婚者飲み会に興味を持つ人が増える可能性とは

今後は既婚者飲み会に興味を持つ人は、増えていくのでしょうか。今後どのようになっていくのかについて、考えてみましょう。

 

業者が増えていく

これから先には、既婚者飲み会を開催する業者が増えることが想定されます。ということは、それだけ需要があるからでしょう。

参加をしたいと思う人が多い、そしてこれがサービスとして受け入れられると思うので、業者が増えていくのです。

ここで気を付けたいのは、怪しい業者が開催する既婚者飲み会に行かないように気を付ける必要性です。どのような業者なのか気になる時には、まずはしっかり問い合わせをするようにしましょう。

参加をしたことで、後悔のないように事前のリサーチは必須です。しっかりリサーチをした状態なら、参加をする時にも楽しめる可能性は高いでしょう。

 

メディアで取り上げられる可能性も

これから先に、メディアを通じて既婚者飲み会が取り上げられる可能性も増えていくでしょう。ネット社会である現代において、情報はとても多くありますよね。

この中のひとつとして、既婚者飲み会の中継などもあり得ることです。実際にこれを見て、参加をしたいと感じる人も増えてくるかもしれません。

実際にネットの影響というのは、とても大きいもの。これについて知ると、興味を持ちこれからもっと知りたいと思う人は増えるはずです。

テレビを見なくても、ネットのサイトを見れば様々な内容が分かる時代。このように考えると、既婚者飲み会について知る機会も増えていくでしょう。

そして、実際に参加をした人の経験談なども、ネットを通じて見られるようになってくるはず。こうなると既婚者飲み会が自分にとって、より近い存在に感じるので興味深くなってくるのです。

 

まとめ

既婚者飲み会について、今はあまり興味が持てない人でも、ふとしたことがきっかけとなり「参加をしてみようかな」と思う可能性は多々あります。

実際に参加をして、得られるものもあるでしょう。これを感じた時には、また行ってみたいと思うかもしれません。

既婚者飲み会に対して、何を求めているのかも参加を何度かするにつれて、気が付く人は多いでしょう。これから先もそういった人が増えていくことが、想定されるのです。

流行中!ネットで知り合った既婚男性にハマる既婚女性の内側

ネット上は出会いのるつぼ

 

インターネットが爆発的に普及し、顔の見えない人とのやり取りも日常の一部になってきました。ソーシャルネットワークは私たちの生活に大きな影響を及ぼしています。それは今まで人とのコミュニケーションがちょっと苦手だった人にとって大きなメリットでもあります。

と共に様々なサービスや人とのつながりもより密接になってきて、顔も素性もわからない人とでも気軽に接点を持つことができるようになりました。

ここ数年でネット上で爆発的に増えたのが出会いを求める男女。しかも既婚者。なぜ既婚者が増えたのでしょうか。それは言葉だけのやり取りで簡単に近づけるからです。男性だけではなく女性も楽しんでいる状況。ネット上はそんな男女の出会いのるつぼなのです。

しかし、文字のやり取りでいきなり会うというのはハードルも高いし、そう簡単に相手もOKしてくれるわけありません。それを会いたいと思わせるように言葉を学び文章に織り込んでいくわけです。それがヒートアップしていくと人間というのは不思議な現象に駆られていくのです。

それがネット恋愛です。

 

無料のSNSは既婚男性が多い

いわゆる出会い系などは本人確認をして登録。男性は課金制度があるなど金銭的にも余裕のある人が利用しています。登録している男性も女性もそういったトコロにいるわけですから、バレればどうなるかというリスクを背負っています。ですので暗黙のルールというのがまかり通っていて、秘密裏に会うまでのプロセスを進んでいくのです。

それに比べて無料のSNSや情報ツールといったものは本人確認もいらず、下手をすれば適当に作ったフリーのメアドでアカウント作成できます。まず無料という点でお小遣い制の既婚男性は飛びつきます(笑)そこで妻とは違う女性とやり取りし、その女性も同じく出会いを求めているようなら意気投合、という流れ。公然と行われ非常に簡単な方法で出会うことができます。

実は既婚女性は息抜き程度でSNSを始める人がほとんど。どこでどうなったのか顔も見たことのない男性と仲良くなり味をしめるところからハマっていくのです。元々出会い目的でアカウントを作る人はあまりいないのが現状。そこでどういったことが繰り広げられるのでしょうか。

決め手はやはり恋愛、ですね。

 

既婚女性もトキメキを求めてしまう

 

ネットで世間話程度で知り合った男女がなんだか気が合いそう、ということになり人の見えないメールやチャットでやり取りを始める。そこから流れは男性主導になっていきます。元々女性は男性にグッと引っ張られたい願望を持っています。しかも男性としての魅力を感じない夫とは違う男の匂いを感じてしまう。

それだけで既婚女性はトキメキを感じてしまいます。息抜き程度で始めたSNSがいつのまにかトキメキを感じられるツールに大変身。

そこで相手は顔も知らない素性もわからない人だと自分でブレーキを踏めばいいのですが、妻と母親としてだけ過ぎていく毎日にキラキラ光るものが混じっていき、ブレーキを踏むところアクセルを踏んでしまうのです。倫理的に良くないとはわかっていても相手を欲している自分に気付き、会ったことも無い相手に淡い恋心を抱いてしまうのです。

淡い恋心が膨れ上がると、相手に会いたくなってしまう。言葉を交わすうちに相手も自分に好意を抱いていることを知り、相手に直接思いをぶつけたい衝動にかられ会う約束をする。

既婚者の男女の出会いのスタートはそういった過程を踏んでいきます。

 

独身の頃モテなかった人がハマる!?

 

ネット恋愛にハマる既婚女性あるある。実は独身の頃モテなかった人の割合が多いことをご存知でしょうか?

実際に若い頃に浮名を流し、引く手あまたの男性に囲まれていた女性は、不倫や浮気など危ない橋を渡るようなことはしません。男女のいざこざはもうこりごりといったところなのでしょう。もし夫以外の男性と関係を持ちたいと思えば周りにいる男性をうまく近づけさせられるので、あえて顔も見たことがない相手と、という選択はしないのです。

ネット上でトキメキを得ている女性の多くは、リアルでも男性をうまくかわすのが苦手。近づく男性全てを受け入れるように絡んでしまうのです。モテなかったのがいきなり男性が周りに集まってくるようになり、慣れていないこともあってのめり込んでしまうのです。

一見周りに男性が集まってきているように見えて、ちゃんと取捨選択する既婚女性もいます。集まってくる男性と適当に絡み相手が自分にハマっていくのを楽しんでいる強者既婚女性。そういう女性も実はモテるということがなかった過去があり、男性から絡まれることで承認欲求を満たしています。

既婚女性を取り巻くネットでの出会いには、様々な思惑があるということなのでしょう。

 

家庭と違うところに居場所を探す

 

ネット上で知り合った既婚男性にトキメキを感じ、モテたことがない自分が男性とこうやってやり取りをしている。淡い恋心を抱いて次に求めるもの、それは自分の居場所です。

居場所というのは物理的なものもあるでしょうし、心のよりどころという意味でもあります。ネット上だけでやり取りをしていたのがいつしか実際に会うようになり、現実に夫以外の男性がそばにいるようになる。相変わらず言葉でも優しく、自分が一人の女性であることを感じられます。

たとえそれが家庭ではない場所であっても、自分の居場所だと感じるのです。家庭を守り家族のことをこなしての別の居場所ならまだしも、男性にのめり込むあまり家族や家庭でやるべきことが億劫になり置き去りにしてしまう。男に走ってしまう女性によくある話です。

ネット上で知り合った既婚女性と男性で実際に離婚に発展したという話も聞きます。家庭と別の居場所で良いと思っていたお互いの枷が外れ、やはり離婚にまでなってしまうのは最悪の結末。しかもネットで知り合ったというのは相手をよく知らないままの時が多いもの。自分が元気になれるから、というだけの軽い気持ちで始めたのが、そんな結果になってしまっては大変です。

 

夫婦関係、親子関係が息苦しい

 

既婚者がネットでの出会いにハマる背景として挙げられるのが、夫婦関係や親子関係に悩んでいること。悶々としている家庭の中で息苦しさを常に感じていると、確かに別の世界を除いてみたいと思うもの。それがリアルな友達と息抜きで遊びに行ったり飲みに行ったりして発散できるものならいいのですが、悩みを打ち明けるには家族ぐるみで知った人には相談できないし、なんとなく自分の弱い部分を見せたくないという気持ちも出てきます。

夫婦関係が悪いから不倫に走るというのは言い訳にもならないのですが、心がすさんでいる時にネットで知り合った既婚男性に実はこんなことがあってと打ち明けて、ということも多いのでは。話を聞いてくれて、自分はこう思うという的確なアドバイスをもらえると、顔は見たことがないけれどその人への印象は大きく変わりますよね。

しかも家庭の中が息苦しいとなれば、ちょっと息抜きに会いませんか?と声をかけられるだけで即答してしまいそうに。ネットで出会う既婚者は大なり小なりなんらか抱え込んでいる問題があって、そのはけ口として異性との会話を楽しんでいるのです。

それが相手への感情が膨れ上がってしまって、恋愛に発展するのです。

 

ネットから入るとのめり込みやすい?

 

ネット上での恋愛事情をコラムにすることは非常にやりやすいものです。何故かと言えば表に見えるから。昔の既婚者の男女がどうかなるのは、誰にも知られずに逢瀬を重ねというのが主流。今ではオープン過ぎて公認に近いものがありますよね。

とはいえ、男女二人のやり取りは誰にも見えぬところ。半分は人に見えて、互いの思いを伝えあうのは見えないところというのがネットの恋愛の燃え上がる理由ともいえます。初めは相手がどこの誰だかわからないけれど、やり取りをしていくうちに人となりが見えてくる、そんなネットでの出会いにのめり込んでいくのではないでしょうか。

最初に顔を見て相手の素性を知って、だと相手がどういう人かというのを自分の中でプロファイリングしていきます。先に相手のバックグラウンドから入るので見たことのない相手にのめり込むのとは正反対。のめり込む前に自分が生理的常識の範囲でも仲良くなれる相手かどうか考えるもの。

それだけネットから入り込む出会いは自分の価値観や許容範囲を超えてしまい、麻痺してしまうのです。リスクが高いのも、やはりネットでの出会いなのではないでしょうか。

 

リアルな人に話せないネット恋愛

気持ちが高ぶり暴走気味に

 

既婚女性がハマってしまうネット恋愛の何がリスキーなのか、それはリアルな人には誰にも相談できないことにあります。もちろんリアルな人に抱いてしまう恋心も人には言えないもの。でも第三者が絡んでいるとなると自分でブレーキをかけなきゃと考えます。しかしネットでの出会いは相手のことが分からない上に、言葉でのやり取りに自分が取りつかれてしまい気持ちが高ぶってしまうのです。

こうなると、女性は人の意見を聞けなくなります。自分と同意見の人には従うものの、あの人はやめたほうがいいという同じネットにいる女性の忠告も聞けなくなり暴走気味に。ちゃんと自分がいるべき場所、やるべきことがあっての遊びみたいなものだと割り切る冷静さを持っておかなければいけません。

 

言葉でだまされやすい

 

またリアルな人に話せないネット恋愛事情では、言葉でコロッと騙されるのも悩ましいところです。普段夫との会話で労いすらない夫婦関係だと、ちょっとした優しい言葉でだまされてしまいます。しかもそれをわかってて、あえて既婚女性に言葉を投げかける悪質な人も多いのです。

でも女性は自分のことを思って言ってくれたんだと信じ込みます。女性を手に入れる手段として使われた言葉にまんまとハマってしまう既婚女性。実際にそんな言葉を面と向かって言われたら簡単にあしらわれるのに、ツールで書かれた文字であっさりと相手の手中に入ってしまうのは、既婚女性あるあるなのかも知れません。

 

若い頃のような恋愛がしたい!

 

それでも、若い頃のようなドキドキをもう一度してみたいという既婚女性は少なくないでしょう。女性はいくつになっても女性です。ときめきたいという気持ちさえ無くなってしまったら本当に老け込んでしまうもの。できればそんな自分は無くしたい。

でも、そんな恋愛じみたことネット以外でできるものなのでしょうか?実は出来るのです。顔の見えないネットでは言葉だけを頼りに相手を推し量るもの、だまされていたとしても気づかず終わってしまいますよね。でも、実際に会って食事やお酒を楽しんでおしゃべりも弾んで、なんていう会があれば行ってみたいと思いませんか?

先ほども書きましたが、実際に会ってみると自分でプロファイリングして合う合わないを選ぶことができます。相手を自分で確認してからですので、ら話の上手な人なのか、自分と考えや価値観が合う人なのかをその場で知ることができますよね。

そういったイベントで自分に合う人がいればまたグループで飲んだり食べたりすることも可能なのではないでしょうか。

また実際に素敵な人がいれば淡い恋心を自分で演出して、なんていう夢のようなプロセスも…。

 

既婚者同士のサークルで疑似恋愛!?

 

淡い恋心は女性なら一つや二ついつでも抱いておきたいですよね。恋は女性を美しくするものですし輝かせられるきっかけにもなります。

しかも、実際に会える会が既婚者だけの参加という名目でのイベントなら、あなたも気負いしなくていいかも知れません。独身者の中に既婚者が混ざっているなんてちょっと気も引けますし、既婚者がこんな場所に来てって思われないかしらという心配もいりません。

既婚の女性も男性も実は異性との新たな出会いがあまりありません。もちろん仕事やご近所関連なら初めましての人はいるでしょう。しかし異性として見ることはなかなか難しいものです。一人の女性として目覚めるには、やはり外に出て誰かと会う行動をするのが一番ではないでしょうか。

ネット恋愛にハマって自分の置かれた立場を嘆いてのめり込んでしまうより、たまに飲み会サークルで同じ立場の人と出会い楽しい時間を過ごすという選択もあるのです。

あなたもちょっぴり素敵な人と出会ってみたいという気持ちがあれば、ぜひ扉を開けてみませんか?

 

夫以外の男性と仲良くしたいあなたに

 

毎日が少し寂しい

夫がいて子供がいて、暮らしには不自由していないつもり。していえば、夫の仕事が忙しくて家のことも子供のことも私任せ。毎日が同じことの繰り返しでふと気づくと自分にはこんな感情が湧いているのがわかる。

寂しい。

普通に生活させてもらってて寂しいって贅沢な話。でもどうしてもぬぐえない気持ち。今あなたの心の中には、贅沢だと思える感情が湧いていませんか?特に専業主婦は夫や子供が朝出かけた後、やることがいつも決まっていて暇な時間も出来てしまうもの。昔のように一日家事に追われるという時代ではなくなり、友達が多い主婦はランチや習い事に勤しんでいます。

それでも夫の帰宅が遅いと自分自身に与えられた時間は余ってしまいます。何となく見ているテレビでは誰それの芸能人が不倫しただの何だのとスクープされていますよね。これは芸能人だから話題に上がるけれど、一般人はそこらじゅうでやってそう。でも自分は無理。

確かに不倫や浮気は推奨されるべきことではありません。ですが、ちょっと夫とは別の男性と仲良くお喋りしてみたいもの。

今回は夫以外の男性と仲良くしたい既婚女性にちょっとしたメソッドをお届けします。

 

夫はやさしいけれど

 

家庭の主婦をやってきて、さして大きな悩みも無い。優しい夫と可愛い子供というと典型的な家庭の奥さんを想像します。夫が優しいのは家族を保つには大切なこと。特に子供のこともよく考え、奥さんを労う優しい夫は長い夫婦生活では大切なパートナーであることは間違いありません。

ただ、それだけで友達も作らずにというのとは違います。気軽におしゃべりができる異性を持つことは悪いことではありません。が、こと既婚女性となると風当たりが強くなるもの。

今でも夫以外の男性と仲良くするのはタブーという風潮が根強くあります。特にワイドショーなどで叩かれているのを見ると全てがダメなことのようにも感じられます。

では夫以外の男性と仲良くするのはいけないことと思っている既婚女性は多いのでしょうか。実際にはやはり友達は多いほうがいいと思っていますし、一概にダメだと決めつけるのは逆に男性女性を意識しすぎではないでしょうか。

 

束縛夫に疲れ切って

 

優しい夫ではあるけれど、一つ間違えたら今流行りの束縛夫。芸能人でも実は束縛する夫で疲れ切った奥さんが子供を連れて腫れて離婚、なんていうニュースで盛り上がりましたが、束縛する男性は相手の女性の立場にならないとわからないコトが沢山あります。

ただご近所の男性と道で会話したり男性の話を持ち出しても不機嫌になるばかり。束縛夫は男は自分だけでいいと奥さんに強要するのです。一時的なことだったり、付き合っているカップルならいざ知らず、夫婦になってまでも奥さんを束縛して、あたかも自分の所有物のように振舞うのは許しがたいことです。

だから不倫をしてもいいとは言い切れませんが、何をしても男の存在を疑ってかかる夫には疲れ切ってしまいますよね。それも夫以外の男性と仲良くしたいという衝動の一端でもあるのです。束縛夫は認めないものですが。

この記事を読んでいるあなたの夫も、他の男性の話を快く思わないのではないでしょうか。昔は女性が嫉妬深いというイメージがありましたが、最近は女性も外に出ることが増え夫側が遊ぶことをしないという逆転のパターン。外での妻の行動が読めないため疑心暗鬼に陥るのです。

女性はそういった空気を瞬時に感じてしまうもの。

出会いを求めている既婚女性

 

出会いを求めている既婚女性。一見不謹慎とも思えますが水面下では実は意外と多いのです。もちろん夫もいますし中には子供のいるママもいるわけですから大っぴらにはしません。少し心に余裕が出来、時間にもゆとりが出来てくると、いつもと違う自分にも興味が湧き、刺激が欲しくなってしまうというもの。

刺激というのは異性に対するトキメキも含まれていて、ちょっとした火遊びにも似たようなものです。

何となく男性と仲良くしたいと思っている既婚女性には夫に対する何らかの不満があることが多いもの。それが構ってもらえなかったり逆に束縛されて窮屈な思いをしていたり。倫理に反しているという風潮もありながら最近ではメディアにでてきても一概に夫とは違うほかの男性との問題が話題になっても淡泊な受け止め方をする人が増えてきています。

それどころかネット上は自分自身も夫とは違う男性と、という既婚者女性がかなりいますよね。もろ手を挙げて賛成というのは厳しいものがありますが、あくまでお友達として付き合う分には他の男性と仲良くするのはなんら悪いことではありません。

いわゆる不倫や浮気といった関係ではなく、様々な職種や生き方の男性とプライベートで知り合うというのも人生の中でいいスパイスにもなってくれるはず。

自分をあきらめないコト

 

何となく友達とも疎遠になって自分が妻や母親ではない一人の女性として見られる着替えが少なくなると、どうせ見せる場所もないし、と思いがちです。家庭を持って初めは忙しいけれども夫との生活も新鮮で楽しいものです。

しかし、年月が経つと自分のやりたことが、やらなければいけないことに押しつぶされていることに気が付きます。そうなると後の祭りで次第に自分を諦めてしまうようになります。家事に一日を費やしていた時代ではないにもかかわらず、現代人は予定を詰め込みすぎてふと鏡を見た時に自分の疲れた顔に苦笑い、なんてことも。

結婚して忙しい毎日から少し慣れきて時間にも余裕が出来てきたときに、もっとキレイでいなきゃ、若々しくないとと気が付くもの。そこからでも全然大丈夫。もうこの歳だし、家庭もあるしと思っていたらどんどん老け込んじゃいます。

年齢相応ではない派手さや違和感のある若作りはいただけませんが、諦めてしまっては表情も女性としての自分もくすんでしまうというもの。

自分をあきらめないコトは、人とのつながりも作りいくつになっても自分を高めていくのです。自分への暗示みたいなものなのではないでしょうか。

 

外に出る勇気

 

やはり夫以外の男性と仲良くなりたいという気持ちがあるなら自分をあきらめないコト、と同時にやはり外に出ることが大切。外の世界を知って初めて、自分をもっと輝かせたいと思うもの。うちにこもってしまってはもったいないですよね。

人に会うということは身だしなみを気にするようにもなりますし、言葉遣いや考え方・価値観に至るまで勉強になります。今まで専業主婦として家庭を守っていた人にとっては知らない人との出会いはハードルが高いかも知れません。しかし社会との接点を持つことによって家庭だけではなく、他に自分を必要としてくれる場所が見つかるということも。

何となく家庭しか自分の居場所がないと思っていた既婚女性にとって、他に自分がいたい場所が見つかるのは財産にもなります。家庭だけにしか場所が無いと、どうしても家族の中の自分の立ち位置しか物差しが無く了見も狭くなりがち。ああ、こんな考えがあるんだというのを会得するのは、やはり外の世界にしかないのではないでしょうか。

 

文字でだまされないで

 

 

既婚者が異性との出会いに使用しているほとんどがネット。いわゆるSNSで繋がろうとしているのは男性も女性も多く、気兼ねなく会話も出来て嫌ならスルーでという気軽さで爆発的に増えています。

文字のやり取りは楽しいですし、ちょっとしたワクワクドキドキ感が味わえるのも事実。しかし昨今では言葉のうまい既婚男性も多く、男性からの美辞麗句に騙されてしまうケースも。騙されると言ってもネットの上でやり取りした内容が実際は違っていたり、複数の女性と付き合っていたなど大きな問題にはならないので、相手の素性もわからないままアカウントが消えていて連絡のしようがないから泣き寝入り、ということが多くあります。

男性経験の少ない女性や優しい言葉が欲しくて、と思っている既婚女性は特にコロッと騙されやすいもの。それがわかっていて言葉巧みに女性に近づいて体の関係まで持って行ってしまうパターンも。

優しくされるなら一線を越えても、と体を許している既婚女性は実は多く心だけでなく体でも満たされたいと考えています。それもまた言葉巧みにあなたを大切にしたい・あなたを愛しているなどという甘い言葉にほだれててしまった結果、ともいえます。

若い頃ならそんな男、簡単にあしらっていた強気の女性も家庭を持ち寂しさを紛らわせたいという願望から、あっさりと男性の手中にはまるという既婚女性あるあるなのです。

 

イベントでの出会い

 

ネットで素性がわからない男性と知り合うのには自分にも覚悟が必要ですし、リスキーであるというのをわかった上での自己責任が浮上してきます。

確かに不特定多数の男女でオフ会で知り合ってから意気投合となれば、お互いに別の人にも顔を見られている状況ですからリスクはお互いさまというところはあります。がしかし、オフ会というのはやはり気心の知れたメンバーと一緒に参加したいもの。なかには、気の合わない人の名前も挙がっていて参加断念なんてこともありますよね。

実際にネット上は盛っている人もいれば卑下しすぎる人もいて、それだけで人となりを決めがちです。実際に会ってみればそうでもないのですがリアルで会うには二の足を踏んでしまうこともありますよね。

では、いきなりイベントで初顔合わせをする相手だとどうでしょうか。なんの先入観もなく飲み会やサークルに参加してみる。確かに人見知りする人にとっては、初めての人の中に入るなんて無理無理と思っている人も多いでしょう。

でも、既婚者にとってすべての人が顔見知りではないところに飛び込むというのは逆にリスクは高くありません。最近では既婚者だけが参加できる合コンなんかもあるのです。しかもイベント会社が運営しているので、そんな怪しい人が突然立ち上げた、という会ではありません(笑)

 

既婚者同士が集う飲み会

 

既婚者だけが参加できる飲み会、夫以外の男性と仲良くしたいと思っている女性はこの言葉でドキドキするかもしれません(笑)実は今にわかに人気が出てきており、家庭と職場の往復でそれ以外で友達ができない男女が集っています。これも忙しい現代人ならではであり、ネットが発達したおかげで既婚者だけのイベントという情報がすぐ手に入るメリットでもあります。

既婚者同士の飲み会というのは、まずネットから各イベント参加申し込みをするだけ。ちなみにLINEの友達登録をすればイベントの内容がLINEで流れてくるので便利。気になるのが会費や参加費。家計を預かっている主婦とはいえ足跡が残ったり高いお金を払っては出にくいもの。

こちらの既婚者サークルは会費いらず。毎月定期的に支払分ければいけないなんて、やはり負担になります。参加費に至っては参加当日に受付で支払う現金決済のみ。申し込みはネットでもカード払いは無いので足跡も残らず安心。

初めて参加する人には主催者側からもフォローがありますし、一度参加して失礼な言動がある人について報告しておけば次回のダブルブッキングを防ぐよう配慮もなされています。

人懐こいタイプにはうってつけのイベントですし、人見知りをするタイプにはコンプレックスやコミュニケーション能力を高める練習にもなるはず!

 

沢山の男性と仲良くするには

 

既婚女性が夫以外の男性と仲良くしたいと思っているのは、女性としての自分のレベルが知りたいということ。他の誰かに声をかけられるようなら許される範囲で、声もかけられないようなら女性としての魅力がないかも、というのを計ってみたいのです。

女性は他者からの承認欲求で初めて自分は大丈夫、と安心したいもの。しかし夫はそんな妻の思いなどに全く気付きません。もちろん今まで家族として過ごした夫に妻も求めてはいないはず。むしろ一般男性から見た自分がどうなのかをわかっておきたいのです。

既婚男性もあわよくばを狙っている人も多いので、思ってもいない美辞麗句を並び立てるかも知れません。特に会ったことも無い女性に、あなたは可愛いですよ、と言われて本気にしてしまう、会いましょうとなる、なんていうパターンはネットでの出会いにはつきもの。それでも1対1で会いたいというのもあるでしょう。苦い経験を経てわかることもあります。

しかし主催者がいるイベントはある意味主宰している人に委ねればいいので、気軽に参加できるのではないでしょうか。しかも参加しているのは男女をちゃんと比率で調整していくれていますし、複数の男性と仲良くおしゃべりもできます。

勇気を出して参加してみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

熟年夫婦必見@浮気や不倫をされないための秘訣とは!?長い結婚生活を楽しもう

熟年夫婦の不倫や離婚が年々増加傾向にある現代。

今回は、不倫や浮気をされない熟年夫婦でも夫婦円満の秘訣や熟年不倫や熟年離婚の原因などについて、解説していきます。

長い長い結婚生活を幸せに仲良く過ごしていきたい方、必見です♪

 

1.熟年夫婦ってどこから?

熟年夫婦とは、あらゆる困難も幸せも共に分かち合って生活してきた夫婦に与えられる言葉ですよね。ですから、たとえ60歳であっても結婚歴が1年であれば新婚夫婦であり、熟年層ではありながらも、熟年夫婦とは言えません。

何年目から…といった明確な数字はありませんが、一般的には20年過ぎた頃から熟年夫婦と言われるようです。

 

2.熟年不倫や熟年離婚が増加のわけ

実は熟年不倫や熟年離婚は、年々増加傾向にあります。

歳を取ることに性的欲求も少なくなりますし、長年パートナーとしてやってきたんだから今更不満なんでないでしょう?と思われがちですが、実際はそうでもありません。

 

近年テレビドラマやニュースでも不倫や離婚に関しての報道や題材が多く、不倫や離婚に対するハードルが少なくなってきていていますし、結婚して20年以上も経つと、定年を迎え私生活がガラっと変わったり、子供が自立したりと大きな人生の転機を迎えますね。今までの夫婦生活ではなく、これからの自分の人生を考え始めるときでもありますよね。

一昔まえは、一度一緒になったら死ぬまで添い遂げるという考えが普通でしたが、今では熟年夫婦に限らず3組に1組は離婚をしていると言われています。そう考えると、不倫に至っては…考えるだけで怖いですね。一生に一度の人生だからこそ、悔いがないように楽しむという考えにシフトしている傾向が見られますね。

 

また、インターネットが普及し、SNSや出会い系アプリで簡単に他の誰かと繋がれるツールで溢れているのも原因の一つではないでしょうか。

メールアドレスを知らずとも昔の旧友とSNSを通して繋がることが容易ですし、出会い系で好みの女性とマッチングすることも可能な時代ですからね。熟年不倫や熟年離婚に対するハードルが低くなっていることが、増加の一番の原因ではないでしょうか。

 

3.熟年不倫・熟年離婚しやすい夫婦の特徴とは

熟年不倫や熟年離婚しやすい夫婦には、特徴があると言われています。

当てはまるから離婚や不倫を必ずするというわけでは、もちろんありませんが、可能性は高くなってきます。

 

・夫婦の会話がない

お互い自然体でいられることは良いことですが、コミュニケーションが極端に少ない夫婦は離婚や不倫をしやすい傾向にあるようです。

コミュニケーションのない家庭は、暗くなりがちですし、お互いがお互いに興味をもつことは大切なこと。特に定年を迎えると家にいる時間は増えますから余計ですよね。

 

・自己中心的な考えを持っている

自己中心的な人は、自分が楽しければ…自分が良ければ…という考えを持っています。本人は、それで何不自由なく暮らせているかもしれませんが、パートナーからすれば不満が溜まっていきますよね。注意すれば注意したで、喧嘩になることも…。夫婦という関係性に疲れてきますよね。

 

・もともと夫婦仲が悪く、子供のために過ごしてきた

中には、関係性は良くないけれど子供のために離婚をせずに過ごしてきたというご夫婦もいらっしゃいます。子供が自立すると、今度は夫婦が向き合わざるおえませんから、子供が成人を迎え、独り立ちしていくタイミングで熟年離婚するパターンも多いです。

 

・お互い経済的に自立している

離婚を踏みとどまる理由の一つに金銭問題が含まれます。特に女性は、子育て最中ですと、なかなか思うように働けず、一人で子育てするのに十分な額は稼ぎにくいですよね。

経済的な問題で結婚生活を我慢している方も多い一方で、経済的に自立している人の場合、離婚したときのデメリットが少なく、比較的離婚について悩まない方が多い傾向にあります。

 

・家事・介護に非協力的

今まで家事や育児に仕事と頑張ってきた女性側からしたら、定年退職した旦那さんが家にずっといることが慣れない上に、家事や介護に非協力的だった場合、ストレスが溜まり離婚や不倫に走りやすいようです。ましてや、旦那さんからの感謝やねぎらいの言葉がない場合、不満も溜まっていきますよね。

 

・家庭内別居している

家庭内別居しているということは、お互いの気持ちが冷めきっている証拠。お互いが干渉し合わない関係なので、不倫に走るケースが多いようです。一方で、労力とお金がかかる離婚まではしないのが特徴。

どちらかに気持ちが少しでも残っている状態ならば、家庭内別居はしない方がベター。

 

・趣味に没頭し過ぎている

定年前で働いていたときは、休みに互いの好きなことをするのも仕方ない!と理解を示していたのにも関わらず、定年後は毎日が休日のようなもの。

夫婦としての時間よりも、片方が趣味などの自分の好きなことに夢中になりすぎていると、パートナーは、熟年離婚や不倫へ走りやすいそうです。

やっと二人でゆっくり旅行へ行ったり、散歩をしたりできると思いきや…温度差があまりにも違いすぎると悲しいですよね。

 

4.仲が良い熟年夫婦の円満の秘訣とは

熟年離婚や熟年不倫に走る原因と特徴をご紹介しましたが、結婚生活には楽しいや幸せなことがたくさんありますよね♪長い長い人生、出来ればいざこざなく夫婦円満な毎日を過ごしたいですよね。そこで、仲が良い熟年夫婦の円満の秘訣をご紹介します。

 

・コミュニケーションを積極的に取る

夫婦の会話が少ないと、熟年離婚や熟年不倫になりやすいと先ほどお話した通りに夫婦円満の秘訣にはコミュニケーションが何より重要です。

会話ももちろん、手を繋いだり、ハグをしたりといったスキンシップもそのうちの一つ。

しばらくキスやハグをしていないご夫婦は、恥ずかしいかもしれませんが、相手は間違いなく嬉しいはずですから、照れずにスキンシップを増やしていきましょう。

 

・共通の趣味や話題を持つ

共通の趣味や話の話題を持つと、さらに夫婦関係は良いものになるでしょう。

すでにお互いを知り尽くしたご夫婦ですから、趣味が合わなくても問題はありませんが、高齢になるにつれ、二人の時間は増えていきますから二人で楽しめるものを見つけることで、一緒に楽しく過ごすことが出来ますよね。また、ときめいていた若き頃を思い出して、もっとパートナーへの気持ちが深まるかもしれませんね。

 

・感謝の気持ちを伝える

親しき仲にも礼儀アリといいますが、むしろ親しいからこそ感謝の言葉やねぎらいの言葉などが必要だと思います。結婚生活は見返りを求めながらは続けていけませんが、それでも「ありがとう」の一言があるのと無いのとではモチベーションも違います。心も温まりますし、明日も頑張ろうと思えますし、笑顔も増えます。

 

・心にゆとりを持つ

心にゆとりを持つということは、簡単なことではありませんが、意識をするだけで夫婦生活が円滑に進みやすいです。不思議とイライラすることが減ってきますし、動作や言葉使いも優しい丁寧なものへ変わっていきます。相手への接し方も変わってくるので、相手も自然と優しくなるのです。

 

・適度に甘えることができる

旦那様に甘えていますか?甘えるのが苦手と答える女性は多いですが、甘えられるのが好きな男性は多いです。ここでの甘えるというのは、わがままを言う・媚びるというわけではありません。相手を頼る・男を立てるという意味です。

男性は嬉しくなって、あなたが困っているときに優しく手を差し伸べてくれるはずです。上手に旦那様をコントロールして、円満家庭を目指しましょう。

 

5.夫婦の仲で、若い頃と変わったところは?

長い年月一緒にいると、夫婦のあり方も変わってきますよね。そこで若い頃と変わったところを熟年夫婦の方に聞いてみました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

・相手に求めすぎなくなった

  • 結婚生活35年 T夫妻

「若い頃は、私だって僕だってこうしている!だとかなんでこうしてくれないの?という不満が凄く多くて喧嘩ばかりでしたが、歳を取るごとに考えが変わってきました。ふと気づいたんです。いくら夫婦でもお互いはお互い。気持ちまではコントロール出来るわけないし、逆の立場で見たらどうなんだろう…って。それからは、相手に求めることがなくなって、その分してもらったことが、何十倍にも嬉しくて!昔の自分が恥ずかしいくらいです。若気の至りかしら。」

 

若い頃は、見返りを求めたりなど相手に何かをして欲しいと求めがちですが、熟年夫婦にもなると、Tさんご夫妻のように相手に求めなくなったと答える人が多かったです。その方が気持ちも軽くなるし、ストレスが溜まらないのだとか。

 

・一緒に寝ない

  • 結婚生活40年 S夫妻

「55歳ぐらいから主人とは別のベッドで寝ています(笑)歳も歳ですし、身体のためにもゆっくり睡眠を取りたいと思ったので。確かに一緒のベッドで寝ていない分、スキンシップは減りますが、もともと数年前から夜の営みもないので、むしろ快適です。でも身体が楽になった分、二人で出かける機会がぐんと増えて、良い老夫婦かな?と自分でも思っているほど。熟年夫婦にもなると、身体の関係が愛情というわけではなく、むしろ手を繋いだり、居心地が良かったり、笑顔が多かったり、そういったところに愛情を感じます。」

一緒に寝ないけれど、夫婦円満…!?と驚きましたが、Sさんのお話を聞いて納得しました。確かに年齢を重ねるとともに、付き合い方も過ごし方も変わってくるのは当然のことですよね。

 

・お互い身体を労るようになった

  • 結婚生活22年 M夫妻

「旦那が病気になったのをきっかけに、お互い健康や身体の状態を気にかけるようになりました。隣にいることが当たり前ではないのだな…と思うと悲しくもなりますが、大切なことに気づくことが出来ました。今では主人もすっかり元気になりました!病気までいかなくとも、身体には確実にガタがきますから、助け合いの精神をもつことが大切ですね。」

確かに高齢になるにつれて、疲れが取れにくくなったり、足腰にも負担を感じるようになってきますよね。自分では気づかないこともたくさんあると思いますので、お互いがお互い身体のことをいたわりながら生活していくことは、熟年夫婦にとっては最も大切なことかもしれませんね♪

 

・お互いの時間も大切にするようになった

  • 結婚生活34年 O夫妻

「子供が成人するまでは、家族のことや子供のことばかり考えていて、自分の時間や趣味のことなんて考えていなかったけど、子供が成人してから余裕が出来て、自分の時間も大切にするようになりました。今までは旦那が休日友達と出かけるとイラッとしていましたが、今では旦那が楽しんでいる姿を見るのが幸せです。」

 

お互い働いていたときや子供が成人する前は、休日は家族の時間!という認識が強いご夫婦は多いはず!でも子供に手がかからなくなれば、お互い自分の時間を楽しむことが増えてきますよね。

 

6.子供や孫に迷惑をかけないためにも、夫婦円満が一番大切

今では熟年離婚や熟年不倫が当たり前になりつつある時代ですが、やっぱり夫婦円満に越したことはありません。離婚をするには、お金も時間もかかります。その上、ストレスも想像以上にかかるもの。

また、自分たちだけの問題でなく、両親や子供、孫にまで影響を与えます。特にお子さんは悲しむのではないでしょうか?高齢になればなるほど、老後の生活や健康面の不安が大きくなりますから、その大きな負担はお子さんにかかってきます。

熟年夫婦と呼ばれるということは、今まで頑張ってきた仕事や育児から開放される時期ですから、心に余裕を持ってお互いがお互い支え合う人生を歩んでくださいね。

既婚者サークルを楽しむコツについて

既婚者サークルを楽しむコツについて

既婚者サークルではどのような会話がされているのか、どのようなタイプの人が参加しているのか、気になることが色々とあります。

こういった疑問を解決するには、実際に参加して自分の目で確かめるのが一番ですね。既婚者の人なら独身時代から、あらゆる飲み会に参加した経験があるはず。

中には退屈で、二度と行きたくない飲み会もあったでしょう。既婚者サークルとなると年齢幅も広がり、飲み会が盛り上がるかどうか心配になりませんか。

そんな不安を抱えている人にご紹介したいのが、既婚者サークルを楽しむコツについて。今日は楽しくワイワイしよう!と心に決めたら、後は独身気分で仲間と交流してくださいね。

 

既婚者サークルに参加するために必要なこと

既婚者サークルに参加するには、難しい手続きなどはありません。しかし事前に知っておきたい内容がいくつかありますので、疑問や質問などは開催側に確認しておきましょう。

 

既婚者サークルに参加するまでの流れ

行ってよかったと思える既婚者サークルに参加するためには、自分に合いそうな内容のイベントを見つけることが必要です。

既婚者サークルや飲み会、交流会やパーティーなど。色々な呼び名がありますが、参加者が全員既婚者であるのがまずチェックポイントになります。

参加するにあたって、オンラインで予約手続きをすることが必要。予約フォームから必要事項を入力して、支払いを行います。当日は身分証持参するなど、条件を確認しておきましょう。

 

イベントの流れについて

一般的な既婚者サークルの流れについて、詳しくご説明します。当日の会場や集合時間は、事前に開催者からメールで連絡があるはずなので、時間厳守で行動しましょう。

受付開始になったら、指定の場所へ行きチェックイン。イベント開始の際にはスタッフから禁止事項などの説明がありますので、しっかりと聞いておきましょう。

イベントの規模によって流れは若干変わりますが、まずはグループ交流の着席型でそれぞれ自己紹介をします。

30分ほどをサイクルにして、グループ替えが何度か行われます。イベントが終了した後は二次会に行くかどうか、個人の判断で決めてくださいね。

 

服装

イベント内容によっては、ホテルなどのきちんとした場所で開催されるケースもありますので、服装についても確認しておきましょう。

通常の既婚者サークルの場合は、少しオシャレを意識したカジュアルな服装やスーツ、ワンピースなどが多くなっています。

スウェットやジャージは、禁止されているのでご注意ください。久しぶりに知らない異性との交流の場になりますので、好印象を与える素敵なオシャレを意識すると安心ですね。

 

持ち物は何?

指定されている場合は、当日に身分証を持参してください。後は貴重品など、友人と出かける時に持っているようなアイテムがあればOK。

もし盛り上がり、二次会まで参加する可能性がある場合は、余分に現金を持っていたほうがよいかもしれません。

女性ならメイクグッズ、男性ならコロンなど。オシャレにも気を配るアイテムは、当日持参しておきましょう。

 

既婚者サークルで楽しく時間を過ごすコツ

既婚者サークルを楽しむコツについて

既婚者にとって、パートナー以外の異性と交流するチャンスは、ほとんどありません。既婚者サークルに参加しても緊張して、上手く話ができない場合もあるでしょう。

そのような事態を避けて楽しく過ごすためには、次のポイントを意識するとよいですね。

 

愚痴こぼしは程々にしよう

既婚者が集まれば話題は、結婚生活の愚痴こぼしになるのは想定内です。しかし全員が暗い話をしにやってくるわけでなく、ストレス発散をしたくて楽しい時間を求めています。

家庭の愚痴こぼしは既婚者の共通の話題になりますが、あまりにも愚痴だらけになると相手が引いてしまう場合もあるでしょう。明るいイメージを与えるためにも、ネガティブな話題は程々にしたほうが安心です。

 

共通の話題を見つけよう

既婚者同士なので、すぐに打ち解けられる環境は整っています。しかし参加者はそれぞれ違うライフスタイルがあり、性格や価値観も違うでしょう。

楽しく時間を過ごすためには「既婚者」以外の共通点を見つけ、距離感をなくしてください。

たとえば趣味の話題。同じ趣味がある人と知り合うと、今後の付き合い方にも大きなメリットがあるでしょう。

主婦の人で話題がなくても、食べ物やテレビ番組など、誰にでも受けのよい話題を準備しておくとよいですね。

 

相手の立場になり心配りを忘れない

結婚すると相手が異性としてではなく、仲間やパートナーのような存在になります。それは結婚の魅力ではありますが、異性として見られなくなるのは寂しいことですよね。

既婚者サークルは、男性として女性としての魅力を再発見するチャンスになりますので、異性に対しては好感度をアップするように心配りを大切にしてください。

たとえば飲み物やお料理をとってあげるなど、独身時代に頑張ったことを思い出すのも、楽しい時間になります。

 

プライベートはしつこく質問しない

飲み会は初対面の人の集まりなので、色々と知りたいことも出てくるはず。仕事や家族のことや住んでいる場所など、プライベートな質問は相手にとってプレッシャーになる場合もあります。

自分から聞き出さず、話題になったらそれとなく会話を広げてください。もし逆にしつこくプライベートな部分を聞いてくる人がいたら、話題をそらすとよいですね。困った時は、会場の進行役のスタッフに相談してください。

 

同性の友人作りも大切

既婚者サークルで浮気相手を見つける人も、中にはいるようです。しかしほとんどのイベントで、浮気相手探しでないことをはっきりとアピールしているため、当日目につくような行動は避けましょう。

既婚者の集まりは異性だけが目的でなく、同じ主婦仲間と知り合うチャンスにもなります。結婚生活の不安や悩みごとは、同性の人と愚痴こぼしできるような間柄があると安心ですよね。

友人ができずに困っている人は既婚者サークルを活用して、男女共に交流の場を広げてみましょう。

 

既婚者サークルのプロになろう!

既婚者サークルを楽しむコツについて

既婚者サークルは、非日常的な空間がやみつきになる人もいます。異性と交流する楽しい空間を上手く活用すると、結婚生活をさらに充実させるためにも役立つ時があるでしょう。

 

友人とイベントで再会

既婚者サークルの出会いは大切に、イベント後もできれば続けたいと思う人がいるかもしれません。

しかしデートだと周囲の目も気になり、夫婦関係に亀裂が入る恐れがあります。そんな場合は、別の既婚者サークルで再会することもできます。

同じイベントに申し込み、定期的に会って友人関係を続けられます。グループの中で再会するので、用心深い人でも安心できる環境があります。

 

SNSを使ってコミュニケーション

既婚者サークルで出会った大切な仲間とは、LINEを使って日常的にコミュニケーションをとったり、Facebookでメッセージのやりとりをしたり、付き合い方はさまざまです。

大切なのは貴重な出会いを無駄にせず、お互いにできる範囲で関係を続けること。たとえば同じ趣味仲間が見つかれば、自分の休日の過ごし方が広がる可能性も。また夫婦同士での付き合いが始まるという、素敵なケースもあるかもしれません。

 

まとめ

既婚者サークルを楽しめるかどうかは、全て自分の気持ち次第です。目的意識をはっきりとさせ、滅多にないチャンスを楽しんでくださいね。

久しぶりにオシャレをして出かけるだけでも、自分の魅力を再発見するチャンスになります。マンネリした夫婦関係が、これからは違ったものに見えるようになるかもしれません。

既婚者飲み会が気になる!と思った時の行動

既婚者飲み会が気になる!と思った時の行動

既婚者飲み会で、ストレスを発散したいと思う人が最近増えていますが、勢いだけで参加するには躊躇する部分がいくつかあります。

既婚者の集まりだから安心と思う反面、飲み会が原因で夫婦関係が悪くなったら?という不安もあるでしょう。

結婚すると異性との出会いは、なかなかあり得ませんよね。そんな時に気になるのが、既婚者飲み会の存在です。

では興味を持ったら、まず何をするべきなのでしょうか。既婚者飲み会に参加するまでの心得について、詳しくお伝えしていきますね。

 

どんな人が既婚者飲み会に参加する?

既婚者飲み会が気になる!と思った時の行動

既婚者飲み会に対しては、人それぞれ色々な考えがあるはず。否定的な意見もありますが、結婚すると現実問題異性との関わりが全くなく、刺激のない生活が気になることがあるでしょう。

既婚者飲み会に参加するかどうかは別にしても、少し気になるという人は多いはずです。では既婚者飲み会に参加する人たちの理由について、いくつかのものを見ていきましょう。

 

既婚者同士で楽しく飲みたい

飲み会はあちこちで開催されていますが「既婚者」が対象となると、思わず気になってしまいますよね。

そんな飲み会があるのなら、ぜひ参加したいと思う主婦やサラリーマンは多いはず。独身者と飲んでも話題が盛り上がらず、共通点が少ないので楽しくないと感じるでしょう。

その点既婚者同士なら共感する部分が多く、お酒が楽しく飲めます。既婚者飲み会や既婚者サークル、交流会など、あらゆる名目で飲み会が開催されていますので、気になる人はネットで検索するとよいですね。

 

独身時代が懐かしい

初対面の人たちとお酒を飲んでワイワイするのは、独身時代だけ。結婚すると行動範囲が限られてしまい、お酒を飲む仲間は広がりません。

既婚者飲み会は、そんな独身時代を思い出させてくれる場所。初対面の異性にときめきを感じたりオシャレをしたりして、ドキドキしながら飲み会に向かう時間が新鮮に感じます。

普段ずっと家で過ごす主婦にとっては、久しぶりのお出かけになるでしょう。女友達と出かけるよりも異性がいる場所だと、気持ちが引き締まり独身時代に気合いを入れて出かけたのを思い出します。

 

話が合う人と時間を過ごしたい

お酒は、楽しく飲める場所が一番です。飲み会で出会うのが自分と共通する話題がない人だと、お酒が美味しく感じませんよね。

既婚者飲み会なら家庭や子供のこと、嫁や姑の愚痴など、結婚している人でないとわからない話題がシェアできます。

話が合う人とお酒を飲むのは貴重な時間で、とくに家庭がある人にとっては、よいアドバイスを交換するチャンスになるかもしれません。

結婚している人は周囲に色々といても、異性を交えて飲み会を開くというのは難しいですよね。そんな手間を省いてくれる既婚者飲み会は、話し好きの人にもオススメです。

 

既婚者の友人が欲しい

結婚すると仕事と家庭、昔から付き合いがある人くらいしか交流関係がありません。友人を作りたいと思っても、出会う場がないためどうしても家にこもりがちになってしまいます。

最近はSNSという便利なツールがありますが、既婚者がいきなり知らない人と一対一で会うのは危険です。

既婚者飲み会は性別関係なく、友人を作るよい場所になります。既婚者サークルや飲み会は、浮気相手を探していると誤解する人もいますが、実際は友人を見つけて結婚生活を刺激的に変えている人も多いのです。

 

家庭のストレス発散

夫婦喧嘩が多く、ストレスにあふれた生活を続けていると、パートナー以外の異性とコミュニケーションをとりたくなる場合があります。

愚痴を聞いてもらい異性の意見を聞けば、夫婦間のトラブルが解消されるケースもあるでしょう。

既婚者飲み会は家庭のストレス発散の場所になり、お互いが理解しやすい問題を抱えている人が参加しています。

たとえば独身者の恋愛問題を相談されてもピンとこないように、既婚者同士だからこそ家庭の悩みや愚痴が言いやすく、ストレスを発散できるのです。

 

自分に合った既婚者飲み会を見つけよう

気になる既婚者飲み会。参加してみたいと思った時はどのような飲み会が開催されているか、内容を比較して自分に合いそうなイベントを見つけましょう。

 

既婚者飲み会の種類について

既婚者飲み会は居酒屋で集まって、お酒を飲むイベントだけではありません。また怪しい雰囲気の集まりを想像する人も多いようですが、昼に開催するランチのイベントや夕方から始まるディナー、夜の飲み会と色々なタイプがあります。

開催される場所は、ホテル内のバーやレストランを貸し切りで行うイベント、またアウトドアで楽しく過ごす内容のイベントなどもあります。

お酒が飲めない人でも気軽に参加できるよう、料理やドリンクの種類にもこだわっています。

 

参加条件は?

参加条件は、既婚者であることがまず挙げられます。またパスポートや運転免許などの身分証の提示が、必要になってくる場合もあるでしょう。

また男性の年収条件がある場合、参加者の年齢制限があるなど、それぞれの飲み会で条件が設定されていますので、自分に合いそうな内容を比較して選んでください。

実名を公表せず、ニックネームだけで参加できるケースもありますので、プライベートもしっかりと守られています。

 

費用はいくら?

男性のほうが女性よりも、費用は高めに設定されています。たとえば年収一千万以上のエリート男性との既婚者飲み会の場合は、男性の参加費が一万円で女性は千円~二千円。

費用面だけを見ると、女性のほうがかなりお得。美味しいお料理やお酒が飲めるので、それだけでも元がとれるかもしれません。

 

友人と一緒に参加できる?

既婚者飲み会は、一人で参加する人が多いといわれていますが、もちろん友人を誘って参加することもできます。

念のため、開催者側に事前に確認しておくと安心ですね。定員人数が決められているイベントが多いので、人気があるものは早めに予約しておきましょう。

友人作りをするなら一人で参加したほうが、出会いの確率は高くなるかもしれません。友人が一緒だとどうしても行動が限られてしまうので、一人参加が多いイベントを探すこともコツですね。

 

安心できる飲み会を見つけよう

既婚者飲み会が気になる!と思った時の行動

既婚者飲み会で怪しい人に出会ったら、家庭にも迷惑がかかる恐れがありますよね。初めて参加する場合は次の点を意識して、安心できるイベントを見つけてください。

 

禁止事項が決まっている

パーティーやイベントを運営する会社で、きちんと禁止事項を決めているところが安心です。

たとえば女性参加者へのセクハラ禁止、喫煙禁止など、女性へ配慮したスタイルがよいでしょう。

 

キャンセルできるか

既婚者飲み会は事前に予約をして、支払いを済ませておきます。万が一気持ちが変わった場合や都合で参加できない時に、キャンセル料が無料のイベントならとても安心ですね。

 

参加資格があるか

イベントごとに設定されている参加資格を、きちんとクリアした人だけが集まる飲み会がオススメです。

参加者の身分証明書提示を求めることは、安全に既婚者飲み会を開催するために重要です。また中には参加者の年齢をはっきりと指定せず、見た目年齢だけでOKというイベントもあります。

運営側のポリシーがあいまいだと、せっかくの飲み会が楽しめなくなってしまう原因になるでしょう。

 

まとめ

既婚者飲み会が気になったら、あらゆるイベントやパーティーがネットで紹介されていますので、具体的な内容や参加条件などの必要な情報を収集してみましょう。参加する自分の姿を想像すると、当日まで待ちきれなくなるかもしれません。

既婚者の合コンに参加をためらう理由とは

既婚者合コンに参加したいけれど、何か引っかかるものがあるという人は多いのではないでしょうか。

周囲からは浮気相手を探しているの?と思われそうで、参加しにくい雰囲気。でも話題になっているから、一度は行ってみたいと迷っている人も多いでしょう。

合コンといえば独身者が集まり、楽しくお酒を飲む場所というイメージ。出会いを求めて参加する人がほとんどかもしれません。

結婚してから異性とのつながりがあるといえば、自分のパートナーだけ。男女関係なく出会いが限られた人生は、とても退屈に感じてしまいます。

近年人気がある既婚者合コンは、浮気相手を見つけるのでなく、気晴らしや自分を磨く場所として活用している人も増えています。

参加したいけれど勇気がないという人は、ためらう理由を考えて今後の計画の参考にしてみませんか。

 

結婚したらできなくなること

好きな人とゴールインして幸せな家庭を築くのは、誰もが夢見る内容です。新婚時代は何をしていても楽しく、二人で一緒にいられることに感謝しますよね。

しかし楽しい新婚時代は長く続かず、独身時代が懐かしく感じる瞬間が色々と出てくるのです。結婚したらできなくなるのは、次のようなものが挙げられます。

 

夜遊び

独身なら朝までお酒を飲んで酔っ払っても、その場限りの出会いがあっても、文句を言う人はいないでしょう。

独身のうちにやっておきたいことのひとつに、夜遊びがあります。クラブやバー、合コンなど、羽目を外して遊べるのは独身が持つ特権です。

結婚してから夜遊びをすると、夫婦関係が上手くいっていないのか、それとも相手に理解されているのか、世間から不思議な存在に見られてしまいます。

また近所の目も厳しく、結婚してから一人で朝帰りをしたら、すぐによからぬ噂が広がってしまうでしょう。

 

好きなところに旅行する

新婚時代なら二人でたくさん旅行をするのが可能ですが、いずれ子供が生まれてマイホームの購入、家族との付き合いなど、金銭的にも時間的にも制約されてしまいます。

旅行好きな人は結婚前に好きなだけ旅行をして、遊び納めておくことも必要かもしれません。

結婚すると、何をするにもいつも二人。計画を立てる時も相手の意見を尊重しなければならないので、好き勝手に旅行をすることはないでしょう。

ある日ふと旅に出たくなり、バッグひとつで家を出るというのも不可能になってしまいます。

海外旅行だとお金もかかりますから、独身時代の自由な時にたくさん行っておきたいですね。

 

自分にお金をかける

独身時代はお金の使い方も自由ですから、好きな洋服や食べたいものなど、誰にも相談しなくてもOK。

しかし結婚すると将来のために節約しなければならないため、独身のように自分にお金をかけることができなくなります。

たとえば、女性の美容にかかるお金。ネイルサロンやエステサロン、美容院など、綺麗にするためにはお金もかかります。

しかし結婚すると美容を意識すること自体が少なくなり、自分のためにお金を使うチャンスは減ってしまいます。

男性なら趣味にお金を使う人が、結婚後に諦める場合もあるでしょう。「いつか始めよう」と思ったまま、趣味のない生活が始まってしまうのです。

 

友人付き合い

学生や独身時代は友人と一緒にあちこち出かけたり、家に泊まったり過ごす時間がたっぷりとありました。

しかし結婚するとパートナーを置いて、自分だけが友人と楽しく過ごすのは、悪いことのように感じますよね。

結婚している友人や、独身の友人。相手のライフスタイルに関係なく、人に会う時が減ってしまいます。

まずは家庭が第一。その優先順位を守っていると、次第と友人と疎遠になるケースもあるでしょう。

独身時代に友人と楽しく過ごせなかった人は、結婚して後悔する場面が色々とあるかもしれません。

 

恋愛

結婚するとできないのは「恋愛」です。異性の視線を気にしながらオシャレをしたり、デートをしたり。

そんな生活は毎日刺激になるので、独身者はいつも輝いています。好きな人と結婚したのだから、恋愛する必要はないだろうと思うのが普通の常識。

しかし長い間同じ相手と一緒にいると、自分が異性として見られなくなってしまうのです。そんな寂しさからやってくる恋愛のときめき不足は、結婚するともうできないことなのだとがっかりする瞬間です。

 

既婚者合コンに行きたい!でもためらう人たちの共通点

既婚者合コンが日本各地で開催され話題を集めていますが、気軽に参加できる趣味のサークルとは違い、あらゆる理由でためらう人がいます。

そんな人たちに共通する理由について、考えられるポイントを見ていきましょう。

 

罪悪感がある

既婚者合コンは交流会やオフ会、サークルなど、あらゆる名前がつけられていますが、どれも既婚者を対象にして集まるイベントです。

年齢は30代~50代が多く、子育てがひと段落している人も多く参加しています。参加をためらう理由として、自分のパートナーに罪悪感があるため。

内緒で合コンに参加するのは、裏切るようで申し訳ないと思ってしまうのです。既婚者合コンは女性に考慮したイベントが多く、集合時間も週末の午後など、家庭に影響を与えないように工夫されています。

しかし夫や妻を家で待たせて、自分だけ楽しく異性と時間を過ごすのは、夫婦関係を悪くしそうなのでためらってしまいます。

 

浮気性だと思われる

既婚者合コンは、友人を作る場所や知り合いを増やす場所など、健全な目的があるもの。しかし世間の人は、悪いイメージを持つ場合もあります。

確かに浮気相手を見つけに行く人も、実際に存在するでしょう。しかし全ての人がそのために参加するわけではありませんので、楽しく食事をして終わりになる時も多いのです。

それでも参加者同士もネガティブなイメージを抱き、お互いに浮気性の人だと勘違いされる可能性があります。

 

着ていく服がない

結婚してから自分のパートナー以外と食事したり、お酒を飲んだりする機会はほとんどありません。

既婚者合コンというチャンスが訪れてためらってしまうのは、着ていく服がないことやトレンドを意識したオシャレができないといった理由もあります。

異性の視線を集める場所なので、できれば独身時代のように輝いて絶賛されたいですよね。既婚者合コンはお見合いパーティーのような、堅苦しいオシャレをする必要はありません。

しかし綺麗に着飾って出かけるのは、マンネリした結婚生活の刺激になること間違いなしでしょう。

 

好きな人に出会いそう

恋愛のチャンスは、いつどこでやってくるかわかりません。結婚しているからといえ、自分の好みのタイプが目の前に現れたら、心が揺れ動いてしまうのは仕方ありませんよね。

そんな時にしっかりと自分を持っている人でないと流されてしまい、夫婦関係の危機を迎える恐れがあります。

熱しやすくて冷めやすいタイプは、合コンで色々と素敵な人を見つけるかもしれません。その時に感じるドキドキ感は普段得られないもので、現実逃避した場所で恋に落ちそうな不安があるのです。

もし夫婦関係が上手くいっていない人なら、優しく声をかけてくれる人と親しくなってしまうこともあるかもしれません。

 

話題がない

「合コンに行くのは何年ぶりだろう?」とモチベーションを高く持って会場に到着したもの、実際に自分のパートナー以外と話をするのは、とてもエネルギーを使うものです。

ましてや夫婦だけの会話は、いつもマンネリで気を遣わずにいるため、相手がどのような話題が好きなのか考える必要もありません。

既婚者合コンをためらう理由としては、盛り上がる話題がないこと。しらけてつまらない人だと思われ、がっかりと帰ってくるのでは参加したくなくなります。

とくに女性の場合、専業主婦として生活していると外のつながりがないので、必然的に話題は家族やテレビくらいになるかもしれません。

 

危ない人がいそうな不安

既婚者合コンは全員が色々な目的を持って参加していますが、共通するのは出会いを求めていることです。

その場だけ楽しければよいという人や、友人としてずっと付き合いたい人、または趣味の仲間が見つかる場合もあるでしょう。

そこで注意したいのは、浮気相手を求めてくる人の存在。強引に二次会に誘ってきたり、スキンシップをしてきたりする人もいるかもしれません。

初対面の異性とはどの程度距離を置くべきか、久しぶりでわからない人も多いはず。既婚者合コンは「なんとなく危ない人がいそう」というイメージがあると、参加をためらってしまいます。

 

ためらわずに参加できる既婚者合コンの選び方

たまには違う異性と話をするのは、夫婦関係に刺激を与えるよいチャンスになります。行きたいけれど気が乗らない…と迷っている人は、安心して参加できる既婚者合コンを選びましょう。その際の判断基準は、次のポイントを意識するとよいですね。

 

開催時間が早いイベント

既婚者合コンは色々なタイプがありますが、家で待つパートナーのことを考えたら申し訳ないとためらう人は、開催時間が早いイベントを選びましょう。

たとえばランチの合コンなら、開催時間が13時前後になりますので、少し友人と食事してくると言ってもわかりませんよね。

既婚者合コンは二時間ほど開催され、その後は個人で二次会に参加するなどさまざまです。ディナー時間に集まる既婚者合コンもありますが、翌日のことを考えて早い時間のほうがよいという人も多いはず。

なんとなく出席しにくいと思う場合は、空の明るい時間帯のイベントがオススメです。

 

参加者数が少ない合コン

参加者が多くなるほど、人の特性やタイプも色々です。どのような人がいるのか不安な場合は、少人数で開催する既婚者合コンがよいでしょう。

たとえば五対五など、男女共に人数が決められている場合は、全員が注意しているため迷惑な行為も少なくなります。

イベントによっては、男女の数が合わずにバランスが悪くなることもありますので、初めて参加する人はイベント内容を確認しておくと安心ですね。

久しぶりに異性と話をする人は、大勢のパーティーよりも人数が少なく、対面式で食事できる空間が安心です。

 

メニューを確認しよう

既婚者合コンは「独身者のようにお酒を飲まなければならないの?」と不安を抱いて、ためらっている人も中にはいます。

酔っ払って家に帰ったら、パートナーと口論になりそうな場合。合コンではソフトドリンクがないと困りますよね。

どのようなイベントに参加するにしても、お酒が飲めない人でもOKな内容であることを確認してください。

また料理内容もコースなのか立食形式なのかなど、初対面の人と話しやすいメニューのほうが安心です。

参加費用は、基本的に男性のほうが高く設定されていますので、女性なら少しお小遣いを貯めておけば色々な合コンに参加できます。

 

年齢層の幅が広いイベントに参加する

出会いを求めるのは浮気相手だけでなく、趣味や家族の話、仕事についてなど、自分と相性の合う人と知り合うにも絶好のチャンスになります。

その場合は、年齢層の幅が広く設定されているイベントがオススメです。一般的には30代以上が多く、自分と同じ年齢層で行うイベントもあります。

既婚者合コンなので結婚生活に関する話題は多く、悩み相談として年上の人からアドバイスが欲しい時もあるでしょう。

参加してよかったと思うイベントは事前に内容をチェックして、納得できるものを吟味してください。

 

きちんとしたお店で開催されているか

「既婚者合コンで、危ない人と知り合ったらどうしよう…」と不安になる人は、開催場所に注意して参加してください。

たとえば有名ホテルのレストランなど、きちんとした身なりで参加する場所なら、その場にふさわしくない人は来ない可能性が高いですよね。

逆に安い居酒屋などは気軽に参加できる反面、マナーやエチケットを意識せずに、お酒を飲んで酔っ払う人もいるかもしれません。

既婚者合コンはレストランやバーをはじめ、アウトドアイベントもあります。安心して人とコミュニケーションがとれるイベントを選び、楽しい時間を過ごしてくださいね。

 

大規模なイベントにする

既婚者合コンに行くとパートナーに言ったら、相手はよい思いはしないはず。絶対に行くなと止める人もいれば、夫婦喧嘩になる時もあるかもしれません。

合コンというと数人でお酒を飲むイメージがあり、急接近しそうな不安があります。逆に船上パーティーや広い会場を使ったイベントなら、既婚者合コンだとわからずに気軽に参加できるメリットがあります。

 

まとめ

既婚者合コンにためらいを感じている人は、一度参加して実際の様子を見るとよいでしょう。

気軽に参加できるランチなどもありますので、久しぶりにオシャレをして、軽く外食する気分で出かけてみませんか。

出会いには憧れる..でも一線は越えたくない女性のためのポイント

既婚女性には肉食女子が多い!?

 

一昔前まで既婚の女性は男性の後ろ歩き貞淑なイメージのままで生きてきました。実際貞淑な女性がほとんどだったとは思いますが、既婚女性特に30代後半以降になると次第に肉食女子になる傾向があります。

草食男子という言葉が流行りましたがそれとは正反対の肉食女子。なぜ女性が、しかも既婚であるにもかかわらず肉食になるのでしょうか。実は性的にも成熟してくるのが30代後半以降で、40代になると性的欲求を抑えられない女性が増えているのです。

昔こそそんなはしたないことはおくびにも出せなかった時代。今は情報も錯綜し自分で精査していく時代です。性的に満たされない自分がおかしいのではないか、と思い手元にある端末でインターネットを開くと、自分と同じように感じている女性が沢山いることに気付きます。

ただ、欲求があるからといって夫も子供もいる自分が、欲に任せてというのはみっともない。

ましてや夫が相手にしてくれないからとほかの男性と深い関係になるなんてもってのほか、とほとんどの女性がセーブしているのが現状なのではないでしょうか。

今回は夫とは別の男性と一線を越えるなんてもってのほか、だけど男性と出会ってみたいという憧れが消えないという既婚女性へのポイントを、リアルな出会いのシチュエーションやネットでの出会いで比較してみたいと思います。

 

男性はあわよくばを想像する

 

既婚女性の欲というのは体の欲求もさることながら、心が満たされているかどうかというのも大きく影響しています。結婚して30代前半は家事育児でそれどころじゃないのが事実。でも40代間近になり40代、50代に近くなると夫もそれなりの年代になり、ともすれば女性として扱ってくれなくなることが。

妻として見られているならまだしも、母親や、ひどい時には家政婦並みの立ち位置でしか見てくれないこともあるのではないでしょうか。家事や育児も仕事も頑張っている妻からすればあんまりな扱いともいえますよね。

昨今の既婚女性が夫以外の男性との出会いに憧れているのは、そういう夫からの扱いに不満がある人も多く、扉を開けてみたいと思っているのです。ただ男性側は出会いたい、でも一線は越えたくないという女性の気持ちより、あわよくば深い関係に、という願望を持つ人が多いのも事実。

どういう出会い方をするにしろ、越えるかどうかは女性のガードの強さが決め手となります。素敵な女性だけれどもガードが堅い女性に対して距離を置くような男性は、初めから体目的の男性がほとんど。それを理想にピッタリだからと許してしまうとズルズルと関係を持つことにもなりかねません。

 

出会いはどこもリスキー?

 

では、出会いは全てリスキーなものなのでしょうか。一概には言えないですが全部が全部ハイリスクというわけではありません。まして一線を越えたいなどと考えないのなら、素敵な男性と同じ空間にいるだけですし、ちょっと仲良くなって一緒に食事に行ったり複数で飲みに行ったりするだけで、会社の飲み会と何ら変わりません。

そしてリスクが高い低いには出会う場所も大いに関係しています。表向き男性と女性が接点を持つ場所は少なくありません。しかし接触できる場所がすぐそこにあるからと男性にすぐ近づくようなことになると、逆に警戒されてしまいますし、共通の知り合いがいるところだと、男性にすぐ近づくなどと噂として広まりかねません。

安易に男性と近づく場所は様々ありますが、そこで芽生える関係について次の項目から検証してみましょう。

 

ジム通いの男性との出会い

 

 

最近ではジムで鍛える女性も増えてきていますよね。そもそもジムといえばムキムキマッチョな男性が体の限界まで呼吸も荒く鍛えぬく、という場所でしたが、今は気軽に通えるようなプログラムがあったり、インストラクターについて体のメンテナンスという位置づけになっています。

ジムに通う男性に対して良いイメージを持っている女性は多く、やはりストイックに自分を絞っている姿に魅力を感じています。そして汗を光らせながら振り上げる腕を見ているとちょっとドキッとしますよね。マッチョ好きでなくても男性性を感じるのが体のラインであり、筋肉です。ちょっと抱かれてみたらどんなんだろうと考えるのも、そういった男性の体を見てしまった時。

では、スポーツジムでの男性との接点とはどうなのでしょうか。

あからさまにいい雰囲気を醸し出すのはやはり危険ではありますが、インストラクターとプライベートで仲良くなるというパターンもありますし、ジムに通っている男性自身も体のラインがわかる女性を見て男心をそそるというのはあるでしょう。他の人に見える様なことはしないまでも、フィーリングの合った男性と今度食事でも、なんていう話が出てくることはあると思います。

気を付けたいのは、人の見ている前ではあくまでも同じジムに通うもの同士、という距離感は持っていたほうがいいですね。

 

スキルアップのスクールに通う

 

スキルアップのスクールといえば、英語が必要な仕事のため通う英会話スクールやビジネススキルをアップさせるビジネススクールがあります。

どちらにしても向上心を持って通っている男性がほとんどなので、プライベートで約束を交わすのは難しいかもしれません。ジムに通う男性と同じで自分を磨くという意味では女性からも一目置かれる存在。やはり自分を高めようとする姿は尊敬しますよね。

ただ全くきっかけがないわけでもありません。男性が素敵だと思う女性もまた向上心を持って自分を高めようとしている人。凛としていて見ていて励みにもなりますよね。そういった意識の高い場所で知り合う男性女性は話題にも事欠きませんし一緒にいて楽しいだろうな、と思わせるポイントが隠されているもの。

素敵な男性と近づきたいと思うと、こういったスキルアップを謳うスクールもいいかもしれません。

気を付けたいのが仲良くなったからといってすんなり女性として受け入れてくれているわけではないコト。もっとお互いのプライベートなことを話せるようになってからが本領発揮、です。

 

家族ぐるみでの付き合いではハイリスク

 

リアルに既婚女性が男性と接点を持てる場の中に子供を通してだったり、夫を通して知り合った人というのもあります。現に子供と同じ小学校の保護者と男女の関係になることも。一番プライベートに近い相手かも知れませんが、家族が関わっている分最もハイリスクなのではないでしょうか。

普通に友達としてでも二人きりで会うというのは、よほど誰もいない地域で会うかでもしないかぎり非常に難しいでしょう。実はご近所さんや家族を通して知り合った人と一線を越えてしまうと、後々発覚した時に大変なことになります。全く知らない人、以上にこじれてしまうでしょう。

最近は既婚の友達同士で家族そろって遊びに行ったり飲み会を開いたり、仲間で楽しもうという人たちが増えています。そうした中で、やっぱり○○の旦那さんっていいなぁときになってしまうこともあるかもしれません。

出会いを求めてしまうようになると、今まで単純に男友達と思っていた人を一人の男性として見てしまうようになります。そうなるのはやはりリスキーなこと。女性も男性と同じで異性を求めてしまうと顔つきも変わってしまいます。勘付かれるのも良いことではないので、やはりリスクの少ない、でも出会いを楽しめる場所を探すのがベストなのではないでしょうか。

 

社内の男性社員

 

一番出会うきっかけになりやすいのが職場です。ここもリスクが高いのですが会社ということで家族には会社の飲み会に行ってくると言いやすいもの。会社というのが隠れ蓑になって逢瀬を重ねる人も多いのです。

そして、スキルアップのスクールでも書きましたが頑張っている姿、自分を高めようとするしぐさは仕事をしている場面と同じ。やはりバリバリ仕事をこなしている男性はどこを切っても素敵にしか見えません。逆に仕事もできないくせに偉そうに部下をイジメているような上司には男性どころか人間性としても評価が低いもの。

実は仕事している男性がカッコよく見えるのは、他の人と比較してオーバーなほどよく見えてしまうから。あの人に比べて○○課長は本当に仕事も出来てセンスも良くて、と一つの評価が良ければ全て良し、と思ってしまうのです。

それが憧れとなり、プライベートでもお付き合いしたいと思ってしまうきっかけに。確かに職場の男性とは一緒に過ごす時間が長いこともありますし、接点があるとイケメンで素敵な男性と位置付けてしまうこともあるでしょう。あまり度が過ぎた接近戦を行ってしまうと周りの目もありますし、気を付けないといけませんよね。

 

ネットでの出会い

 

リアルの出会いがリスキーというなら、今流行りのネットでの出会いはどうなのでしょう。既婚者の多くが世界中の人が利用するSNSや丈夫ツールを使用している時代、安易に異性と接点が持てるということで男性と出会った人も多いかも知れません。

リアルな場面で素敵な男性がいたとしても、やはりリスクを背負うぐらいならやめたほうがいいと思っている人も多く、ネットだと気軽に男性とおしゃべりも出来るし気分転換にはもってこい。そんな風潮からネットでの出会いが爆発的に増えツールを開くと出会いに関する広告が当たり前になってきています。

気軽で今じゃ個人が皆携帯を持つ時代。人とのつながりもこれ一台で済ませられますし、プライベートを守る様々な工夫がなされています。オープンに見えて匿名性が強調されているので安心しきって自分をさらけ出している時代でもあります。

ただやはり、出会いを1対1と考えると相手がどこの誰だかわからない、下手をすると女性と思わせて実は男性だったという話も聞きますし、それだけ人は騙されやすいともいえます。

嘘をついて会いに来られてもわからないものですし、リスキーなのはむしろネットでの出会いなのではないでしょうか。

 

既婚者サークルでの出会いはリスク低め?

 

出会いを考えている女性へということで様々なシチュエーションでの出会いのポイントを考えてみました。リアルな知り合いとプライベートで会うことへのリスクは高い、今流行りのネットでの出会いも会うまでどこの誰だかわからない相手にいきなり1対1で顔を合わせるわけですから、リスクがないわけはありません。

では、女性が安心して出会う方法はないのでしょうか。

実はあるのです。しっかり相手の素性が予めわかる状態で、しかも第三者が入ってのイベントという形で。今までは無かった既婚者だけが参加できるという飲み会サークルです。

一見サークルと聞くと男女がごちゃごちゃになって危ないのでは、とイメージする人もいるかも知れません。最近ではそういった場面で女性を乱暴する男が逮捕されたりというのも聞きます。

ですが、ここは大人の節度を守った場所でイベントの主催者側も相手の素性を確認したうえで当日参加を認めるというスタイル。

まるでどこの誰かわからなければ、ネットでの出会いと何ら変わりません。こちらのイベントではリピーターもいらっしゃる人気な飲み会で、もし万が一嫌な思いをさせる失礼な参加者がいた場合は、主催者側が調べたうえで同じイベントには重ならないよう配慮し、参加自体に影響が及ぶようなことになると参加拒否というフォロー体制も万全。

やはり中には女性に対して失礼な言動をする男性もいますし、楽しく和やかなムードが壊れるのは嫌ですものね。また参加費の決済も当日の受付で現金で支払うのがルールですので足跡は残しませんし、参加方法もサイトからの申し込みでOK。

こんなに気軽に参加できるのなら一度考えてみたいもの。

 

一線は越えたくない既婚女性

 

 

出会いに憧れる女性は未婚既婚関係なくあるものです。なんだかこのまま女性として終わってしまうのかもしれない、という気持ちが湧いてきた時こそ行動を起こすとき。

自分を諦めてしまったらもったいない!人との新たな出会いは自分を変えるチャンスでもあります。今まで地味な服が多かった自分が、ちょっと流行りの色や服装にもこだわってみたり、化粧もパッとしなかったのが季節を意識した華やかなものに変えてみたり。

既婚者のくせに出会いなんて、と思う人も少なくはないでしょう。しかし外に出て会ったことのない人の中に飛び込むことで自分になかったものを発見できるのです。

既婚者のみの飲み会サークルに参加している方も初めは皆さん同じ気持ちでした。参加してみて楽しい時間が待っていることを知って皆さん楽しんでいるのです。

ぜひ扉を開いてみて今までのあなたから少し変わってみませんか?

 

 

 

 

非日常を楽しみたい既婚者の実情とおススメのイベント!

日常の中で非日常は感じられない?

 

昨今、家事に費やす時間が昔に比べ短くなり時間にも心にもゆとりが出てきました。ですが現代の男性も女性も多忙を極めているように思えます。それはなぜでしょうか?

常に何かに追われている日々。追われいるものの正体が仕事であったり時間であったり、家事や育児、もしかすると手元にある電話なのかもしれません。それは人によって様々なのですが、昔に比べ合理的に進んでいるはずなのになんだか疲れたと毎日ぼやいていませんか?

やりこなしていくことがまとわりつくような忙しさの中で、何か空虚な心の中。何となくこの日常からちょっと離れてみたいと思っている人は少なくありません。

今回は多忙な日常をちょっと横に置いて非日常を楽しんでみたいという既婚女性をターゲットに、記事を進めて行きたいと思います。

 

日常とは違う世界を知らない

 

まず既婚女性の多くは日常とは違う世界を知りません。日常とは違う世界というのは一般的に自分が妻であり母親であることを一旦横に置いて過ごす空間のこと。恐らく既婚女性は四六時中妻と母親、仕事している方ならキャリアウーマンとしての自分を背負って生きているのではないでしょうか。

様々な顔を持つというのは、ある一定の自分だけではないので気持ちの切り替えが出来ている反面、あまりにも毎日が忙しく通り過ぎるので、自分って何しているんだろうとふと空しくなる時も。鏡を見た瞬間にどこか疲れた顔をしている自分に苦笑い、なんてこともあるでしょう。

疲れている時は確かに休息が必要なのですが、一方で自分の肩書を忘れる時間も大切なのです。ただ、いつもの自分と違う私なんて知らないし、第一そんな場所があるかどうかもわからないもの。自分を見失いそうになるくらい毎日時間や何かに追われてた、ということですね。

真面目に一生懸命やってきたという証明なのでしょう。しかしいずれ来る空虚な思いにぶつかった時に、私は非日常の世界も楽しめているんだという息が抜ける場所があってもいいのではないでしょうか。

 

普段の世界の延長線上に非日常は存在しない

 

日常で疲れてしまった時に覗いてみたい非日常は、普段の生活の延長線上に存在するのでしょうか?答えはNOです。普段の日常といえば家庭や仕事ですから、そこから広がる人間関係や場所ということになります。延長線上だと家族や仕事関係で縁のある人や場所なので、あなたが日々背負っている肩書がベースになるのです。

よく、ママ友と飲みに行ったり会社の仲の良い女性と食事に行くこともあるでしょう。それもママだからママ友と、仕事をしているから仕事仲間と、という具合に。

そう考えると普段の日常と何ら変わらなくなってしまいますよね。あくまでも非日常はいつもの自分ではない、しいていえば自分さえも出会ったことのない自分が出せるところですから、家族や仕事で関連した場所では無理な話。

最近では主婦が持つ願望がメディアにも出るようになり、その中に昔なら倫理観や家族を揺るがすものが話題になっています。既婚女性の願望と非日常の世界、どう関係があるのでしょうか。

 

マスコミも注目!既婚女性の願望とは!?

 

 

どこにでもいる主婦が秘めた願望として持っているものを大きく二つに分けてみました。この記事を見ている貴女も抱いているのではないででしょうか。

 

誰も知らない場所に行ってみたい

 

毎日人や時間・仕事に振り回されて嫌になることがありませんか?多くの既婚女性が考える願望、その一つが誰も知らない場所に行きたいというもの。

ああ、それわかる!と頷いたでしょう(笑)家にいても会社にいても、自分は自分で居なくちゃいけないからいっそのこと遠くに行きたいとは、どの母親も妻も一度は考えること。実際に1人で行けるかどうかは家庭の事情ですから願望で終わるか強行突破で旅に出る女性もいるかも知れません。しかしそれだけ身を呈して家族や会社のために動いているということですから、強行突破でも家族の反対を押し切ってでも行きたい思いはやまやまですね。

 

全く知らない男性と出会ってみたい

 

これぞ非日常の世界を堪能するにふさわしい願望、ともいえるでしょう。全く知らない男性と出会ってみたいとは、要するに倫理観や家族を揺るがすものといえば不倫や浮気、ということになりますが、既婚女性の50%以上が持ったことのある、または実際にやったことがあると回答しています。

これを聞いて驚く人は、非日常の世界を知らない女性ですよね。やっぱりそうなんだと思ったあなたは多少なりとも男性と出会ってみたい、もしくは実際に出会ったことがある人でしょう。この記事にたどり着いてお読みいただいているのなら、少なくとも検索から興味を抱いて閲覧されているはず。

インターネットがパソコンから携帯へと発展し、どの人とも接点を持てる可能性がある以上、やはり男性と出会ってみたいという興味はあるはずなのです。

ただそこには自分の中にあるハードルが存在しています。

 

家族に後ろめたさを感じる時

 

毎日が忙しくて自分を磨いたりおしゃれをする暇がない、趣味も持ちたいけど時間があれば寝てしまいそう、本当なら仕事をしている男性が呟きそうな言葉ですが、最近では女性も同じく多忙な日々を過ごしています。

その中で誰にも言えない願望として前項で書きました男性に出会ってみたいというもの。自分にあるハードルを考えた時に出てくるのは家族に対する後ろめたさです。男性と出会いたいなんてふしだらで許せないと思う。だけど自分の中でも違う扉を開いてみたい。そう思うのは決して悪いことではありません。しいていえば既婚の男性も、あわよくば女性と知り合って仲良くしたいと思っているものですから。

ただそこに一線を越えるかどうか、という問題があります。主婦の願望に不倫や浮気というものがあることを書かせていただきましたが、一線を越えるようなことはしないまでも、ちゃんとイベントとして男性と知り合える場所はあるのです。

しかし男性と知り合う=不倫、と結びつけてしまうのが、まだ女性が男性に捕まれてると自立できず流されやすいという風潮がある証拠。実際は女性の方がずっと理性を保っていけるものなのです。

家族に後ろめたさを感じていると日常で開放されることは難しいのではないでしょうか。

 

日常で開放できないもの

 

いつも家族の前では笑顔でてきぱき家事をこなす、外ではバリバリ働いて一定の評価も得られるキャリアウーマン。そう見られ続けていると、どうしても出したい自分が出せなくなっていませんか。日常で蓄積したもの、本当はちょっとずつでも済し崩していくべきなのですが難しい、または無理なことなのかも知れません。

日常で溜まるストレスや疲れで多いのは人間関係に疲弊していることもあるはず。根本的な問題を取り外して楽になれればいいのですが、こと人間関係においては無くすことも取り外して置き換えることも出来ません。日常で開放できないことの多くが人によるものだとすると、仕事が関係しているところで自分を取り戻すことは出来ません。

また家庭のことで疲れている場合も、仕事が休みだからと家庭の中でどっぷり浸かっていると余計にフラストレーションがたまる一方ですよね。

日常で溜まるものを日常で開放するというのには無理があるのです。

 

家庭から逃げ出したい時

 

 

特に家庭でのストレスに関しては、主婦が抱えるものを夫や子供に理解してもらおうとしても無理な話。自分が一日で行う作業を家族に言ったところで、それを全てやってのけるのは不可能です。

恐らく家族に、これをしてあれをして、私は毎日これをしているからと伝えてきた女性は沢山いると思いますが、見事にデキる家族に仕上げることができたのは稀だと思います。やっぱり無理かという諦めと自分がやらなくちゃという落胆のようなもので押しつぶされそうになり、ふと家庭から逃げ出したいなんて思ったことは無いでしょうか。

もちろん本当に家庭を捨てるようなことはしなくても、もう、好きなようにやればいいじゃないと投げ出してしまった経験があるかもしれません。

男性はある程度仕事で収入を得たらそれでお役御免なところがありますが、女性はそういうわけにはいかないですよね。家族に対して責任があるのはむしろ女性なのではないでしょうか。

そう考えると責任があちこちに存在している女性は逃げ場がないと言っても過言ではありません。本当に家庭を捨ているようなことをせずにいるには、どこかで自分をリフレッシュさせなければいけないのです。

 

友達や家族の存在とは違う誰か

 

では一体どこで自分をリフレッシュすればいいのでしょうか。友達や家族は先ほど申し上げたようにあなたのことをよく知る人達です。でも知っているからこそ普段から頑張っているあなたしか見ていないのではないでしょうか。そうなると家族でも友達でもなく違う誰か、となります。

主婦の願望で男性と出会いたいという話をしましたが、何も不倫や浮気から入らなくても男性と出会える場所はちゃんとあるのです。ただ、場所を間違えるとリスクを背負うのはあなたです。

最近ではSNSで男性と知り合うのが主流のようになっていますが、顔も知らない素性もわからない相手との1対1の約束は考えても非常に怖いもの。かと言って友人や仕事関係の男性とそれも1対1で出かけるなんていうのも、怪しい関係じゃなくてもリスキーなことには変わりません。

それならちゃんと主催者がイベントとして開催し、ちゃんと素性が認められている人との複数人での飲み会などならリスクはありません。

友達や家族とは違う誰かと新しく出会える場所、それが既婚者同士で集い会う飲み会サークルなのです。

 

非日常を楽しむ場所

 

会ったことのない人に出会えて、皆さん友達づくりのために参加しているという目的で集まるイベント。恐らく非日常の楽しみとして申し込んでいる人が大半ではないでしょうか。

なかなか初めての人と出会うのは、この時代でも難しいもの。例えば異業種交流会なども初見の人と出会うことはありますが、やはりベースは仕事であり自分の目的目標をもって人と会話を成り立たせなければいけません。非日常とも違いますし、気が張っている分疲れてしまうのは当然のこと。

あくまでも仕事や家族のことは横に置いて、あなたが楽しむべき時間と場所を提供されたということで、既婚者サークルはとても有意義な会になること間違いありません。

また飲み会ですが、ほとんどのイベントでは飲み放題、料理はお店おススメのメニューがズラリ。出会いが目的とはいえやはり美味しい料理とお酒が入ればおしゃべりも進んで盛り上がっていくのがいいですよね。学生時代の合コンのようなワクワク感と、大人として参加するお店でのサークル。参加される方も節度のある紳士淑女ばかりです。

かといって正装で行かなければ、とかドレスコードがあるんじゃという心配も無用です。ドレスコードがあるイベントは事前にお知らせに入っていますし、堅苦しいサークルではないので気軽に申し込んでOK。

貴女と同じような気持ちで参加される方ばかりなので、安心してくださいね。

 

日常を精一杯頑張るために

 

 

非日常を楽しんでみたいという既婚女性の実情から、あなたは自分がどうしたいかというものが見えてきたでしょうか。普段から楽しようと思っている人はそうは感じないかも知れませんが、毎日クタクタになるまで頑張り、その頑張りが周りの人に認めてもらえてない状況だと、やはり逃げ場は欲しくなるものです。

家庭と仕事という状況の中で、日常と非日常のはざまで揺らいでみたいと思うのも仕方ないのかも知れません。ただリスキーなことはしたくないですし、羽目を外して家族に後ろめたいことをしようなんていうのはお勧めしません。

イベントとして参加するだけですので、友達と食事に行ってくると伝えるだけで良いと思いますし、毎日疲れてもこなしているからたまには羽を伸ばしてくると言って出かけるのでもいいでしょう。

日常を精一杯がんばる既婚女性だからこそ知ってほしい既婚者同士のサークル。

参加申し込みはネットでOKですし、参加費はよくあるカード決済でもなく当日参加の折に受付で支払うだけ。足跡も残らないので安心です。一人で参加されている方も沢山いますし、楽しかったということでリピーターになる人も。

少し背負っているものを下ろして、楽しい時間を自分へプレゼントしてもいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

今、既婚男性がモテる!?既婚女性もドキッとする既婚男性の魅力とは!?

年齢を重ねた今と若い時との違い

 

若い時は勢いで仕事も遊びもこなせた男性も、歳を重ねると勢いだけではどうにもできないことを知ります。その中で経済的にも社会に出て闘っているという面でも経験や人間性を身にまとうようになります。

若い時と年齢を重ねた今の違いを魅力として感じ、今既婚男性がイケてるともてはやされているのです。昔は社内の若い女性社員が仕事のできる家庭持ちの上司に憧れ、男女の関係を求めていたものですが、最近では同じく既婚の女性が既婚男性との出会いを求めるようになりました。

互いにリスクを感じながらちょっとした危険な香りを感じてみたいというのは、最近のメディアの影響も大きいのではないかと思います。

若い頃よりセンスも良くダンディになっていく男性たちは実はあこがれの的。ただ素敵な人だなと思っても家族ぐるみでつながりのある人とは、そうそう度が過ぎた関係になるのは危険です。今回はあまり深い関係にはなれないけれど、既婚男性の魅力を調査してみたいと思います。

 

ギラギラしている

 

既婚男性というと一見穏やかな夫、パパ業に勤しんでいると思われがち。でも意外とギラギラしているものです。男性であるということは間違いないですし、男としてある一定のギラギラした側面は皆さん持っています。

ただそれを表に出しているかどうかは個人個人で違うもの。あからさまに出されていては変に近づいても一線を越える関係を求めているのか、と思われそうで嫌ですよね。逆に男性性としての魅力が無くなってしまうと年齢より老けて見えますし、話してみたいとは思わないのではないでしょうか。

男性の持つギラギラ感は若い時もあるかもしれませんが、年齢を重ねてにじみ出るものがとてもミステリアスでゾクゾクするもの。すぐに体の関係を求められそうな嫌なムードではなく、ゆっくりと落とされていきそうな気がしますよね。ただ同じ年齢を重ねた男性ということで自分の夫を見たところで、そういった魅力はみじんも無いかもしれません(笑)

既婚であっても年齢を重ねても女性は男性の独特のギラギラ感に惑わされたいと思ってしまうものなのです。

 

金銭的に余裕がある

 

既婚男性がモテる条件として挙げるものに経済的な余裕があります。今のご時世ある程度の年齢がいっていても余裕のある既婚男性が多いわけではありませんが、逆に起業家として会社を立ち上げ成功している人も多いのです。既婚女性は自分が家庭にいて家庭を持つ男性がどれぐらいの収入があってというのも把握しています。身に着けているものや食事などで生活水準もわかりますよね。

既婚女性が考える既婚男性の経済的な余裕は、行きつけのお店がどういうところか。お酒の好きな男性ならお酒の銘柄にあかるい人であったり、その土地の名産をよく知っていてなど一朝一夕で得た知識ではないところに経済的な部分を垣間見ます。

しかしお金で何とでもなるというような人間的に歪んだ考えを持っている男性は、経済的に余裕があったとしても願い下げですよね。人間的にも大きくギラギラしていて経済的な余裕もにじみ出ている、そういった既婚男性に出会えるとしたらあなたは出かけてみたいと思いますか?実際にそんな男性たちが出入りしているサークルなんかもあるのです。

大人の男性らしいセンスの良さ

 

既婚者のみならず未婚女性も虜にしているのが、センスのいい男性です。身に着けるもの全てが計算されていて尚且つ嫌味が無く似合っている。自分の身の丈をよく知り自然な身のこなしが出来ている男性はとても素敵です。

若い頃はどうしても背伸びしたくなるもの。人間的に大人になり切っていないのに着ている服がハイブランドな若い男性は多いですよね。ちょっと合ってないんじゃないの?とコッソリ進言したくなるくらい。

それが年齢を重ねた既婚男性が身に着けるとこれがまたさまになっていたりしてドキッとすることがあります。仕事をしている女性なら会社の上司ではまっている人がいるかもしれません。

素敵だけど会社ではさすがに近づけないし、リスキー過ぎて飲み会程度でそれ以上の接近はあえて求めていないのではないでしょうか。しかし男性は案外同じ社内でもあわよくばと考えている人は少なくありません。自分の理想に近い女性がいれば食事に誘いたいと思っているものです。

そこは女性のガードが堅いかどうかで一歩近づくかどうかが決まるのですね。

 

すぐに体の関係を求めない

 

ガツガツ来ないという意味で、相手を知るのにじっくり時間をかけられるのが既婚男性のいいところかもしれません。やはり互いにリスクを感じながらですのでそうたやすく距離を縮めるわけにはいかないので、まず相手と食事してどんな人かを偵察して(笑)、それから考えればいいこと。

独身同士だと付き合ってもいないのに体の関係に発展することもあり、相手をよく知らないままズルズルしては苦しむこともあります。既婚者同士だとボーダーが存在しているので、ある一定の距離感と緊張感のまま付き合うことができます。もちろん付き合うと言っても男女の関係ということではなく飲み友達やたまに食事に行く友人として、という付き合い方。

既婚男性はちょっとした下心は確かにあるかも知れませんが、そんなにストレートに来ることが無いので既婚女性としてもかえって安心ではあるかも。

 

仕事をバリバリこなしている

 

既婚男性の魅力は男性性が見える怪しげなところ、だけではありません。もちろん仕事をバリバリこなしているところを見てもドキッとするでしょう。

これだけは他の既婚男性に留まらず、自分の夫にしてみても惚れ直すきっかけにはあるかもしれません。がむしゃらに働いている頃に比べて、部下もいて得意先からも信頼が厚く、また起業家の既婚男性なら鋭い先見の明で会社を盛り上げていこうとする気概。女性はやはり働いている男性の横顔が好き。

しかし人の上に立っているにもかかわらず人を貶して部下に責任を押し付ける男性もいます。仕事の出来不出来は目下の人間への態度を見れば女性の勘ですぐ見破れるはず。既婚男性の魅力は仕事でもプライベートでも人を敬い謙遜しながらでもやるべきことをきちんとこなす、その姿から発するものではないでしょうか。

仕事をしている姿を見て、ほとんどの女性は素敵だなぁと見惚れてしまうものなのです。

 

家庭の中でも協力的

 

既婚女性が素敵だな、と思える既婚男性は上に挙げてきたいつまでもギラギラしているところや経済的な部分、仕事をバリバリこなしているが代表的。

でも案外家庭的で奥さんに協力的な既婚男性もポイントは高いもの。既婚男性となさぬ仲になってしまった女性からすれば、私より家族が大事なのね、なんて考えてしまいがちですが、本来は既婚男性のベースは家族と仕事と決まっていますし、素敵だなと思える男性のバックグラウンドを形成しているのは家族。それをはき違えてしまうとリスクを顧みないコトにもなりかねません。

既婚男性が家庭的で評価が高いと言えば、料理が出来て準備から片づけまでの一連の作業が出来ること。よく料理はする、でも調理器具も洗わず出しっぱなしで自分はやってやったとどや顔で言ってくる夫がいます(笑)。非常にポイントが下がりますし、してやった感バリバリの夫が増えていますが、やはり妻の大変さを分かっている既婚男性は感心からちょっといいな、と思いますよね。

ちょっとした片付けや掃除も妻の手を煩わせる前にデキる男性は、モテます(笑)

 

自分の夫と比較すると

 

ここまでの既婚男性の魅力を考えてみると、既婚男性の魅力と言うのは一番そばにいる夫と比較していい男だとジャッジしてしまうのです。男性の魅力なんてみじんも感じられないし家事も手伝ってくれない、休みの日もグータラしてばかり。

それに比べてあの男性はなんだか余裕もあって、おしゃべりも上手で楽しませてくれる。家のこともお手伝いされてるみたいで全く違うよなぁ、と。そういう感情が次第に大きくなり女性としての自分が見え隠れしては消し去って普通に主婦をこなして。

昔は家事に費やす時間が長く主婦に時間の余裕などなかったのですが、最近は主婦の間でも昼間はランチに行ったり夜は子供を夫に預けて出かけたりするのも当たり前になってきました。外の世界に出る妻も多い分他の既婚男性と出会うタイミングが増えてきたのかもしれません。

それに加えてネット上でもSNSで気軽に異性とやり取りができる時代になり、既婚だからという垣根がグッと低くなったのではないでしょうか。すぐケンカになってしまう夫とよりほかの男性とおしゃべりする方が楽しいなんて考える女性も増えてきました。

現に既婚者同士のW不倫はもはやマイナーなものではなくなってきたのです。

 

ネット上の既婚男性は盛っている!?

 

不倫がもてはやされるようになって久しいのですが、きっかけがネットという人は少なくありません。気軽にやり取りが出来て且つどちらもリスクがあるので、下手なことはしないというのを分かっているのです。ある意味非常に危険な賭けなのかもしれません。

しかもネット上にいる既婚男性は大概初めは盛っています。女性も似たようなものかもしれませんが、男性は女性の気を引くためにかなり詐称している場合があります。嘘をついているとまではいかなくても、住んでいる場所や女性関係などに関してはモテていることをアピールしていたり逆にやり取りをしているのはあなただけ、とうそぶいていることも。

経験があれば、ああこれは嘘だなと気づくのですが、その男性に気持ちが揺らいでいると真実を見抜くことができません。ネット上の怖いところは相手が見えない分ものすごく想像を働かしてしまい、こうに違いないと思い込んでしまうことです。

この記事を読んでいる方の中にも思い当たることがあるかも。ネットでの出会いというのは全てが危険とは言えませんが、初めから疑ってかからないといけないのです。

 

ハイクオリティな既婚男性と出会える場所

 

ネットで怖いのなら、理想的な既婚男性とおしゃべりする場所なんてないじゃない?と思っているあなた。実はリアルに既婚男性とおしゃべりできる場所はあるのです。既婚者サークルという既婚者のみ参加OKの飲み会の合コンです。

1対1だと怖いですし、いきなりバーなどに行って声をかけるなんてとてもできないですよね。あなたのように既婚者って出会いの場が無いのかしら、と思っている人は少なくありません。そこでイベント会社が主宰するサークルが誕生したのです。そこではこの記事で書かれたハイクオリティな既婚男性もいますし、同じく既婚女性の方も集まる飲み放題の会となっています。

自分と同じ既婚女性が集まっているのなら友達ができるかも、という気楽な気持ちでの参加も構いません。自分のことを全く知らないという人たちの中に飛び込むというのは、とても新鮮ですし参加者も皆同じ気持ちで来られています。なかなか出会う機会がないという専業主婦からも人気ですし、男性もおしゃべりを楽しんでいる様子。

ドレスコードがあるのでは、と心配する方もいますが、普段のイベントではドレスコードはありません。男性にはスーツでの参加をというイベントもありますが、女性は普段の服装でOkです。

余り気負いなく楽しめて、いろんな方と出会える会というのは貴重なもの。見聞を広げるためにも外の世界に飛び出すのは必要なのかもしれませんね。

 

既婚女性のあなたもモテるかも!?

 

家庭を持っていて、毎日家事と育児、仕事に奮闘しているのにこのまま自分を磨かずに終わるのはもったいないものです。あえてイベントに参加するから、と家族に言うのも良し、平日昼間の家族のいない時間帯にも開催されているサークルがあるので、そちらへの参加でもOK。

やはり女性は誰かに見られることで磨こうという意欲も湧いてくるものです。高い化粧品やブランド物に包まれなくても、楽しみが増えるだけで口角も上がりますし笑顔も増えてきますよね。肌に気を付けて野菜を多めに取るなど知らず知らずの間に自分磨きが出来ているかも知れません。

そして自分磨きが出来てくると、既婚女性のあなたもモテる対象になるかも。既婚者だからと諦めてしまうと年齢よりどんどん老けてしまいます。自分を輝かせられるのは自分を楽しめているかどうかです。

毎日を精一杯頑張っている自分へのご褒美として、人との出会いを広めていくのもありなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

夫婦関係ってうまくいってる?周りに聞けない夫婦の悩みや幸せな結婚生活のいろは

夫婦生活、うまくいっていますか?

一昔前に比べ、今では専業主婦世帯に比べ、圧倒的に共働き世帯が多くなりました。仕事に家事に育児に終われ、家での旦那さんの態度や存在にイライラしていませんか?

家族の形は、世帯ごとに違って当たり前。周りに相談出来ないこともきっとありますよね…。出来れば、夫婦生活は円満に過ごしたい!そんな方のための結婚生活のいろはをご紹介します。

 

1.夫婦関係うまくいっている?周りに言えない夫婦の悩みとは

・お金の悩み

収入が安定しない20代のご夫婦や教育にお金がかかりがちな40、50代のご夫婦に多く見受けられました。中には旦那さんが浪費家のご家庭もあるでしょうし、奥様が貯金が苦手なご家庭もあるでしょうし、お金の悩みと言っても理由や原因は人それぞれ。なかなか周りに話せる内容でもないですからね。

なかなか解決策が見いだせず、結果的に女性側に光熱費や食費、衣服類や趣味の節約を求められることも多く、ストレスも溜まってしまいますよね。お互いがお互い平等になるように支出のバランスを保ち、何でお金を消費しているのか夫婦で話し合い理解することが必要不可欠です。

 

・不妊の悩み

不妊についての悩みは、なかなか周りに言いにくい問題ですよね。周りから同情されるのも嫌ですし、相手も気を遣ってしまうかも…なんて考えてしまいますよね。

特に仕事もされている方ですと、周りに迷惑をかけるかも!?と不妊治療自体がうまく進まないこともあるのではないでしょうか?

よく男性と女性とで不妊に対しての、意識も知識も差があると言われていますが、そういった点でも女性側に大きなストレスもかかってきます。

不妊治療や妊娠に対しての知識が乏しい男性も多いですから、出来るだけ初診から旦那様も病院へ行くように促したり、なかなか理解を示してくれない旦那様には、不妊治療を題材とした漫画やドラマなどで知ってもらう機会を作るのもいいかもしれませんね。

 

・セックスレスの悩み

自分がしたくないのか、旦那様がそういう気持ちにならないのか…にもよりますが、セックスレスの悩みを人に言いにくいですよね。

周りに話せば話したで、浮気してない?とか聞きたくない話も出てきてしまいますし、ご近所さんに広まる危険性もなくはありませんので、人に相談できないのは辛いですが、話さない方が無難かもしれませんね…。

セックスについて女性から相談されるのが苦手な男性も多いと思いますので、まずはお二人の関係を深めるのがいいかもしれませんね。毎日キスをするだとか、手をつなぐ、会話を増やすなど、まずはスキンシップを増やしていくのがおすすめです。

 

・子供の教育の悩み

お子さんの教育についての悩み、周りのお子さんと比べるのも嫌だし、比べられるのも嫌ですよね。誰か周りの人に話すのならば、自分の親や兄弟、遠い地域に住んでいる友人やネットで相談する方がいいかと思います。

今ではネットで簡単に相談できるので、あまりストレスを溜めずに。やはり教育に関しては、先輩ママさんに相談できるといいですよね。

教育に関して、旦那さんと話し合う機会も多いと思いますが、お子さんの気持ちもよく見てあげてくださいね♪

 

・旦那に対する悩み

旦那さんに対する悩みもつきないですよね…。家事や育児、仕事と余裕がなくなると、旦那さんにも自然とイライラしやすい方もいるのでは?

イラッとしたときには一呼吸おいてみましょう。旦那様もきっとお仕事を頑張ってくれているでしょうし、どのご家庭にもある悩みだと思います。

もとは他人ですし、ちょっとした衝突の積み重ねが離婚問題に発展する可能性もありますから、半ば諦めの気持ちとストレス発散することが必要かもしれませんね…。

 

2.悩んだときにどうやって悩みを解消・発散している?

 

主婦の方はどのように悩みを解消しているのでしょうか?ご自分に合うストレス発散方法を見つけてみてくださいね。

 

・洋服を我慢せずに買う

毎日頑張っている自分に、たまにはご褒美をあげませんか?

毎月毎月は難しいかもしれませんが、今ではプチプライスのお洋服でも人気でかわいいアイテムも多いですし、数ヶ月に1回でもいいから好きなものを買いませんか?特に旦那さんにイライラしがちなときですと、良いストレス発散になりますよ。

 

・おしゃれして美容室に出かける

お子さんが小さく、毎日バタバタ育児に没頭していると、おしゃれをする機会が少なくなりますよね。汚れても良い楽な服装になりがちですが、たまには親や旦那さんにお子さんを預けて、お気に入りのお洋服で美容院へ出かけてみては?

ヘッドスパも一緒にやってもらうと、頭皮のコリが軽減されて、更にストレス発散効果が高まりますよ。

 

・自然に触れ合う

自然に触れ合うだけでも、気持ちが晴れやかになりませんか?

道端に生えているタンポポや木と木の間から差し込む木漏れ日や葉っぱの音、川や鳥のさえずり。当たり前なことが一番の幸せなのかも?と、ふと思わせてくれるかもしれませんね。

紫外線を避けがちかもしれませんが、太陽の光を浴びることはストレス解消には必要なことなのです。数十分でも違いますから、たまにはお散歩でもいかがですか?

 

・動物と触れ合う

素直でかわいい動物たちの姿は、見ているだけで癒やされますよね。動物を飼っていなくても今では、動物と触れ合えるカフェが多くありますし、ペットショップに行くだけでも心から癒やされるのでおすすめです。

 

・ストレス解消チョコを食べる

某有名お菓子メーカーさんから発売されている、ストレス解消効果が期待できるチョコ。

仕事中にもこそっと食べられる大きさで、人気を集めています。食べ過ぎは肥満などの原因にもなり注意したいところですが、手軽にストレスを解消できるのは嬉しいですよね。

コンビニやスーパーなど手軽に手に入るのも魅力ですし、旦那様にも渡して、二人で仲良くストレス解消するも良し。

 

・紙につらいことを書き出す

誰かに悩み相談をすることで、私達人間は頭の中を整理していると言われています。

言いたいけど、言えない…。そんなときは紙に書くのが一番です。誰に見られるわけでもなく、誰かの時間をとるわけでもなく、ただひたすらに自分の気持ちを書く。

書き終えたときには、誰かに悩みを相談したときのように気持ちがすっとするはずですよ。

 

・睡眠をとる

イライラする背景には、睡眠不足が原因の場合もあります。睡眠は、食事と同じくらい私たちの身体にとって大切なこと。

朝は誰よりも早く起きて、夜は家族が寝た後静かに寝るという主婦の方が多いと思いますが、たまにはお子さんと一緒にお昼寝をしてみてもいいのでは?無理にお夕飯の準備をせず、旦那様にお弁当を買ってきてもらうなど、生活の中に休憩タイムを挟んで心にゆとりを作りましょう。

 

3.男女の違いを理解して、結婚生活を円満に

男性と女性とでは、脳の仕組みが違うと言われています。

そもそもの考え方が違うから、女性は男性に対して理解できずイライラすることが多いですし、その逆も然り…。なぜか会話をすればするほど、イライラが募って喧嘩になるなんてことありませんか?でもこれって仕方がないことなのかもしれませんね。

男女の脳の違いについて理解して、出来るだけ夫婦ケンカを避けるように努めましょうね。

※全ての方に当てはまるわけではありません。

 

◎男性は論理的な生き物

男性って女性に比べて、自分の思っていることや抱えている悩み事を言わない方が多くありませんか?女性の多くが泣くことは感情表現の一つで、ストレス発散の一つと考え、友人が泣いているときにも「泣きたいときは泣いていいよ」と良く言いますが、これは女性がどんな行動にも「共感」を意識しているからです。

女性にとって、コミュニケーションは人と人との生活の中で自分が円滑に過ごすためのものなので、男性に比べて20倍以上もの、人の表情を読み取る能力が高いと言われています。

一方で男性は、あまりコミュニケーションや感情、共感というものに意識はなく「目的」に関して強い指向性を持ちます。

その目的を達成するためにはどうしたらいいか…と論理的に常に頭を働かせているのです。そのため、男性は女性の感情的な言動に理解を示そうとしませんし、女性は男性の目的重視の話しを聞き、冷たい印象を受けることもしばしば…。

 

◎コミュニケーションの違い

女性にとってコミュニケーションは大切だというお話をしましたね。

オチなどはなく、ただ今日の出来事や嫌だったこと、楽しかったことを伝えるのは、女性にとって普通の楽しい会話の一つですよね。ですが男性からすると、それを聞いて「その話しはどんな目的があるのだろう」と考えます。なので、何気ないただの話だとしても男性は、「◯◯した方が良かったんじゃない?」など女性が求めていないようなアドバイスをしたりしますよね(笑)その一方で女性からすれば「そんなこと言われたくて言っているのではないのに…」と違和感を感じ、イライラしてしまいがち。

若者のメールもそうですが、男性は要件だけ伝えるのに対し、女性は今の自分を報告することが多いですよね。

第三者から見れば、無駄な喧嘩です。お互いの思考の違いを理解して、相手に会話の内容を求めないのが一番です。

 

◎喧嘩の仕方の違い

喧嘩をしたときに、つい女性は昔の出来事までも記憶の奥底からひっぱり出す傾向にあります。

それは、感情や直感、感覚を連絡する脳の働きが男性に比べて、女性の方が圧倒的に活発だからです。つまり女性は何か一つの物事を行っていても、感覚や感情がすぐに蘇ってきやすい生き物ですが、一方で男性は一つのことをしている間、集中力がとても高い特徴があります。

そのため、喧嘩の際に女性が昔の話を持ち出すのも理解ができませんし、脳が仕事モードのとき仕事のことしか頭にありません。また、遊んでいるときは遊びのことしか頭にありませんから、よくドラマや漫画などで「仕事と私どちらを取るの?」なんて言葉がありますが、男性からしたらとても理解できない言葉だというわけですね。

 

このように男性と女性の脳は、全く違うものなのです。

なかなか理解しにくい問題ですが、何かイラッとすることがあったら「これも脳の違いなのかしら?」ぐらい思うのがいいかもしれません。怒っても、注意しても何も変わらないことなら、女性側も労力を使わないのが一番。

 

4.仲の良い夫婦が意識していること

お次に仲の良い夫婦が意識していることをご紹介します。

 

・キスやハグなどスキンシップを取る

やっぱりスキンシップは必要不可欠。

スキンシップを続けているご夫婦は仲が良い方が圧倒的に多いです。仲が悪くて、ハグやキスをする方って少ないでしょうしね。

夫婦の絆を感じる効果的な方法ですし、心も暖かくなりますよね。

旦那さんも嬉しいこと間違いなしなので、ぜひ今日から始めたいスキンシップの一つです。

 

・感謝と謝罪をしっかり伝える

「ありがとう」と「ごめんね」ってどうしても、長い時間共にすると少なくなりがち。

一言あるだけで、相手の気持ちって全然変わってきますし、長年連れ添ってもこの一言があるだけでお互いを尊重できている気がしますよね!人間として成長をさせてくれる深い言葉です。

 

・笑顔の多い家庭を目指す

やはり笑顔が溢れる家庭っていいですよね!

笑顔が溢れる家庭は、特別なことがなくたって、それだけで幸せを感じさせてくれます。

また、奥様の笑顔にキュンとする旦那様は多いです。夫婦円満のためにも、旦那さまから愛されるためにも笑顔を意識してみましょう。笑顔は電線しますよ♪

 

・子供だけでなく旦那も大切にする

お子さんばかりに目がいって、旦那さんのことはないがしろになっていませんか?いくら男性でもやっぱり寂しさを感じることはありますし、たまに旦那様の大好きなメニューが食卓に並んでいたら、やっぱり嬉しいもの!!

 

・相手を理解する否定しない

つい喧嘩をすると、相手の意見を否定してしまったり、きついことを言ってしまいたくもなりますが、男性と女性とでは脳の作りも違えば、育った環境も違うので、価値観や意見は合わなくても仕方がないもの。相手の意見にも耳を貸し、そのうえで自分の意見も述べましょう。きっと冷静に話し合えば、相手も理解してくれるはずです。

 

5.求めすぎているから結婚生活がうまくいかない

喧嘩が多く、相手に不満を抱えている人は“自分の理想像”を強く持っている傾向もあります。理想があるのは当たり前のことですが、相手に求めすぎてはなりません。

「きっとこうしてくれるだろう…」と思う気持ちは、あなたの考えであって、旦那様の考えではないですよね。

男女で考えることが違うのは当たり前です。まずは一呼吸おいて、相手の考えを理解し、求めることをやめてみませんか?

なかなか難しいことではありますが、それであなたの心はきっと軽くなるはずですよ。

既婚女性もストレスに悩む!?ストレスを発散する方法あれこれ

マルチタスクなので一極集中型ではない

 

結婚して子供がいてしかも仕事をしている女性、どこかマルチタスクでしっかり者というイメージがありますよね。確かに一度にいくつかの作業をこなさないと時間が無いのも現実問題にあるので、頭の中で計算されている節はあります。

そのためどこにいても気を抜くことが出来ずストレスは溜まる一方。今回はマルチに活躍する既婚女性にスポットライトを当て、ストレス発散の方法を大公開したいと思います。

既婚女性がベースに置いているほとんどが家族だと思います。子供が小さいとなおさら。ただ子供がいるからと言って仕事をないがしろにするわけでにいかず、家事・育児そして仕事と二足三足の草鞋を履いている状況で毎日を過ごしています。

ただ家事だけ、仕事だけという一極集中型ではないので、一つのことに悩んで沼にハマることはあまりありません。専業主婦で子供もある程度大きくなってくると、関心事が夫の仕事のこと収入のこと、子供の進路についてなどついつい小言を言いたくなることがあります。

しかし仕事で要職についているキャリアウーマンや部下を管理指導する側に立っている女性にとって、家族のことでくよくよ悩んでいる暇がありません。

小言を言うパワーがあるのなら少しでも自分のために使いたいと思うもの。ストレスを上手に解消しないと毎日やってられないというのがあるのではないでしょうか。

 

ジムやスポーツクラブで体を追い込む

 

ストレス解消法として最近ブームになっているのがジム。テレビでもタレントが以前のプヨプヨだったお腹を晒し、数か月後に腹筋が割れるまで絞ったビフォーアフターの映像が話題になっています。他にも海外で知られているワークアウトの方法が日本に上陸し、筋肉女子という名前までトレンドになるほど鍛えているのが流行っています。

昔は三日坊主で、というのが合言葉だったダイエットや筋トレも、ジム通いすることで自分のなりたかった体型へと実現させる女性が増えており、SNSにもたくさんの女性がチャレンジしているのが見て取れます。

では、そこまでして頑張れる理由は一体なんでしょうか?それは体型を変えたいという強い一念とストレス解消です。体を追い込むことで自分の中にあるモヤモヤを頭から消し、鍛えることに集中するのです。ジムに行った後の清々しさと回数を追うごとに絞られていく体を見た時に快感となって続けていけるようになるのです。

疲労感はあるものの心地よく、免疫力も高まるので強くもなりますし女性向けのプログラムを取り入れたジムやスポーツクラブがどんどん増えています。

 

ヒトカラで熱唱

 

ストレス発散はカラオケ、という人は少なくないと思いますが、一人でカラオケは行ったことがありますか。数年前からすでにちまたで流行っているヒトカラが一人カラオケを省略した言葉です。

最近ではおひとり様用の個室があるカラオケボックスもあるくらいで、昔は毛嫌いされていた一人でのカラオケを推進しているお店も。

ストレス解消にもってこいなヒトカラ。行ったことのない人には誰もいないところで大声で熱唱するなんて恥ずかしいし、受付で『何名様ですか?』と聞かれて『一人です…。』なんてとても言えない。と思ってはいませんか?実は人と行くカラオケよりも一人で行く方がストレスは解消されるのです。

なぜ一人が良いのでしょうか。

それはまず、歌う曲を人に合わさなくていいこと。盛り上がりたい時にしんみりした歌を入れてしまうと盛り下がるんじゃないかとか、マイナーな曲を歌いたいけどみんな知らないだろうな、なんて考えてしまい、結局歌う曲を選んではいませんか?

ヒトカラなら歌う曲も順番も全く気にせず歌えるのです。しかもちょっと自信がないな、と思える練習曲だって問題いありません。

人と行くカラオケで逆にストレスになってしまっては元も子もありませんし、ストレスの多い既婚女性にとっても格好の解消法ではないでしょうか。

 

趣味に没頭

 

最近は釣りにハマる女性や山登りを趣味にしている女性、またカメラ片手に町や風景、人を撮るのをライフワークにしている女性と趣味も男女の域を超えています。

ストレス解消法といえば、やっぱり趣味。自分の好きなことに没頭する時間を確保するという人は、既婚未婚問わず女性の間でどんどん増えていますよね。

先にあったジムも趣味の一環なのかもしれませんし、カラオケも趣味にカテゴライズされるのかもしれませんが、何もかも忘れて好きなことだけに集中する時間というのが、人には必要不可欠。

特に仕事をしている既婚女性は、普段は仕事で休みになると家事や家族のために費やす時間が多くなってしまいます。そのまま家族と過ごし気が付いたら翌日はまた仕事、という人は少なくありません。

時間は与えられるものではなく自分で作るものです。ストレスを解消するのに自分で時間のやりくりをする。それも楽しみのための一つの試練と言えるかも知れません。

 

家事・育児のストレスは仕事で発散

 

家事・育児と仕事というのは女性であれ男性であれちゃんと立て分けられているものです。家事育児に毎日の時間を費やしている専業主婦は家以外でストレスを発散するには自分で別の何かを見つけなければいけません。

しかし仕事をしている既婚女性は家事育児とは一線を画した場所があるという点で、家事育児の閉鎖されたストレスを仕事という形である程度発散できる状況ではあります。

新たな大変さと言うのも抱えてしまうわけですが、育児にありがちなイライラを感じるより、毎日の生活リズムを守るために労力を費やすのに精いっぱい。自分の関心が子供に集中することがないので、ある意味効率の良い家事育児ができるのかもしれません。

育児は関心の向かう先が子供だけに集中してしまい、子供の一挙手一投足ばかりが目についてしまうためにイライラが起こるもの。母親自身が子供のことだけじゃなく仕事を持っていることで、子供と離れる時間を持ち、気持ちの切り替えができるようになると育児のストレスというものは専業主婦に比べて軽くなります。

仕事を持つママの中には、保育園にお迎えに行った時の子供の顔を見て仕事のストレスが軽減され、育児のストレスが仕事に集中することで軽減されると実感している人も多いのが特徴です。

 

ママ友とランチ三昧

 

仕事で育児のストレスを発散させているワーキングママ、一方で専業主婦のママたちはどうやってストレスを解消しているのでしょうか。ヒトカラと言うのもありますし、趣味に時間を費やすというのもあるでしょう。それと同時に同じママ仲間として愚痴や悩みを打ち明けられるランチをストレス解消として取り入れている既婚女性も多いのではないでしょうか。

ママ友とのランチは美味しいものが食べられる女性には嬉しい時間でもあり、同じ子供を持つ母親として気持ちを分かってもらえるという点で人気なイベントでもあります。

気心の知れた友達がいれば結構な頻度で出かける既婚女性も多いですし、親睦を深めるという意味で積極的に参加される人も。最近ではネット上の口コミなどを見てお店を選んで車に乗り合って行くなど、情報を得て家族のいない昼間の時間帯をうまく使いながら食事に行きます。

ただ夫の昼ごはんを超える金額を払っている場合、頻繁に出かけているとランチ代でビックリすることにもなりかねません。どっちにしても財布をしっかり確認しながらと言うことが大切。

 

家族に言いたいことをぶつける

 

あまり良くないストレス発散方法ですが、家族にイライラをぶつけるというのもあります。ぶつけるのはイライラした感情ではなくちゃんと家族に伝えるべきことを伝えることが大事なのです。

しかし既婚女性が日々積み重ねてくるストレスは、男性にもおおよそ想像がつかないくらい大変なもの。家族にストレスをぶつけてしまうのにはやはり大変だということを分かってほしいという思いから来るものなのです。

ある程度家族が理解を示してくれると妻側も冷静になっていくのですが、ホルモンのバランスからくるものだと自分でコントロールが難しくなっていきます。家族だからこそつい口走ってしまう、あるいは手が出てしまうこともあるかもしれません。

近い存在で自分のことを分かってくれる相手だと思うと、母親や嫁という立場だけではなく、父親・夫という立場の男性もついつい思っていることを言っちゃいます。

ストレスを発散するのに相手を責めるのではなく、どこか外に向けてというのは必要なのかもしません。

 

SNSやネットでのマウンティング

 

 

今流行りのマウンティング。あなたは知っていますか?

本来は動物が自分が優位であることを示すために交尾を真似た行動を起こすという意味ですが、最近では人間世界でも自分を優位に見せるために人を貶す行為をマウントを取る、いわゆるマウンティングという言葉として流行りだしました。

女性の間では会社内や子供のママたちの間で昔から存在していたかもしれません。男性より女性の方が人を落として自分を優位に見せる行動をとる性質があり、水面下で優劣を競っていたりは日常茶飯事だったのではないでしょうか。

特に今はネット上、SNSを見ても人を貶してあたかも自分は上なんだというアカウントも横行しています。それは転じて自分のストレス発散にもなり、人を落としていては同意を得ることで爽快な気分になっているのです。女性もまたしかり。他の女性を貶すことで自分をより素敵な女性に見せる人も多いのではないでしょうか。

言葉とは発した人の思いよりもずっと重く、刃のように刺さるものです。それをわかっていてSNS上にアップしてしまうのです。それもある意味ストレス解消方法ではあるのですが、自分を優位に見せるならまだしも人を貶すというのは女性としていただけません。

まして既婚者として夫や子供がいる女性がそういった感情に振り回されるのもいいことではありませんよね。

家族にぶつけてストレスを解消する場合と共に、外に向けていい意味でのストレスの解消方法を見つけるべきです。

 

飲んでストレス発散

 

お酒は心の中のもやもやや、沈みがちな心を幾分浮上させてくれるのにもってこいですよね。この記事をお読みの方の中にもお酒が大好きで、日々のストレス解消に飲んでいるという女性も少なくないのでは。

確かにお酒は適量を飲むと気分は楽しくなりテンションも上がります。地面も心も何となくふわふわになる独特の感触はお酒でないと味わえないものです。

ただ、飲みすぎるのはタブーですし飲む相手も非常に重要です。特に会社の上司や接待でのお酒の席は逆にストレスが溜まってしまうという人もいますし、気心の知れた友人でも酒癖の悪い相手だと話を聞くだけで逆にストレスが溜まることもあります。

飲んでストレスを解消するには自分でお酒の量をわかった上で、飲んでいてもストレスのたまらない相手が希望ですよね。知った人との飲み会がちょっと面倒くさいな、と思っている既婚女性の中には、知り合いのいないところで飲み会のイベントなんかがあると一度参加してみたいと思ったこ都があるかも知れません。

 

同じ既婚者同士で飲み会サークル

 

既婚女性にとって、全く知らない人と交流が図れる場所と言うのは限られていますよね。仕事をしていてもやはり飲む相手は得意先か取引先。自分を出すなんてことは出来ません。

既婚者だけが参加可能な飲み会サークルというのが都市部で開催されており、イベントでの会話も自分が話してみたいことが多く参加者も楽しく過ごせるサークルと話題です。

全く自分のことを知らない人が集まって、まして同じ既婚者だけが集まるってなかなか無いですよね。でも一人で参加するなんてそんな勇気無いな、という人も友達と参加を申し込むのも可能ですし、イベント主催者側に参加が初めてだということ、浮いてしまわないかなど不安があれば相談にも乗ってくれますしイベント当日のフォローもバッチリです。

参加している全ての人が人見知りも無く、ということはありませんし、初めは皆さん、会に馴染めるか不安なまま参加を申し込まれています。ちゃんとイベント中も席替えをするなどして一人ポツンと会話も無く終わるということはありません。

既婚者の飲み会サークルで新たな出会いと楽しいおしゃべり、そして美味しい料理とお酒を楽しんでバッチリストレス解消しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既婚者サークルに参加したい!と思う人の特徴

既婚者サークルに参加したい!と思う人の特徴

近年既婚者サークルがとても注目を集め、参加する人が後を絶たない状態です。大きな声では言えないけれど、興味を持っているという人は近くにもいるかもしれません。

なぜ今既婚者サークルがこれほどまでに人気を集めているのか、ラブラブな結婚生活を送っている人たちには理解できない内容でしょう。

どのような人が行くの?という疑問は、実際にかなり多く聞かれています。そこで気になる既婚者サークルで、参加したいと思う人の特徴についてご説明しますね。口では否定していても、心の中では迷っている人も少なくないはずです。

 

既婚者サークルってなに?

既婚者サークルに参加したい!と思う人の特徴

既婚者サークルは、一見趣味の集まりのようなイメージもありますが、実態を知ると驚く人もいるようです。では早速ですが、既婚者サークルの特徴や内容についてご紹介しましょう。

 

既婚者同士の飲み会

既婚者サークルでは、既婚者に限定した飲み会や交流会を行っています。普通の飲み会と違うのは既婚者であることが条件で、友人作りや交流を目的としてイベントが開催される点です。

既婚者サークルでは、不倫相手を見つける場所ではないのをアピールしているので、普通に飲み会として参加できるのが特徴。

年齢制限のある飲み会もあるため、同世代で同じ既婚者という共通点が、参加者にとっては魅力的かもしれません。

 

参加資格について

参加者は、結婚していれば誰でもよいというわけではありません。既婚者サークルがはっきりと掲げる、「交流会」という目的にそぐわない人は参加できないでしょう。

たとえば参加資格として、既婚者で指定の年齢があります。その際は、見た目年齢でもよいケースも。

参加できない人は独身者や営業や勧誘目的で来る人、主催者から参加を断られた経験がある人などがいます。

このような規定があるので少し不安に感じる人でも、身分証の提示を求められるイベントもあるので安心できますね。

 

飲み会で禁止されていることは?

友人同士や会社の飲み会などでは、かなり羽目を外してしまう人もいるでしょう。既婚者サークルはお互いに家庭がある立場ですから、マナーを守り楽しい時間を過ごすことが求められています。飲み会によっては、喫煙が禁止されている場合もあるほどです。

 

既婚者サークルに参加したい人の特徴について

既婚者サークルに参加したい!と思う人の特徴

既婚者サークルに対しては意見が色々とありますが、実際は注目を集め大盛況のイベントも多く存在します。

ではどのような人がやってくるのか、既婚者サークルに参加する人の特徴について見ていきましょう。

 

家庭に不満がある人

結婚生活が上手くいっていない、家庭のストレスや不満がある人は、飲み会で気分転換したいと思うことがありますよね。

そんな時に楽しそうに見えるのは、既婚者サークル。自分と同じ環境で生活する人たちと、家庭のうっぷん晴らしができるのはありがたいことです。

既婚者が普通に飲み会に参加しても、独身者で盛り上がる話題にはついていけないケースもありますよね。

逆に恋愛相談になってしまい、ストレス発散ができない場合も。夫の悪口や姑との関係、子供の進路など、話が合いやすい既婚者同士だと飲み会も充実できるのです。

 

飲み会が好き

独身の頃から飲み会が大好きという人は、結婚してもチャンスを待っているはずです。しかし家庭があると、簡単に飲み会に行ってくると家を空けるのは難しいですよね。

夫婦同士の付き合いや、家族ぐるみの付き合いでしか行動ができない既婚者。羽を伸ばして独身時代のようにお酒が飲みたいという人には、既婚者サークルがピッタリです。

「しばらくお酒を飲んでいないな…」と感じた時に、同じような目的を持つ人がやってくる既婚者飲み会。既婚者同士だからこそ、安心してお酒が飲めるのかもしれません。

 

友人が欲しい

とくに専業主婦に多い、既婚者サークルに参加する理由として、友人作りがあります。毎日ほとんど家で過ごすライフスタイルは、必然的に人との出会いが減ってしまいますよね。

限られた範囲での生活は、ストレス発散ができないだけでなく、生活に必要な情報収集もできなくなってしまいます。

既婚者サークルに参加したいと思う人の多くが、友人を見つけたい思いを持っているでしょう。

「友人」というのは不純な目的でなく、同性の友人や気が合う異性の友人など。同じ既婚者という立場は共通点になりますので、初対面でも昔からの知り合いのように話が合うかもしれません。

 

共通の趣味を持つ仲間を探している

趣味を持っている人は仲間を見つけるために、既婚者サークルに参加するケースもあります。

飲みながらお互いの話をしている間に、趣味や特技の話題になる場面がよくあるでしょう。SNSで知り合いを広げるよりも、実際に会って話をしたほうが相手のことがよくわかるもの。

そのため趣味で盛り上がる、友人探しの場としても好都合なのです。「飲み会」を趣味にする人なら、すぐに見つかる可能性がありますね。

 

毎日家で退屈している人

家で毎日退屈しており、既婚者の友人とはなかなか時間がなくて会えないという状況は、とてもストレスになります。

毎日そんな生活が続くと自然と慢性化して、出かける気力もなくなってしまいますよね。そんな時にふと気になるのが、既婚者サークル。

既婚者限定で同じ仲間が参加しているので、退屈な毎日に刺激になるでしょう。出かけたいけれど行くところがない時、既婚者サークルはワクワクできるイベントになります。

開催される時間帯は週末の昼過ぎなど、まだ日中なので家庭がある人には出かけやすいタイミングです。

 

夫婦関係に刺激が欲しい

結婚すると、自分を異性として扱ってくれるのはパートナーだけ。しかし新婚時代と比べると、夫婦関係は年々マンネリしていきます。

空気のような存在になるのは素敵ですが、たまには違う異性との交流も自分を磨くために必要です。

「スタイルがよいですね」などと飲み会で褒められたら、もっと自分磨きにも力が入り、結果的に夫婦関係に刺激がプラスされるのです。

これからも長く生活を続けるパートナーとは、よい関係を維持したいですよね。そのために外で刺激を受けて、マンネリした夫婦関係を見直したいという人も多く参加しています。

 

不倫に興味がある

不倫相手を斡旋する集まりでないのは、どこの既婚者サークルもアピールしています。しかし中には不倫目的で参加する人もいますので、飲み会で知り合い後で二人で会うというパターンもあるようです。

夫婦関係で抱くストレスはさまざまですが、はけ口を外に求めて気分転換をする人も世の中には多く存在します。

不倫目的でなく、ただ交流会を目的として参加する場合は、自分の行動や言動に注意して誘いに乗らないことが大切です。

 

安心して参加できるイベントがオススメ

既婚者サークルに参加したいと思う人たちには、それぞれ期待する物ごとや目的があります。

純粋に楽しく既婚者同士でお酒を飲みたい場合は、安心して参加できるイベントを選ぶとよいでしょう。

飲み会だけでなく、アクティブに過ごすアウトドアイベントなどもありますので、普段できないことをやるよいチャンスかもしれません。

 

まとめ

既婚者サークルは、どういう人が行くものなの?と、不思議に思っている人も。しかし自分がもし参加したら、どうなるかイメージできますか。

結婚すると生活スタイルはがらりと変わり、独身のような自由がなくなります。たまには独身気分で楽しく仲間と交流する時間は、上手く活用すると結婚生活によい刺激になるかもしれません。

既婚者の合コンで心得ておきたいこと

既婚者の合コンで心得ておきたいこと

既婚者合コンの人気が、近年話題になっています。結婚したら、異性との出会いは諦めなければならないと考えていた人にとっては、朗報ですよね。

既婚者合コンは気晴らしや出会いを求める人など、誰しもが違う目的で参加しています。家庭崩壊にならないのかと不安の声も聞かれますが、既婚者合コンで逆に夫婦関係が新鮮になるというメリットもあるようです。

出かけるチャンスが少ない主婦の間で、密かに流行しているという既婚者合コン。参加してよかったと思えるように楽しむには、事前の心構えも忘れてはなりません。

独身者の合コンとは違い、既婚者ならではの注意しなければならない点も色々とあるでしょう。

そこで既婚者合コンで、心得ておきたい大切なポイントをご紹介していきますね。

 

既婚者合コンとはどんな集まりなの?

既婚者の合コンで心得ておきたいこと

既婚者合コンは不倫相手を探すために行く場所だと、誤解してしまっている人は少なくありません。

よいイメージを持たない人もいますが、既婚者同士の集まりなので、普通の合コンでは得られない魅力もあります。では既婚者合コンの特徴や内容について、ご解説していきましょう。

 

既婚者同士の出会いの場所

メディアで取り上げられることも多くなった「既婚者合コン」は、簡単に説明すると既婚者同士が出会いを求めて集まるイベントです。

結婚すると女性はあまり家から出なくなり、異性と接触する機会はほとんどありませんよね。

男性なら仕事帰りの飲み会などで、女性と話をする場面はあるかもしれません。しかし男女共に、結婚すると行動範囲は限られてしまい、パートナーだけが異性の存在になってしまいます。

そんなライフスタイルに刺激を与えるものが、既婚者合コン。あちこちで開催され、何度も参加するリピーターもいるようです。

 

気になる合コンの内容について

既婚者合コンの特徴は、参加する女性が主婦のため、イベントの時間帯は基本的にお昼が多くなっています。

たとえば週末のお昼13時頃から開催されるイベントで、カジュアルレストランを貸し切りで行う場合も。

「食事をしながらお酒を楽しむ」という名目があるイベントが多いでしょう。独身者の合コンのように、飲み会がメインになっているものは少ない傾向があります。

料金は多くの場合女性のほうが安く設定され、人数も同じ割合で組まれています。会場では席順が決められ、10名~30名ほどで人数もさまざまです。

 

参加者の年齢について

既婚者合コンの参加者は、イベントごとに年齢制限がある場合もあり、平均すると30代~50代が多くなっています。

この年代は結婚生活も安定した頃で、自分のパートナー以外から刺激を受けたいと感じる時期かもしれません。

席順が指定された合コンは、時間が来ると席を移動して、全員が話せるようにセッティングされています。

男女ともにオシャレをして小綺麗に参加する人が多く、年齢よりも若い印象を受ける人が多いようです。

 

既婚者合コンに参加する人の目的について

既婚者の合コンで心得ておきたいこと

既婚者合コンに興味はあるけれど、実際に参加するのは乗り気になれないという人は、とても多いのではないでしょうか。

それでは実際に参加される人たちは、どのような目的を持っているのかをご紹介しますね。

 

家庭の愚痴こぼしをしたい

既婚者同士は共通点が色々とありますので、お互いの愚痴こぼしがしやすい存在です。たとえ友人に飲み会に誘われても、独身の人が相手では家庭の文句はあまり言えませんよね。

ストレス発散をするためには、同じ悩みや愚痴を抱えた人が相手のほうが気分はすっきりとします。

既婚者の話をしても、周囲にわかってもらえない場合がよくあります。既婚者合コンは参加して気分転換になるメリットが多く、お酒や美味しいお料理を食べながら、普段言えないことも言えるチャンスになるでしょう。

 

異性の意見を聞きたい

女同士や男同士では、パートナーの思考や価値観がわからない場合があります。よい話し相手がいても、やはり気になるのは異性の意見ですよね。

たとえば、夫婦関係が上手くいかない主婦の場合。合コンで男性から意見を聞くと、「なるほど」と納得できる部分も発見できるかもしれません。

また異性との接触は、普段女性らしさや男性らしさを意識できない生活から解放され、ドキドキと相手の視線を気にしながら話ができます。

合コンに参加するために普段しないメイクやオシャレなど、現地に到着する前から異性を意識する刺激があるでしょう。

 

ときめきたい

髪を切っても夫が気づかないというのは、近年よくある話。いつも一緒にいるのが当たり前になると、異性として見るよりもパートナーのような存在になってしまいますよね。

女性の場合は男性の褒め言葉が、綺麗になるモチベーションにつながるもの。夫婦関係がマンネリすると、オシャレをする意味がなくなってしまいます。

何歳になっても恋をしたいと思うのは、女性の本心。男性も奥さん以外の女性とドキドキする瞬間が欲しいと、本音では思っているはずです。

家庭で得られないときめきを期待して、既婚者合コンに参加する人はとても多いでしょう。

 

友人を作りたい

仕事と家の往復、専業主婦で買い物の時しか外に出ないという生活は、必然的に交友関係が限られてしまいます。

年齢を重ねるごとに周りは大抵の人が既婚者で、自由に行動できる人は少なくなるでしょう。

異性との出会いだけでなく、純粋に友人を作りたくて既婚者合コンに参加する人も増えています。

出会い自体が少ない既婚者。SNSを使って知り合いの輪を広げるのは、かなり難しいところもあるでしょう。

友人を増やしたいと思った時には、同じ既婚者のほうが話が合い、すぐに意気投合する人と知り合える可能性があります。

 

不倫に興味がある

既婚者の出会いの場というと、まず不倫を想像する人は多いですよね。家庭で抱える問題が多いほど、外にはけ口を求めたくなります。

既婚者合コンに参加する人の中には、不倫に興味のある人もいるでしょう。同じ目的で参加している人が見つかれば、ダブル不倫の始まりになるもの。

合コンの後に二人で別行動をとり、仲を深める人たちもいるようですが、参加者全員が不倫目的のわけではありません。

 

参加するにあたって心得ておきたい点

既婚者合コンは、目的をしっかりと持って参加しなければ、後悔する結果になる恐れもあります。そこで行く前に心得ておきたい、重要な点について見ていきましょう。

 

個人情報はできるだけ控える

初めて会った人とは、その場だけの会話を心がけましょう。意気投合して盛り上がっても、できるだけ個人情報は簡単に話さないのが大切です。

たとえば住んでいる場所、働いているところなど。自分のライフスタイルに関する具体的な情報を知られてしまうと、後でしつこくされたら困りますよね。

出会いは大切ですが信頼関係ができるまでは、簡単にプライベートな話をするのは念のため避けましょう。匿名で参加する飲み会もあるので、参考にしてください。

 

誤解されない態度を意識する

既婚者のパーティーや合コンは、純粋に出会いを求める場所で、主催者側では不倫を推奨することはありません。

しかし参加者の中には、表立って不倫相手を探しているとアピールする人は少ないので、誤解されないよう自分の行動には注意しましょう。

たとえば女性なら、男性の視線を引くような派手な服装や、セクシーなオシャレをしないこと。またコントロールできないほど、お酒を飲んでしまうのも危険です。

 

家庭と切り離してその場を楽しむ

家庭から一歩離れると色々な人との出会いがあり、どのような話をすればよいのかわからなくなる場合がありますよね。

夫や妻だけが自分にとっての異性の存在だと、他の異性との接触方法が不安になります。既婚者同士の集まりなので、簡単な話題としてお互いの家庭の話題は出やすいもの。

しかしあまり軽々しくパートナーの悪口を言ったり、家の愚痴こぼしをしたりしていては、本来の飲み会の魅力がなくなってしまいます。当日はその場を精一杯楽しめるよう、家庭については一時的に忘れるのも必要です。

 

参加するイベントを慎重に選ぶ

既婚者が集まるイベントは友人探しを目的としていますので、開催する時間が昼過ぎなど、主婦でも無理なく参加できるよう配慮されています。

しかしイベントを間違えてしまうと、なんでもありの可能性も。慎重に飲み会を吟味して、口コミも参考にしておきましょう。

きちんとした主催者なら、不倫禁止などの細かい規約を設けています。嫌な思いをしないためにも、信頼できるイベントを選びましょう。身分証の提示を求められるところなら安心ですね。

 

心配な時は友人を誘って参加する

一人での参加が不安に感じる時は、同じ既婚者友達を誘って参加するのも方法です。参加費用は女性のほうが安く、イベント内容によっては飲み放題や食べ放題でお得な時もあります。

久しぶりに友人と遊びに行きたいという時も、既婚者合コンを活用できますね。一人だと、二次会を断るのが辛いという場面も。

そんな時に一緒に参加してくれる友人がいるとお互いに心強く、一人で寂しい思いをせずにパーティーが楽しめます。

 

こんな人が既婚者合コンにはまりやすい!

気分をリフレッシュして、既婚者の友人を作る交流の場として、とても魅力的な既婚者合コン。こんな人がはまりやすく、家庭にも影響を与える場合があります。

 

夫婦関係が上手くいかない

何年も結婚生活を続けると、相手の嫌なところばかりが目立ってしまいます。しかし息抜きをするところもなく、ストレスは溜まる一方ですよね。

夫婦関係がよくない人や、離婚を意識している場合は既婚者合コンで盛り上がり、友人以上の関係を見つける可能性があります。

多少の愚痴こぼしならよいのですが、夫婦関係をダメにするリスクがある場合は参加を考え直し、相談相手を選んだほうがよいでしょう。

 

友人が少ない

友人が少ない人は既婚者合コンに何度も通い、交友関係を広げていきます。同性の友人を見つけるのにもよい場所になりますし、気兼ねなく話せる異性の友人を見つけるチャンスにもなるでしょう。

何よりも普段一人で孤独を感じている人は、合コンという場所が交流のチャンスになるので、何度もリピートしたくなるはずです。

 

飲みに行く相手がいない

お酒が好きでも、既婚者の友人を誘って飲みに行く機会は少ないですよね。それぞれの都合が合わず、のんびりと気の合う人と飲みに行きたくても我慢が必要です。

夫婦二人では刺激が足りないという場合は、既婚者合コンがお酒を楽しむチャンスになるでしょう。

同じ立場で話が合いやすく、普段のストレス発散したい目的は誰しも共通しています。お酒が好きな人なら、飲み放題つきのパーティーがよいかもしれません

 

ストレスが溜まっている

既婚者合コンにはまる人たちは、普段のストレス発散として何度も参加しています。夫婦関係や育児、家事などで蓄積されたストレスは、異性と話をするだけですっきりとすることもあるでしょう。

エスカレートすると既婚者でなく、普通のパーティーにも参加するようになり、家を空けられない夜でも平気で出かけるようになってしまう時も。

またパーティーのある日はホテルを予約して、一晩中飲み歩くような人もいるようです。

 

異性におだてられるのが好き

自分が女性らしく、または男性らしく過ごせるのは、既婚者合コンの魅力です。普段パートナーから褒められることがないと、異性からちやほやされる時間はとても刺激的に感じます。

家庭では得られない喜びが合コンにあり、そこに魅力を感じてしまうと何度も参加して、自分を磨く人もいるでしょう。

頻繁に参加していると家族に怪しく思われ、夫婦関係にひびが入る恐れもあるので注意してくださいね。

 

悩みごとがある

家庭の問題は、できれば相談せずに自分で解決したいところですが、他人の意見も大切です。

ママ友には言えない話や、親には相談できないことも色々とありますので、悩みを抱えている人は既婚者合コンが気分転換の場所になるでしょう。

共感してほしいのは友人でなく、異性の存在。そんな時は初めて知り合った人だからこそ、気兼ねなくなんでも話せる環境になります。

 

まとめ

既婚者の合コンは、現実逃避をする不思議な空間かもしれません。たまには家族以外の話し相手が欲しいと思うことは、誰にでもあります。

そんな思いを持った同じ環境の人たちが交流する既婚者の合コンは、新しいタイプのストレス発散方法なのでしょう。

参加する時はくれぐれも目的意識をはっきりとさせて、家では見せることがない違った自分をアピールしてくださいね。

結婚しても多少の自由があるのは、人生を楽しむ秘訣になります。色々な人たちと交流すると、夫婦関係や家族の絆がさらに強化されるかもしれません。

セカンドパートナーとの上手な付き合い方@出会いやデートはどうしてる!?

近年、じわじわ注目を集めている「セカンドパートナー」という存在。

不倫を題材とするドラマや映画が多くなっている今、セカンドパートナーというワードもすでに馴染み深いものと変わってきているように感じますね。

今この記事を見てくれている方は、すでにセカンドパートナーがいらっしゃる方も多いのでは?今回は、セカンドパートナーとの上手な付き合い方や気になる出会い、デートについて詳しくお話していきましょう。

 

1.セカンドパートナーがいるメリット

まずは、セカンドパートナーとは何か…ということからご説明したいと思います。

セカンドパートナーとは、肉体関係には発展しない親密な相手のことを言います。“恋人未満友達以上”というものが頭によぎりますが、セカンドパートナーは、恋人同等の存在を指します。肉体関係のない恋人というのが適切かもしれませんね。

恋はしたいし、女としてのトキメキが欲しいけれど、不倫はしたくない…旦那とは離婚したくない…と考える女性にとって好都合な存在ではありませんか?

 

セカンドパートナーがいるメリットは想像以上に大きいです。セカンドパートナーが実際にいる方のご意見と共に見ていきましょう。

 

メリット①忘れかけていた恋心を取り戻せる

愛し合って結婚したとしても、長年一緒にいるとどうしても失われていくのが“恋心”

セカンドパートナーよりも旦那様の方が大切だとは思うけれど、付き合っていた頃や新婚の頃のような気持ちには、今更なりにくいものですよね。

その気持ちを補ってくれるのがセカンドパートナー。二度と感じることが出来ないと思っていた感情を取り戻せると、40~50代の女性から支持を集めています。

 

〈東京都在住 Mさん 46歳女性〉

旦那とは特別仲も良くなく、悪くなく…で丁度よい関係だと思っています。トキメキはなくても、夫婦として幸せにやっていますし、幸せですが、パート先でときめく出会いがありました。お互い既婚で子供もいるので、身体の関係は一切ありませんが、お忍びでデートはしています。デートでも十分、心がトキメキますし、彼と付き合ってからは、毎日が楽しくて仕方ないんです。

イライラしていた旦那のキャバクラ通いも今ではどうぞどうぞ~ってくらい(笑)旦那も楽になったのでは?

 

メリット②女でいることが出来る

結婚生活が長くなり、子供が産まれるたびに、女と男としてではなく、お母さんとお父さんのような存在に変わってくるのが夫婦というもの。

もちろんそれはそれで幸せなことですが、やはりいくつになっても女として輝いていたいと願うのが女心。一度変わってしまった関係はそうそう戻れるものではありませんよね。そんな穴を埋めてくれるのがセカンドパートナー。相手のためにメイクして、お洋服を選んで…。そんな瞬間が女としての自分を奮い立たせるのです。

 

〈熊本県在住 Kさん 50歳女性〉

旦那とは結婚25年。もうお互い歳も歳ですが、セックレスになってから数年経ちます。周りの友人は、今もなお営みがあるようで…正直羨ましかったです。別に行為をしたいのではなく、女として認めれたり、大切にされたいだけなんですけどね。

どんどん老いていく自分も嫌で、既婚者合コンというものに参加しました。50代から参加できる会だったので、自分が一番若く、男性からチヤホヤしてもらえて嬉しかったです。

3回ほど参加した頃、5歳年上の方とお付き合いをすることに♡いわゆるセカンドパートナーってやつですね。女としての自信を取り戻すことが出来ました。

 

メリット③前向きになり、生活にハリが出る

セカンドパートナーのメリットは、何も恋愛面だけれはありません。あなたの私生活やメンタル面にも良い影響を与えてくれるでしょう。

私生活が充実しているのと、していないのとでは、物事の受け取り方にも違いが出てきますよね。何より恋をしていると、毎日が刺激的で楽しくて、機嫌よく毎日を過ごせるもの。気持ちが明るくなり、いつもの毎日がグッと楽しくなったと答える方は非常に多いです。

 

〈愛知県在住 Rさん 38歳女性〉

旦那は仕事が忙しい人で、家事や育児に対してまるで無頓着です。

仕事に育児に家事に追われ、たまにシングルマザーなのかな?と思ってしまうほど。そんなときネットを通じて、セカンドパートナーが出来ました。

話しているだけで楽しいですし、次会う日まで頑張ろうと思えるし、何より応援してくれる相手がいると思うだけでモチベーションが高まります。

 

メリット④イライラしにくくなる

心の拠り所やストレス発散出来る場所は、必要不可欠。

そういった場所がないとストレスは溜まり、ちょっとしたことでもイラッとしやすくなりますよね。中にはご主人との喧嘩が多く、ストレスを溜めやすい環境の方もいらっしゃることと思います。悩み相談が出来るセカンドパートナーの存在のおかげで心に余裕ができ、イライラしにくくなったと答える方も多いです。

 

〈栃木県在住 Mさん 49歳〉

旦那の親と同居しており、ストレスが溜まる毎日です。さすがに実親なので旦那には愚痴をこぼしにくく、気持ちは暗くなるばかりでしたが、セカンドパートナーの存在に救われました。

月に1回程度のデートですが、本当にストレス解消になりますし、イライラしにくくなりました。何かあったときは速攻相談出来ますしね(笑)不倫という枠ではなく、友達感覚で付き合っているので、気楽です。

 

2.セカンドパートナーとは絶対に一線を超えてはならない

セカンドパートナーが与える影響がとても大きいことが分かりましたね。

毎日の生活が、もっと楽しく明るくなる反面、気をつけなればならないことも、もちろんあります。まず一つ目は決して、肉体関係になってはいけないということ。

不倫とセカンドパートナーの違いは“肉体関係があるかないか”です。法律的に不倫相手になるかどうかは、性交渉の有無で大きく左右されてしまうため、もし仮に旦那様から不倫を疑われた際に、慰謝料請求などの対象になります。

いくらセカンドパートナーのことを愛していたとしても、今の生活やお子さんの未来、旦那さんのことが大切だと感じるのであれば、絶対に超えてはならないラインです。

そして二つ目は、性交渉がなくても不倫と認めれるケースがあるということ。また、周りから見ればプラトニックな関係である保証はどこにもないこと。一時期の感情で自分を見失って後悔するリスクがあることも理解しておきましょう。

最後三つ目は、セカンドパートナーである相手は、あなたとの今度をどう思っているのかということ。

あなたは、心の拠り所を作りながら、今の生活も大切にしたいと思っているかもしれませんが、人の心は変化していきます。長い時間を共にして、彼の方があなたと生涯一生添い遂げたいと感じるかもしれません。そうなったときにどうするのか、先のことまで考えて、付き合う前にルールを作るなどの対処法を考えておく必要があります。

また、あなたの方が彼を心から愛してしまうことも。大好きだけど、一緒にいられない関係、身体と身体を重ねられない関係というのは想像以上の辛さです。メリットが大きい分、リスクと相当な覚悟が必要な関係だということを理解して欲しいです。

 

3.セカンドパートナーに見つけ方は?

気を取り直して!セカンドパートナーの見つけ方をご紹介します。

 

・社内や取引先

セカンドパートナーではないですが、不倫相手との出会いは、社内や取引先が多いですよね。つまりその分、セカンドパートナー候補との出会いも多いということです。

仕事を介してなら連絡を取っていても怪しまれないですし、食事の約束もしやすいですよね。職場で、すんなり顔を合わせられるのも嬉しいポイント!ですが、その反面周りに悟られやすいので注意も必要です。

 

・既婚者合コン

既婚者合コンは、既婚者のみ参加できる飲み会です。既婚者サークルとも言います。

同じ悩みを抱えている人と出会いやすいですし、匿名で参加も可能なので、気軽にセカンドパートナーを探しやすいです。

 

・出会い系アプリやSNS

今ではかなり普及した出会い系アプリ。

自分の条件に合った相手を見つけれますし、アプリ内でメッセージのやりとりをして見極められるのがメリット。お金をかけずに始められるのも嬉しいですね。ただし、サクラ行為や詐欺も多発しているため、見極める目を持っていないと危険かもしれません。

 

・同窓会や飲み会

全く知らない相手と仲良くなるよりも、よっぽど安心感もあり手っ取り早いのが、同窓会や友人が集まる飲み会などです。まるで学生時代に戻ったかのような温かい気持ちになれそうですね。その半面、ハマりすぎてしまうことに注意。

 

4.セカンドパートナーとのデートで注意したいこと

セカンドパートナーといくらプラトニックな関係だとしても、第三者から見れば、仲の良いカップルか夫婦に見えることでしょう。

いつどこで噂が広まるかは分かりません。お互いの旦那さんや奥さんに見つかれば裁判沙汰になってもおかしくない関係ですから、デートにも気を使わなればなりません。

 

・住んでいる地域から離れてデート

これは必須事項です。

お互いの家族や友人が住んでいる地域や職場近辺でデートは危険行為です。噂がどこで広まるかわかりませんし、今では簡単に写真も取られてしまいますからね。なるべく遠いところでデートをするようにしましょう。

 

・帽子やサングラスがあるといい

自分の住んでいる地域や職場の周りで、セカンドパートナーと会う場合には、お互いちょっとした変装があった方が良いでしょう。帽子やメガネがあれば、素顔がバレにくいので、もしものとき言い逃れが出来ます。

素の自分たちでいられないのは嫌かもしれませんが、それだけリスクがあるということを理解した上でお付き合いをしましょう。

 

・思い出のものは出来るだけ残さない

デート中に写真を撮ったり、お土産やペアアイテムを買いたくなる気持ちも分かりますが、が、ぐっと堪えましょう。それらが原因で不倫だと言われてしまう日が来るかもしれませんからね。どうしても買いたいのならば、花瓶やマグカップなどお互い自分の家でだけ使うようなもの(人に見られる心配のないもの)にしましょうね。

 

・外で手を繋がない

当たり前と言えば当たり前ですが、外で手を繋いだり、親密に見える行為はNG。

 

・ラブホテルの近くには寄らない

いくらホテルに入らないとしても、ラブホテルが建ち並ぶようなエリアに近づくのも出来るだけ控えるのがベター。ラブホ街にいたというだけで、勘違いされネタにされる世の中です。勘違いされやすい場所には一切近づかないことをおすすめします。

 

5.セカンドパートナーと上手に付き合っていくには

セカンドパートナーと長く円満に付き合いを続けていくのは、とても難しいことです。

不倫とは全く異なる関係でも、周りの理解は得られにくい関係ですから、その分気を使うことも多いですし、いくら相手を好きだとしても肉体関係は持ってはなりません。

いつその関係がバレてしまうかも分かりませんし、恐怖と隣合わせと言っても過言ではないです。

 

そのため、セカンドパートナーと上手に付き合うためにはルールを作ったり、お互いハマりすぎないようにすることが大切。お互いにハマりすぎてしまい、相手のことしか見れなくなったら、それは不倫と同じではないでしょうか?

セカンドパートナーとは、自分の生活がより円滑に、現状をより幸せで大切なものだと感じるための存在。ですから、自分が成長できるような関係がベストなのです。

恋は盲目と言いますが、本当その通り。刺激もたっぷりなセカンドパートナーとの関係ですが、本当に自分に大切なものは何か忘れてはなりませんよ。

既婚者サークルのギモン!既婚者のみの飲み会の良さって!?

 

独身女性も参加OKの既婚者サークルって

 

最近話題になってきた既婚者の飲み会サークル。あなたはご存知ですか?ネット上を調べてみると大都市圏でいくつかの既婚者の合コンなるものが検索に出てきます。既婚者同士がなかなか仕事や家族以外の交流ができない昨今、ちょっとした人気になっているのです。

一言に既婚者飲み会サークルといっても主宰しているイベント会社ごとに規定は様々で、既婚者のみ参加OKにしているところや、独身者もバツのついた結婚経験者もOKといったところがあります。まずは、独身者OKを謳っている飲み会サークルについて検証してみましょう。

既婚者サークルと名前の付くイベントで独身者OKとしているところは多く、なぜか独身男性ではなく独身女性としているところがあります。既婚者男性に独身女性?と思わなくもないですが、男性からすれば会社の飲み会でしか独身女性と言葉を交わすことも無いとなると、こういうイベントで新たな独身女性との出会いを楽しんでいるふうにも見えますよね。

既婚男性を集めやすい規定ではあると思います。

 

結婚願望のある独身女性が既婚者サークルへ行くと?

 

独身女性の中には、既婚者サークルに集まってくる男性はそれなりに自由になるお金と時間を持っている=食事に誘ってくれたらラッキーと思っている独身女性もいるかも知れません。

しかし、多くの独身女性は既婚男性と何やら間違いが起こるかもと考えながらサークルに参加はしないと思うのです。実際に独身であるからにはちゃんとした結婚願望も理想の男性像もあるはず。なぜ既婚男性しか集まらない既婚者サークルに参加するのでしょうか。

独身女性は自分の中にある理想の旦那様や今現在付き合っている彼氏との結婚のことも考え、既婚男性とはどんな生活をしているのだろうかなど、会社の上司には口が裂けても聞けないようなことも聞けるチャンスとして参加しているのです。

男性と女性でイベントの参加目的は様々ですが、やはり独身女性も参加できる既婚者サークルで既婚男性が何を求めて参加しているのかという本音は別のところにあるのかも知れません。

 

独身女性に既婚男性が求めるもの

 

では独身女性に対して既婚男性は何を求めているのでしょうか。言い方が悪いのですが会社でこんな話をしたらセクハラに近いと言われそうな話をしたいという願望があるのではないでしょうか。

もちろん体に触れる、明らかに嫌悪感を持たれることを聞いてくるなどはイベントでもご法度でしょう。しかし昨今彼氏はいるの?とか髪型変えたの?という質問でさえセクハラだと訴えられる時代。独身女性に世間話すらしゃべりかけることもままならないので、楽しくお喋りができるイベントは既婚男性にとってはとても貴重なものなのです。

ただおしゃべりを楽しむという時間が欲しくて参加している男性もいる中、それ以上の関係を求めている人もいるでしょう。できれば結婚していない女性と、と考えている男性は少なくないかもしれません。

そいうきっかけを求めてあえて独身女性もOKの既婚者サークルを選んでいるのも現状なのです。

 

既婚男性は独身女性をどう思ってる?

 

 

既婚女性との会話に比べて既婚男性が楽しいな、と思うのはむしろ独身女性との会話なのではないでしょうか。家にいる奥さんに比べて所帯じみていないし、生活感も感じられない。なにより垢ぬけている独身女性に対して若い頃を思い出す男性もいるかもしれません。

ここで気を付けたいのが、既婚男性は独身女性を一人の女性としても見ているということ。明らかにあわよくば一線を越えて、ということを考えている男性もいるのではないでしょうか。ただ厄介なのが一度イベントで会っただけでは見抜くことは出来ません。純粋に楽しい会話ができればそれで十分と思っている男性もいれば、体の関係まで持っていこうとする既婚男性もいるのです。

既婚女性ならば互いにリスクを持っているので、あわよくばと考えられたとしても50/50の対等な関係で接することができます、しかし独身女性となると家庭を持つ男性は圧倒的にリスクを負うのは独身女性となります。

最近ではSNSでも独身女性だけをターゲットに近づく既婚男性も多く、家庭とは違った独身の頃に戻ったかのような時間を取り戻したいと思っている男性は多いのです。

既婚者サークルにもかかわらず、独身女性の参加を狙ってくる既婚男性は既婚女性としても気を付けたものですね。

 

男性は狩りをする生き物

 

男性は本来狩りを好む生き物で、すぐそばにある物がいつでも自分のものだと判断すると他の何かに食指が動くようになるものです。

現代人にも同じことが言えるので、家庭に入ると自分のものだと認識できる奥さんがいる環境で他の女性に目が行く既婚男性は実は少なくありません。ただ行動に移すかどうかの違いなだけで奥さんだけを見て人生を終わる男性が多数の中、少しでも他の女性に近づけたらと行動に移す男性もいるわけです。

昔から手に入りづらい女性をモノにしてきた男性の場合、家庭に入って奥さんだけを見ている人は少なく、体の関係は持たないまでも飲み友達に女性を連れていることはよくあること。

手に入りにくいとわかると俄然力を発揮する男性は結構いて、実は女性からのモテ度も高いのがこういう男性のパターン。家庭を持っても相変わらずのプレイボーイっぷりが抜けない人はあなたの周りにもいるのではないでしょうか。

男性はすぐに手に入る女性より、なかなか落ちない女性を見ると本能が動くようです。特に既婚女性のなかに独身女性がいるようなサークルだと、男性は手を変え品を変え独身女性の気を引こうとするに違いありません。そうなると既婚女性は家庭を持っているというだけで同じ土俵には立てないということに。

男性の本能的な動きを見てみても、独身女性に軍配が上がるのは必須のような気もしますよね。

 

既婚男性と既婚女性の交流

 

既婚女性が独身女性も交じっての飲み会サークルはちょっとなぁ、と考えてしまうのも無理のないことです。素敵だな、話しかけてみたいなと思った男性が皆、独身女性にばかり興味を占めてしているのを見たら既婚の女性には見向きもし無さそうと幻滅しますし、イベントに参加しても楽しくないかもしれません。

かといって既婚者だけの男女の交流ということになると狭き門なのかもしれない、と思っていませんか?

既婚女性との会話を楽しむ既婚男性なんていなさそう、と思っている女性は多いかも知れません。しかし、自分と同じ家庭を持つ女性とのお喋りを楽しみたいと思っている男性は多く、お互いの配偶者や子供の話ができる女性を探している人も少なくありません。

会社関係や奥さん・子供つながりの女性に赤裸々には話は出来ないものですし、下心ありありで女性との飲み会サークルに参加している人ばかりではないのです。

そう考えると独身女性も含めての飲み会サークルがいいと推している既婚男性はあわよくば、を狙っている人が多いのかもしれませんね。

ただ、既婚の女性側も体関係を求めて男性を探して合コンに参加している人もいます。あまりオススメはしませんが実際のところはどうなのでしょうか?

 

W不倫に発展することはあるの?

 

 

既婚女性と既婚男性、TVドラマの影響もありW不倫もちまたで話題となっています。SNSや情報ツールとして多くの人が使用しているネットでも婚外恋愛と名付けて赤裸々に公言している人もいるほどです。

不倫や浮気は良いか悪いかというより、自分自身の倫理観やリスクの大きさを考えて不倫するしないを取捨選択しているのが最近の世相のような気もします。頭からいけないこと!とはなかなか言えないご時世なのかもしれません。

ただ、既婚者の飲み会サークルの多くは不倫や浮気を推進しているわけではもちろんなく、互いに大人であること、良識の範疇で行動すべきというコンセプトは一致しています。

出会いを求めて参加している人の中には周りに家庭を持つ自分が赤裸々に相談できる人がいなくて、友達を作る目的で来る人がいるので、あからさまにしつこく関係を求める人にはクレーム対応もしてくれるシステム。既婚者という夫も子供もいる立場で不倫はしたくない人でも、異性と会話を楽しみたいと思っている女性には安心して参加できる合コンではないでしょうか。

ちょっと昔を思い出してはじけてみたいと思うのは、家庭を持つ者も同じです。会社の飲み会やママ友との食事ではなかなか本当の自分は出せないものですが、自分のことを知らない人たちが集まる場所って逆に自分を出しやすくなることも。

 

女性としての魅力は同世代の男性だからわかるもの

 

自分を出せるということは、女性としての自分を引き出せるきっかけにもなります。家事や育児に追われて自分のことは後に回してという女性は今の時代も同じですし、そこに仕事をしているキャリアウーマンなんて肩書を背負っていたとしたら、自分の時間というのはなおさら持てないのではないでしょうか。

毎日いいところも悪いところも見せている夫はもっぱら奥さんの良さには気づかないですよね。それどころか、○○さんの奥さんはいつもきれいにされているのに、お前はこうだああだなどと比較されたり。

比べられるより自分は女性としてどうなのかを聞いているのに、と腹も立つってものです(笑)

女性としての自分を第三者として見てくれて進言してくれる異性はやはり必要で、特に夫との逆をいってみれば奥さんのいる男性に女性として自分はどうなのかをジャッジしてもらうと一般的な自分のレベルというものがわかります。

いわゆるお金を使って美魔女になる、とまではいかなくても、所帯じみていない・オバサン化していない・女性としてまだイケてるということがわかれば自信も湧いてきますよね。仕事やご近所関係では聞いたところでお世辞や関係性を気にして本心は言ってくれないものです。

でもお酒の入ったサークルなら自分の見た目の女子力やズバリ聞けないことも聞けるのではないでしょうか?

 

既婚者のみの飲み会サークルのメリット

 

 

独身者を交えた飲み会サークルではなかなか対等にはおしゃべりは出来ないものですが、既婚者のみが参加Okとなれば飲み会ではじけても楽しいもの。

既婚者のみのサークルは楽しい時間が過ごせる反面、あまり後々になって参加したことが残るのはちょっと、と思いますよね。今は何をするにもカード決済の時代。ネット上で申し込むものの大半がクレジットカードでの支払いでまかなわれています。

では、既婚者サークルはどうなのでしょうか。

参加費はやはり先に決済することもあれば、参加当日に受付で参加費を支払うという現金決済のところもあります。カードの支払いは自分で管理してという人ならいいのですが、家族に支払いを見られてあまり宜しくないもの、と感じる人もいます。

秘密にしておくつもりは無くても、思い出したように請求が来てというよりその場での現金決済が理想ではありますね。

また決済の次に既婚女性にとってはイベントの日時も重要です。週末の夜だけのサークルだとどうでしょうか?平日昼間しか出られない専業主婦だと絶対参加不可能ですよね。また仕事をしている既婚女性にとっても夜は家族の了解を得て食事の支度をして、と完璧に準備しておかないと出られないものです。

それが平日昼間や週末の昼間にも開催されていたら選択肢も広がりますし、なんだったらお友達も誘って行ってみたくもなります。実際友達と一緒に参加する人もいるので、どうしても一人で行く勇気がないな、という人も友達と一緒に申し込むのも手ですよ。

 

リスクをわかっているからこそ節度ある関係でいられる

 

既婚者サークルと聞くとなんだか不倫ありきで書かれることも多いですよね。でも実際参加された方は楽しい時間が過ごせたこと、なかなか普段では知り合えない人たちとの交流は新鮮だという声も聞きます。

ネット上での付き合いだと素性はもちろん顔も知らない相手とやり取りをするわけですから、実際に会って話す既婚者同士の飲み会サークルの方がずっとリスクは低いもの。それにイベントの主催者もいるので男性と1対1ということもありませんし、いうなればおしゃべりを楽しむ時間と場所と食事をおぜん立てしてもらい、そこにひょっこり参加してOKということですし、自分が幹事をして忙しくするわけでもありません。

それだけでも気軽に行けそうですよね。

敷居が高そうなイメージの既婚者サークルですが、一度あなたも扉を開けてみませんか?その向こうに楽しい時間と美味しい食事やお酒が待っているのです♪

 

 

 

既婚者飲み会は一人参加の方がいい?その理由

既婚者飲み会は、一人参加の方がいいという説があります。実際に、既婚者飲み会に参加をする人は、男性は一人の方が多いですよね。

でも女性については、友達と参加をする人もいます。今回は、既婚者飲み会は、一人参加がいい理由について、深く見ていきましょう。

 

既婚者飲み会に一人参加をする女性心理

既婚者飲み会に、一人参加をしようとする女性はどのような心理なのでしょうか。まずはこの思いについて、お伝えしていきましょう。

 

一人の方が気楽

友達と参加をすると、色々と気を使うので一人参加をしたいと思う女性心理もあります。最初は不安な気持ちがあるかもしれないけれど、慣れたら大丈夫だと思うのでしょう。

実際に行動をする時には、一人でした方が楽だと思う人もいます。この方が自分のペースで動けると思うからです。

今までも、何かするとしたら一人でしてきたタイプの女性は、今さら友達と行動をするのが面倒だと感じるのでしょう。

このため、一人参加の方が気楽だと思う気持ちが強いので、既婚者飲み会についても一人参加を希望するのです。

 

色々な人と話せそう

一人参加をした方が、友達とずっと話しているのではなく、色々な人と話せるように思うので、一人参加をしたいと思う女性もいます。

元々人とのやりとりが得意な女性なら、色々な人と話したいと思うもの。これには、既婚者飲み会にも、一人参加をした方が良いと考えるのでしょう。

できるだけ色々な人と話して、得られるものを得たいと考えるので、飲み会だけではなくて同窓会などにも、一人で参加をするタイプもいます。

友達と一緒でなければ不安だと思う人もいれば、全く逆の考え方の人もいるでしょう。色々な人と話せた方が、自分にとってプラスだと考える女性は、既婚者飲み会にも一人参加をするのです。

 

好奇心を満たしたい

一人参加をした方が、色々な経験ができそうだと思うので、好奇心旺盛な女性な女性は、既婚者飲み会にも一人参加をすることが多いでしょう。

好奇心旺盛のタイプは、色々と得られるものが多いですよね。自分でもこれが分かっているので、これからも好奇心を満たしたいと考えるのです。

以前はあまり好奇心を持たなかった人でも、最近になってなぜか好奇心旺盛になってきた人もいるでしょう。

こういう人にとっては、これから更に楽しい経験をしたいと思うので、一人参加をした方が楽しく過ごせると思う気持ちが強いもの。

既婚者飲み会について、好奇心を持ったとしたら一人参加をしてみようと、こういうタイプの女性は思うでしょう。

 

既婚者飲み会に友達と参加をした場合

既婚者飲み会に友達と参加をしたら、どのような雰囲気になるのでしょうか。これを想像したうえで、どうするか決めるようにしたいですね。

 

友達といる時間が長くなる

友達と参加をすると、どうしても一緒にいる時間が長くなります。気が付けば、友達としか話していなかった…という例もあるでしょう。

友達と既婚者飲み会の雰囲気を楽しみたいと思うのなら、これでもいいかもしれません。でも「初対面の人と話してみたい」と思う人にとっては、物足りなさを感じるでしょう。

友達には悪いけれど、他の時に友達とは会うようにした方が良かったと、後悔をする可能性もあります。

友達と一緒に新鮮な気持ちになれるケースもありますが、新鮮な思いを一人で感じた方が楽しいと思う可能性もあるでしょう。

 

友達の愚痴を聞く可能性も

久しぶりに会う友達なら、様々な愚痴を聞くことになるかもしれません。久しぶりに会えるのは嬉しいのですが、何もこの席で聞かせなくても…と思う可能性も。

友達としては、せっかく会えたのだから愚痴を聞いてもらおうと思う気持ちもあります。でもこちらとしては友達の愚痴を聞くために、会ったわけではないので残念な日になってしまうかもしれません。

愚痴については、話し出すとつい止まらなくなってしまう人もいます。悪いかなと思いながらも、ストレス発散のために愚痴を続けてしまう人もいますので、この席でずっと愚痴を聞き続けることになるでしょう。

 

友達の相談に乗る場合も

友達の相談に乗ることが多くなり、既婚者飲み会で話したいと思う人がいても、話しに行くタイミングが見つからないままに。

友達が「あの人と話してみたいんだけど」と言ってきたら、これについて相談に乗ってあげたり、間に入ってあげたりする必要が出てくる場面もあります。

友達を優先するようにしなければ、これから先に友達との関係が悪くなると思うので、気を遣ってしまうのでしょう。

自分の思う通りに動けないというのは、友達と一緒に参加をした場合のデメリットになるのです。

友達と参加をすると、安心感は得られるかもしれません。でも実際に参加をすると、本当に一緒に来て良かったのかな…と、一人参加の方が良いように思うことも。

こういう場合には、次回に一人参加をして違いを比べてみるようにするのも良いですね。

 

既婚者飲み会に一人参加をした方が良い理由について

既婚者飲み会に一人参加をした方が、実際には良いのでしょうか。良いとしたらその理由について考えていきましょう。

 

自由に振る舞える

友達の前では、一応丁寧な対応をしなければいけないと思い、自由に振る舞えないケースもあります。

よく会う友達と一緒なら、相手の目が気になり自分の思うように行動ができないように感じるでしょう。

でも一人参加をすると、自由に振る舞えるメリットがあります。周りは初対面の人ばかりですから、誰かに制されることもないですよね。

時には開放的になりたいと思うのなら、一人参加の方がやはり良いでしょう。友達のことを気にして、自由でいられないのは避けたいところ。

こう考えると、既婚者飲み会に参加をするのは一人参加の方が、やはり自分に合うと思うのではないでしょうか。

 

異性と話しやすい

異性から見て、一人参加の女性の方が話しかけやすい可能性があります。男性が友達と参加をしているのなら別ですが、一人参加の男性は多いですよね。

このため、異性から話しかけやすい隙を作るためにも、女性は一人参加をした方がメリットがある場合も。

異性と話したい、話す時間を大切にしたいと思うのなら既婚者飲み会に一人参加をした方が良いですね。

異性から見ても、話しかけやすいと感じる女性の方に、自然に心が向かうものです。でも友達と一緒に来ている女性に対しては、魅力を感じても話しにくさを感じる可能性も。

友達と一緒に三人で話す必要があるので、面倒だと思う男性もいるでしょう。二人とも魅力的な女性だと思うのなら、それでもいいかもしれません。

でも本当に話したいのは、そのうちの一人だとすると友達の存在が少し邪魔になってしまうのです。

このため、結果としては一人参加の別の女性と話すようにする男性もいるでしょう。こう考えると、せっかく親しくなれるチャンスを逃すことになるのです。

 

まとめ

既婚者飲み会は一人参加をした方が、メリットは色々とありそうですね。でも一人で初めて既婚者飲み会に参加をするのなら、不安で緊張も強いというような場合には、最初だけ友達と参加をしてみても良いかもしれません。

この後に一人参加をしてみて、やはり一人参加の方が自分に合うと思う可能性もあるでしょう。

自分にとってどちらが合うのかを、実際に経験してみると分かるケースは多いのです。友達と参加をするか、一人参加をするかどちらが自分にとって楽しめるのかを、実際に経験をしたうえで、今後は自分で選択をするようにしましょう。

既婚者サークルで困った…と思うのはどんな時?

既婚者サークルで困ったと思うような時もあるもの。どのような時に困ったと思うのか、そして解決法について、今回はお伝えしていきましょう。

知ることにより、相手に対しての対処法なども理解できる可能性があります。

 

話題が出てこない

なんとか話題を出そうと思っても、話題が出てこないような時があります。こういう時に、困ったな…と思う時もあるでしょう。でも相手も同じように、話題が無くて思っているかもしれないのです。

 

緊張している

緊張をしてしまうと、どうしても話題が出しにくいものです。このため、緊張しないようにできるだけ、その場の空気に慣れるようにしましょう。

しばらくして空気に慣れてくると、話題を出しやすくなってくるものです。話題が出しにくいと思うのは、緊張をしているからだと思うようにしましょう。

こうすると、しばらくしたら楽になってくると思えるはずです。実際に誰でも緊張をすると、話題が出にくいものだと思うと、少し力を抜くことができるでしょう。

自分はもっと話題が出せるはず…と自分で思いすぎるとプレッシャーになってしまいます。色々な状態の時があると、自分に対して許す気持ちを持つときっと自然に話題が出てくるようになるでしょう。

 

話題を出すのが苦手

話題を出すのが普段から苦手な人は、話題が出にくくなるケースがあります。でも、なんとか既婚者サークルを楽しみたいと思い、話題を出すように努力をする時もあるでしょう。

努力をしすぎると、更に疲れてしまい話題が出てこない場合もあるのです。こういう時には、相手の出す話題を少し待つようにしてみると、いいですね。

もしかしたら、相手から話題を出してくるかもしれません。こちらから出さなければ…と思うと、表情が険しくなるため相手が話しにくくなる可能性もあるのです。

こうならないように、穏やかな表情でいるようにしましょう。そうすれば、話しかけやすいと思われるので、仲良くなれることが可能になるのです。

 

楽しい話を出したい

何か楽しい話を出したいと思いすぎると、話題に困ることになります。楽しい話題ではなくても、たまたま見えたようなものについて話題にするだけでも、話が弾むケースもあるでしょう。

楽しい話をしようと思い努力をしても、相手にとってはそうではない場合もあるのです。このため、あまり無理をせずに話したいと思う内容について、話すようにしてみるといいですね。

この方が自分にとっても気持ちが楽でしょう。楽しくて明るい話をしなければと思っても、いつもこれができるとは限らないのです。

時には楽しい話をして、時には一般的な話をしてみた方が、引き出しの多い人のように思われるので、魅力的な印象を与えられるでしょう。

 

お酒に酔ってしまった

お酒に酔うような場面もあるでしょう。でもこれによって、周りに迷惑をかけるリスクがあります。迷惑をかけないためにも、お酒の飲み方については気を付けるようにしましょう。

 

お酒の量に気を付ける

普段よりも高揚をしているので、つい飲みすぎてしまうかもしれないと、事前に思うようにしましょう。

自分はどのくらい飲めるのかについて、知っておくようにしたいですね。お酒の量について、ある程度自分で理解をしているのは、とても必要なのです。

大人の女性として、お酒をある程度たしなむのも重要に。でもだからといって量を超えてしまうと、周りも良い気はしないでしょう。

お酒の量に気を付けながら飲むようにしていると、周りの雰囲気についても見ることができるのです。

でも気を付けないで飲んでいると、つい酔いすぎてしまうリスクがあるので気を付けましょう。

 

ソフトドリンクを飲むようにする

1杯だけはお酒を飲むようにして、後はソフトドリンクを飲むのもひとつの方法です。この合コンに来た目的が、お酒を飲むためではなくて人と出会うためだとしたら、お酒ではなくて、ソフトドリンクをメインに飲むようにしましょう。

特に女性の場合は、お酒が強くて多く飲むと男性から引かれてしまうかもしれません。少し飲んでいる女性の方が、ほろ酔いでもあるので隙があると言えるでしょう。

ソフトドリンクでも、楽しむのは十分可能なのです。合コンだからお酒を飲まなければ…と、無理をする必要はありません。

特に体調が悪い時には、悪酔いをしてしまう可能性もあるので、自分の体調を把握した状態で、お酒を飲むかどうか決めるようにしましょう。

 

お酒が弱いと伝えておく

お酒が弱いと最初に伝えると、飲めなくても周りが理解をしてくれます。もし伝えないままで無理をしてお酒を飲むと、酔って辛くなってしまうケースも。

周りもお酒を飲まさせなければ良かった…と残念な気持ちになるでしょう。お酒が弱いと伝えるのは、恥ずかしいことではありません。

これにより、場の空気が悪くなるわけでもないのです。それよりもお酒に酔いすぎている姿を見せる方が、場の空気が悪くなるリスクがあるでしょう。大人としては、お酒を上手に飲めるように意識するのが大切なのです。

 

好きな人と話せない

いい感じの人だなと思ったけれど、話せないというような場合もあります。せっかく合コンで魅力的な人と会えたのに…と思うと残念な気持ちになりますよね。

どうすれば、話せるのかと悩む場面もあるでしょう。こういう時には、どうしたらいいのでしょうか。

 

タイミングを掴む

相手と話せるタイミングを掴むようにしましょう。今、話したいと思ってもタイミングが良くない場合も、実際にあるのです。

このため、タイミングを掴むためにも相手の様子をしっかり見ておくようにしましょう。相手の様子を見ていると、今がちょうど良いタイミングかどうか分かるのです。

タイミングが悪そうだと思うのなら、あえて違う人と話すようにしましょう。こういうところで空気を読めるのも、とても必要なのです。

タイミングを掴める人になるためには、全体の空気を理解するのが大切でしょう。タイミングがいいと思うのなら、思い切って相手の近くに行き話すようにしてみたいですね。

 

ライバルに対して

明らかにライバルだと思うような人を見た時には、この人に対して勝ちたい思いになるもの。

でもあまりライバル視をしないようにして、皆と仲良くできるようにした方が良いでしょう。

誰か1人にだけクールに接してしまうと、全体の雰囲気が悪くなる場合もあるのです。周りが気を遣ってしまうかもしれません。

好きな人にだけ優しくして気を遣っていても、相手が居心地の悪さを感じる例もあるのです。

ライバルだと思う相手に対しても、平常心で接することができるのが大人だと言えるでしょう。

 

焦らないようにする

話したいと思い、焦りすぎないようにしましょう。暫くすれば話すチャンスが訪れるかもしれません。

あまりゆっくり構えている時間がないとしても、焦ってしまうと相手に伝わるリスクもあるのです。

このため、できるだけ焦らずに落ち着いたフリをして、相手に接するようにしたいですね。

 

まとめ

既婚者サークルで困ったと思う時には、できるだけこの場では表情に出さないようにしましょう。

せっかく皆が楽しもうとしている中で、1人困った顔をしていると浮いてしまうかもしれません。

周りが気を遣って疲れてしまうケースもあるので、そうならないように困った時でも、穏やかに接するようにしてみましょう。

これができれば、バツイチ合コンを楽しめるようになるのです。笑顔になることも可能になるので、バツイチ合コンを楽しいと心から思えるでしょう。

1 2 3 »

イベントの様子

友だち追加
イベントの様子をアメブロで配信中

LINE@

イベント情報・クーポン等を配信中!!

東京の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@bll3763v

大阪の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@nxp1391h

名古屋の方はこちら
友だち追加
LINE ID:@xih1539y

社長のLINE@

『人生を豊かに』をコンセプトに投資情報(株・FX・不動産)、今話題の仮想通貨の話、お得な旅行の行き方ノウハウ、主婦向けのアルバイト・パート情報といった情報を配信中

友だち追加

年別アーカイブ

  • facebook
  • twitter
PAGETOP